[リストへ戻る]
一括表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
本「イタリアの市場を食べ歩く」
1529
: 2004/10/08(Fri) 00:54:41
azumi@az

はみだし国なので、一般掲示板の(本・雑誌情報)スレッドではなく、
こちらに書き込みます。

「イタリアの市場を食べ歩く」東京書籍 1,900円(税別)

イタリア各地の市場や町のレストランなどを写真入りで紹介。
美味しそうです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
イタ本系スレッド、ということで
1530
: 2004/10/08(Fri) 01:42:46
Chun3(管理人)

> はみだし国なので、一般掲示板の(本・雑誌情報)スレッドではなく、
> こちらに書き込みます。
>

ご配慮ありがとうございます。
イタ本系スレッド、ということで、よろしくお願いします。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
雑誌「GITA」秋号ヴェネツィア特集
1538
: 2004/10/14(Thu) 12:43:53
うちゃぎ@Lapin   <uchagi_@hotmail.com>

主婦の友社刊「GITA」秋号
http://www.shufunotomo.co.jp/news/gita.html

巻頭がヴェネツィア特集です。
ちょっと大人な感じの記事ですが。

あとベトナム、フレンチリゾートの休日というのも
ちょっとだけ特集されてます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
各社ガイドブック改訂版
1572
: 2004/10/23(Sat) 18:27:40
ヴェネツィアさぽ

「わがまま歩き イタリア」実業之日本社
「いい旅街歩き イタリア」成美堂出版

以上、改訂版が出ています。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】「旅 12月号」新潮社 スペイン特集とちょっとだけドイツのクリスマスも
1630
: 2004/11/11(Thu) 10:26:47
うちゃぎ@Lapin   <uchagi_@hotmail.com>

旅 12月号の巻頭特集はスペインです。

http://www.shinchosha.co.jp/tabi/top_fl.html

スペインの北部の巡礼路などが主な特集のようです。

なお、小さな特集でドイツのクリスマスも
のっていました。

#ドイツのクリスマス特集は
「LEE 12月号}集英社
http://lee.shueisha.co.jp/index.html

にも載っています。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 雑誌「メイプル」特別編集1月号増刊 イタリア
1689
: 2004/12/03(Fri) 20:22:07
azumi@az

「ワンランク上のイタリアの旅」
と称して丸ごと1冊増刊号が出ています。↓が出版元よりも詳しいです。

http://www.s-woman.net/CGI/ch/frame.cgi/maple/0002201

自分が昨年の冬にフィレンツェに行っているから余計に気になるのだと思いますが、
最近の雑誌で紹介されるフィレンツェのホテルって、ほぼ同じですね。
私が泊まったホテルもそうですが、泊まり損ねた(ラックレートなのでキャンセルした)
第一希望のホテルホテルもよく見かけるので目の毒です。
まー、泊まったホテルに満足はしてるのですが。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
芸術新潮2005年1月号
1725
: 2004/12/21(Tue) 20:04:19
フィレンツェさぽ

創刊55周年記念・フィレンツェ特集だそうです。
12/25発売予定ということで、素敵なクリスマスプレゼント、の予感?

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
新ガイドブック、雑誌のイタリア特集
1796
: 2005/01/20(Thu) 13:17:09
フィレンツェさぽ

・『行きたい街を歩く イタリア』 by西東社
とはいっても、実質「ローマ・フィレンツェ・ミラノ・ヴェネツィア」の
本ですね。
4都市ツアーで初めてイタリアを訪れる方、『いい旅 街歩き』シリーズは
文字が多くて読みづらい、という方向けかと思います。


その他、遅ればせながらのイタリアミニ特集シリーズ。

・『ハーパースバザー日本版(Harper's Bazaar)』
2005年2月号(2004/12/25発売)
珍しくトリノにページを割いています。
サブタイトルは「優美なバロック都市」。
ピエモンテと、フィレンツェページも少しあり。

