[リストへ戻る]
一括表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート 2005年2月 mosu_hautbois 様
1843
: 2005/02/18(Fri) 09:44:51
Chun3(管理人)

全体アンケート 2005年2月 mosu_hautbois 様

(旅行の時期) = 2005年2月

(全体の泊数) = 2泊

(訪問地) = ベルリン(2泊)ライプツィヒ

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: エールフランスHPよりア・ラ・カルト価格で購入。
ホテル: 直営HPにて予約
鉄道: ベルリン〜ライプツィヒ往復ICEチケットはDBのHPより購入

(同行者) = 配偶者

(旅の手配で困ったことは?) =
ベルリンフィルのチケット発売日にHPがうまく動いておらず独語モードオンリー。
残席も少なかったので、辞書ひきながら何とか決済画面にたどり着きました。

発売日以前にに英語モードで決済直前まで練習していたとはいえ、冷や汗かきました。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) = webでなんでも出来て良い世の
中だと思います。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
ベルリンは「新しい街」という印象で、良くも悪くも東京と似ている感じがしました。
小さくて古いヨーロピアーンな町並みを愛する人にはすこし物足りない部分もあるかも。

(現地にいってよかったことは?) =
ICEはかっこよかった。新幹線やTGVより未来的なデザイン。
1等は検札後にアテンダントが飲み物や軽食を運んでくれるサービス(有料)。
陶器の食器で、コーヒーやクロワッサンが運ばれていました。

旅行のメインであるベルリンフィルも、すごく楽しめました。
本当にすごく良い演奏。初めてスタンディングオベーションしました。
フィルハーモニーはオペラ座よりややカジュアルで、ドレス姿の女性は少なかっ
たように思います。
冬だったからかもしれません。自分自身もパンツスーツで済ませました。

(服装) = 町歩きはダウンコート、カシミアのタートル、ババシャツ。
下はジーンズ、タイツ、黒のショートブーツ。手袋とマフラー。

私がいた数日はたまたま暖かく、最高気温5度前後と北国を知らない身としては
違和感が無かった。
カイロ、靴下などの防寒具は使用せず。

コンサート用には、きれいな色の薄手のカシミアニット、黒のパンツスーツ。

(次の旅行でやってみたいことは?) = 南仏に行ってみたい。

(今回の反省や次回への願望&意気込み) = あと一日休めれば良かったな・・・と。

(お買物報告) =
ベルリンのフィルハーモニーホールでは、作曲家のパロディ絵はがき。
乗継のド・ゴール空港でPAULのパンとワインなど。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ベルリン)アルブレヒツホーフ:mosu_hautbois 様
1857
: 2005/02/21(Mon) 15:28:05
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ベルリン)アルブレヒツホーフ:mosu_hautbois 様

(場所) = (ドイツ)ベルリン

(ホテルの名前) = ホテル・アルブレヒツホーフ
http://www.hotel-albrechtshof.de/

(宿泊時期) = 2005年2月

(泊数) =2泊

(部屋のカテゴリ) = スタンダードダブル

(部屋の階&立地) = フランス式2階 ホーフ(中庭)側

(部屋について(雰囲気など)) =スーツケースは余裕で広げられる広さ。中庭に面していて明るい。

(部屋の家具・備品) = テレビ、ミニバー、スーツケース置き場。

(バスルーム) =洗面台とシャワー室の壁に、ボディソープ兼ハンドソープが備え付けられていた。
シャワーのみだが、バスルーム自体は広く、清潔感があった。
お湯の出もよく、壁にヒーターがあるので暖かい。
シャワーの扉を閉めても、外に一部水がたまってしまい、どうしようかと思ったが、一晩たつとキレイに乾いていた。

(冷蔵庫) =ミニバーあり。ゼクト、ワイン、ビール、ミネラルウォーター、ジュース、スナック菓子など。

(エアコン、クーラー) = クーラーはなさそうです。

(パブリックエリア) = 超高級では無いが、気さくで明るい雰囲気。
入り口に、りんごがかごに入っていて、みんな自由に持ち帰っていた。

(リフト) =あり。スーツケースを持ち、2人で余裕で入れる大きさ。
しかし、いかんせん動きが遅く、階段で上り下りすることが多かった。

(レセプション) =どの人も親切。
ベルリンウェルカムカード(市内交通+一部観光割引券のセット)扱いあり。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン、ミニバー。

(スタッフ) =英語可。
10時にホテルについたので、荷物を預かってもらおうと思ったが、チェックインさせてくれた。

(宿泊料) = 149euro(朝食込み)。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) =直営HPから。返事は早かったです。

(ホテルへのアクセス) =Uバーン、Sバーンのフリードリヒシュトラーセ駅から徒歩2分。
テーゲル空港よりタクシーで15分、スーツケース2コ込みで約16euro。
ブランデンブルグ門、ドイツ連邦議会は徒歩圏内。

(ホテル周辺の雰囲気) =とても静かで安全。駅には軽食店、スーパーなどがある。
駅の反対側にはインテリアショップ、CD店、ドラッグストアなどがあり、不自由しない。

(ホテルの選択基準) = 150euro以下でミッテ地区に近く、交通の便がよいこと。

(よかったこと) = 治安も交通の便もよかったのが、なによりです。

(困ったこと) = 上階(の廊下?)の足音がすこし気になりました。

(朝食) =レストランが朝食室になる。改装したてのようで、とてもきれい。
入り口に新聞があり(ドイツ語のみ)、読みながらゆっくりと朝食をとる人が、多く見られた。
子ども連れも何組か見たが、みんなとてもお行儀がよいのに感心した。

いわゆるアメリカンブレックファスト。何を食べようか迷うくらい、盛りだくさん。
全部おいしかったが、なかでもソーセージがおいしかった。

(宿泊客の客層) =ビジネスマン、家族連れなどいろいろ。
ドイツ人が多かったように思います。日本人は見かけていません。

(支払い方法) = VISAで支払い。

(車椅子等の対応は?) = 入り口に階段等も無く、リフトも廊下もそこそこ大きいので、大丈夫だと思います。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

- WebForum -