ップ > 交通 > フランスの列車 基本ナビ > ATM 自動券売機の使い方 > 新規で切符購入

列車 基本ナビに もどる
 FRANCE の列車・鉄道
ATM 自動券売機の使い方
新規 切符 購入
  
  updated on 10 Oct.2007 新画面さしかえ
20 Nov.2009 / 15 May 2010 経験談追加
Special thanks to mya-kamechan sama!
   
日本のクレジットカードが ハネられるケースもあります。使えるケースもあります。

ICチップ搭載であること、あたりまえですが暗証番号いります。

ATMでだめだったら、違うカードを試したり、窓口にいきましょう。
 

 2007画面

当然、システム・画面変更もあるかと思いますが、まぁだいたいこんなもんだ、と把握する程度に。

本頁を印刷する場合は、  割付印刷x両面 などにすると、 紙4ページ分が A4 1枚におさまって
紙の節約になります。^^;
 
 

言語を選ぶ。
デフォルト表示はフランス語なので 右上の 英国国旗を押すと 英語にかわります。
Photo by mya-kamechan


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
便を選ぶ  
すぐ出発する便なら、 immediate departureを、

あとの便(後日ふくむ) なら later departure.
 

今回  急がない便を買う例として、Later departures を選択

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
発駅を選ぶ
・現在いる駅(基本表示)
・その他の駅   から選ぶ

例では、ストラスブール駅で操作しているため、発駅が STRASBOURG と その他 になっている。

今回は、STRASBOURG を選択してみる。
 


 
 
 
 
 
 
 
着駅を選ぶ
・代表的な駅なら右から選んでも良い。
・手入力なら左。

今回はパリ東駅なので、右から PARIS EST をワンタッチ選択。省略形でかかれている。上から5番目はマルセイユ・サン・シャルル駅。大きな都市は複数駅があるので、目的駅はきちんとしらべておくこと(日本の券売機とおなじ)

左下は 入力を一部取り消し、  右下は、入力を全部消す。
 


 
 
 
 
 
乗車日を選ぶ
白い部分に 今までの選択内容がでるので、よく確認する。

  Single=片道   Return=往復

  発駅の名前>着駅の名前

乗車日を選択する。

 

 
 
 
 
 
 
 
発車時間帯を選ぶ
左は 上で選択した 日付が緑で表示されている。

右で、今度は時間帯を選ぶ。
 

時間帯、日、曜日によって 切符の値段が 違うことがある(とくにTGVなど)。 

繁忙・普通・閑散時間帯の3分割。

例では、(2007年)9月19日を、 左から 午後2時(PM2:00)を選んでみる。
 


 
 
 
 
 
 
 
検索結果を検討する。
上の紫は、乗り換えなしのTGV便が(ただし 繁忙時間帯便で高い。かつ1等しか空席がないと出ている)

下の黄は、乗り換えが2度あるが、安いTER(在来線のようなもの)。

ほかの選択肢をみたければ、右下、  時間帯を変更したければ 左下で 全画面に戻る 

傾向として、 7〜9時、 昼11〜13時、 夕方17〜19時ぐらいは 便が多い(高い)

田舎になると、昼間はほとんど便がない場合もある。

繁忙路線の場合、一日中 便があるところも。ただし日本の新幹線のようにはいかない。

まれにSNCFの”バス”もあるので、注意

不安な人は、あらかじめ 日本で移動予定を検索して、「予習」し、印刷しておきましょう
時刻や目安がついて 選択しやすい。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

次の選択肢がでた。 上はやはり2度乗り継ぎの便で、 しかも一部は埋まってしまっている。

下は直行のTGVがでて、なおかつ 閑散時間帯便(off peak period)で安く、 1等も2等もあいているという。
今回は、コレにする。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
便を選択し、 往復/片道 選ぶ
選んだ便が緑色になったら、 右側で 片道/往復を 選択。 
 往復とは A→B B→A   とまったく同じ往復の場合をいう。

