[リストへ戻る]
新着表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(アムステルダム)Park Plaza Victoria Amsterdam:tarte aux fruits de saison 様
5941
: 2010/01/10(Sun) 23:35:48
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(アムステルダム)Park Plaza Victoria Amsterdam:tarte aux fruits de saison 様

(場所) = (オランダ)アムステルダム

(ホテルの名前) = Park Plaza Victoria Amsterdam
http://www.france-tourisme.net/o-nederlanden/o-amsterdam-hotel.htm
http://www.parkplaza.com/amsterdamnl_victoria

(宿泊時期) = 2009年12月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル

(部屋の階&立地) = ヨーロッパ式1階、中庭側

(バスルーム) = バスタブあり。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。

(部屋について、その他) = Wi-Fiは部屋の中で使用可能。24時間で9ユーロ。
古い建物のせいか、床が軋む箇所があった。

(リフト) = リフト2基。定員は約10名。

(レセプション) = 英語可。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン、ブラッスリー、ラウンジ。
フィットネスセンターには、プールとサウナなどがある。

(スタッフ) = 英語可、対応がよかった。

(宿泊料) = 300ユーロ

(予約方法) = 個人で

(ホテルへのアクセス) = アムステルダム中央駅まで徒歩すぐ。ダム広場は、徒歩約10分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 中央駅の前なので、地元の人や観光客がたくさんいた。
特に治安が悪い感じは、しなかった。

(ホテルの選択基準) = スキポール空港への移動とベルギーへの列車での移動を考慮して、
中央駅から出来るだけ近いところ。

(宿泊客の客層) = 欧米人が多いが、日本人やアジア系の宿泊客も多かった。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ブリュッセル)Royal Windsor Grand Place: がばい黒タン 様
5940
: 2010/01/10(Sun) 23:26:31
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ブリュッセル)Royal Windsor Grand Place: がばい黒タン 様

(場所) = (ベルギー)ブリュッセル

(ホテルの名前) = Royal Windsor Hotel Grand Place
http://www.france-tourisme.net/o-belgium/hotel-list-brussels/royal-windsor.htm

(宿泊時期) = 2009年12月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツインで申し込んだが、スーペリアルーム。

(部屋の階&立地) = フランス式2階253号室、禁煙室。

(部屋について(雰囲気など)) = 明るい。スーツケース大2個広げられる。

(部屋の家具・備品) = 天蓋付きベッド、枕2にクッション付き。
液晶テレビ。立派なテレビ台には、冷蔵庫が入っている。サイドテーブル2、椅子、テーブル、荷物台



(バスルーム) = 大理石風。バスタブ、ビデ、シャワー。カーテンは2重。絵画、ティッシュ、ドラ

イヤー、タオル、アメニティセット、化粧鏡、ゴミ箱清潔。お湯は良く出る。

(冷蔵庫) = アウコールが豊富。ジュース類、菓子、チョコ。金の小便小僧の置物などが入っている



(エアコン、クーラー) = エアコンあり。

(部屋について、その他) = 5つ星にしては、やや劣る。

(パブリックエリア) = ロビーやレセプションなどは、高級感がある。入り口は回転式。
橇のクリスマスの飾り、大きめのツリーがあった。

(リフト) = 3基あり。大きめ。

(レセプション) = 流暢な英語だが、声が低めで、聞き取りにくい。上品な感じ。

(レセプション以外の館内施設) = ロビー、レストラン、駐車場。

(スタッフ) = 英語可。

(宿泊料) = 119ユーロ、朝食は29ユーロ。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = Hotel Freak.comから

(ホテルへのアクセス) = ブリュッセル・セントラル駅近く。グランプラスも5分以内。イロサクレ

も近い。

(ホテル周辺の雰囲気) = 静か。安全。近くに酒屋あり。坂道。

(ホテルの選択基準) = 初の5つ星。安い。

(よかったこと) = 冷蔵庫に金の小便小僧を発見した時は、笑った。

(困ったこと) = レセプションのスタッフの声が、聞きくかった。
何も言っていないのに、朝食なしになっていた。

(宿泊客の客層) = 男性を何人か見た。

(支払い方法) = 現金払い、各種クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫。バスは、手すり付き。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(ホテルでのお楽しみ) = 入浴剤を入れる

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(フュッセン)Schlosshotel Lisl:tarte aux fruits de saison 様
5939
: 2010/01/10(Sun) 23:10:21
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(フュッセン)Schlosshotel Lisl:tarte aux fruits de saison 様

(場所) = (ドイツ)フュッセン

(ホテルの名前) = Schlosshotel Lisl
http://www.france-tourisme.net/o-germany/s-Fussen-hotel.htm
http://www.lisl.de/lisl.0.html

(宿泊時期) = 2009年12月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = シングル

(部屋の階&立地) = ヨーロッパ式2階

(部屋について(雰囲気など)) = 窓から、ホーエンシュヴァンガウ城が見えた。
夜間は、ライトアップされていた。

(バスルーム) = バスタブなし

(冷蔵庫) = なし

(リフト) = あり。定員約5名。

(レセプション) = 大半のスタッフは、英語が喋れるようだった。

(レセプション以外の館内施設) = 玄関を入って両脇に、レストランあり。
奥に進むと、左手にレセプション、右手にバーがある。
Wi-Fiは有料で、レセプション付近でしか使えない。

(宿泊料) = 64ユーロ

(予約方法) = 個人で

(ホテルへのアクセス) = フュッセンからホーエンシュヴァンガウまで、バスで約10分。
ホーエンシュヴァンガウのバス停からホテルまで、徒歩5分。
チケットセンター、ノイシュバンシュタイン城への馬車乗り場まで徒歩数分。
マリエン橋の手前まで行くバスのバス停はホテルの隣り。
ホテルからノイシュバンシュタイン城まで、徒歩約30分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 日中はノイシュバンシュタイン城の観光客が大勢いて、賑やか。
ミュンヘンからの日帰り観光客が多いせいか、城の閉館後は観光客がいなくなる。

(ホテルの選択基準) = ミュンヘンから日帰りでもよかったが、
ノイシュバンシュタイン城の近くに泊まりたかったので。
ミュンヘンのホテルよりも宿泊費が安かったので。

