[リストへ戻る]
新着表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
過去22年で最悪の高潮被害とのこと
5375
: 2008/12/02(Tue) 19:46:17
ヴェネツィアさぽ

ニュース記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081202-00000007-cnn-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081201-00000041-jijp-int.view-000

BBC NEWS(動画あり)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/7758204.stm
http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_pictures/7758831.stm

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: ホテルアンケート(フィレンツェ)Lungarno : Rod・ロッド 様
5372
: 2008/11/29(Sat) 12:35:27
Rod・ロッド

 フェラガモ経営のホテルはフィレンツェには何軒か有り、私の泊
まったホテルは「ルンガルノ・スイーツ」Lungarno Suites 住所
 Lungarno Acciaiuoli 14,Florence,50123,ITALY ポンテ・ヴェッ
キオ側(ドーモ側)です。

 フラツーに・・kirara_booboo 様の体験談のあるのは「Hotel
Lungarno 」住所 Bacopo14,Florence,50125,ITALY アルノ川沿
い ピッティ宮側ではないかと思われます。

 

 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(リスボン)Mundial : レブンウスユキソウ 様 
5371
: 2008/11/28(Fri) 22:11:43
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(リスボン)Mundial : レブンウスユキソウ 様 

(場所) = (ポルトガル)リスボン

(ホテルの名前) = Mundial
http://www.hotel-mundial.pt/defaulten.asp

(宿泊時期) = 2007年12月

(泊数) = 5泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋について(雰囲気など)) = ゆったりして、快適に過ごせる。
窓から、サンジョルジョ城が見える。夜はライトアップされ、幻想的。

(部屋の家具・備品) = テーブル、椅子、クローゼット、セイフティ・ボックス、テレビ。

(バスルーム) = とても広い。足を伸ばせる。きれい。

(冷蔵庫) = あり

(エアコン、クーラー) = あり

(リフト) = あり。スーツケースを持っても7、8人は乗れる。

(レセプション) = 日本語不可、英語可。英語もおぼつかなかったが、精一杯対応してくれた。
夜のファドの予約もしてくれた。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン、バー。

(スタッフ) = 日本語不可、英語可。

(宿泊料) = 5泊で、84,600円

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ネットで。特に問題なし。

(ホテルへのアクセス) = 地下鉄ロッシオ駅より5分。市電の駅も近くにあるので
リスボンの主な観光地へは、アクセスがよい。

(ホテル周辺の雰囲気) = 市内の中心部にあるが、治安はよいと思う。
夜も歩いたが、電灯などで明るい。

(ホテルの選択基準) = 市内各地へのアクセスの良さ。

(よかったこと) = 立地がよいので、行動しやすかった。

(困ったこと) = 廊下がやや暗めだった。

(朝食) = 果物が美味しかった。

(宿泊客の客層) = ヨーロッパの団体がいた。日本人は見かけなかった。
ヨーロッパの家族連れが多い。

(車椅子等の対応は?) = 特に問題ないと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 立地、アクセスが良いのでリスボン観光の計画が立てやすい。
朝食は、美味しくないので、近くのカフェで取るのも良いかと思う。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ブリュッセル)Marriott : おだまりまり 様
5370
: 2008/11/28(Fri) 21:51:03
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ブリュッセル)Marriott : おだまりまり 様

(場所) = (ベルギー)ブリュッセル

(ホテルの名前) = Marriott
http://www.marriott.com/hotels/travel/brudt-brussels-marriott-hotel/
http://www.france-tourisme.net/hotel-list-brussels/marriott.htm

(宿泊時期) = 2008年10月

(泊数) = 5泊

(部屋のカテゴリ) = トリプル

(部屋の階&立地) = フランス式3階、裏通側。

(部屋について(雰囲気など)) = 部屋の明るさは普通。落ち着いた感じ。
ツインに簡易ベットを入れてもらった。スーツケースは2つ広げられた。窓から、オフィスが見えた。

(部屋の家具・備品) = ベット、机と椅子、丸テーブルと椅子、テレビ、スーツケース台、
全身用の鏡、ポット。
クローゼットの中に、アイロン、アイロン台、セイフティ・ボックス。

(バスルーム) = シャンプー、バスジェル、ボディローション、シャワーキャップ、石鹸、
バスタオル、フェイスタオル、ミニタオル、ドライヤー、コップ。
シャワーカーテンあり、お湯の出も良い。

(冷蔵庫) = アルコール、ジュース、水、おつまみ、菓子。

(エアコン、クーラー) = あり

(パブリックエリア) = 明るくて綺麗。

(リフト) = 3基。部屋のカードキーで動く。大きさは普通。

(レセプション) = 女性が英語で対応。とても感じが良かった。

(宿泊料) = 5泊で161,000円、朝食込み。

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = メールでやり取り。聞きたい事があったので
電話をしたが、対応はあまり良くなかった。

(ホテルへのアクセス) = プレトラムのブルス駅からすぐ。グランプラスも近い。

(ホテル周辺の雰囲気) = 治安は悪くない。人通りが多い。レストラン、ファストフード店、
スーパーが近くにある。

(ホテルの選択基準) = 中心地。トリプルの部屋があるかどうか。宿泊料金。

(朝食) = ビュッフェ。スクランブルエッグ、マッシュルーム、ベーコン、ソーセージ、
チーズ、野菜。パンは、デニッシュ、フランスパン、他。果物、シリアル、ジュース 紅茶。
オムレツは好きな具を入れて、その場で作ってくれる。ゆで卵も可。
スタッフは、キビキビ働いている。

(宿泊客の客層) = ビジネスマン、家族連れ、日本人ツアー客。

(支払い方法) = 現金で。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(ホテルでのお楽しみ) = ワインや惣菜を買って食べる。


タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(フィレンツェ)Lungarno Suites : Rod・ロッド 様
5369
: 2008/11/28(Fri) 21:45:04
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(フィレンツェ)Lungarno Suites : Rod・ロッド 様

(場所) = (イタリア)フィレンツェ

(ホテルの名前) = Lungarno Suites
http://www.lungarnosuites.com/content/04/default.asp?lng=en
http://www.france-tourisme.net/s-Firenze-hotel.htm

(宿泊時期) = 2008年10月上旬

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = スィート。

(部屋の階&立地) = 日本式2階、アルノ川側ビュー。

(部屋について(雰囲気など)) = 明るい。ベッドルームは、約10畳。
リビングとダイニングは、約16畳。大きなクローゼット。
床、作り付けの家具は薄い茶色、壁の一部は塗り壁。絨毯、カーテンは焦げ茶と綺麗な水色。
ソファ、ベッドはオフホワイトと茶色。シンプルだがスタイリッシュ。カードキー。
メインの玄関と部屋の間に、オートロックのシステムがある。
部屋では、画像で尋ねてきた人を確認できる。

(部屋の家具・備品) = ダイニング・テーブル、ソファとテーブル、ライト2。
薄型テレビは、リビングとベッドルームにある。壁に、白黒のアート写真数点。
暗証番号設定式のセイフティ・ボックス。
キッチンは、電子レンジ、コーヒーメーカー、食洗機、電気式のコンロ2口、シンク。

(バスルーム) = バスタブ、シャワー。ガラスの仕切りはあるが、水がはねて床が濡れる。
タオルヒーター。ビデは、専用の洗剤付き。ドライヤー、体重計、化粧用拡大鏡、
平織りのタオル、パイル地のタオル、バスローブ、スリッパ。
アメニティは、フェラガモ。広さは、普通。
清掃は行き届いていたが、トイレットペーパーの追加がないなど、細かな配慮がいまひとつ。

(冷蔵庫) = あり。アルコール類、水、ジュース。買ってきた物を入れるスペースあり。

(エアコン、クーラー) = あり

(部屋について、その他) = カーテンが3重で、窓側から 白いレース風、遮光、3枚目が
超厚手の綺麗な水色のビロードで、床を引きずる長さ。実際には外側の2枚で十分。
シンプルだが、非常にスタイリッシュにまとめられている。実用面では疑問に思うところもある。

(パブリックエリア) = モダンアートが、各所に飾られていた。レセプション横に、日経新聞がある。
シンプルで、スタイリッシュなインテリア。
1階に、フェラガモグループのインテリアショップがあるので、使われている物は購入できる。