 復路は同日でなくてもよい。
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1等/2等を 選ぶ
あきがあれば 選択肢がでる。
 この便は 1、2等ともあいているので、選択する
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乗客人数をいれる
大人(12歳以上)、 小人(4〜11歳)、 幼児(0〜3歳)
 乗車日の年齢でいれること。 おとくな料金が適用されることがあるので、子供が無料とわかっているケースでも 
いれてみるとよい。

最大6名まで買える。「全員で1枚の切符」になることが多いので、必ず 同行する人たちで 買うこと。(検札があるので、別行動不可)

 
この例では 大人1名を選んだ。
 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
適用料金を選ぶ
選んだ人数・年齢により、可能な料金選択肢がでる。

右は すでになんらかのプログラムに加入している人、 (有償の年間パスなどを所持している人、ほか 特定の所属割引もふくむ・軍人など) 

左は 加入していない人 (普通の旅行者なら こちら。nonの文字に注目)

 

この例では、大人1名なので、 
定価、 
デクーヴェルト12〜25(12〜25歳のID提示で受けられる青年割引)、
デクーヴェルトシニア(60歳以上のID提示で受けられる高齢者割引) などがでた。
今回は 25〜59歳の人だったので、 定価を選んだ。 
料金の設定については、  切符 切符の種類、料金形態、割引料金 をみて覚えておく
なお、席数限定の切符は、うまってしまうと、当該料金は表示されない。(デクーヴェルトなど)

 
 
 
 
 
 
SNCFのその他のプログラム入者かどうか
その他の会員になっていないか (ふつうの旅行者なら No になる)
JR東海のエクスプレス会員みたいなモノか? いろいろあるようだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
座席の希望を選ぶ
窓側/通路側、  進行方向むき希望/どちらでもよい  を選ぶ

これはけっこう大事。 

TGVは相当高速で、車窓の景色はとぶように過ぎていく。気持ちが悪くなることがあるので、
向きはとくに よく考えて。

 

 
 
 
 
 
 

席の希望について、選択したボタンが緑になった。
右下の  Confirm で最終確定して 購入に入る。やめるなら、 左下の ピンクの×で 全部クリアされる。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金額がでる
1ルートの1人分料金、 また今回の人数分総額がでるので 確認する。

この1ルート分を購入するなら、pay this order (次で pay....を押す前にクレジットカードが必要なので、出しておくこと)

ほかの切符も同時購入したいなら、make another order


なお、現在 SNCFの列車は すべて禁煙なので、 喫煙/禁煙の選択項目はない。
 

SNCFは 不正使用を防ぐため、
決済金額、決済回数に限度がある。クレジットカードの使用額・回数についてよく計算しておく。

(たとえば1区間ずつ 5、6回買うと ロックがかかったりする)
 
 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
決済する(支払う)
総額をよく確認のうえ、1分以内に、クレジットカードを挿入する
一部のカードは、ハネられて使えないことがある。その場合は、

・あるいは別のカードをためす。

・それでもだめなら、ピンクの×で全てクリアにしてから、窓口で買う。

無理はしないこと。

また周囲に不審な人がいないか、注意を払うこと。
 
 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
決済する(支払う) 2
暗証番号+緑の確認ボタンを押す。

クレジットカードが入ったら、暗証番号4ケタと 緑の確定(確認)ボタンを押す。(日本と同じ)

金属ボタンなので、ゆっくり1つずつ確実に押す。

誰か手伝ってくれる人(親切or詐欺いずれも)がいる場合、絶対に その人がいるところでは 番号を押さないこと。
 
 
 

ここから先は不明。従来機種と同じであれば、おそらく切符とカードが返ってくるはず。カードを忘れないように!
 

でてきた切符は 刻印してから乗車すること。
 

年齢割引、プログラム割引を適用する場合、それぞれのIDを見せること。年齢証明ならパスポート。(写真+名前+生年月日)

ちなみにフランスでは外国人はパスポート携帯義務がある。フランス国外にいくときも、質問されることがあるので、必ずパスポートを持参すること。

 

 この事例では、操作をやめたので、「やめますか?」に yesをおして終了した。

 
 
 
 
 
 
ップ > 交通 > フランスの列車 基本ナビ > ATM 自動券売機の使い方 > 新規で切符購入