・『ミセス』2005年2月号(1月7日発売)
特集は「京都の職人、フィレンツェのアルチザン」。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: またイタリア新ガイドブック(スペインも)
1842
: 2005/02/10(Thu) 21:32:32
フィレンツェさぽ
www.j-n.co.jp/books/series_tours.html
『ブルーガイド わがまま歩きツアーズ』。
ツアー旅行者向けに的を絞った編集だそうです。
欧州は、まずはイタリア、スペイン。

http://www.j-n.co.jp/books/series_tours.html

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
(本)わがまま歩き ローマ・ミラノ・フィレンツェ・ヴェネツィア
1971
: 2005/04/12(Tue) 21:57:46
フィレンツェさぽ

やっと改訂版が出ました。(もう出ないのかと思ってましたが。。)
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-01262-9

地図は相変わらず、、、ですが、とっつき易い誌面づくりでは他の追随を
許さないシリーズですね。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エスクァイア日本版3月号『聖人を巡るイタリア。』
1815
: 2005/01/24(Mon) 20:30:51
フィレンツェさぽ
www.esquire.co.jp/cgi-bin/esq/home.cgi
まだぱらっと読んだだけですが、主にローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアに
ページを割き、それぞれの守護聖人と美術・建築とを結び付けつつ、各都市の
魅力にアプローチしていくという、面白い切り口の特集です。

http://www.esquire.co.jp/cgi-bin/esq/home.cgi

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
(本)『ハンガリーの建築タイル紀行 - ジョルナイ工房の輝き - 』
1817
: 2005/01/25(Tue) 21:29:55
とりcacao

#イタリア本は多いので、それより他国の本は別だてにするべきかなぁ
#とも思いつつ。。


INAX出版より。
テーブルウェアとしてではなく、ハンガリーの街並みに独特の彩りをもたらした、
建築材としての陶磁器−−タイルの美にスポットをあてた内容です。
http://www.inax.co.jp/Culture/details/details.php?seq=830


また、ジョルナイ工房作品の巡回展も開催されています。
http://www.inax.co.jp/Culture/2005g/01hungary.html

東京 1/6〜2/19
大阪 3/4〜5/20
名古屋 6/2〜8/19

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
BRIO4月号 トレヴィーゾ
1864
: 2005/02/26(Sat) 22:36:54
うちゃぎ@Lapin

今月のBRIOはイタリアのヴェネツィア近郊の
トレヴィーゾが載っています。
http://www.kobunsha.com/CGI/magazine/hyoji.cgi?sw=index&id=006

おいしそうなワインも載っていて、いってみたい
地域ですね〜。


#しかし、BRIOって。。。。。。
 いつも思うのです。。。

 (;一_一)


 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
(新刊)『イタリアの地方菓子』
1914
: 2005/03/12(Sat) 00:29:05
とりcacao

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4947682175/qid%3D1110013842/250-9654702-2083428

(やっと表紙写真が↑ 出たと思ったら、在庫なしですかぃ。。。)

雑誌『料理王国』の連載をまとめたものと思われます。
レシピもあり。

なお同誌の連載、現在は「イタリアの地方パン」。
これもそのうち本になるといいですね〜。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: 「Gokutabi」イタリア
1931
: 2005/03/25(Fri) 22:38:29
azumi@az

「Gokutabi」イタリア好き、次はアドリア海へ 1,380円

http://www.catchbon.jp/smg/cb/shop/goods/detail.aspx?goods=150503

HISの広告か、まぁ「るるぶ」みたいなもんかなーと思って手に取ったら、
マイナーなイタリアの地方都市をいろいろ取り上げていて、なかなか、
見ごたえがありました。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: 「Gokutabi」イタリア
1932
: 2005/03/27(Sun) 14:21:18
フィレンツェさぽ

> HISの広告か、まぁ「るるぶ」みたいなもんかなーと思って手に取ったら、

H.I.S.のフィレンツェ支店ができましたから、その宣伝もあるのかも
しれませんね。

> マイナーなイタリアの地方都市をいろいろ取り上げていて、なかなか、
> 見ごたえがありました。

ぱらっと見てきました。
ウルビーノ以外のマルケ州など、通常のガイド本でほぼ取り上げられない地域が
いろいろ載っていましたね。これは買ってしまいそうです。
フェラガモの「一村まるごとアグリ」なんて、次回の候補にいかがです?
>azさま

