ップ > 交通 > 列車 > タリス > 食事

 FRANCE の列車・鉄道
 タリス Thalys  食事
  


9 Aug.2014 経験談追加

 
 

コンフォート1(1等)の 食事内容
朝食;平日 6:55〜9:15発のタリス コンフォート1
昼食: 10:55〜13:15
夕食: 17:55〜21:00
スナック: 9:15〜10:45、14:15〜17:45発

平日 ブリュッセル〜パリ、ブリュッセル〜シャルル・ド・ゴール空港駅またはマル
ヌ・ラ・ヴァレ、
リエージュまたはナミュール〜パリ 間は
時間帯によって下記いずれかの食事となります。
朝食:  ドリンク(チョイス可)、クロワッサン、チーズまたは調理品、フルーツ
・サラダまたはヨーグルト。など。
スナック: ドリンク(チョイス可)、つめたい前菜、いろいろな惣菜のお皿、パ
ン、プディング など。
 

平日 ブリュッセル〜アムステルダム、ブリュッセル〜ケルン では
朝食: ドリンク(チョイス可)、クロワッサン、ヨーグルト
軽食: ドリンク(チョイス可)、つめたい前菜、パン
スナック: ドリンク(チョイス可)、サンドウィッチ、デザートなど。

 

 
 
 
 
 
 
 
パリN-ブリュッセルM
昼前の時間だったので軽食が出た。

最初に飲み物を訊かれ、ヒューガルテン(缶ビール)を注文。

その後、食事がくると思って軽食を断ったが、なかなか来ない。
「やっぱり軽食がほしい」というと、「本当は一度断わった人には食事を出せない」という感じで、女性販売員に怒られた。 欧米系の人に怒られると本当に怖い… でも軽食はもらえた。パテを挟んだドッグパンなど。

2日後、同じ路線でブリュッセルからパリ行きのタリスに乗車したが、偶然同じ販売員に遭遇。相手もこちらを覚えていて、うれしかった。
(2013年6月下旬 ぶたこエリザベス 様)



ブリュッセルM-パリN
飲み物と軽食のサービスあり。
夕方だったので、コーヒー、お茶や軽食など。
家族はコーヒーとケーキ、私はりんごジュースと野菜のスティックサラダなど。
(2013年6月  ぶたこエリザベス 様)



(機内食・飲み物) = 発車してすぐにタクシー手配券とメニューと手拭きが配られた。15分位して、軽食のトレー、好きなドリンク、パンと温かいコーヒーか紅茶をくれる。軽食は全てコールドミールで、生ハム、パスタとインゲン、サラダ、ヘーゼルナッツのタルト。

トレー回収の際に、再度好きなドリンクとショコラをくれた。
(2009年1月 ガトーHIRO 様)
 
 

朝食セットは、ジャンボン・ド・パリとチーズ2種の盛り合わせ、
オレンジジュース、オレンジやパイナップルのフルーツ盛り合わせ、
飲み物(コーヒー、紅茶)、パン(クロワッサン、ショソン・オ・ポム、ライ麦パンなど)、
バター、小瓶のジャム。ボリュームがたっぷり。
飲み物とパンはおかわりもできた。飛行機の機内食よりおいしい。

食器類もタリス・レッドで統一されて、お洒落。
(2008年1月 labandite 様)
 
 
 

夕飯には少し早い時刻の乗車。

スナックを配られた。調理パンにデザート、お茶にワイン、ビールなど。あとからパンは2種類いくらでもお代わりができた。
そして新たなカートがやって来たと思ったら、復活祭の卵型のチョコレートのずっしりした詰め合わせを配ってくれた。思わぬプレゼントで、大喜び。
(にゃん429様 2006年4月)
 
 
 
 
 

食事のカートがやって来た。が、開口一番「飲み物か食事か?」と繰り返し尋ねられた。食事じゃないの?と腑に落ちずにいるうち、取りあえず飲み物をオーダー。  

が、ここで、はっきり食事を注文しなかったのが、間違いの元。つまり、食事はキャンセル、と取られてしまい、前後の客が次々食事を貰っているのを、しばし指をくわえることとなる。

折角の1等車、食事無しでは残念にもほどがある。で、交渉に赴く。

「あなた達にはさっき、何度か尋ねたけど?」と、一旦断られかけたが、やがて、しょうがないわねえ・・、と言った態で、再度カートを押して届けに来てくれた。手数を掛けてしまい、恐縮。

確かに、ビジネスマンの中には、食事を断っている人も散見され、まず、いるかいらないか聞かれた訳だ。

メニューは「メキシコ風の何やら」 “テクスメクスソース”(ってなに?)掛け、スパイシーチキンにお豆とコーンのつけ合わせと焼きトマ ト、それとチーズ、ワインにビール。マカロンがデザート。後からも、アルコールやお茶やらがたびたびやって来て、総じて手厚い印象だった。
(2006年4月 にゃん429様)
 
 

軽食はハム、ポテトサラダなど冷たい料理と飲み物、アルコールも有り。後でデザートの小さいケーキを数種類持ってきてくれる、その後クッキー、ボンボンも。味は、おなか空いてたら美味しいかも?程度。時間帯によりメニューは異なる。

帰りは 17時半発。ブリュッセルからパリ。ビジネス客らしい人達でほぼ満席。私の指定座席には、すでにくつろいでいる人が。せっかくの一人席(1-2配列の1の方)。移動してもらった。ビジネス客は軽食、食べない人も多い。私もカゼ気味のためパス、北駅まで寝た。

以前ユーロスターの2等が狭くて嫌だったので、今回1等にしてみた。バー車両でコーヒー飲んだりしてるとあっという間に着く。乗り物好きなので、1等に乗れて満足したが、次回は2等で充分かも。
(ミックマック55様 2003年 1月)
 
 
 

1等の軽食のハムやデニッシュ、さくらんぼなどは、思いがけず美味しかった。
(2005年7月 小石川のお松と竹子 様)
 
 

12/24〜25と往復タリスを利用。祝日のため、ミールサービスなしとタリスのサイトにはありましが、実際にはどちらもサーブされた。
(2004年12月 かんざしskeet様)






コンフォート1(1等)の 新聞サービス
コンフォート1で 月〜金 提供。祝日はなし。
パリ〜ブリュッセル
ブリュッセル〜シャルル・ド・ゴールTGV駅〜マルヌ・ラ・ヴァレ間

 

 
ップ > 交通 > 列車 > タリス > 食事