ップ > パリ >  クルーズ基本編 > 検討2 どの船に乗るか > バトー・ムーシュ Bateau-Mouches
  
クルーズ基本編
へ戻る 
Paris セーヌクルーズ
Bateaux-Mouches
バトー・ムーシュ
(バトー・ムッシュ)

21 Sep.2015 経験談追加、再調査

 
 
URL フランス本社  重い
http://www.bateaux-mouches.fr/

http://bateaux-mouches-japon.com/
経験談 
クルーズのみ の経験談は こちら(別頁)   
ランチクルーズ   
ディナークルーズ の経験談は こちら(別頁)
メリット
名前が知れているので、憧れている世代には・・・満足感が高いか。
デメリット 割高ではある (食事なしのコースもある)


Photo by CALYASU/ nami crape


ダイヤ
予約 A)代理店から、オプショナルツアーとして申し込む
(ただしどこの会社の船か確認しておくこと)
 
 
車窓見学 + クルーズ イルミネーション+クルーズ
車窓見学 + クルーズ + エッフェル塔 イルミネーション + クルーズ +エッフェル塔
車窓見学 + クルーズ + エッフェル塔ランチ ディナークルーズ
車窓見学 + クルーズ + エッフェル塔 + モンマルトル モンパルナスタワー+ディナークルーズ

クルーズ + エッフェル塔内ディナー

クルーズ+ ビストロディナー

クルーズ+ショー

イルミネーション+クルーズ+ショー

ディナークルーズ+ショー

ビストロディナー+クルーズ

ビストロディナー+クルーズ+ショー

イルミネーション+クルーズ+ディナーショー

クルーズ+ショー+エッフェル塔ディナー

 


B)直接 フランスの運航会社バトームーシュ社に申し込む
日本から:  メール・FAX・電話・HPから 原則10日前まで(日本で支払い)
現地から:   電話など

C) 日本のバトー・ムーシュ支店にメールで申し込む。 
円建て。宅配600円または郵送

D) カード会社デスク、や ホテlルのレセプション、代理店に申し込む。

JCBプラザ・パリで個人予約。

支払は現地の乗船受付。JCBプラザでも通常案内しているのは、バトーパリジャンの団体ツアー(精算はJCBプラザ)
(2007年4月上旬 オペラ駅の怪人様)
料金
tarif
【食事なし 遊覧クルーズ】  2012
4月〜9月: 
昼 10:15〜19:00の間で 30〜45分ごと 時刻は同社URL参照
夜 19:00〜23:00 20分ごと

10月〜3月:   50名から催行
11:00〜21:00の間で 45〜60分ごと 時刻は同社URL参照
土日 10:15もあり。

 

所要 1h   予約不可
大人 11ユーロ、 4〜12歳 5.5、0〜3歳 無料
 


【ランチ クルーズ】  2012 
土日祝 12:15〜12:45乗船。 13:00出航〜15時下船。要予約
所要 1h45  平服でOK。 予約要
大人 55ユーロ、 3〜12歳 29ユーロ、 0〜3歳 不可  チップ要 
メニュー  "Douce France"  ドゥース・フランス 
食前酒、前菜、主菜、チーズまたはデザート、ワイン、ミネラルウォーター、フルーツジュース、コーヒー  

  
 
【ディナークルーズ】  2012 
日祝 19:30〜20:15乗船。 20:30出航〜23時下船。
所要 2h15   予約要 チップ要 

メニューは内容が異なる

◇メニュー プレスティージュ(プレステージ)  Prestige 大人 99ユーロ
食前酒・つきだし、前菜、主菜、チーズ、
ワイン(2人で1本)、ミネラルウォーター、フルーツジュース、コーヒー
◇メニュー エクセランス Excellence  大人 140ユーロ
食前酒・つきだし、前菜、主菜、チーズ、デザート
ワイン(2人で1本)、ミネラルウォーター、フルーツジュース、コーヒー
  