(リフト) = 2基。3人とスーツケース2でいっぱい。

(レセプション) = 丁寧。アウトレットツアーの迎えが遅れた時、
レセプションが問い合わせをしてくれた。

(レセプション以外の館内施設) = なし

(スタッフ) = 英語可。丁寧でフレンドリー。

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = 代理店手配の提示金額がかなり高く、交渉した。

(ホテルへのアクセス) = 空港よりタクシーで約15分。25ユーロ。
窓の前がアルノ川、ミニバスの停留所があるが、一方通行。ポンテベッキオへ徒歩3分。観光スポットは徒歩圏。

(ホテル周辺の雰囲気) = 隣は同経営の、ギャラリー・ホテル・アート。
早朝から夜遅くまで人通りはあるが、危険な雰囲気はない。

(ホテルの選択基準) = フィレンツェでアルノ川ビューのスィートに泊まってみたかった。
バスタブ付き、喫煙室のホテル。キッチン付きも面白いかも、と思った。
テラスは、上のほうの階しか付いていない。

(よかったこと) = スィートに泊まってみたかった。フルキッチン付きは、とても便利だった。
コーヒーメーカーがあるのに、薬缶がなかった。片手鍋があったので、お湯を沸かして、お茶を入れた。
フェラガモ経営なので、10%オフ、フェラガモ・ミュージアムへの入場等の特典がある。

(困ったこと) = 入り口が目立たない。
スタイリッシュなインテリアは良いが、ドアの建て付けが悪かったり、掃除のスタッフが
食洗機の中を片付けていなかったり、トイレットペーパーの追加がなかったりと、詰めの甘いところが惜しい。
食器を入れる場所がとても高い位置にあり、脚立はあるが不便。
連れは、エスプレッソメーカーがあるので、喜んでいた。
アルノ川ビューをリクエストしたが、対岸の景色はホテル群で、期待したほどの眺めではなかった。
フィレンツェの街で、便利な立地と、ビューは両立しないのかもしれない。

(朝食) = 朝食はルームサービスが原則で、夜のうちにオーダーシートにチェックを入れる。
コンティネンタルで、ヨーグルト、パン、ドリンク。ジュースは、選択可。シリアル、フルーツ、プルーン。 

コーヒーはポットで、紅茶は熱いお湯が来る。

(宿泊客の客層) = 日本人カップル、欧米人カップル。

(支払い方法) = バウチャーで支払い。

(車椅子等の対応は?) = 入り口に段差あり。リフト小さすぎて、車椅子がやっと。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =  全室バスタブ、フル・キッチン付きと聞いている。
コンチネンタル・ブレックファーストのルームサービスで、朝食ビュッフェはない。
有線LANは、レセプションでパスワードを貰う。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ローマ)Residenza Farnese : ちゃちゃちゃの茶 様
5368
: 2008/11/28(Fri) 21:17:39
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ローマ)Residenza Farnese : ちゃちゃちゃの茶 様

(場所) = (イタリア)ローマ

(ホテルの名前) = Residenza Farnese
http://www.france-tourisme.net/s-Rome-hotel.htm#ResidenzaFarnese
http://www.residenzafarneseroma.it/default_en.asp

(宿泊時期) = 2008年10月

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式4階

(部屋について(雰囲気など)) = 窓からファルネーゼ宮殿が見える。
昼は明るいが、夜は細かい文字を読むのには、少し暗い感じ。
スーツケース2個広げて、荷物の整理ができるスペースはある。
古い建物を利用したホテルなので、落ち着いた雰囲気。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、丸テーブル、イス2、荷物台、セイフティ・ボックス。

(バスルーム) = バスタブなし。洋服の試着コーナーのような大きさのシャワーブース。
今まで泊まったホテルの中で、一番小さなシャワーブースだった。お湯の出は問題ない。
シャンプー&リンスのボトルと固形石鹸、ティッシュペーパー。
トイレは上にタンクが設置されているが、水の溜まりが悪くて少々いらいらした。
簡素で、古い建物なりの古さが出ているが、汚くない。

(冷蔵庫) = あり。ワイン、缶ビール、水、リキュール。

(エアコン、クーラー) = かなり年代もののエアコン。スイッチを入れたが、動かなかった。

(パブリックエリア) = 朝食室の手前のビリヤード台がある部屋は、夜はバーになる。

(リフト) = あり。スーツケースを持った大人2人でいっぱい。

(レセプション) = 緊張せずに話ができるような雰囲気。部屋番号を言わなくても鍵がでてきて、
感じがよかった。

(スタッフ) = 日本語は不可。英語、フランス語、多分、ドイツ語も可。
大きなホテルではないので、1〜2名の体制。どのスタッフも感じがよかった。

(宿泊料) = 275euro

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルのHPから直接申し込み。
予約確認書が自動返信メールで送信された。

(ホテルへのアクセス) = テルミニ駅から、バスかタクシーで約15分。
トラムの駅は、徒歩約7分。近くの大通りにサンピエトロ寺院へ行くバスが通っている。
徒歩数分でカンポ・デ・フィオーリ広場。橋を渡るとトラステベレ地区。
パンテオンやナボーナ広場、ローマ市内観光バス(STOP&GO)のバス停は、徒歩10分以内にある。
食事や観光にはとても便利な場所。

(ホテル周辺の雰囲気) = ファルネーゼ広場の端の細い道を入るが、
治安の問題ない場所だと思う。

(ホテルの選択基準) = トラステベレ地区で食事をしたかったので、歩いて帰れる場所にあること。
大型のホテルでないこと。朝食メニューが充実していること。

(よかったこと) = 朝食が充実していた。カプチーノに、お日さまの絵を描いて出してくれた。

(困ったこと) = シャワーブースが、びっくりするぐらい狭かった。
気温が低かったので、ブースが狭いことで、かえって暖かかった。
トイレの便座が、ずれた位置で止められているので、腰掛けるとガタッとずれた。
修理工事の時のミスだと思うが、掃除スタッフは使用しないので、気付かなかったようだ。
バスルームに換気扇がなく、湿気がこもった。窓の位置や大きさは、防犯上影響がないので、
湯気が消えるまで、開けっ放しにした。

(朝食) = ビュッフェ。ハムとチーズが各3種類、パンは約5種類、フルーツのシロップ漬け、
ヨーグルト、シリアル、ジュース2種類、水。カフェラテはポットで、カプチーノはカップで
テーブルにサービスされる。トースターで、薄いパンを軽く焼いてオリーブオイルをかけて食べたが、
オイルが軽く、おいしかった。朝食の食器がとてもきれいだった。

(宿泊客の客層) = 欧米系の家族連れ、夫婦、ビジネスマンのグループ。
フランス大使館の近くのためか、フランス語を話している人が多かった。

(支払い方法) = クレジットカードは使えた。T/Cは不明。

(車椅子等の対応は?) = 大きめの部屋であれば、不便はないと思う。
入り口は段差が1段。ホテル前の細い石畳の道に、車がびっしり駐車している。

(子供連れでも場をこわさないか?) = どちらともいえない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 中庭側の部屋を指定されることをお勧めする。
道路が石畳なので、車の通行量は少なくても、音が結構すると思う。

(ホテルでのお楽しみ) = ホテルの階段を登り降りすること。
運動が目的ではなくて、途中のフロアの雰囲気や、意外なところにある飾りを楽しめるので。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート(OS)チューリヒ-ウィーン-成田: Bera@サンジャン 様
5365
: 2008/11/16(Sun) 12:51:59
Chun3(管理人)

エアラインアンケート(OS)チューリヒ-ウィーン-成田: Bera@サンジャン 様

(搭乗時期) = 2008年8月上旬

(航空会社) =

チューリヒ-ウィーン: オーストリア航空(OS)
ウィーン-成田: オーストリア航空/ANA共同運航(OS/NH) OS運航日本人客室乗務員が同乗。

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = チューリッヒ・クローテン空港

(出発空港の様子) =
鉄道駅からエスカレーターで上がってすぐの所にチェックインカウンターがあり、
スーツケースをすぐに預けることができて便利。
側にショッピングモールがあり、ミグロ(スイスのスーパーチェーン)で土産用の手軽なチョコレートやその他のお菓子を買うこともできる。

出国審査後:
免税店も充実。ハイマートヴェルク(スイスの民芸品を扱う店)やファッションを扱う店(ロンシャンの鞄や財布の扱いあり)、
シュプルングリというチューリッヒのチョコレートショップも2フロアにわたってある。
夏の旅行でチョコレートを買いたい時には便利。