(よかったこと) = 部屋からホーエンシュヴァンガウ城が見えた。
ノイシュバンシュタイン城もホテルを出て、少し歩けば見えたのがよかった。

(困ったこと) = 城の閉館後は、土産物店や店が閉まってしまうので、水などは、早めに買っておく必要あり。

(宿泊客の客層) = 欧米人が多いが、日本人も見かけた。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ケルン)Four Points Central: がばい黒タン 様
5938
: 2010/01/10(Sun) 22:53:58
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ケルン)Four Points Central: がばい黒タン 様

(場所) = (ドイツ)ケルン

(ホテルの名前) = Four Points Central
http://www.france-tourisme.net/o-germany/s-Koln-hotel.htm#FP

(宿泊時期) = 2009年12月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式9階、900号室。

(部屋について(雰囲気など)) = 明るい。広々として、ベッドも大きく、窓が大きい。
大聖堂と駅が見える。

(部屋の家具・備品) = テレビ、電話、ミニバー、セイフティ・ボックス、ソファセットとオットマン、
絵画3、サイドテーブル、化粧台、椅子、クローゼット、ズボンプレス、引き出し付き荷物台、灰皿。

(バスルーム) = 広い、タイル張り。清潔。大きな鏡、備え付けシャンプー。バスタブは、手すりあり。
化粧鏡、ドライヤー、石けん、コップ2、蓋付きゴミ箱、サニタリー袋、タオル3種、ティッシュ。

(冷蔵庫) = あり。飲み物が、数種類入っていた。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。

(部屋について、その他) = とにかく、リラックスできる。

(パブリックエリア) = シンプルだが、上品。レストランは、夜も営業していた。ラウンジあり。

(リフト) = 2基。

(レセプション) = 良い。スムーズだった。ボンボンがある。

(レセプション以外の館内施設) = ハーツレンタカーがあった。

(スタッフ) = 英語可。対応は良い。

(宿泊料) = 61ユーロ。朝食は、9ユーロだが、クリスマスプレゼントと言って、無料だった。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホームページより日本語で。前払い。

(ホテルへのアクセス) = ケルン中央駅より、徒歩数分、駅前。繁華街は、駅の反対側。。

(ホテル周辺の雰囲気) = 治安はよい。割と静か。窓が3重ガラス。

(ホテルの選択基準) = 安く、駅前だったから。

(よかったこと) = とにかく、良かったの一言。

(朝食) = コンチネンタルだが、種類が豊富で、温かい物もあった。

(宿泊客の客層) = 普通。年齢が高かったと思う。

(支払い方法) = クレジットカードのマスターカードで支払い。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = この金額で泊まれることが不思議。インターネットWiFiは、有料。

(ホテルでのお楽しみ) = 入浴剤を入れる。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ローマ)Hotel Columbus:杜のパンダ 様
5937
: 2010/01/10(Sun) 22:41:18
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ローマ)Hotel Columbus:杜のパンダ 様

(場所) = (イタリア)ローマ

(ホテルの名前) = Hotel Columbus
http://www.france-tourisme.net/o-italy/o-rome-hotel.htm#Columbus

(宿泊時期) = 2009年12月下旬

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 日本式5階

(部屋について(雰囲気など)) = スーツケースは、ぎりぎり広げられるが狭い。
漆喰の壁の上部に、小さい窓が一つなので、修道僧のような気分。

(部屋の家具・備品) = ベッド、机と椅子、電話、小さい旧式のテレビ、クローゼットの中に金庫。

(バスルーム) = 狭い。バスタブなし、固定シャワーのみ。お湯の出はあまりよくない。
持って行った洗面器が役に立った。掃除はしてあるが、古い建物なので清潔とは言い難い。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = オイルヒーターのみ

(部屋について、その他) = オートロックではない。

(パブリックエリア) = 15世紀の建物だそうで、館内のフレスコ画や肖像画、階段などに当時の雰囲気がある。

(リフト) = あり。大人2人とスーツケース2個でいっぱい。

(レセプション) = 特に頼みごとはしていないが、感じは悪くない。

(レセプション以外の館内施設) = フレスコ画が有名なレストラン、ラ・ヴェランダで、お茶を利用。
コーヒーだけかもしれないが、宿泊者は無料だった。

(スタッフ) = 英語可、日本語不可。

(宿泊料) = 18,500円

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = 問題なし。

(ホテルへのアクセス) = サン・ピエトロ大聖堂の前、約200m。サンタンジェロ城へ徒歩約5分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 治安は問題なし。

(ホテルの選択基準) = ヴァチカン博物館をじっくり見学したかったので。

(よかったこと) = 早朝や夜、サン・ピエトロ広場が散歩できたこと。

(困ったこと) = 古いので、バスルームが不便そうなど予想していたので、特に困ったことはなかった。

(朝食) = ビュッフェ。パン、シリアル、ハム、チーズ、ゆで卵、ヨーグルト。パンは7,8種類あったが、大半が甘い。
ガイドブックには、朝食はラ・ヴェランダでとあったが、年末のためか、違っていた。

(宿泊客の客層) = 日本人を約3組見かけた。

(支払い方法) = クレジットカードは、使っていないが、大丈夫だと思う。

(車椅子等の対応は?) = たぶん大丈夫。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 古い建物なので快適性はいまひとつだが、歴史やローマらしさが感じられるホテルだと思う。
実際、慣れると居心地良かった。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(京都)マイステイズ京都四条:ポギー1000 様
5936
: 2010/01/09(Sat) 16:47:09
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(京都)マイステイズ京都四条:ポギー1000 様

(場所) = (日本)京都

(ホテルの名前) = マイステイズ京都四条
http://www.france-tourisme.net/hotel-japan/hotel-kyoto.htm
http://www.mystays.jp/kyotoshijo/

(宿泊時期) = 2009年12月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = スタンダードツイン

(部屋の階&立地) = 8階

(部屋について(雰囲気など)) = 窓も大きく明るい。約20平方m。改装したばかりで、きれい。

(部屋の家具・備品) = 姿見、ズボンプレッサー、ハンガー、衣類掛け、液晶テレビ、机、椅子、一人用ソファ、オットマン、
空気清浄機、室内電話、湯沸しポット。
各階に数量限定で、ブランケットと加湿器があり、自由に持ち出して使えるようになっている。

