[リストへ戻る]
一括表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(上海)オークラガーデン: satole-pi.noir 様
5131
: 2008/05/05(Mon) 14:43:07
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(上海)オークラガーデン: satole-pi.noir 様

(場所) = 上海(中国)

(ホテルの名前) = 花園飯店(オークラガーデンホテル上海)
http://www.hotelokura.co.jp/member/information/w03_01/index.html

(宿泊時期) = 2007年12月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = スタンダードツイン 日本式7階

明るさは、昼は自然光で読書もできる。
30平方m上、2人分の荷物も楽々。

庭園が見える部屋もあるが、我々は上海の街が見える部屋だった。
雰囲気は、日本のシティホテルより多少趣はあると思う。
中国風でも租界文化風でもない。清潔感は有り満足した。

(部屋の家具・備品) = セミダブルベッド2、デスクと椅子、
壁に鏡。
小卓と椅子、ベッドサイドデスク(各種調整ダイヤル有り)
スーツケース置き(引き出し、中には寝間着)
クローゼット(中には傘とバスローブ) 
金庫、冷蔵庫、フロアスタンド 

(バスルーム) = 洗い場のない洋風バス(デラックスになると洗い場有り)
広さ特に問題なし、清潔感有り、お湯OK。

タオルは3種、石鹸、シャンプー、リンス、ボディソープ、くし、シャワーキャップ、
歯ブラシ、歯磨き用ミネラルウォーター(サービスのよう)、糸瓜スポンジ&温泉の素(さすが日系)

(冷蔵庫) = あり、中身はビール、ジュース、ミネラルウオーターなど一応の物がある。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) =  デラックスルームだとバスルームがカガラス張り。ブラインドはある。
そのインパクトが以前あったので、今回ははぁこんなもんかと。

(パブリックエリア) =  租界時代の雰囲気は特にないが、きれいでおちついた感じ。
ホテルの砂糖菓子模型がおいてあったり、年末のため正月飾りがあった。
ロビーが混雑してなかったので雰囲気はよいと思った。

(リフト) =  10人以上乗れるのが4基あった。

(レセプション) =  親切、チェックインも日本語でOK。

(館内施設) =  レストラン(中華・和食・鉄板・フランス)、バーやラウンジ、
コーヒーショップ、コンビニ(割とお値打ち)、上海三越(上海土産と衣料品、
上海土産はシノワズリ小物の有名処は押さえてあるので便利)、
旅行社のデスク、ジムやプールなどいろいろ

(スタッフ) =  レセプションスタッフは名札に英語ができるか日本語ができるか表示がある(3段階)。
日本語表示がない人でも片言はOK。英語はもっとできると思う。

サービス感覚が日本的なので、とても気分が楽だ。

(宿泊料) =  ツアーなのでわからないが、中部〜上海 JAL航空券+空港送迎+朝食付き2泊で 約10万円。
夏にデラックスルームに泊まったときは1泊2万円程度だった。

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた

(代理店の対応や手続き) =  何回か利用したところなので、どの程度のことをやってくれるかは理解していた。
可もなく不可もなく。ただ、係によって対応が違い、私は入国書類など
親切に対応してくれたが、同行者は不愉快なことがあったようだ。

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) =  出発10日前後前に行程表などをもらった。
キャンペーンサービスの中国語会話カードはなかなか役立ちった。
店の紹介が中心の小冊子をもらった。

(アクセス) =
地下鉄1号線 陝西南路駅 徒歩5分。
外灘、豫園、新天地などへはタクシーで15分。

(ホテル周辺の雰囲気) =  繁華街で、治安は問題なし。スーパーや安価なレストラン、エッグタルト店や御茶屋に5分で行ける。
自分たちにとっていい立地だった。怪しい時計を売ろうとする人はいるけどしつこくはなかった。

(ホテルの選択基準) =
夏に薦められて泊まった。日本語が通じる。(私が英語がだめなのでここだと英語担当の同行者が気楽だったようだ)

アクセス、周辺の雰囲気が自分たちに合っていた。
客を乗せるタクシーが一番評判の良い大衆タクシー限定である。
感覚が日本的なので気楽。
仏蘭西租界に泊まりたかった。

(よかったこと) =
ンビニでおみやげポッキーがぼったくり値段じゃない。シノワズリ小物の有名処があるので、土産準備が楽。

料金からすると、部屋やパブリックスペースの雰囲気がお値打ち感がある。中国の物価に換算すると当たり前ではあるが。

(困ったこと) =  特にないが、新聞が英字でなかったらなぁ。

(朝食) =
ビュッフェ。

旧租界時代の雰囲気を残す部屋はよし。和洋中なんでもあるが美味しくはない。なぜか中華が貧しい。
和洋は種類はまずまずで、大きな温泉ホテルの朝食ビュッフェみたいなもの。
こっちで洋食系を食べている人が多い。

中華
定食が2種。バイキングより数倍おいしいと思った。点心中心。私は2回こっちでもいいが、
コーヒーがついていないので、コーヒーを飲みたい人は物足りないと思う。
中華レストランで食べるのだが、朝のせいか閉塞感がある。

(宿泊客の客層) =  日本人。子どもはあまり見かけなかった。

(支払い方法) = クレジットカードOK

(車椅子等の対応は?) = OK

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =  異国情緒を求める人には不向き。外国でも
日本のように・・・・という人には最適。外国が初めての母連れは楽だと思う。
ホテル内では心配なく自由行動をしてもらえる。

私達はいやな思いはしなかったが、不評も聞く。

(ホテルでのお楽しみ) =  写真。入浴剤を入れる。温泉の素を見るとその意欲は消えた。各所に飾ってある花を撮る。

- WebForum -