(乗り継ぎ地) = ウィーン シュヴェヒャート空港
到着ゲート(シェンゲン領域)からエスカレートで階を移動し(往路のような荷物のX線チェックなし)、
歩いて日本向けのフライト発のゲート(非シェンゲン領域)へ移動

出国後:
日本行きのフライトが出発するゲート付近の免税店は、ウィーン・オーストリアにちなんだもの(Tシャツやマグカップなど)、
食品(ザッハートルテ・モーツァルト・クーゲルンなどのチョコレート類)、
たばこや化粧品、酒類を扱うお店など。
ロンシャンの鞄やエトロの衣類を扱う小さな店。

出国後:
ウィーン版スターバックスのようなコーヒーショップ、
ゲート近くにやや大きなレストラン(コーヒー・酒類・スープなどの軽食がとれる)あり。

(到着地&ターミナル) = 成田 第一ターミナル

(機体) =
チューリッヒ-ウィーン: B737-700
ウィーン-成田間: B777-200

(機内食・飲み物) =
チューリッヒ-ウィーン:
軽食1回。鶏肉のカレー風味サラダ、デザート

ウィーン-成田:
昼食は、サラダ、メイン(鶏肉かパスタの選択)、デザート
朝食は、ハム・チーズの盛り合わせ、デザート、オレンジジュース
メニューが配られ、数種類のパンが温めて提供される。

スナックとして日清チキンラーメン。

(座席) = チューリッヒ-ウィーン: 3-3列
ウィーン-成田: 3-4-3列

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
列車アンケート(FS)ヴェネツィア-ミラノ: ぼのぼのハイク 様
5364
: 2008/11/16(Sun) 12:39:27
Chun3(管理人)

列車アンケート(FS)ヴェネツィア-ミラノ: ぼのぼのハイク 様

(搭乗時期) = 2008年8月上旬

(会社) = たぶん車両の感じからチザルピーノ株式会社だと思う。


(出発駅) = ヴェネツィア サンタルチア駅

(出発駅の様子) = 1等車利用者は、専用ラウンジがあるらしい。ぎりぎりまで観光していたため、利用せず。

テイクアウトのパニーニ、サンドイッチは、売店で料金を支払った後で、
カウンターでレシートを見せて、好みの品を指定する。
パニーニなどはその場で熱々の状態に焼いてもらえる。
なお、料金を払うレジは、売店と共通のため混雑することがある。

(到着地) = ミラノ中央駅

(到着駅の様子) = 地上階に切符販売の窓口

到着は1階(日本式2階)。スーツケースを持っての地上階への移動のため、
エレベーターを探したが、見つけられず、最寄りの階段を手持ちで下ろした。
エスカレーターも上り2基しか見なかった。

(車両) =1等車
Cisalpino機材(振り子式の470型(ETR470)?)
6席のコンパートメントタイプ

(機内食・飲み物) = 国際列車でもあり、ビュフェ、食堂車は連結されていたが利用していないため不明。

(座席) =
2号車 コンパートメントの通路側。座席については、機材のシート番号の
付け方が日本と違うので、購入の時に注意。

座席情報があまりないので、使用機材と思われる型式の座席見取り図を
ネットで検索し、大まかな中で指定せざるえなかった。

肘掛け内部に収納式のテーブルあり。

サンタ・ルチア駅からは、1等車は先頭の2車両であり、ターミナルの先頭にあたる。
駅の全長を歩くことになる。

発車までに売店などで追加で買いたい場合は、往復の距離がとてつもなく長い。

(機内販売) = 車内販売は回ってこなかった。

(トラブル) = イタリア国内移動だったので、治安が心配だったが、車内はとくに問題はない。
ただし、念のためスーツケースはチェーンロックしておいた。

もちろん、ミラノ中央駅周辺では、スリと思われるロマや不審者をみかけたので、注意が必要。
ほぼ定刻通りに発車したので、むしろそっちの方が意外だった。

(切符の入手方法と時期) = イタリア国鉄のWebよりeチケット購入。
eチケットは、検札の際に、予約番号のメールを見せるか、印刷したものの提示。
刻印の必要なし。

(価格) = 標準 29.5ユーロでのチケットレス購入
割引価格のAMICAチケットの購入を試みたが、この列車には設定がなかったか、
すでに販売割当数に達していたのか購入できなかった。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート(JL)成田-ミラノ: spring@海外はいつもヒツジ 様
5363
: 2008/11/16(Sun) 12:29:36
Chun3(管理人)

エアラインアンケート(JL)成田-ミラノ: spring@海外はいつもヒツジ 様

(搭乗時期) = 2008年10月

(航空会社) = JAL(JL)

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港

(出発空港の様子) =
今回の換金レートが一番有利だったのは、出国後の銀行だった。出国後は
あまりレートが良くないと思っていたが、そうでもないことが分かった。

(到着地&ターミナル) = ミラノ・マルペンサ空港

(機体) = B747(推定)

(機内食・飲み物) = 昼食(肉か魚の選択)。パン。夕食(軽食に近い)。

(座席) = 席は3-4-3列。
狭かったが、隣が空席だったので向こうの人と半分ずつ荷物を置いて使うことができ、快適だった。

(機内販売) = 空港の免税店で購入したものが掲載されていて泣けた。
先に機内販売のカタログは入手していて、目星をつけていたのに、その記憶だけで免税店で購入してしまった。我ながら情けなかった。

(マイレージ) = ツアーなので、加算率は減算。JALカードやツアープレミアムに加入しているので、100%近い加算になった。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ロンドン)Strand Palace : 茶と白いハナ 様
5362
: 2008/11/14(Fri) 22:16:47
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ロンドン)Strand Palace : 茶と白いハナ 様

(場所) = 英国(ロンドン)

(ホテルの名前) = Strand Palace
http://www.france-tourisme.net/s-Londre-hotel2.htm

(宿泊時期) = 2008年10月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = シングル

(部屋の階&立地) = 日本式2階

(部屋について(雰囲気など)) = 中庭側で小窓はあるが、昼でも薄暗い。
シングルでは、普通の広さだと思う。ドア付近にスーツケース1つ広げられるスペースがある。

(部屋の家具・備品) = ポット、テレビ、クローゼット、机(兼鏡台)、椅子。

(バスルーム) = 広さは充分。バスタブはゆったり入れる。お湯の出も良い。シャワーは固定式。
シャンプー、シャワーソープ、シャワーキャップ等。トイレの水は流れ悪い。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = なし

(部屋について、その他) = 朝晩は少し寒かった。壁が薄い。
ベッドはスプリングがきいていて、寝心地が良かった。

(パブリックエリア) = 外観は良いが、館内は迷路の様に分かりにくい。
宿泊者は多く、いつも賑わっていた。
部屋に金庫がないので、レセプションの金庫を使った。担当スタッフについて、警備室の奥の別室に行き、
書類に記入して、鍵を受け取った。鍵を無くすと150ポンド?賠償させられる。24時間対応で、無料。

(リフト) = 約10人乗れるリフトが3基。2階だったので、主に階段を利用。

(レセプション) = レセプションは24時間対応。きびきびして、対応は良い。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン、バーなど。

(スタッフ) = こちらから笑顔で挨拶すれば、対応良い。日本語は無理。

(宿泊料) = 2泊で170ポンド(フル・ブレックファースト付き)

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルの予約サイトから。

(ホテルへのアクセス) = 地下鉄Covent Garden駅、Charing Cros駅から数分。
バス停も近く、観光地へのアクセス良い。バッキンガム宮殿は、徒歩約20分。

(ホテル周辺の雰囲気) = ストランド通りに面しているので、夜中でも人通りがあり、治安は良い。
近くにコンビニやスーパーがある。

(ホテルの選択基準) = ミュージカルやオペラを見るのに、徒歩で行動できて、治安も良さそうな場所。
この付近にしては、割安料金だと思ったので。

(よかったこと) = バスや地下鉄利用も便利だし、治安も良かった。

(朝食) = コーヒーか紅茶かと最初に聞かれ、その後、食べたいものをとってくる。
フルーツ、パン、目玉焼き、スクランブルエッグ、ベーコン、豆、ソーセージ、飲み物。
毎日同じメニュー。ソーセージが美味しかった。

