[リストへ戻る]
一括表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(松山)山の手ホテル: ベアトリックスピーター 様
5125
: 2008/05/05(Mon) 14:20:31
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(道後温泉)山の手ホテル: ベアトリックスピーター 様

(場所) = 日本 愛媛県松山市(道後温泉)

(ホテルの名前) = オールドイングランド山の手ホテル
http://www.dogo-yamanote.com/


(宿泊時期) = 2008年2月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン 日本式7階

床は、フローリング。ソファーセット、机、椅子

(バスルーム) =
洗面所の左右に、トイレとバスルームが別にあった。
大浴場があるので、バスルームは使用しなかった。

(冷蔵庫) = あり

(エアコン、クーラー) = あり

(部屋について、その他) = セイフティボックスは、大浴場前にある

(パブリックエリア) = 道後温泉の本館に出かける、湯かごを持った
浴衣姿の人はいても、雰囲気は外国のホテル。それでも、温泉は楽しめる。

(リフト) = 2基。

(レセプション) = 普通

(館内施設) = レストラン、売店、大浴場

(スタッフ) = 英語可。

(宿泊料) = 羽田〜松山往復の航空券+2泊(朝食なし)で
1人37,000円

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた


(代理店の対応や手続き) =
帰りの朝、東京は大雪なので早めに空港へ行くように、と電話があった。
松山は晴天だったので、ありがたかった。

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) = 申し込み時に、ホテルを選んだ。

(アクセス) =
松山市内から、路面電車で約15分で道後温泉駅。そこから徒歩で約10分。
途中は、土産物店が並ぶアーケード。

(周辺の雰囲気) = 周囲は、大きな建物の温泉旅館。

(ホテルの選択基準) = 夕食なしを指定できたので。

(よかったこと) = 夕食を好きに食べられた。

(困ったこと) =
部屋の鍵を所定の場所に置くと、電気関係が利用できる。
ただ、鍵を持って行かれるとテレビも電灯も使えない。
連れが大浴場に行くと、起きて待っていなくてはいけないので、困った。

(朝食) = 和食か洋食を指定。

(宿泊客の客層) = 会社のセミナー、家族連れ、団体客などさまざま。
英語話す外国人家族。

(支払い方法) = クレジットカードOK

(車椅子等の対応は?) = 問題ないと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 旅館の夕食は、多すぎる人にはお勧め。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(長浜)ロイヤル: ベアトリックスピーター 様
5126
: 2008/05/05(Mon) 14:23:44
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(長浜)ロイヤル: ベアトリックスピーター 様

(場所) = 日本・滋賀県長浜市

(ホテルの名前) = 長浜ロイヤルホテル
http://www.daiwaresort.co.jp/nagahama/

(宿泊時期) = 2008年3月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = シングル 日本式11階(禁煙階)。

(部屋について(雰囲気など)) = 天井灯もあって、明るい。琵琶湖は見えない。

(部屋の家具・備品) = 荷物台、クローゼット、セイフティボックス、
机、椅子、テレビ、浴衣と上着、ドライヤー、湯沸し、お茶セット、洗濯物を干すスタンド。

(バスルーム) =
小さなユニットバス。20cmも高くなっている。

ボディシャンプーとリンスインシャンプーは据え置きボトル。かみそり、
シャワーキャップ、歯ブラシ、歯磨き粉。フェイスタオルとバスタオル。
温泉大浴場があるので、使用しなかった。

時々、換気扇からトイレの臭いがして困った。

(冷蔵庫) = あり。アルコール類、ソフトドリンクなど。自分の物を入れる余裕もあり。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = ベッドの左右にテーブルがなくて、不自由だった。

(パブリックエリア) = レセプション付近は、売店・ティーラウンジなどがある。人が多くて賑やか。

(リフト) = 3基。10人は余裕で乗れる。

(レセプション) = 普通。

(館内施設) =
和・洋・中華のレストラン、ティーラウンジ、みやげ物店、ゲームコーナー、大浴場、
ブライダルサロン、会議室など。プールやテニスコートもあった。

(スタッフ) = 英語可能。

(宿泊料) =
朝食つきで、土曜日は9,000円。日曜日は8,500円。
1日につき150円の入湯税。

(予約方法) = 個人で
HPから予約。すぐに確認メールが届いた。

(アクセス) = JR長浜駅から、徒歩約10分。
琵琶湖クルーズの出る長浜港へは、徒歩5分。

(ホテル周辺の雰囲気) =
公園、プール、テニスコート、駐車場がある。民家、文化施設、イタリアレストランもあるが、
人も車も少なく、うらびれた雰囲気。夜は、街灯も少なく寂しい

(ホテルの選択基準) = 温泉と大浴場があるから。

(よかったこと) = 温泉と大浴場。

(困ったこと) =
ユニットバスに段差があった。トイレの換気扇から、時々変な臭いがした。

(朝食) =
大宴会場で、6:30〜10:00。和洋中華のビュッフェ。10人用の大きな丸テーブルなので、
他の人と同席になり、落ち着かない。中央にある調味料・紙ナフキンが遠くて困った。

料理は、種類も味も中途半端。

(宿泊客の客層) = 日本、中国、韓国、ロシアの団体客。家族連れ、
会社のセミナーなど、さまざま。

(支払い方法) = クレジットカード使用可能。

(車椅子等の対応は?) = 玄関、廊下、リフト、大浴場などは大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =
JR長浜駅から徒歩の場合、表示がないので、要注意。
琵琶湖側に出て、右手の大きなマンションの前の信号を渡って、テニスコートとプールの間の歩道を抜ける。
国民宿舎の駐車場を抜けると近道。

- WebForum -