その他、一部祝日特別コースや、 専用車送迎つきスペシャルプラン(2名で650ユーロ)もあり

支払い
指定できない。団体扱いは、末席になることもあるし、また相席になる。

2人卓は団体客には割り振ってもらえるとは思えない。個人で予約して正解だったと思う。
(2007年4月上旬 オペラ駅の怪人様)
服装 ディナークルーズは原則は、ドレスコード・フォーマル。カジュアルな服装不可。冬は寒い、夏は暑かったり冷房で寒かったりするので、調整を考えて。 ジーンズやスポーツシューズ不可。男性はジャケット・ネクタイ要。


 
 
 
 
 
乗り場 エッフェル塔近く アルマ橋の近く。

メトロ9号線 Alma Marceau下車 

RER C線 Pont de l'Alma 下車 橋をわたる

バス 42  92  63  72  80  83  28  49   バスルート詳細はこちら
 
 

Photo by CALYASU 

Pont de l'Alma 降り口


 




メトロ13号線シャンゼリゼ・クレマンソーよりm徒歩15分。駅から地上に出たらどちらに行けばいいのかわからなくなり、ウロウロ。通り名を頼りに行ったが、分かりづらかった。

また大通りを渡らなければならず、なかなか信号がなく、大回りになってしまった。メトロを乗り換えて近くの駅まで行けばよかった。
( 2007年3月 tomoshun様)
クルーズ終了後は、アルマ橋界隈は大変タクシーが捕まえにくい。白タクに引っ掛からないよう注意! 
(2004年10月 しろくまマンタロー様)


事前に問い合わせたが、パトー・ムーシュ社はタクシーの手配等はやっていないとのこと。下船時刻にあわせて船着場付近まで数台タクシーが降りてきていたが、ゆっくり降りたため間に合わず。

メトロの駅付近の交差点にタクシー乗り場があり、かなりの数の車が待っていたので、ほとんど待たずに利用できた。

事前に場所を下見しておいたのと、下船した人がぞろぞろ向かうので、着いていけば怖い雰囲気はなかった。 オペラ付近まで約10ユーロ。土曜日23時ごろ。
(2010年3月中旬 三毛団子 様)


ルーヴルから、徒歩で。大きく看板がでているのですぐわかる。
(2006年7月 beqoo 様)
乗船の前に「自由の炎」を見たかったので、ホテルからアルマ橋まで往復タクシー。 タクシーの運転手には「ポント・デ・アルマ」では通じない。「ポンダールマ」てな感じ。 橋のどちら側か聞かれたので「フレイム・フレイム」で無事に到着。「自由の炎」から歩いて、乗船場まで2,3分。

帰りは、タクシーを呼んでもらえると思われたが、時間がかかりそうだったので、夜景を見ながら少し歩いてアルマからホテル・プラザアテネまで。(5分くらい)

プラザアテネのドアマンにタクシーを捕まえてもらった。この方法が一番早いかも。ドアマンへのチップは忘れずに。
(2007年4月上旬 オペラ駅の怪人様)

待合
現地乗り場で待ち合わせ。皆張り切ってお洒落。中には着物でおめかしする友人も。

が、なかなか全員が揃わないので、待ち合い室で待っていたところ、いかにも観光船乗り場?って感じの雑然とした雰囲気。団体客もドカドカ入ってきていて、あんまり期待できないのか?と密かに心配。

が、全員揃ったのちチケットを受付で見せると、ディナークルーズは、もうひとつ奥の乗り場から出るとのこと。(そこはディナーの付かないクルーズの乗り場だった) 

慌てて移動するとビックリ! ディナークルーズの受付は、シャンデリアの天井、鏡張りの壁、ビロードのソファーがうち揃った「なんちゃってタイタニック」だった。こんなことなら最初からここで待っていれば良かった。

(2004年10月 しろくまマンタロー様)

言語 受付などは、英語・フランス語のみ
英語メニューあり。

過去にあった、日本語放送はなくなったようだ。

10年ぶりくらいにバトー・ムーシュに乗ったら、日本語のアナウンスがなくなっていた。
あの妙なトーンのアナウンス、けっこう好きだったのに。かわりに中国語と韓国語が増えていた。実際、乗っていたのはほぼ中国人。

(2008年6月 マハリクまはーる 様)