(宿泊客の客層) = 収容人数多いので、色々。

(支払い方法) = クレジットカード可。保証金としてチェックイン時に提示。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = わからない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ホテルで寝るだけならお勧め。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(カルドナ)Parador de Cardona : しやんぽーぶる 様
5361
: 2008/11/14(Fri) 22:00:40
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(カルドナ)Parador de Cardona : しやんぽーぶる 様

(場所) = (スペイン)カルドナ

(ホテルの名前) = Parador de Cardona
http://www.paradores-spain.com/spain/pcardona.html

(宿泊時期) = 2008年10月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル。ベッドカバーは別々で、一つのベッドの幅は十分広い。

(部屋の階&立地) = スペイン式7階

(部屋について(雰囲気など)) = 広い。最上階で、窓からカルドナの町や付近の山並みが一望できる。
正面の山に採石場があり、山肌が大きく削られ景観を害している。ややピンクがかったレンガ色の壁。
手入れは行き届いていて、清潔。

(部屋の家具・備品) = タンス、机、椅子、ソファー、肘掛け椅子、テーブル。
タンス、机などは、中世風の装飾。

(バスルーム) = 広さは充分。灰色の化粧石風タイルで、とても清潔。お湯の出は問題なし。
アメニティも充実している。洗面台前に椅子。

(冷蔵庫) = あり、いろいろ詰まっている。

(エアコン、クーラー) = 使ってないが、エアコンはあったと思う。

(リフト) = 中型2基。

(レセプション) = 常時2人いるようだ。フランス語を話す女性スタッフは、感じ良かった。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン(夕食、朝食)、カフェテリア(バー)。
他に会議ホールなどもあるようだ。レストラン、カフェテリアは宿泊客でなくても利用できる。
カフェテリアは、ソファもゆったりして、気分よくリラックスできる。料金もそれほど高くない。

(宿泊料) = 149euro、朝食1人15euro。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = レンタカーで移動中、到着の1〜2時間前に電話で予約。

(ホテルへのアクセス) = 当日はフランスのルルドから、国境を越えた。途中、山道もかなりあり
何時間かかるかわからなかったが、日の高い内にたどり着くことができた。

(ホテル周辺の雰囲気) = ホテルを出ていないので不明。カルドナの街まで、歩いても行けると思う。

(ホテルの選択基準) = パラドールに泊まってみたかった。ロケーションなどが魅力的だった。
当日、空室があり幸運だった。

(よかったこと) = 料金に対して、満足度が一番高い。

(朝食) = ビュッフェ。種類は豊富。卵料理だけでもトルティージャ(スペイン風オムレツ)2種、
目玉焼き、スクランブルエッグ。生ハム、ベーコン、ソーセージ3種、スモークサーモン。
ハム類は、地方特産コーナーがあり、チーズもあった。フルーツやジュースも数種類。

(支払い方法) = クレジットカードで(VISA)

(車椅子等の対応は?) = 入り口付近にスロープを付けるなど、一応の配慮はあるが、
ところどころに段差があり、苦労する場面もありそう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = わからない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = とにかくお勧め。カルドナの街外れの小山の頂上、9世紀に建てられた
古城内部にある。ホテル内部はきれいに改造してあるが、雰囲気は満点。ロマネスク様式の教会もある。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート(ギリシャ)2008年8月 azumi@az 様 (2)
5360
: 2008/11/14(Fri) 20:59:52
Chun3(管理人)

全体アンケート(ギリシャ)2008年8月 azumi@az 様 (2)

(現地にいってよかったことは?) =
ミコノス島の海は本当に綺麗だった。
しっかりくつろいだのは2箇所、立ち寄ってみたのが2箇所、あとはミコノスタウン内の
小さなビーチを見た限りだが、タウンのビーチですらそれなりの青い綺麗な海なので、すごいなぁと感心しきり。

なのに、大地は緑もなく乾いており、海とのギャップが面白いなぁと思った。

中でも一番気に入ったのは、宿泊したホテルのあるエリアビーチ。
白砂で、海の透明度もばっちりで、他のビーチに比べてデッキチェアのつくりが立派。
ビーチが広いのでデッキチェアの隣との間隔が広く、全体的にゆったりしていた。
飲み物や料理を注文するビーチサービスの女性もよく通りかかるので便利。
予約しなくても、正午近くまでは海に面した最前列が空いているというのもよかった。
他のビーチでは、空いているように見えても、実は、レストランの利用客で3列目まで
予約済みだったりで、一見の観光客にはハードルが高い面もあった。

ゲイ&ヌーディストビーチとして有名なスーパーパラダイスビーチもまた面白かった。
こちらは大変賑やかで音楽も激しいし、エリアビーチとは全然違う雰囲気で面白かった。
セルフサービスのレストランも、気軽なギリシャ料理で意外と美味しく頂けた。

日本の友人に海に入っている写真を見せると「背後に誰もいない海の写真なんて日本ではありえない」と、
目の付け所の違う感想が返ってきて面白かった。

海が非常に冷たかったというのもあるが、泳ぐよりも焼きに来たという人たちが大半で、
浜辺には人があふれていても海に入っている人は少ない。
泳ぎたくなったら、縦横無尽に美しい海で泳げるというのもスゴイなぁと思った。

食事も、買い食い系から高級レストランまで、いろいろ楽しめた。
ミコノスでは、バカンスシーズン真っ最中にも関わらず、海辺のタベルナや有名店など、
観光客であふれかえりそうな店が深夜近くにならないと混まないので、
予約がなくてもほとんど希望通りに入ることができた。

日中はどの店も半分以下の客の入りで、完全にキャパシティを見誤ってるのではないかと思ったほど。
でもこれが、夜も22時を過ぎるころから満席になっていくのでびっくりした。
あまり真面目に下調べをしていかなかったが、現地で入手したフリーのタウンマップに
たくさんレストランが載っており、その中から、「このロゴマークが美味しそうだ」と
根拠のない思い込みで選んだレストランが大人気だったりして、勘も冴えていた。

食事に関しては、魚介類は日本人の舌に合いそうな料理が多いと思うが、肉に対しては
ジューシーさの感覚が日本とは違うようで、そこだけがちょっと残念だった。
風味よく焼きあがっている肉のグリルが、脂が落ちすぎて素っ気無いような、口が渇いて
しまいそうな、そんな思いが何度かあった。
肉に関しては、ちゃんとしたレストランよりも、ファストフードやセルフで食べる方が
美味しいと思った。
(服装) =

帰国後の後悔は忘れて、肌の露出の多い薄着の服装。
日焼け止めクリームは2本持っていったが使い切り、ビーチにいる時間が長かったので
よく焼けた。

水着は3着。
日本の夏のセールで欧州ブランドのビキニを買っておいたのだが、これが大正解。
日本のビキニは布の量が多く、ヨーロッパのビーチでは重たく感じる。
思い切って布の量が少なくヒモを結ぶだけのビキニにしてみたのだが、やはり、欧州では
この方がなじんでるなぁと思った。
1着は日本製の日本的なビキニだったのだが、出番は少なかった。

乗継地のドバイ空港で、膝丈くらいの薄いシフォンドレスを買った。
水着の上に着用するつもりで買ったのだが、これがまたヨーロッパのビーチリゾートに
ぴったり。
胸元に大きな石がたくさんあしらってあるので、写真写りもいいのが嬉しかった。

(次の旅行でやってみたいことは?) =
休みが取れることになった時、そのシーズンに一番合ったことがしたい。
年末年始なら、大きな町でのんびり観光。
5月連休なら、内陸部の田舎を転々。
夏休みなら、地中海沿岸のどこか。今年果たせなかった南仏計画も実行したい。
いつ、休みが取れてもいいように、いろんなパターンをあれこれ考えておこうと思う。

(今回の反省や次回への願望&意気込み) =

(お買物報告) =
蜂蜜。ミコノスの専門店で、いろいろ試食しえt決めた。
店員の男性は「日本ではどこで蜂蜜を買うの?スーパーマーケット?あれは砂糖だよ!」
みたいな、本物の蜂蜜への愛にあふれた人だった。

オリーブオイル、タプナード、トマトソースなどはギリシャ産なのを確認して購入。
デパートなどでは、イタリア産、トルコ産などと一緒に並べられてたりするので要注意。

マスティハのガムやバクラバ。
バクラバは土産物屋で個包装されているものを見つけたので買ってみた。
蜜で手がべたべたになるが癖になる甘さで、配った相手には意外と評判がよかった。