(バスルーム) = ユニットバスで、それほど広くない。トイレはウォシュレット付。設備は新しく、とてもきれい。
お湯の出も良い。備品は歯ブラシ、シャンプー、リンス、ボディーシャンプー、バスタオル、フェイスタオル。くし、髭剃り。
ヘアゴム、コットン、綿棒はロビーに用意してあり、自分で持ってくる。

(冷蔵庫) = あり、中は空。

(エアコン、クーラー) = あり

(部屋について、その他) = 新しくてきれい。空気清浄機、加湿器、ズボンプレッサーが常備されていて便利。
クッション、低反発枕、羽根枕があり良かった。

(パブリックエリア) = ロビーは2階。ソファ、新聞、雑誌などがある。

(リフト) = 約5人乗れる大きさが、2基。ロビーが2階なので、必ず2階にとまる。

(レセプション) = ほとんどがきちんとした気持ちの良い対応だった。

(レセプション以外の館内施設) = 自販機、トイレ、無料の共用パソコンが2階にある。

(スタッフ) = おおむね良い。

(宿泊料) = ツアー料金は、東京と京都の往復新幹線、ホテル2泊を含め26,600円。

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) = 事前にホテル指定されていた。

(ホテルへのアクセス) = 京都駅から地下鉄烏丸線で4分、四条烏丸駅下車。そこから徒歩7分。
バスだと京都駅から46番で最寄のバス停、四条西洞院まで約15分。そこから徒歩約3分。
京都の中心にあるので、どこに行くにも便利。

(ホテル周辺の雰囲気) = コンビニ、飲食店もあり、立地は良い。

(ホテルの選択基準) = ツアーで指定されていた。ネットのクチコミが良かった。

(よかったこと) = 設備が新しい。交通の便が良い。カードキーで、部屋の開け閉めが簡単だった。

(困ったこと) = 共用パソコンがロビー横の狭い廊下沿いにあったため、最終日まで気づかなかった。

(朝食) = 2階のロビーで、1,000円の朝食券を現金購入し、1階の和風レストランで食べる。
純和朝食、うどんとちらし丼のどちらかを選択する。味はそこそこ。落ち着いた雰囲気。
朝食券を購入するのに、2階まで行かなければいけないのが面倒。

(宿泊客の客層) = 20代から50代まで。20代の人が多いようだった。アジア・欧米の旅行者もいた。

(車椅子等の対応は?) = 問題ないと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 京都市内のどこへ行くにも便利で、設備も新しいのでおすすめ。

(ホテルでのお楽しみ) = お風呂にゆっくり入って、疲れが取れるようにマッサージをすること。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(台北)Hotel Riverview Taipei:にゃんこ大魔王 様
5935
: 2010/01/09(Sat) 16:29:23
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(台北)Hotel Riverview Taipei:にゃんこ大魔王 様

(場所) = (中華民国)台北

(ホテルの名前) = Hotel Riverview Taipei 豪景大酒店 
http://www.riverview.com.tw/index.htm
(宿泊時期) = 2009年12月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = デラックス・スイート

(部屋の階&立地) = 6階のリバービューだったが、見えるのは高速道路を行きかう車のみ。
運転手と目が合うような気がして、レースのカーテンを開けるのが憚れられた。

(部屋について(雰囲気など)) = 中央に、クローゼットとキャビネットと隠れた柱がある。
強引に二部屋を一つにしてしまったようで、ドアが2つあり、落ち着かない部屋だった。

(部屋の家具・備品) = ティーポット、グラス、ティーカップ、無料のウーロン茶パック、無料の水ペットボトル、
応接セット、液晶テレビ、ブラウン管テレビ(ベッドで見る用)、丸テーブルと椅子2、ドレッサー風のスペース、クローゼット、引き出し

、照明器具7個くらい、キングサイズのツインベッド、電話2個、スリッパ(一日でダメになるペラペラのやつ)

(バスルーム) = 約6畳。バスタブ、ビデ、トイレ、洗面。お湯の出は、問題なし。
シャワーは、ヘッドが取り外し出来る。ボデーソープ、シャンプー、歯ブラシ、櫛など。大小のタオルが2組。

(冷蔵庫) = あり。中身なし。

(エアコン、クーラー) = 暖房にならないエアコンあり。

(部屋について、その他) = 口コミ通り、壁が薄い。大変薄い。

(パブリックエリア) = 高級ではないが、活気のある普通のホテル。入り口横にソファがあるが、狭い。

(リフト) = 3基。大きさは約2畳。

(レセプション) = ごく普通

(レセプション以外の館内施設) = 1階にビュッフェ・レストラン、リフトのそばに小さな売店。
最上階の12階に、宴会場があるらしい。

(スタッフ) = ごく普通。だいたい、日本語が通じ、日本人に慣れている。

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) = ツアーの中で、一番安いホテルだった。飛行機が決まったのが、2週間前で、
その時にホテルの概要のコピーを貰った。

(ホテルへのアクセス) = MRT西門駅徒歩7分。駅からの帰りは、方向に注意。一度迷子になった。
MRTで、どこへでも便利に行ける。龍山寺へは、歩いて行ける。

(ホテル周辺の雰囲気) = 若者の繁華街。治安は悪くないが、遅くまで賑やかで、人が多い。

(ホテルの選択基準) = 安いくて、MRTから7分なので選んだ。川に面しているので蚊がいるという口コミがあったので、
電池式蚊取り線香を持ち込んだ。ホテルで蚊はいなかったが、別の場所で蚊いた。

(よかったこと) = たまたまデラックススイートが割り当てられたので、同行者が喜んでいた。

(困ったこと) = ホテルの部屋が寒かった。マフラーで、肩口を防備して寝た。

(朝食) = ビュッフェ。朝食付きだったが、ホテルで食べてないので、味は不明。
見たところ、種類は豊富だった。

(宿泊客の客層) = 日本、台湾、中国、韓国のパックツアー利用者。

(車椅子等の対応は?) = 段差はあるけど、たぶん大丈夫。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 壁の薄さは口コミ通りだったが、その他は口コミよりは良かった。
普通の部屋がどの程度か不明だが、次回も選ぶと思う。

(ホテルでのお楽しみ) = 荷物整理。私はA型。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ザルツブルク)Hotel Goldene Krone:praha6 様
5934
: 2010/01/09(Sat) 16:04:05
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ザルツブルク)Hotel Goldene Krone:praha6 様