しかし、ヴァザーリの回廊に「日本人はまだ数十人しか行っていない」というのは
え?ほんとぉ??と思いましたが。。。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: 「Gokutabi」イタリア、他
1933
: 2005/03/27(Sun) 23:38:02
azumi@az

> フェラガモの「一村まるごとアグリ」なんて、次回の候補にいかがです?
> >azさま

いいですよね〜。
ただ、ヴィラとかアパルトマン中心のようなので、二人では持て余さないか?
などと思って見ておりました。

> しかし、ヴァザーリの回廊に「日本人はまだ数十人しか行っていない」というのは
> え?ほんとぉ??と思いましたが。。。

同感です。
他にもですね、フィレンツェのホテル「コンチネンターレ」について、
ベッキオ橋とアルノ川の両方を見下ろせる角部屋は「各フロアの3号室」と
書いてあったのですが、私の泊まった角部屋は「302号室」だったので、
誤記なのか、今は変わってしまったのか、どっちかなぁなどと思ったりもしました。


ところで、私自身は実物を見たことがないのですが、今、下記のフィレンツェ本が
気になっています。(中身を見てないので、新スレッドを立てるのが気が引ける)

http://shop.nakata.net/shop/openItemDetail.do;jsessionid=B3147142749C9BB4CED1F2036EB08414?productId=133

実はヒデの写真集みたいなものでした、という結果に終わるのがコワイので
手を出していませんが、どなたか、ご覧になったことのある方はいらっしゃいませんか?
もし、オススメして下さる方がいらしたら、ぜひ、新スレッドを立ててください!

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 本「nakata.net ITALY WALK 2005」
1936
: 2005/03/29(Tue) 00:45:13
うちゃぎ@Lapin

こんにちは〜。

> http://shop.nakata.net/shop/openItemDetail.do;jsessionid=B3147142749C9BB4CED1F2036EB08414?productId=133
> 実はヒデの写真集みたいなものでした、という結果に終わるのがコワイので
> 手を出していませんが、どなたか、ご覧になったことのある方はいらっしゃいませんか?

上記、書店で手にとって見ました。

以前、同じような内容でnakata.net ITALY(だったかな?)
という同じ角川書店から出た書籍がありましたが、
雰囲気としては似ていて、サッカー観戦やサッカー場の紹介と
あとはフィレンツェ、トスカーナの田舎の紹介記事が載っています。

ローマやミラノも少々、あとはイタリアの基本情報なども
載っているので、イタリアへサッカー観戦に行く方であれば
ぜひにも手に入れたいガイドブックですが、
単なる観光旅行だと食い足りないかも。
ショップ情報や宿情報などは少なめで載っていても、
写真などは小さめです。

中田の写真カットはあまりないので、写真集にはなって
いませんが。。。


 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: 本「nakata.net ITALY WALK 2005」
1937
: 2005/03/29(Tue) 02:02:13
azumi@az

> 上記、書店で手にとって見ました。

それはそれは。
どうもありがとうございます〜。
あるところにはあるんですね。
最近、あちこちの大型書店などでずっと気にして見ていたのですが、
さっぱり、見つけられなかったんですよ。

> ショップ情報や宿情報などは少なめで載っていても、
> 写真などは小さめです。

そうなんですかー。
やはり、いつか本屋で巡り合うことができたら、その時、ぱらぱらっと
見て済ませる程度にしようかと思います。

会社の先輩に、ヨーロッパ(というか海外)には全く興味ありませんーという
サッカー好きがいるのですが、彼はイタリアの地名だけはよく知ってるんです。
いつか家族でイタリアへサッカー観戦に行きたいそうなので、ご紹介してみようかな。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】CREA フィレンツェ特集(?)
1965
: 2005/04/07(Thu) 17:46:31
フィレンツェさぽ
www.bunshun.co.jp/mag/crea/
・・・とはいいながら、ミラノ特集、ちょこっと南イタリアも。