ミコノスのシャツ屋で、男性用の白いシャツ。
かなりラフな格好をしていたのに、突然、まともなレストランで食事をすることになり、
慌てて購入した。急場しのぎにしては、リゾートらしくていい感じ。

アテネのフォリフォリでバーゲンになったバッグと、新作のネックレス。
店員は「カワイイ」という唯一知ってる日本語を使いながら、あれこれ見せてくれた。
店に来た日本人女性が連発するんだろうなぁと思った。(私もだったが)
私の付けていたピンク・ゴールド色の腕時計に気づき、同じ色の新作アクセサリーを
勧めたり、けっこう優秀な店員だなと思った。

アテネのデパートで、通りすがりに視界に入ってしまったロエベのバッグ。
予定外の買い物だったが、バーゲンで半額だったのだから仕方がない。

アテネのドラッグストアで、Korresのシャンプー、コンディショナー、クリーム類。

アテネで8月15日にあたり、宿泊したホテルでは「8/15はバンクホリデーのため、全ての店が
クローズします」という案内があった。

確かに、コロナキ地区やエルムー通りは全て閉まっていたが、旧市街のプラカでは、
ほとんどの土産物屋が営業していた。

アテネ最終日だったので、配る目的の土産品はこのあたりで購入した。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート(ギリシャ)2008年8月 azumi@az 様
5359
: 2008/11/14(Fri) 20:57:57
Chun3(管理人)

全体アンケート(ギリシャ)2008年8月 azumi@az 様

(旅行の時期) = 2008年8月中旬

(全体の泊数) = 7泊

(訪問地) = アテネ(1泊+1泊)、ミコノス島(5泊)

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: 航空会社のWebから
ホテル: ホテル直営Web、ホテル予約サイトから
レンタカー:ミコノス島のホテルで手配

(同行者) = 配偶者

(パリで気に入ったところは?) =
ミコノス島で宿泊したホテルの部屋に付いている絶景ジャグジー。
ホテルHPの写真を見て一目惚れした。
ジャグジーからは、何もさえぎるものがなく青い海が見える。

ミコノス特有の強風の中、毎日、朝・夕・晩とジャグジーに入り、至福の時間を過ごした。
ジャグジーを動かさない時は、熱いお湯の中で露天風呂気分だった。

(旅の手配で困ったことは?) =
今夏こそ南仏へと思い、全行程をホテルも含めて「できあがった!」と思った後で、
急遽、日程の変更が必要となってしまい、旅程が成り立たなくなってしまった。

当初の計画が私なりに完璧なものだったので、旅程の変更・縮小などは
考えられず、がらりと考え方を変えて、前年、行き方を覚えたギリシャへと目的地も変更することにした。

すっかり南仏気分だったため、ちょっと気持ちを切り替えるのは大変だった。

アテネからミコノス島への移動には、ギリシャのローカルエアラインのエイジアン航空を利用した。
HPでe-チケットの予約購入ができるのだが、1年前同様、HP上にキャンセル機能がなく、
万が一のことを考えると、やはり、なんとか改善してもらいたいなぁと思った。

また、ギリシャ行きに変更した時点ですでに早割りチケットはなくなっており、往復とも
正規料金で購入するしかなかった。ユーロ高も手伝って、これが予想以上に高くついてしまった。

ミコノス島のホテル選びは迷いに迷った。
町よりもビーチ重視だったため、島にいくつかあるビーチエリアで探した。
プライベートビーチを持つこじんまりとしたホテルが希望だったが、その2つを両立する
ホテルは1つも見つからず、ビーチかこじんまりか、どちらを妥協するか悩んでいた時に
写真に一目惚れのホテルを探し当てた。

ただし、プライベートビーチはなく、しかも、かなりの予算オーバー。
1週間くらい悩んだが、結局、5月連休に旅行できなかったしというのを言い訳にして、
予算オーバーに目をつむることにした。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
「どうしてもここに泊りたい」と思えるホテルが見つかったことが一番嬉しかった。
予算オーバーだったが、実際に行ってみて「ここにしてよかった」と思えたのも嬉しい。

ミコノスのホテルが無料で空港送迎してくれるので、今回、レンタカーはホテル到着後に借りることにした。
大きな荷物を運ぶ必要がないので、普段は借りることのできないスマートを72時間借りた。
ホテルに地元の業者がやってきて手続きしたのだが、契約時の金額は、可能な保険を
全て付けて「500ユーロ」と高額。
確かに、スマートは普通車に比べて割高なのだが、いくらなんでも足元見られたかなぁとちょっぴり後悔。
しかし、返却時には225ユーロに減額され、「え?スマートがそんなに安くていいの?」
という結果に終わった。無駄にやきもきしてしまった。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
予想以上のミコノスの強風にびっくりした。
ビーチは重石を置いておかないとタオルや小物が飛んでいきそうだし、
ホテルは谷の中腹にあるため、朝晩は部屋にいてもびゅうびゅう風の音が聞こえる。
まるで台風かと思うような強風だった。

ジャグジーにつかりながら、「この風さえなければねぇ」という会話が何度も出てきた。

エミレーツ航空を利用したが名古屋−ドバイ間のビジネスクラスシートが、前年よりも乏しいものになっていた。
エミレーツHPには、ライ・フラットシートで個人用の収納場所やマッサージ機能等々が
付いていると書いてあるのだが、ライ・フラットでもシェル型でもなく、前席の背もたれが倒れてくるタイプ。

その分、前後のピッチが長くなっているので、ライ・フラットにならないシェル型よりも
足元に余裕はあったが、体を伸ばすことができないのでくつろぎ感はいまひとつ。

更に呆れてしまったのが、パーソナル・モニタが前席の背もたれに付いているということ。
背もたれが倒れるビジネスシートでそれってあり?!とビックリしてしまった。

前席の人がせいいっぱい背もたれを倒すとモニタが自分の足元まで下がり、モニタを上に
傾けることはできるが、完全に見下ろす形になった。

ちなみに、エミレーツ自慢のICEのTVシステムも搭載されておらず(前年はあったのに)、
収納場所は前席の背もたれポケットのみだし、背もたれを倒すとリクライニングボタンに
手が届かなくなるし、長距離路線でここまで機能に乏しいビジネスクラスは初めて。
同じエミレーツの大阪便より価格が安い理由がここにある?

帰りのアテネ→ドバイ間だけ、HPに記載のあるような機材にあたった。
他社のライ・フラットよりも滑りにくく、フラット感が高いように感じた。

ミコノス島からアテネに戻るフライトで、ロストバゲージに遭った。
ミコノス空港の国内線チェックインカウンターはギリシャ国営のオリンピック航空と
私たちのエイジアン航空が1つずつしかなく、しかも、近い時間に何便も飛んでいるわけではないのに、
どうやったらロストできるんだろうと、とても不思議な気分だった。

結局、アテネ市内のホテルにチェックインして1時間も経たない内にロストした荷物は
届いたので、人間と同じ便でアテネ空港には到着していたと思われる。
やきもきする時間が短くて助かった。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ブリュッセル)Bedford :10月のりんご 様
5358
: 2008/11/14(Fri) 15:18:57
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(ブリュッセル)Bedford :10月のりんご 様

(場所) = ブリュッセル(ベルギー)

(ホテルの名前) = Bedford Hotel & Congress Centre
http://www.france-tourisme.net/hotel-list-brussels/s-Bruxelles-hotel.htm

(宿泊時期) = 2008年9月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン 日本式5階
部屋は明るく広々していた。
日本にもよくあるアメリカンタイプの大型ホテルのような、内装。
大通りに面した部屋で、ビューは可もなく不可もなく。

(部屋の家具・備品) = 机・いす2脚、荷物台、テレビ、サイドボー


(バスルーム) = バスタブつきで広々としていた。清潔。
湯量・湯温ともに問題なかった。
バスタオル1、タオル2、せっけん、コップ、ドライヤー、シャンプーあり

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = エアコンあり

(パブリックエリア) = ロビーには卓、ソファが多くある。
赤を基調とし、若干落ち着かなかった。

(リフト) = あり。7、8人は乗れるもの。

(レセプション) = 普通。大型ホテルらしく多少事務的だが、丁寧。

(館内施設) = 会議室やフィットネス、バーがあるようだった。

(スタッフ) = 英語対応可。頼めばいろいろしてくれそうな雰囲気だった。

(宿泊料) = 159euro

(予約方法) = 個人で
booking.comから予約した。

(ホテルへのアクセス) = 地下鉄駅から徒歩6、7分。
グランプラスには徒歩5分。

(周辺の雰囲気) = 観光客も多く、治安に不安は感じなかった。

(ホテルの選択基準) = 観光地から近く、ゆっくり休めるような部屋であるか。

(よかったこと) = 朝食がアメリカンタイプのビュッフェで、
いろいろ食べられて嬉しかった。

(朝食) = クロワッサン、プチパン、食パンなどパンが数種類。
トースターもある。
ハム、サラミ、ベーコン、ゆで卵、スクランブルエッグ、スライスチーズ、固形チーズ、
果物、ヨーグルト、シリアル数種、バター、はちみつ、ジャム、マロンクリーム、
コーヒー、紅茶、オレンジジュース、グレープフルーツジュース