(場所) = (オーストリア)ザルツブルク

(ホテルの名前) = Hotel Goldene Krone
www.hotel-gordenekrone.com
http://www.france-tourisme.net/o-oesterreich/o-Salzburg-hotel.htm

(宿泊時期) = 2009年12月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル

(部屋の階&立地) = フランス式4階、リンツァー通り側

(部屋について(雰囲気など)) = スーツケースを広げることができる。通りを行きかう人を、見下ろすことができる。

(部屋の家具・備品) = 箪笥、テレビ、机。

(バスルーム) = バスタブあり。最上階なので、すぐにお湯は出ないが、しばらくするとたっぷりのお湯がでた。
バスタオル、ハンドタオル、歯磨き用コップあり。シャンプーなどのアメニティーは、なし。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = クーラーなし、暖房あり。

(部屋について、その他) = 家具はかなり年季が入っているので、野暮ったく見えるかもしれない。
タオルや布団などのリネンは、清潔。

(リフト) = あり。あまり大きくない。3人乗ればぎゅうぎゅう。スーツケースを持っている場合は、1名だろう。

(レセプション) = オーナーが受付の、アットホームな対応。

(レセプション以外の館内施設) = ロビーのみ

(スタッフ) = 英語可。日本語不可。

(宿泊料) = 129ユーロ、朝食込み。駐車場代は、24時間あたり12ユーロ

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルに直接。ホテル予約サイトの即答に慣れてしまって、返事が遅いと思ってしまった。
予約メール送信後、2日目に再度問い合わせたら、即返答があった。

(ホテルへのアクセス) = 距離から推察すると、ザルツブルク中央駅から約15分。
ミラベル庭園まで5〜10分、旧市街まで5〜10分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 待降節だったので、観光客がいっぱい。夜中までにぎやかだった。

(ホテルの選択基準) = 車での移動だったので、駐車場がある確保こと。旧市街に近いこと。
相方の好きなビールを飲ませるところから近いこと。

(よかったこと) = ホテルの前の通りが商店街だったので、楽しめた。どこへ行くにも、徒歩で行けて便利。

(困ったこと) = ホテルが歩行者天国にあったため、ホテル前に一時停車をしてチェックインした。
24時間有効のパーキングチケットをもらって、Linzergasse駐車場に停めに行かなくてはならなかったこと。
大勢の人が歩いている中を徐行運転するのが怖かった。
ビュッフェが狭いので、混雑時には並ばないといけない。


(朝食) = ビュッフェ。パンはツェンメルや田舎パン。チーズ、ハム、サラミ、生ハム、野菜はプチトマトのみ。
コーヒーか紅茶は注文を取りに来てくれる。オレンジジュースとりんごジュース、牛乳。
シリアルとヨーグルト、果物など。

(宿泊客の客層) = 常連の老年層ばかり。

(支払い方法) = クレジットカードのVISAが使えた。

(車椅子等の対応は?) = なるべく段差をなくそうと努力している。入口の段差は、スロープにしている。
リフトが狭く、車椅子がそのまま乗り込むのには厳しい。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 車利用の場合は、周辺の店が開いていない時間帯に到着する方がいいと思う。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: 預け荷物
5933
: 2010/01/07(Thu) 00:28:01
azumi@az

> 出国がEU圏以外の国だとEU内乗り継ぎで
> 同じ飛行機に乗っていても
> 別のレーンから荷物がでてくる場合があるらしい
> ということを聞きましたが
> 昨年春マドリードへ行った時は
> ANA、ルフトハンザ乗換でしたが
> 荷物はみな同じレーンから荷物が出てきました。
> その時々なんでしょうかね。

よくわかりませんが、各空港の方針(?)なのかもしれませんね。

たとえば、フランスのトゥールーズ空港でも、過去2回利用して2回とも別のターンベルトから出てきました。
でもそれもトゥールーズだけで、他の地方空港では、そういった経験がありません。

また、私も数年前に日本からロンドン経由でマラガ空港を利用したことがあるのですが、その時は、
特に別のターンベルトから出てきたわけではありませんでした。
EUでもシェンゲンに加盟していない国で乗り継いだから、皆、同じだったのかもしれませんが。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート(JL)成田-フランクフルト: yumimi783640 様
5932
: 2010/01/06(Wed) 20:08:26
Chun3(管理人)

エアラインアンケート(JL)成田-フランクフルト: yumimi783640 様

(搭乗時期) = 2009年12月中旬

(航空会社) = JAL(JL)

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 第二ターミナル

(到着地&ターミナル) = フランクフルト空港

(機体) =

(機内食・飲み物) =
離陸後2時間弱で、最初の食事。座席後部のため選択不可。
たいめいけんのカレードリア。

離陸後すぐのドリンクとスナック、おしぼりのサービスはなし。

途中、おにぎりが配られる。その他ドリンクとスナックは各自取りに行く。

到着2時間前にリフレッシュの食事。トマトソースのパスタなど。

(座席) =
3-3-3列。機内エンタテイメントはMAGIC3で、
オンデマンドで映画が楽しめたのが良かった。

Webにて事前チェックインし、座席を指定できた。
席は後部であったが、特に問題もなく備品類も普通。
隣席窓際のドイツ人男性は窮屈そうだった。

(航空券の入手方法と時期) = ツアーで利用

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: 報告 夜遅いマラガ空港のようす
5929
: 2010/01/05(Tue) 13:52:43
ずっくんちゃあこ

旅行計画中いろいろと教えていただき
ありがとうございました。

不安だった飛行場からホテルまでも
空港をでるとすぐにタクシーがまっており
スムーズにゆきました。

遅くなりましたが気がついたことを
報告いたします。

yq386様の報告に別の同じ飛行機に乗っていたのに
別のレーンから荷物がでてきたとありましたが
わたしの場合も出口近くのガラスの仕切りのある
別のレーンからでてきました。
幸いもガラスの仕切りのあるレーンの隣が
乗っていた飛行機の荷物が下りるレーンだったのと
日本人の団体ツアーの方々もいたので
「こっちのレーンから出てきた!」という声が聞こえて
助かりましたが
荷物が出てくるレーンが離れていて
日本人がいなかったらと思うと
小さい幸いに感謝しました。