#フィレンツェ&トスカーナ、だけじゃ売りにくいのかしらん

http://www.bunshun.co.jp/mag/crea/

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 雑誌「駱駝」創刊号(小学館)
1985
: 2005/05/10(Tue) 01:04:39
azumi@az

同じく小学館の「プラチナサライ」に代わる雑誌でしょうか?
(まだ、小学館のHPにもページがなかった)
基本的には、リタイア後の熟年をターゲットとした雑誌のようです。

「南イタリア縦断大特集」として、各地レストランのパスタの紹介を中心に、
ホテルや街の簡単な紹介がなされています。

上記の他、「イタリア映画の舞台を歩く」「アッピア街道」など、
雑誌の3分の1くらいはイタリアに関する記事でした。

#文字が大きいのが特徴。

ルーヴルの新しい「モナリザ」展示室の写真も載っていました。
次号は「ドイツ大特集」だそうです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【本】旅名人ブックス『ベルギーの田舎町』
2011
: 2005/05/28(Sat) 20:37:17
とりcacao

一般のガイド本に出てくるような街は、ほぼ載っていません。
せいぜいディナンとあと2ヶ所くらい、でしょうか。。。マニア心を
くすぐるラインナップ。
猫祭りで有名なイーペルも掲載ありました。

http://store.nikkeibp.co.jp/item/main/148613008860.html
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861300886/250-0863371-4998627

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
昭文社『個人旅行』がリニューアル
2115
: 2005/07/03(Sun) 15:53:32
とりcacao
www.mapple.co.jp/ir/ir_sinkojin.html
その名も『新・個人旅行』。
http://www.mapple.co.jp/ir/ir_sinkojin.html

amazon等ではまだ予約のみのようですが、店頭にはすでに並んでいます。
まずはイギリスとイタリアで、10月にはフランスも刊行とのこと。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
本「麗しの郷ピエモンテ」
2126
: 2005/07/07(Thu) 19:47:11
azumi@az

「麗しの郷ピエモンテ 北イタリア 未知なる王国へ」昭文社 1,800円

トリノ他、ピエモンテの町がカラー写真で紹介されています。

美味しそうです。。。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】FIGARO シチリア特集
2136
: 2005/07/09(Sat) 01:06:58
etsu et nino
www.hankyu-com.co.jp/FIGARO/index.html
発売中のフィガロ7/20号、シチリア特集です。

http://www.hankyu-com.co.jp/FIGARO/index.html

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】Paradis(パラディ) シチリア特集
2183
: 2005/08/09(Tue) 22:24:16
フィレンツェさぽ

「シチリアの離島に行ったことがありますか?」
http://www.takeshobo.co.jp/html/shousai/shousain.asp?denpyo=4501205

最近シチリアが取り上げられる機会多いですね。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】ELLE・10月号「イタリアに恋して」
2195
: 2005/08/28(Sun) 15:33:33
azumi@az

イタリア特集です。

http://www.elle.co.jp/home/ellejapon/mag/elle.php?elle=0508

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】FIGARO ローマ・ミラノ特集
2228
: 2005/09/21(Wed) 00:21:24
フィレンツェさぽ

http://www.hankyu-com.co.jp/FIGARO/

恒例「〜から行く田舎町」シリーズ、今回はローマから。
え、イタリア?とおもうような街もありました。
密かに楽しみなお宿特集、ミラノの”らしさ ”全開のスタイリッシュホテルに
対して、ローマはこぎれいなB&Bが目を惹きました。どちらも素敵です。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ナショナルジオグラフィック海外旅行ガイド・ヴェネツィア編
2391
: 2005/12/07(Wed) 02:20:44
ヴェネツィアさぽ
nng.nikkeibp.co.jp/nng/shop/catalog/vene.shtml
水の都の街歩きに、新しい座右の書が加わりました。
ほぼまるごと1冊、ヴェネツィアをこってりと味わえるほか、
付録ていどの分量ながら、類書にはまず見られない街々の紹介も。

http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/shop/catalog/vene.shtml