(宿泊客の客層) = ビジネスマンが多かった。

(支払い方法) = カード可。VISAで支払った。

(車椅子等の対応は?) = 問題ないと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = どちらともいえない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 同じくらいの値段の日本のホテルを考えると、
部屋の設備、備品は見劣りするが、ベッドもそれほど狭くなく、
ゆっくりしたい人にはおすすめできる。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(モナコ)Paris :YOU-nagoya 様
5357
: 2008/11/14(Fri) 10:10:32
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(モナコ)Paris :YOU-nagoya 様

(場所) = モナコ
http://www.france-tourisme.net/hotel-list-monaco/hotel-list-monaco.htm

(ホテルの名前) = Hotel de Paris

(宿泊時期) = 2008年10月

(泊数) = 1泊

(部屋の階&立地) = フランス式7階
Exclusive Sea View Room
部屋は明るく、広さは40平米程度か。モナコ港、地中海などを見渡せる眺望のよい部屋。

(部屋の家具・備品) = メンテナンスが行き届いていて、問題ない。

(バスルーム) = 広く、清潔。湯の出具合もよい。
アメニティはLa Prairie。

(冷蔵庫) = 一般的なホテルのミニバー。
飲み物を動かすとチャージされる。海外で初めて見た。

(エアコン、クーラー) = あり。

(パブリックエリア) = 華やかなモナコを代表するホテルなので、ホテルの中も華やか。
華やかであるが、静かで落ち着ける。

(リフト) = あり。狭い。

(レセプション) = チェックインは座って。

(館内施設) = レストラン、バー、フィットネス、ショッピングアーケード

(スタッフ) = 完璧な英語を話す。懇切丁寧。

(宿泊料) = 620ユーロ。

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = AMEXを通して予約。1回分の無料ランチが特典でついていた。

(周辺の雰囲気) = グラン・カジノ、カフェ・ドゥ・パリの前、という最高の立地。治安はよい。

(ホテルの選択基準) = モナコを代表するホテルなので。

(よかったこと) = モナコの一流ブランドのブティックで買物した際に、
ここのホテルへデリバリーを頼むと態度がよくなった。

(朝食) = ルーム・サービスにした。
オレンジジュース、パンの質はとてもよい。オムレツも注文したが、これは今イチ。

(宿泊客の客層) = 年齢層は比較的高いと思う。

(支払い方法) = クレジットカード(AMEX)可。T/C両替可。

(子供連れでも場をこわさないか?) = どちらともいえない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(ホテルでのお楽しみ) = Carte d'orという、モナコ内でSBMが運営する施設で優待されるカードが宿泊客に渡される。
グラン・カジノの入場料が無料になる。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
列車アンケート FS (フィレンツェ-ヴェネツィア): ぼのぼのハイク  様
5356
: 2008/11/12(Wed) 13:42:59
Chun3(管理人)

列車アンケート FS (フィレンツェ-ヴェネツィア): ぼのぼのハイク  様

(乗車時期) = 2008年8月上旬

(会社) = イタリア国鉄 FS

(出発駅) = フィレンツェ サンタマリアノベッラ駅

(出発駅の様子) = ターミナル西側にトイレ。料金(0.8euro)を入れると自動的にゲートが開き、
トイレに入れる。
小銭が無い場合は、脇にある両替機を利用。最近できた物らしく、かなり新しくなっている。

プラットホームに面して、銀行のATM。また、構内売店の裏にもATMあり。
構内の窓口は行列しているため、切符の購入・発券は、自動券売機の方が、簡単、賢明。

東側階下に、小さめながらスーパーがあり、なんでも揃う。

なお駅周辺は、トラムの乗り入れの大々的工事が行われていた。
また、赤ちゃんを抱いた女性とそのコンビと思われるロマたちをみかけたので、
スリ・置き引き等への注意は必要。

(到着地) = ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅

(到着駅の様子) = バスの発着場 ローマ広場へは直通の新しい橋ができている。

駅出口中央に観光案内所あり。対応は一人。
狭いスペースなので、前の観光者が出て自分の順番になるまで、外で待つ。

(車両) = 1等車
客室自体はユーロスターイタリアの最新機材ETR500かと思われる。
オープンサロンタイプ、座席配置 2-1列。
進行方向の区別なし。エアコンもよく効いている。

荷棚には、航空機機内持込より大きめのスーツケースも収納可(ただし持ち上げられればの話)。
スーツケース置き場のスペースはあまりないので、ここに置きたい場合は、早めに乗車することを勧める。
ただし、途中乗車の場合は既にいっぱいの可能性もあり。

出遅れたのでまったく使う余地もなく、2個のスーツケースのうち、1つはなんとか座席上の荷棚へ。
残り1つは、止む終えず他の多くの客のスーツケースと一緒に車両の乗降スペースに並ぶことになる。
チェーンロックをかけれそうな適当なところが見つからず、念のため停車のたびに荷物の見張りに席を立った。

食堂車連結。トイレは各車両毎にあり。

(機内食・飲み物) = 発車後しばらくして、車掌が食堂車の予約の注文を採りに来る。
食堂車の支払いは、現金かクレジット・カード。

(座席) = 大人ひとりがゆったり座れて快適。リクライニング可。
テーブルはかなり広め。対面配置でない席にあたったので、前の座席の背もたれにの物を開く。
開くと背もたれ部分に別途カップホルダーがある。飲み物を置いた状態で、
PCや書類作業ができるよう、ビジネスマンに配慮されたものと思われる。

対面座席は、すでにテーブルが折り畳まれて配置。広く使いたい場合、折り畳みをひらく。
席中も通路側の肘掛けも、上に跳ね上げることができる。
テーブルに物をおいた状態で、席を立つことが可能。

(機内販売) = アルコール類、ソフトドリンク、スナック類などのワゴン販売。

隣に軽食などのビュッフェ。利用していないが、利用客が持ち帰ってきた物によると、
ドリンク類などの他に新聞、またワゴン販売ではないパニーニやハンバーガーなどが購入できるようだ。

(トラブル) = なし。
イタリアではよくあるストライキ(ショーペロ sciopero)情報には注意していたが、
幸いにもあたらず予定通りになった。

(切符の入手方法と時期) = イタリア国鉄のウェブサイトから、7月初旬に。クレジットカード決済。

(価格) = 切符 38.8euro 
切符の種類は、AMICA。誰でも利用可能な割引価格。チケットレス。
通常料金より20%引。ただし席数制限がある。
検札は、車掌にPNR(予約コード)が明記された用紙を提示するだけでOK。刻印不要。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ローマ)Farnese : セブンbuuuton 様
5355
: 2008/11/10(Mon) 13:12:58
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ローマ)Farnese : セブンbuuuton 様

(場所) = (イタリア)ローマ

(ホテルの名前) = Farnese
http://www.hotelfarnese.com/en/
http://www.france-tourisme.net/s-Rome-hotel.htm#Farnese

(宿泊時期) = 2008年9月

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 日本式1階、ロビー裏。

(部屋について(雰囲気など)) = 窓に鎧戸がついているので、薄暗い。
フォロロマーノのステンドガラス飾り。クラシックで上質な家具とインテリア。天井や床もこっている。

(部屋の家具・備品) = カードを差し込むと室内の明かりがつく。
扉を開くと点灯するクローゼット(衣類がよく見えて便利)、 荷物を置く棚(下に靴を入れられる)。
テレビは、BBCとABC放送が見られる。ドレッサーと椅子。タオル製スリッパ。
ベッドも適度な硬さ。