出国がEU圏以外の国だとEU内乗り継ぎで
同じ飛行機に乗っていても
別のレーンから荷物がでてくる場合があるらしい
ということを聞きましたが
昨年春マドリードへ行った時は
ANA、ルフトハンザ乗換でしたが
荷物はみな同じレーンから荷物が出てきました。
その時々なんでしょうかね。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(バルセロナ)Casa Fuster: Rod・ロッド 様
5927
: 2009/12/22(Tue) 16:20:50
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(バルセロナ)Casa Fuster: Rod・ロッド 様

(場所) = バルセロナ (スペイン)

(ホテルの名前) = Casa Fuster G.L Monumento

http://france-tourisme.net/o-spain/s-Barcelona-hotel.htm

(宿泊時期) = 2009年10月

(泊数) = 5泊

(部屋のカテゴリ) = 予約はスーペリア・ダブル、
実際はジュニア・スイート

(部屋の階&立地) = 日本式5階 道路側

(部屋について(雰囲気など)) =
広い道路に面していて、建物の共用廊下の端にあり、コネクティングルームの一方?90度
の方向にある隣の部屋と共通のドアが一枚共用廊下にある。

天井の高い、広めの部屋で、廊下からドアを開けるとリビングエリアで、
右にチェスト(セーフティボックスと冷蔵庫)並んでテーブルランプの置いてあるデスクと椅子。

ドア左に上部がスーツケース置き場、下部引き出しのローチェスト。突き当たり窓際に小テーブルと椅子2、床置きのランプ2。
 
窓方向、左側に観音開きのドア。中央部にスーツケースは2個ぐらい広げられるスペース有り。火災報知器が付いている。

カーテンはレース、紺の厚手の生地ににブラウンのボーダー、なぜか真ん中の部分が
開くような幅しかない。(リビングエリアには遮光カーテンがない)

ベッドルームスペース 観音開きのドア正面にベッド、両側に細い棚(読書灯、電話置き場)。
右側が通りに面した窓 レースカーテン、厚手布カーテン(リビングエリアと同じ柄)、遮光カーテン。

人が立てないくらい狭いテラス付き。火災報知器がベッドの真上に付いている。

ベッドは広く横長枕2、クッション。ベッドのスプリングはOK。


ベッドルームと観音開きのドアで仕切ったとバスルームの間の通り抜けられるスペース、広さ約2畳、を利用して、
右側がドアのないクローゼット、左側壁付けのライト、鏡のあるテーブルと椅子のスペース。(ワーキングスペースとして使用可)
正面にバスルームのドア(観音開き)

(部屋の家具・備品) = セーフティボックス、 有料テレビ、
サムソンの薄型テレビ(衛星放送可)、電話、机、
スリッパ、ベッドの裾の横長オットマン

(バスルーム) = 広く感じる。6畳ぐらいのスペース、右奥に別にシャワーブース。
仕切りがなくむき出し状態、床は濃いグレーのタイル、壁は白っぽいグレーのタイル。
広さ1.2m×1.2m 

左奥にガラスドアの付いたトイレスペース(便器、ビデ、金属製の飾り瓶の置いてある棚ありビデ用のタオル2)

手前の右側にダブルボールの洗面台 幅1.8m 奥行き 0.5m、
化粧用鏡、姿見、ドライヤー 

手前左側バスタブ(ハイドロマッサージバスタブ)ハンドシャワー(すごくオシャレなデザインだが、仕切りがないので使うとバスルームの床が水浸しになる可能性有り)、
タオルヒーター、

バスタオル2、バスローブ2、体重計、タオル2,平織りタオル(ふきんのような生地)2、バスマット2、椅子

お湯の出は良好、バスタブの排水は少しゆっくり目、換気も良好。

アメニティは、一部はロエベ シャンプー、コンデイショナー、
別ブランドのバスジェル、バスソルト、ボディシャンプー、櫛、歯ブラシ、歯磨き、石けん、爪ヤスリ、綿棒

(冷蔵庫) = 有り。申告式。買ってきた物を入れるスペース有り。

(エアコン、クーラー) = 有り

(部屋について、その他) =
観音開きのドア(珍しくスライドドア)が数カ所、トイレのドア等建て付けが悪く閉まらない。

カードキー式ではなく、一部屋一つの鍵を渡され、毎回レセプションに置き、戻る時取りに行く。
カードキーに慣れているので少し不便に感じる。
 
ターンダウン・さーびす有り。チョコレートの小箱と、ミネラルウォーター(500cc)の瓶
 
ホテル公式サイト、booking.com、共に「ワイヤレスの無線ラン無料」とあるが、無線は使えず、
チェックインの際ケーブルを渡された。

(パブリックエリア) = ライトコートに面した部分にステンドグラス、エレベーターホール
置いて有る椅子も凝った物 天井、柱、椅子、ソファ、まで一見の価値有り。
地階は朝食室だがここもステンドグラス、天井、柱と歴史的建物を利用したもので、
少し暗めだが、なかなか他ではない。

(リフト) = 2基。6人乗り。

(レセプション) = スタッフはおおむね丁寧に対応しているが、一部横柄な人もいる。

(レセプション以外の館内施設) =
最上階にテラスレストラン、スパがある模様(利用しなかった)、1階にカフェ、
2階にレストラン 共用部分に、ライトコート(明かり取り)があり、
シンプルなステンドグラスで囲まれていて、綺麗だが、ある意味贅沢に広さを使っていると感じた。

(スタッフ) = レセプション、ドアマン、ベルボーイ、カフェ担当は英語可。
ハウスキーパーは英語不可。フライトの関係で、チェックアウトが早朝5時過ぎ、
前日にチェックアウト可能かどうかは確認済みで、タクシーも予約しておいたところ、
手配はキチンとされていた。ハウスキーパーの仕事には人によってかなりバラツキがあった。

(宿泊料) = 5泊で合計 1,546.15ユーロ

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = booking.com経由、確認メールが来てから、直接ホテルにメールをした。

(ホテルへのアクセス) = メトロ ディアゴナルより徒歩5分。
路線バス22番がホテル側に停まる

(ホテル周辺の雰囲気) =
危険な雰囲気はないが、週末、目の前の広場で夜遅くまで騒ぐ若い人がいた。
近くには無休、朝早くから、深夜まで開いているカフェが数軒有り、便利。
近くに交通量の多い道路があるため、車の騒音は聞こえる。地下鉄、バス路線へは便利。
徒歩圏にはブランド店、飲食店多数。

