[リストへ戻る]
一括表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ヨーク)ヘーゼルウッド:エセ鉄子 様
1824
: 2005/01/31(Mon) 14:57:23
はみだしホテアン担当

(場所) = (英国)ヨーク

(ホテルの名前) = ヘーゼルウッド
http://www.thehazelwoodyork.com/

(宿泊時期) = 2003年12月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル

(部屋の階&立地) = フランス式2階か3階。

(部屋について(雰囲気など)) = 窓からは建物の庭らしきものが見えた。街を一望、という感じではなかった。
クイーンサイズベッドを置いて、なおゆとりがある感じだったので2人で過ごすには充分の広さだと思う。

(部屋の家具・備品) = 大きめのクローゼット、
お茶セット(コーヒー、紅茶、チョコレートドリンクに、お菓子までと、部屋でゆっくりお茶しながらくつろげるよう
充実。ポットももちろんあった。お菓子はキットカットなど数種類)。

(バスルーム) = シャワーのみ。バスタブはなし。トイレと同じところにあり。1人しか入れないほどだが、
お湯はきちんと出たし、タオル類も完備。シャワールームに暖房あり。
洗面台には鏡とドライヤーがあった。備品も一通りあった。歯ブラシは覚えていない。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = 覚えていない。

(部屋について、その他) = 部屋によって室内の装飾が違うようだった。

(パブリックエリア) = とても静か。落ち着いた印象。

(リフト) = なかったと思う。

(レセプション) = 階段脇に、勉強机よりちょっと大きい程度のデスクがあって、簡素な感じだったが、
マダムはとても対応がよかった。夜9時過ぎに予約なしで行っても、きちんと対応してくれた。

(レセプション以外の館内施設) = なかったと思う。

(スタッフ) = 英語可。日本語は無理というより、日本人があまり利用している印象がなかった。

(宿泊料) = 90ポンド。 ダブルは80ポンドの部屋もあったようですが、満室だったため90の方になりました。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = 空いている部屋を交渉して、泊めてもらった。
当初は1泊の予定だったので、その時に料金前払いした。
翌朝もう1泊することを告げて、2泊目の料金はチェックアウト時に払ったと思う。

(ホテルへのアクセス) = ヨーク大聖堂から10分はかからないと思う。ヨーク駅からだと約15分。

(ホテル周辺の雰囲気) = とても静か。建物は日本でいう長屋のようで、いくつも家がつながっている感じ。
ホテルに隣接している家は、会社や店ではなく、住宅らしかった。ホテルも看板を出していなくて
窓から見えた食堂と、窓に張ってあった四つ星ダイヤモンドとその他色々なシールを見て、
ここはホテルだと判断したくらいでした。

(ホテルの選択基準) = ここのほかもう1つだけ空いていたのだが、そこはいかにもホテルという感じで、
やはりB&Bに泊まりたかったので、ここに決めた。
夜8時に駅に着き、真冬で選択の余地もなく・・・。

(よかったこと) = 部屋の調度品とか室内がとてもよかった!!!
その後ロンドンで泊まったヒルトンよりも、ここの方がお茶セットも充実していたし、
ホテルという感じでは無く、ヨーロッパを味わえた、という感じでした。

(朝食) = イギリスの典型的なブレックファストスタイル。卵と、付いてくるマッシュルームやハムなどは選べる。
グレープフルーツやシリアルなどは、自分で持ってくる。
グレープフルーツは、これまで食べたなかで、一番おいしかったと言ってもいいぐらい、おいしかった!

(宿泊客の客層) = 欧米の裕福な中年層かリタイヤ組という感じ。

(支払い方法) = 現金のみとは書いてはなかったけれど、現金で支払い。

(車椅子等の対応は?) = 廊下は狭い。リフトやスロープはないので、車椅子は難しいと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 日本人が多いホテルに泊まりたくない派なので、本当は教えたくないところです。
しかし、マナーよく個人旅行を楽しんでいただける方には、ヨークの素敵なひと時を過ごして欲しいと思って
今回書きました。マダムは品のある大柄な人でした。とても声がチャーミングな方でしたが、
早口で(これは私の語学力のせいでしょうが)、イギリス英語を理解するのに更に苦労しました。
大変だったのはこれだけでした。

- WebForum -