(バスルーム) = 白で統一した、クラシックな飾りタイル。広くて、清潔。お湯もでるし、水漏れなし。
歯ブラシはない。

(冷蔵庫) = あり。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = 夜中にレセプショの電話などが聞こえたが、気にならなかった。
レセプションにいろいろ聞きに行くのが楽。下の階がないので、トイレも遠慮なく夜中も使った。
鎧戸付き窓で、眺めは望めない。

(パブリックエリア) = ロビーなどもクラシックで、しつこすぎずに素敵。

(リフト) = あり。約5人乗れる。

(レセプション) = 親切で温かな対応。美術館への道を教えてもらったり、お薦めレストランを
予約してもっらた。すぐに顔と名前を覚えてくれた。

(レセプション以外の館内施設) = バー、朝食用屋上テラス。

(スタッフ) = 英語可。レセプションは3人で交代制。親切。

(宿泊料) = 30,600円

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = オクトパス・トラベルで予約。対応は早く、すぐに返事が来た。

(ホテルへのアクセス) = 地下鉄A線レパント駅まで徒歩2分。サン・ピエトロ寺院まで徒歩約15分。
コーラ・ディ・リエンツォ通りが徒歩約10分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 街路樹の道路と住宅街。静かで落ち着いた雰囲気。治安は良い。

(ホテルの選択基準) = 治安が良く、静かで、スーパーなどもあり、交通の便のよい場所。
客室数が少ない。インテリアは、クラシック。朝食は、ビュッフェ。

(よかったこと) = 朝早くツアーに出かける時、朝食ができていなかったが、準備できたものから
食べることができた。迎えのバスがきたら、呼んでくれた。

(困ったこと) = セイフティ・ボックス(番号セット式)の扉が開く時と開かない時があったで、
結局使わなかった。

(朝食) = 屋上テラスで。サン・ピエトロ寺院がま近に見える。インテリアはカフェ風。
ビュッフェで、量・質ともに豊富。

(宿泊客の客層) = アメリカ人が多かった。年配カップル、新婚さんなど。

(支払い方法) = クレジットカードは使える。

(車椅子等の対応は?) = 道路から建物のドアまで5、6段上るが、そこ以外は大丈夫。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = バスや地下鉄を利用すると便利。静かな住宅街で、テベレ川にも近い。

(ホテルでのお楽しみ) = 部屋、窓からの景色、ホテルの外観、朝食、ロビーなど写真に取る。
リフトがあっても、階段を通る。


タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
2008年ドイツクリスマスマーケット情報
5354
: 2008/11/09(Sun) 14:47:06
ドイツさぽ

2008年のドイツクリスマスマーケット情報です。
主な都市のクリスマスマーケット開始予定日は・・・
11/24から ベルリン
11/26から フランクフルト
11/27から ドレスデン
11/28から ミュンヘン、ニュルンベルク


ドイツ観光局で、各都市ごとの情報をこまかく掲載しています。
http://www.visit-germany.jp/JPN/culture_and_events/christmas_markets.htm

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(フィレンツェ)Malaspina : セブンbuuuton 様
5353
: 2008/11/08(Sat) 22:06:40
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(フィレンツェ)Malaspina : セブンbuuuton 様

(場所) = (イタリア)フィレンツェ

(ホテルの名前) = Malaspina
http://www.malaspinahotel.it/ja/index.htm
http://www.france-tourisme.net/s-Firenze-hotel.htm

(宿泊時期) = 2008年9月

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 日本式4階

(部屋について(雰囲気など)) = ベットが縦に2つ。シンプルで落ち着いた感じ。
眺めは、向かいの建物が見える。防音。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、テレビ、鏡つき棚、椅子、荷物代。
ベットは適度な硬さがある。

(バスルーム) = 白タイルに、緑と銀柄の横ラインの飾り。狭いが、お湯の出も完璧。
タオルも厚く大判。ドライヤーあり。シャワールームは狭い。

(冷蔵庫) = 不明

(エアコン、クーラー) = エアコン、クーラーあり

(パブリックエリア) = インテリアセンスがいい。

(リフト) = あり。定員は約5人。

(レセプション) = てきぱきとして、親切。

(レセプション以外の館内施設) = バー、地下に朝食用サロン。

(スタッフ) = 英語可。

(宿泊料) = 19,600円

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = オクトパス。対応は早い。

(ホテルへのアクセス) = サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩10分。
アカデミア美術館、サンマルコ修道院やアンヌンツィァータ広場まで徒歩約5分。
15分以内で、主な見所に行ける。

(ホテル周辺の雰囲気) = 観光地の喧騒から離れ、落ち着いて、ほっとできる。
ホテル前の公園も、治安は悪そうではない。

(ホテルの選択基準) = 見所に徒歩で行ける、静かで落ち着いた場所。
こじんまりとした、インテリアセンスの良いホテル

(よかったこと) = ロビーなど小さいが、インテリアセンスがいい。メンテナンスがよい。

(朝食) = 地下の食堂。カーテンは、伝統のマーブル柄。鏡の額の色やデザインとの組み合わせも
センスがいい。食事はビュッフェ。量、質ともによい。

(宿泊客の客層) = ビジネス客、子供つれ家族など、いろいろ。
学校のセミナー参加の人もいた(大学に近いから)。
イタリア人、ドイツ人、アメリカ人、日本人などいろいろ。

(車椅子等の対応は?) = ドアまで2,3段あるが、大丈夫だと思う

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 観光地とは思えない、普通の雰囲気がある。周りのカフェも落ち着いている。

(ホテルでのお楽しみ) = 部屋、窓からの眺め、ロビー、食堂、外観など写真をとる。階段を使う。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(フィレンツェ)Duomo : ぼのぼのハイク 様
5352
: 2008/11/08(Sat) 21:43:31
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(フィレンツェ)Duomo : ぼのぼのハイク 様

(場所) = (イタリア)フィレンツェ

(ホテルの名前) = Duomo
http://www.hotelduomofirenze.it/hotel-duomo-florence.html
http://www.france-tourisme.net/s-Firenze-hotel.htm

(宿泊時期) = 2008年8月

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式3階、通り側。4階のレセプションに上がり、階段で1階下がる。
部屋のある階に、直接アクセスできない。

(部屋について(雰囲気など)) = 大聖堂の真横の部屋で、広場に面しているため、
夜まで賑やかだが、窓は防音で音は気にならない。鐘の音も聴ける。
クーポラ、大聖堂の入場の行列が見えるので、混雑状況把握可能。

(部屋の家具・備品) = 床はフローリング。衛星テレビ、クローゼット(中にセイフティ・ボックス)、
ハンガー多数。

(バスルーム) = 湯量、温度とも問題なし。アメニティーは、最小限。コップはなし。

(冷蔵庫) = 買ったものを入れることは可能。氷は作れない。

(エアコン、クーラー) = あり、調節可能。

(部屋について、その他) = 目覚ましはないので、持参するか、モーニングコールを頼む。

(パブリックエリア) = 食堂兼バーの横にソファー。ここで大画面液晶TVの鑑賞可。

(リフト) = レトロなリフト1基(最大2人までの記載)。2人とスーツケースでいっぱい。

(レセプション) = すぐに顔を覚えてくれた。

(レセプション以外の館内施設) = バー(朝は朝食スペースとなる)、狭いテラス(バルコニー)。

(スタッフ) = 英語可。小さなホテル(27室)のためか、どのスタッフも、とてもフレンドリーで
居心地がよい。

(宿泊料) = 130euro

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = Bookings.comから予約。直前に、チェックイン予定時間と
大聖堂が見えるバスタブ付きの部屋のリクエストを直接連絡した。その通りの部屋を用意してくれた。

(ホテルへのアクセス) = サンタ・マリア・ノベッラ駅より、
タクシーで約10ユーロ(スーツケース2個込み)。バスは、駅から10番を利用する。
徒歩でも約10分。歩けない距離ではないが、スーツケースを引きずってはちょっと困難。
主要観光スポットは、すべて徒歩10分以内。