(ホテルの選択基準) = 5泊なので居心地の良さそうな場所、
風呂設備は最優先だった。観光スポットへのアクセスも良好。

(よかったこと) = ハイドロマッサージバス、セパレートシャワーブース
粗い目のワッフル地のバスローブ型の部屋着?が有る。
バスルームにあるのはタオル地のバスローブ。

(困ったこと) =
最初通された部屋にはバスタブとセパレートシャワーブースがあった。
バルセロナ到着日は大雷雨で、到着日前日もかなりの雨だったと聞いている。

荷物をほどいて、ティールームでお茶をして、部屋に戻ると、ウォークインクローゼットで雨漏りしだした。
すぐにスタッフを呼んで、対応して貰ったが、雨漏りがダウンライトのすぐ側で危険なため
「部屋を替えて欲しい」とお願いした。

替わった部屋には「セパレート・シャワーブース」がなかった。

そのためレセプションで交渉、「カテゴリーは同じ」とホテル側は主張するが、
「マネージャーを呼んで欲しい。私にとって、最初の部屋にあった、セパレート・シャワーブースがないのは、同じカテゴリーではない」と応じると、
結果、「ジュニア・スイートを同じレートでお泊まりください」との申し出があった。
 
後で考えると、予約では「スーペリア・ダブル・ルーム」で、「ハイドロマッサージ・バスタブ」が付いている筈だが、
最初の部屋、2番目の部屋共に付いていなかった。

booking.com経由の予約票(英語版、日本語版の両方を印刷したが、どちらにも記載されていた。)
チェックインの際、気がつけば良かったのだが。

ともあれ、何より★5のホテルで雨漏りにはとてもビックリした。内装は
比較的綺麗にしてあるにもかかわらず、歴史的な建物を利用することの難しさを感じた。

最初の部屋にあった屋根付きのテラスも水浸しだった。泊まったジュニア・スイートも、
窓枠の下にタオルが敷いてある有様だった。

(朝食) = 地階の朝食室へ行った。明かり取りのステンドグラスが綺麗。
ただ少し薄暗い。卵料理、フルーツ、ハム、チーズ、甘いパン、シリアル、ジュース類。
バターはエシレ、ジャム。
26.75ユーロ

(宿泊客の客層) =
年配カップル、日本人旅行者、アメリカ人らしき団体アー(専
用のサービスデスクが設けられていた)

(支払い方法) =
クレジットカード使用可、T/C使用可 ユーロ建てT/Cは原則一日500ユーロまで手数料無料で現金化可能 
現金のストックがない場合は300ユーロまでにして欲しいと言われた。

(車椅子等の対応は?) =
段差はあるが、スタッフが玄関周りにいるので、手伝い、又は別ルートの
アクセスが有れば教えてくれると思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =
予約票は英語版、日本語版の両方を印刷して持って行った方が良い。

今回はアクシデントがあり、荷物を解いから、又荷作りをし、移動が2度もあり、交渉する事態になったが、
その際、やはり、両方が有った方が便利。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(伊勢)伊勢シティホテル: Martin BK 様
5926
: 2009/12/22(Tue) 16:12:07
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(伊勢)伊勢シティホテル: Martin BK 様

(場所) = 伊勢(日本)

(ホテルの名前) = 伊勢シティホテル

(宿泊時期) = 2009年11月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 日本式5階、道路と反対側(線路側)

(部屋について(雰囲気など)) =
ビジネスホテルのツイン部屋としては普通の広さ。照明は蛍光灯。決して豪華ではないが、1泊するには十分。

禁煙を指定、部屋はたばこのにおいがすることもなく快適。

ホテルは伊勢市駅近くで、JRと近鉄の線路の間。JR引き込み線の突き当たりに位置するらしく、窓からはたくさんの線路が見える。
夜になると停泊するらしいJRの車両が時々入ってくる様子が見える。電車の音はうるさいとは感じなかった。

(部屋の家具・備品) =
ベッド、枕(大きくて薄いものを2つ折りにする)、布団。浴衣は結構丈が長い。

コートかけ(奥行きがとても薄く、ハンガーをドアと並行の向きに架ける。ハンガー4)、スリッパ

TV、冷蔵庫、湯沸かしポット、緑茶ティーバッグ、ドリップコーヒー
ドライヤー(小。”マイナスイオンドライヤー貸出”の掲示あり)、

ティッシュ、ゴミ箱、椅子2、とても小さい移動テーブル

ベッドサイドに大きな文字のアラーム時計。かなり大きな音がした。

部屋のドアはオートロックではない!
入室後は自分で鍵をかける。外出時にはキーを使って鍵をかける。(当たり前だが)キーとじ込みの心配は無くて良いかも。

(バスルーム) =
バスタブ、シャワー、洗面台、トイレ。風呂とトイレが一緒だが、ユニットバスではないようで、壁と床はタイル。

広さはビジネスホテルとしては普通。古いがきちんと掃除されている。お湯の出も良い。

トイレは温水便座だが暖房便座ではない。ちょっと冷たかった。

備品はタオル大小、足ふきマット、石鹸、歯ブラシ、カミソリ、ブラシ。
リンスインシャンプーとボディソープは壁に備え付けの容器から。

(冷蔵庫) = 有り。中は空で「保冷庫として自由にお使いください」との掲示あり

(エアコン、クーラー) = 有り。温度調節は出来ず、風量調節のみ。暖房だったがかなり強力。

(部屋について、その他) = どこかの部屋で子供が大泣きしていて、
その声がちょっと気になった。(でも、あのような泣き方をされてしまっては、相当の高級ホテルでもうるさかったと思う)

(パブリックエリア) =
古いけれどもきちんとしたビジネスホテル、という印象に尽きる。廊下なども古いが掃除はされている。

エレベーターを降りたところにズボンプレッサー2台(貸出)、TV有料チャンネル視聴のためのカード販売機。
近くに自販機ルーム(飲料のみ)、電子レンジ。

(リフト) = 2基。1つは2人乗り、もう一つは5、6人は乗れるか?