売店
Photoby CALYASU

 
チケット売り場のところで飲み物やサンドイッチを売っていた。船内には店はない。
( 2007年3月 tomoshun様)
改札口みたいなところを通過すると、目の前に軽食、ジュース類が販売していた。が、飲み物にホット類は一切なし。
(2006年2月 yunkers4様)
障碍者対応

車椅子可。

食事なしのクルーズのみのコースに、車椅子で乗船。

船の2階部分は階段でしか上がれないので、車椅子は不可。
ただ、船の1階通路部分ならいけた。

クルーズだけなら安く、15ユーロ程度だし、食事はあまりよい評判もないので、食事なしで正解だったと思う。

券 
ホテルで予約。実際は予約も必要なかったようだ。予約手数料が1枚につき2ユーロかかった。予約してもチケットに交換するのにまた窓口での手続きが必要だった

障害者割引
有無は不明。

乗船
乗り場近くに車椅子は待機して、優先して船に乗せてもらえた。私は日没後の時間を狙って乗ったので、とても混んでいたが、優先してもらえて、いい位置に席をとれてラッキーだった。

下船
逆に、一番最後で、みんなが降りたあと。

乗船場はエッフェル塔の近くだが、ちょうどエッフェル塔のライトアップの時で、まじかに見るエッフェル塔はすばらしかった。

(2015年7月 raul99 様)
写真 有料写真撮影あり。

乗船の記念にと写真撮影に来る男性がいる。あとで持ってくるとのことで、これもサービスかと思っていたら、現像した写真は1枚15ユーロというのでびっくりした。2枚のうち1枚だけ購入した。同行者は反対していたが。
(2008年11月中旬 takozans 様)

 
 
 
 
 



 
 
 

経験談  整理中


 
 
ライトアップされた建物はなかなか見ごたえがあった。特にノートルダム寺院が綺麗だった。

(2007年5月  kokonasuプラス 様)

今回は、曇りで2階席に座ったが、風景は美しいのに、とても寒かった。1階のデッキの中の席に移動した。晴れている日のセーヌ川クルーズは最高。
(2006年4月 生け花ローズ 様)
日本代理店バトー・ムッシュ・ジャポンにメールで問い合わせたところ、ランチクルーズの予約は受け付けていなかった。子連れはナイトクルーズ不可なので、ランチクルーズに行きたかったのに、残念。

(それいゆ・ど・国分寺 様)
バトームーシュから見たパリの夜景。特にエッフェル塔に感激。
(2004年9月 お気楽娘 gira様)(2004年8月 オレンジのジュレ 様)
21時に乗船すると、夕暮れから夜景(エッフェル塔のキラキラも!)まで見れて良かった。

(2004年7月/8月 のりまき1000 様) 

バトームーシュに乗ったが、位置関係が把握できたし、すごく景色も良くて最高。エッフェル塔もきれいに見えた。
(2004年6月 みょんぐりとろとろ 様)
友人が単独行動のとき、バトームーシュ乗船後、ずっと男の人に付きまとわれたらしい。
(2004年2月 アラベスクかなで 様)
夜のバトー・ムーシュ(21時出航だったため、21時・22時の2回、エッフェル塔のイルミネーションを見られた。特に22時の時は、ちょうどエッフェル塔の真横。7ユーロで幻想的な1時間15分を過ごせる)
(2003年10月 Sすこらすてぃか 様)
天気のいい昼間のバトームーシュはとっても気持ちがよかった。パリへ来た〜という気分になった。
(2003年9月 やすやす29 様)
夕焼け空から真っ暗になる完璧なタイミング(20時発9月中旬)で
乗ったバトームーシュ船。

昼間は気温が29度になるほど暑かったので、昼間に乗ったら焼け死んだと思います。

夕方涼しい風を受けながら乗り、エッフェル塔のキラキライルミネーションやらオルセー美術館の時計やら、 夜景も楽しめました。
(2003年9月 メリーさんの羊 様)
 

昼間のバトームーシュに乗る(わざわざ夜景が見たくて夜乗ったけど、あまり見えなかった。バトームーシュの醍醐味は昼間ですね)
(2003年9月中旬 esmeralda yy様)
  
ップ > パリ >  クルーズ基本編 > 検討2 どの船に乗るか > バトー・ムーシュ Bateau-Mouches