(ホテル周辺の雰囲気) = 注意を払っていれば、特に問題ない。夜間・早朝は、ホテルの入口が
施錠されるので、安心感はある。

(ホテルの選択基準) = 旧市街の中心で、観光スポットへのロケーションの良さ。
部屋と朝食スペースからの大聖堂の眺め。レビューの評価の高さ。

(よかったこと) = テラスで、大聖堂が迫り来るような眺めを楽しみながら、朝食をとれる。
買い物をしても、すぐに荷物を置きに戻ることができる。トイレにも戻れる。

(朝食) = ビュッフェ(7:30から)。ゆで卵、スライスしたハム2種類、チーズ、クラッカー、
パン(クロワッサン(ジャム入り、ジャム無し)、ライ麦パン2種)、蜂蜜、バター、ジャム、
シリアル3種、牛乳、オレンジ・ジュース、ミネラルウォーター。
ホットドリンク(コーヒー、カプチーノ、紅茶)は、席で注文する。
フルーツ(洋なし、プルーン、リンゴ、ネクタリン、杏等)。過不足はない。

(宿泊客の客層) = 欧米人のカップルが中心。日本人は見かけない。

(支払い方法) = クレジットカード可能。T/Cは不明。

(車椅子等の対応は?) = リフトが狭く、車椅子は無理。
レセプションから、部屋までは階段のみの移動箇所があり、無理。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 朝食は早めに行くとまだ、ハム類がそろっていなかったりするが、
テラスの席(1席のみ)では、大聖堂を貸し切った気分で、朝食がとれるので、おすすめ。
あまり予約サイトでの取扱を見ないので、隠れた穴場と思う。

(ホテルでのお楽しみ) = 入浴剤を使っての入浴。
1日限定で、スーパーで総菜の買い、部屋で眺めを楽しみながらの晩餐。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: ありがとうございます
5350
: 2008/11/07(Fri) 10:34:51
きんたろうはお留守番

春の欧州旅行は、初めてなので、雰囲気や観光客の数 行列の長さなどピンときていません。
計画と準備が大好きなので
しっかり計画して行こうと思っています。
アドヴァイスありがとうございます。

今回、美術館(又は、博物館 教会)のフレスコ画を
時間をかけて鑑賞したいと考えています。
今、お伺いしたい気もしますが
お題が別になりますし、具体性も無いので
また、改めて質問したいと思って居ります。
今後もよろしくお願いいたします。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: モンゴル、アラスカ
5349
: 2008/11/06(Thu) 13:32:50
がばい黒タン

イエローナイフの帰りにバンフに寄れば、温泉もあります。ぬるいけど。スキーもできます。犬ぞりでふざけた私は鼻の内にシモヤケ(凍傷?)ができ、温泉で10分間治療しました。(笑)
11年サイクルなので、オーロラはそこだけチェックをしてください。また、オーロラをヨーロッパで見たいなあ。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: 2009年GW過ぎフィレンツェ往復航空券
5348
: 2008/11/06(Thu) 11:48:51
Rod・ロッド

 過去春にフィレンツェ+パリを旅行した経験から、平常時でも、ウ
フィッツイの午前中見学予約は2日前ぐらいまでには手配された方が
良いと思います。タイミングにも寄りますが、現場で長時間並ぶのは
もったいない気がします。土日と休館日を外されたプランが効率的か
と思います。

 他の美術館も月曜日が休みの場合が多いのでプラニングの際、参考になさってください。



 

 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: 2009年GW過ぎフィレンツェ往復航空券
5347
: 2008/11/06(Thu) 10:57:10
きんたろうはお留守番

とても参考になります。
ありがとうございます。

今回の旅行計画は、あまりに自由(行き先も時間も・・・資金面除いて)で、それゆえに選びきれないという
他の方から『そんなの勝手にしろ〜』と言われそうな状況。

もう少し考えて(検索して)自分の中での優先順位を整理してから予約しようと思います。

1月になれば、他航空会社の4月以降の料金も出てきそうですので、それからでも良いのかな?など日々考えている所です。

予約と発券についても勉強になりました。

これから冬なのに、春の旅行の事ばかり考えています・・・
あ〜あ。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
モンゴル、アラスカ
5346
: 2008/11/06(Thu) 03:00:29
Chun3(管理人)

さすがですね、どの国・都市の話をだしても、わらわら〜っと(笑)
インターネットさまさまでございます。ありがとうございます。

--------------------

クルーズの資料やWEBみてましたら、アラスカも悠大な風景がありましてねぇ。(また写真がいいんだ ←空撮だってば)
列車とくんだものもあり、いろいろあるんだなぁ、と感じ入った次第です。

北米国境付近北部の冬、滞在経験ありますので、マイナス27ぐらいまでイケます! ダイジョブです!

現地のおもしろい食べ物(簡素でも)ダイジョブです!
相方も悠大な風景、たぶんすきだとおもいます。

オーロラは地べたではみたことがないので、一度 降り積もったココロの余計な欲や重しをすてて
腹を白くすべくそういうすっきりとした旅もいいですね。すかっとしそうです。

そういえば、元気な義父とのモンゴル乗馬もまだ実現していないので、アラスカとどっちがいいか、きいてみよう・・・

あ、いずれも10年計画です。(すんません。^^;)
でも計画してないと 思い立っていけないので、
妄想でもいいので、常日頃考えておくのが大事かな、とおもっております。

#豪州できれいな海 (前にご相談した、”頭つっこんだらオサカナ状態” もぐらないくていい)も
まだ頭のすみっこにちゃーんとございます。ふふふふ。


実家の母はやっぱりパリやねぇ、ばっかりいってます。お義母さんは、ロングフライトがだめみたいです。
ま、とりあえず11月は京都や加賀温泉で双方の親をごまかしてます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: イエローナイフもいいですよ、管理人さん
5345
: 2008/11/06(Thu) 00:22:24
がばい黒タン

そう言えば、2001年に行った時の話です。もうジャーキーは無理かな。
オーロラ鑑賞の夜食にロッジでトナカイの肉のシチューがでます。心が痛みつつ、暖かいシチューは冷えた身体を温めるのでした。
外気はマイナス30℃。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: イエローナイフもいいですよ、管理人さん
5344
: 2008/11/06(Thu) 00:08:51
Rod・ロッド

>  アラスカでオーロラが見たいのですか?犬ぞりに乗りたいのですか?クルーズ?

 オットは釣りがしたいと言っていたことがありますが、忘れている?
のかな??

 トナカイのジャーキーは日本に持ち込めない??

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
イエローナイフもいいですよ、管理人さん
5343
: 2008/11/05(Wed) 22:08:59
がばい黒タン

 アラスカでオーロラが見たいのですか?犬ぞりに乗りたいのですか?クルーズ?
 クルーズは分かりませんが、オーロラだったら、イエローナイフがいいですよ。見られる確立が高いです。11年サイクルで確立が違いますから、そろそろ高くなって来ているはず。買いものは期待できませんが、一応ショッピングストリートのようなところがある町です。トナカイのジャーキーが買えます。服装もスキーウェアーで良いですよ。鑑賞時は専用の分厚い服がレンタルできます。5000円くらいです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 2009年GW過ぎフィレンツェ往復航空券
5342
: 2008/11/05(Wed) 12:03:01
うちゃぎ@Lapin

こんにちは〜。

エールフランスはこのところ自ネット経由での航空券販売に
かなり力をいれているようなので、10ヶ月前から割と安く
購入できるようになっているようですよ。

で、私自身、航空券に関してはあまり詳しいほうではないのですが、

繁忙期の予約ではないということと、
まだ半年先ということだとすると、
私ならば予約は入れても発券はしないでよいものをおさえておきます。

券種(クラス)に関しては詳しくはないのですが、
1年位前でも航空運賃が確定していなくても予約を受け付けて
くれる代理店もあります。
券種によっては発券を出発の1週間前まで待ってくれるものも
あります。

ただし、値段が数万程度、変わってくるのでなんとも言えません。

うちは夫婦で働いているので、予定が狂う場合があります。
11月のオフシーズンに行っているころは、2週間前までに発券する
チケットで行くことが多かったです。
今年のGWの真っ最中に行ったときも、3週間前ごろまでに発券する
タイプのチケットを前年の12月中旬に予約しました。
同じ12月中旬にエールフランスのHPで確認しましたが、
エールフランスのHPから予約する値段とあまり変わらない値段で
行くことができました。

発券してもらうともしものキャンセルの時に数万円の
キャンセル料がかかったり、
電話連絡や返金の手続きなどで、なんとなく出発前に
落ち着かないので、やはり少しの値段の差であれば、発券が
ぎりぎりまで待ってもらえるようなチケットがいいかなと
思っています。

と、これは私の一意見です。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: アンケート掲示板活用法。
5341
: 2008/11/05(Wed) 10:27:57
きんたろうはお留守番

やってみます。
ありがとうございました。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 |

- WebForum -