(レセプション) =
感じが良かった。到着時がチェックイン時間前だったので荷物を預かってくれた。
また伊勢神宮への行き方を聞いたところ、地図を示しながら徒歩での道順を教えてくれ、
「内宮からバスで戻る場合は宇治山田駅で下車したほうが近い」ということも教えてくれた。

レセプションに1階レストランでのドリンクサービス券有り。

レセプション横に新聞朝刊(朝日)が置いてあり無料。

(レセプション以外の館内施設) =
1階にレストラン、朝食もここで取る。フロント横にはカフェ(バー?)があるが閉店しているようだった。

フロント近くにPC1台、ネット接続されていて自由に使えるようだった。

(スタッフ) = 英語可。到着時に隣でチェックインしていた外国人には英語で対応していた。

(宿泊料) = 13,260円 朝食付き

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ネットでプランを見比べて予約。予約時、ホテル対応とも問題なし。

(ホテルへのアクセス) =
JR・近鉄伊勢市駅、近鉄宇治山田駅から徒歩3分。
伊勢神宮外宮まで徒歩15分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 治安は問題ない。
ホテル近辺、および駅周辺には驚くほど何もない。コンビニもマックもマツキヨも見かけなかった。

(ホテルの選択基準) = 伊勢市周辺で安く快適安全に泊まれるところ

(朝食) = 和食/洋食/粥 が選択できて、700円。1階のレストランで摂る。
朝食付きプランの場合はチェックイン時に和/洋/粥 を選択する。

和食を食べた。
ご飯(お代わり自由)、味噌汁、焼き魚(鮭)、卵焼き、大根の煮物、漬物、リンゴ酢ジュース。
あの内容で700円だと少々高いかも。朝食付きプランにすれば割安。

(宿泊客の客層) = 出張で来ている会社員、若い東洋系外国人。女性を
見かけなかった(が、子供の声がしていたので泊まっていたとは思う)

(支払い方法) = ネットで予約、決済

(車椅子等の対応は?) = 入口に多少段差があったが、そこさえなんとかなれば
(フロントの目の前なので多分手伝ってもらえると思う)大丈夫ではないか。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =
サラリーマンが利用する古いビジネスホテル。それ以上のものを期待しなければ全く問題はない。

女性向けのアメニティなどはないので、女性は必要なものを用意されたし。
子供連れでも問題は無いと思うが、子連れに対しての特別な配慮は多分無い。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ポルト)Grande de Porto: 黒こげチーズケーキ 様
5925
: 2009/12/22(Tue) 16:08:06
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(ポルト)Grande de Porto: 黒こげチーズケーキ 様

(場所) = ポルト(ポルトガル)

(ホテルの名前) = Grande de Porto
http://www.france-tourisme.net/index-europe.htm

(宿泊時期) = 2008年12月

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 日本式2階奥(この下は朝食室兼宴会場)

(部屋について(雰囲気など)) =
部屋は狭い。トランク2個広げるのはちょっと困難。
窓の外は少し空間があり、となりの壁。下に屋根が見え、調理場のよう。
部屋でゆっくりくつろぐ人でない限り、まあ、不足はない。

(部屋の家具・備品) = 机、椅子、荷物おき、タンス、ベッド2、ミニバー、テレビ、電話、ベッドサイドテーブル。

(バスルーム) = 風呂(バスタブつき)、トイレは同室。こまかくは記憶していないが、
普通の備品はそろっていた。ドライヤーもあったと思う。特に困った記憶はない。

(冷蔵庫) = ミニバーあり。中身をつめれば、何か入ったような気もする。

(エアコン、クーラー) = 記憶なし。暖房はよくきいた。

(部屋について、その他) =
2階の宴会場の上だったため、大晦日のダンスパーティーに当たり、
生バンド、歌入りのパーティーに朝4時まで付き合わされ、
もう、笑うしかない状態だった。ちょっと懐メロ系のナンバーだった。
まあ、これも、思い出である。

(パブリックエリア) = 細長く奥へ続くホテルで、古めかしく雰囲気がある。
豪華ではないが、ヨーロッパのホテルという感じがする。

(リフト) = 2階だったので使わなかったが、あり。

(レセプション) = 普通。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン、カフェスペースなど。

(スタッフ) = 英語OK

(宿泊料) = 12,200円 朝食付

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = HIS経由gtaからの申込。毎回特に問題はない。

(ホテルへのアクセス) =
ポルト・カンパニャン駅からタクシーで15分。チップ荷物代込で約7ユーロ。
サンベント駅まで徒歩10分。地下鉄の駅は、ほんの数分。

町の中心部繁華街のど真ん中。買い物等至便。

(ホテル周辺の雰囲気) = 繁華街でとても賑やか。車はあまり通れないようである。
治安も良い感じで、飲食買い物には困らない。クリスマスのイルミネーションがかわいらしく、素敵だった。

(ホテルの選択基準) = 駅からあまり遠くない。町の中心に近い。3つ星程度。

(よかったこと) = 広いロビーや、広い階段など、古いヨーロッパ風が楽しめた。

(困ったこと) = 夜中の大パーティー。

(朝食) =
パン、肉類、チーズ類、ヨーグルト、果物、かなり豪華になんでもある。
パンはスペイン、ポルトガル風なので、ちょっと甘めで、脂っぽい。

(宿泊客の客層) = 白人系が主。わりと年齢層が高いよう。

(車椅子等の対応は?) =
広さは問題なし。ただ、部屋が狭いので、車椅子を部屋の中で操作するのはちょっと難しい。

広い部屋を希望されたし。ただし、ホテルの説明書には、障害者用設備と書いてある。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 年末は、2階は、できれば避けた方がいいかも。

(ホテルでのお楽しみ) = 日記をつける。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(東京)帝国: Aikyo.V 様
5924
: 2009/12/22(Tue) 15:58:20
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(東京)帝国: Aikyo.V 様

(場所) = 東京(日本)

(ホテルの名前) = 帝国ホテル
http://www.france-tourisme.net/hotel-japan/hotel-tokyo.htm

(宿泊時期) = 2009年11月下旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = タワー棟 28階 有楽町側

明るい。広さは確か57平方m。かなり広い。

景色は有楽町、汐留、お台場まで見えて夜景がきれい。
雰囲気は落着いている。

(部屋の家具・備品) =
浴衣、ブラシ、くし、ドライヤー、スリッパに始まり、お茶などほとんど
揃っている。備品がこれだけ充実しているのは初めて。

(バスルーム) =約6畳。
バスタブもかなり大きく、外国人を意識したサイズ。
お湯の出もバッチリ。ちょうどパリから帰国した日に泊まったので、お湯の出の差を痛感。

(冷蔵庫) = あり。中身不明。

(エアコン、クーラー) = 両方とも完備。

(部屋について、その他) =
TVのチャンネルがさすが。スペイン、ドイツ、フランス、英国、など各国の放送が入る。

(パブリックエリア) = 良いのは当然だが、特筆するべきは朝。外国のビジネスマンが多く、ジョギング帰りや
これからビジネスへという人が行き交う風景は一見の価値あり。