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
芸術新潮1月号「シチリアの秘密」
2399
: 2005/12/24(Sat) 23:05:44
azumi@az

http://www.shinchosha.co.jp/geishin/

一冊の大半がシチリア特集です。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
(雑誌)Figaro 6/5号 トスカーナ特集
2572
: 2006/05/20(Sat) 13:43:05
Chun3(管理人)

またトスカーナ特集ですね。

2006/5/20発売
http://www.hankyu-com.co.jp/FIGARO/

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 雑誌「Bravi(ブラーヴィ)」創刊号イタリア特集
2610
: 2006/06/05(Mon) 23:42:33
うちゃぎ@Lapin

こんにちは〜。

昭文社から「Bravi(ブラーヴィ)」という年二回の雑誌が創刊されました。

http://www.mapple.co.jp/publ/bravi.html

フィレンツェやトスカーナ特集です。

なんだか、最近はシニア向けの雑誌がどんどこ出てきますね〜。

 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】リンカラン7月号 南イタリア特集
2769
: 2006/07/28(Fri) 10:12:20
うちゃぎ@Lapin

こんにちは〜。

先日、書店で手にとってなかなか
面白かったので紹介です。

Lingkaran 7月号
http://www.lingkaran.jp/current/index.html

この雑誌、以前もブルターニュ特集があったりと
普通の旅行雑誌の記事とは違う視点が気に入ってます。


 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re:【雑誌】エスクァイア12月号にマルケ州のことが少々
2952
: 2006/11/01(Wed) 13:39:37
うちゃぎ@Lapin

こんにちは〜。

11月の旅行へ向けていろいろと資料を読み漁り、
調べていたところ、エスクァイア12月号にちょっとだけ
マルケ州のことが出ていました。
リストランテやホテルなどの情報も。
トッズの故郷を巡る、という特集で4見開き程度ですが、
なかなか充実しています。
http://www.esquire.co.jp/esquire/2006/12/index.html#

マルケが紹介されているガイドブックや
雑誌って少ないので貴重です。

 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】エスクァイア5月号生ハム&チーズ
3322
: 2007/04/09(Mon) 10:55:48
うちゃぎ@Lapin

こんにちは〜。

5月号のエスクァイアでイタリアの生ハム&チーズ特集です。
http://www.esquire.co.jp/esquire/2007/05/index.html

ちょっとぐるめネタですが、パルマやサン・ダニエーレなどの
案内もあったので。。。

 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】CREA イタリア特集
3945
: 2007/05/08(Tue) 22:51:55
とりcacao

クレアトラベラー 発売中の6月号は
「リュクスの王国 人気5エリア完全ガイド 心躍るイタリアへ」

http://www.bunshun.co.jp/mag/traveller/
http://www.cybercrea.net/traveller/introduction/

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】芸術新潮 特集「ローマ 中世の美を歩く五日間」
4845
: 2007/07/26(Thu) 11:00:35
lts3204

以前、パリでも同様の特集をしていました。普通のガイドとはひと味違う美術スポットが紹介されているのでリピーターの方にお勧めです。

芸術新潮 8月号 7月25日発売 特別定価1500円

大特集
ローマ 中世の美を歩く五日間

特製携帯マップ付
〈1日目〉モザイクの都
テルミニ駅とパンテオン地区
◆ゴールデン・シャワー サンタ・プラッセーデ聖堂
◆坂の上の女王 サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂

〈2日目〉古代のほとり
コロッセオとフォロ・ロマーノ地区
◆さよならリアリズム サンティ・コスマ・エ・ダミアーノ聖堂
◆異教の地下と天のぐるぐる サン・クレメンテ聖堂
◆回廊ヒーリング サンティ・クワトロ・コロナーティ聖堂

〈3日目〉壁の外へ
ノメンターナ街道
◆産みの楽しみ サンタ・コスタンツァ聖堂
◆彼岸の肖像 サンタニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂

〈4日目〉巡礼路てくてく
チェリオの丘
◆ひかげものたちの中庭 サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂
◆天使のウロコ サンタ・マリア・イン・ドムニカ聖堂

〈5日目〉下町暮色
トラステヴェレ地区
◆丘の上の静寂 サンタ・サビーナ聖堂
◆さきがけの個性 サンタ・チェチリア・イン・トラステヴェレ聖堂
◆黄昏の聖母たち サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】Figaro9/20号「やっぱりおいしいイタリア。」
5723
: 2009/08/21(Fri) 15:34:26
うちゃぎ@Lapin

こんにちは〜。

9月5日発売のフィガロは山のピエモンテ、海の東リヴィエラの特集です。

http://madamefigarojapon.hankyu-com.co.jp/next/

はみだしNo.5715のアンケートでぽち@やる気なーし様が書いていらした
> (旅の手配で困ったことは?) = リグーリア州の情報が少なかったこと。

を読んで思い出しました〜。

フィガロのイタリア特集はひさしぶりかも。
 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】『旅』 2009年11月号
5752
: 2009/09/13(Sun) 23:05:54
Bera@サンジャン

アイルランド特集だそうです。
(アイルランドのガイドブックはあまりないので、できれば自分の旅の前に読みたかった…ぼそ)

ハプスブルク家関連特集もあるようです。9月18日発売。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】 CREA Traveller 09年11月号 ヴェネツィアなど
5763
: 2009/09/19(Sat) 07:06:45
とりcacao

18日発売。
ヴェネツィアと、イタリア国内のパスタが主な特集です。
http://www.bunshun.co.jp/mag/traveller/index.htm

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 本「聖地サンティアゴ巡礼」
5952
: 2010/01/31(Sun) 00:00:11
Bera@サンジャン

『聖地サンティアゴ巡礼』 日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会著  ダイヤモンド社 1900円

ちょっとフランスも入ってますが(サン・ジャン・ピエ・ド・ポー)、スペインがほとんどなのでこちらへ…。
出版元があの、『歩き方〜』の所なので、実用的な情報が多いです。(それより、日本カミーノ〜というNPO法人があるなんてびっくりでした^^;)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】CREA Traveller秋号
6877
: 2011/09/08(Thu) 18:30:30
うちゃぎ@Lapin

こんにちは〜。

9月10日発売のCREA Travellerはトスカーナの麗しの街道特集です。

アウレリア街道(海側)などもあるようなので楽しみです。。。


タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【雑誌】Pen No.305ルネサンス特集
6935
: 2011/12/15(Thu) 15:01:51
うちゃぎ@Lapin

こんにちは〜。

今日発売のPen No.305は「ルネサンスとは何か」です。

http://www.pen-online.jp/pen/latest

ルネサンスのことが詳しくわかりやすく特集されていて、
イタリア国内における地域の特色、絵画や建築、その他のこと、
さらに欧州各国にあるルネサンス作品などのことも載っています。

この年末年始に軽く読むのにいい感じです。

 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【本】「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅
7257
: 2015/04/12(Sun) 15:13:37
Bera@サンジャン

吉村 和敏 著 講談社刊

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062192156

フランスの美しい村に引き続き、イタリア版の発売です。
(フランス版でも思ったけれど、写真集として美しいので、アクセスとかお宿とか、レストラン情報とかもあったらいいのになー。お値段もさすがですし。)
日本に「美しい村」連盟があるのは知っていたけれど、イタリアやベルギーにも広がっているとは知りませんでした。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【本】スペイン バスク 美味しいバル案内
7302
: 2017/05/03(Wed) 07:56:52
Bera@サンジャン

植松 良枝 著 産業編集センター

おしまいの方にフランスバスクについてもちょこっと載っているのですが、メインはスペインバスクなのでこちらの方に…。

写真だけでなく、説明文も充実しているので、バル巡りの時に役立ちそう〜(バスク、行きたいぞ〜^^)

- WebForum -