(リフト) = たくさんある。

(レセプション) = 申分なし。行儀が良すぎるくらい。

(館内施設) = なんかいろいろある。

(スタッフ) = 対応は申分なし。

(宿泊料) = 24,000円

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = 一休から。

(ホテルへのアクセス) = 有楽町、日比谷駅

(ホテル周辺の雰囲気) = 申分なし。

(選択基準) =
東京駅周辺で一休にて探したところ、一番コストパフォーマンスが良かったのが、
意外なことに帝国ホテルだった。

(よかったこと) =
朝のカフェレストランの雰囲気は一流ホテルならでは。客層が違う。
これは朝でなければ判らない。

(困ったこと) =
朝のカフェレストラン。
スタッフが元気よく Good Morning,Sir!と声をかけるのは良いが、少しうるさく感じた。

ロンドン、NY、香港、SPOの一流ホテルで、こんなにスタッフの声ばかりが
響くところはない。ディズニーランドじゃあるまいし。

建物の複雑さ。
とにかく複雑。新設のタワー棟への連絡ルートが大変。何回か迷った。
東京のホテルでこれだけ複雑なのは、初めて。

(朝食) = セットで3,100円。連れはパンケーキセット、私はフレンチトーストセット。
ジュース、パンケーキorフレンチトースト、付け合せ[ベーコンorソーセージ]
コーヒーor紅茶

フレンチトーストは味は普通。ただし量がかなり多い。パンケーキの量は通常の店より少し多め。

雰囲気は客層が良いので、とても良い。あとはスタッフがもう少し声が小さければ。

(宿泊客の客層) = 外国のビジネスマン多し。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = タワー棟に宿泊する人は、迷うので気をつけて。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(東京)トレストイン日本橋: Chun3
5923
: 2009/12/22(Tue) 11:24:18
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(東京)トレストイン日本橋: Chun3


(場所) = 東京(日本) 茅場町

(ホテルの名前) = トレストイン日本橋
http://www.trest.jp/nihonbashi/

http://www.france-tourisme.net/hotel-japan/hotel-tokyo.htm

(宿泊時期) = 2009年12月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = シングル セミダブルベッド の部屋

(部屋の階&立地) = 10階ぐらい?

(部屋について(雰囲気など)) =
広さはHPの写真のとおり。12平方mとあるが、うなぎの寝床ではなく、若干正方形に近い形のせいか、
また家具の大きさも適当だったせいか、そこまで狭小の12平方Mとは思えなかった。

ただ、やはり家具と家具の空間はぎりぎりで、一人しか動けない。

普段、京間4畳半の書斎にいりびたっているので、ほぼ同じ大きさだったせいか、圧迫感がなかった。

中庭(勿論、本当の庭ではなく、パリのアパルトマンが囲まれたようなものと同じ)側。
向かいのホテル客室が見える。あけなかった。

窓はカーテンではなく、横滑りの扉戸。しっかり暗くなるし、冷気も防げる。女性が着替える際にも、大変安心。
一戸建てなどで、洗面・脱衣所付近の窓にこういう扉があると
いい工夫だ、と思った。

雰囲気はビジネスホテルとはいっても、築浅のため清潔で、女性が嫌悪感を感じるものはなかった。
そう古くない建物で、掃除は我が家の書斎より行き届き、快適であった。

(部屋の家具・備品) = よくある作りつけデスク。
小ぶりながらかなり計算されたもので、とっくり眺めてサイズなど量って写真も撮って
興味ありそうな母にも送った。

他のホテルよりも調度の大きさが小柄な自分にあっていた。大柄な男性には小さめだと思う。
ノートPCを開いてマウスパッドをおいて、横にA4書類を置いて、作業するスペースはある。
実際、窓からみた別の部屋の男性は、しっかりお仕事していた。

デスク右袖の一部が、コロコロと引っ張り出すキッチンワゴン状になっていた。
20cm幅に、うまく、こじんまりした湯沸しポット、インスタントパウダーのお茶2種、ドライヤー、マグカップが鎮座していた。
場所をとるトレイより賢い。

同じデスクの半分は、角を切った荷物置きに変化しており、足元は空洞であるため、うまくゴミ箱2つ収納。
若干出し入れはしにくいが、場所としては考えてある。
また、デスク下と違い、足にあたることは防げる。

デスクには、大きな鏡。目の前にコンセント2つ。
斜めにおいた20インチ薄型TV(一部ネットもできるらしい)。
小ぶりの背もたれのない椅子。ただし、短時間作業むけ。

1泊2日でノートPCレンタル1,000円とあった。ただし館内にもIEのみ使える無料PCはある。
デスク引き出しにLANケーブル完備。

ベッドは120cmサイズ。もっと大きいベッドの部屋もある。
私の基準=「小柄な女性が寝返り2回転できる」は合格。

ベッドはシモンズ製。しっとりした固めで、大変大変、寝心地がよかった。
寝具は羽毛。毛布1枚よりはふわっと軽く温かかった。

調節可能な大きくしっかりと点くベッドライト、足元ダウンライト、アラーム機能などあり。

デスクや一部家具は、角に剥がれや傷はあったが、不快を感じるほどのものではない。
大きな故障などは何もなく、手入れがされている印象。


(バスルーム) = 洗面はものを置くところもなんとかある。

全般的に2畳ぐらいで、手狭ではある。
小柄な女性ならくるくると使えるが、普通の体格以上の男性はけっこうきついだろう。

トイレがちょっと壁際すぎた。小柄な自分でも右半身が壁につきそうだったから
カーネルおじさんが座ると、たぶん50度ぐらい斜めむかないと、無理だ。

トイレットペーパーはカット部が2ロール分あって、おじさんたちの利用頻度や悲劇をよく承知し
対応しようと意識している。

常備される備品は、歯ブラシとコップ、手洗い用液体ボトル石鹸、備え付けボトルシャンプー。
ただ、女性とわかっていたためか、コットン+綿棒の袋もあった。

フロントで、チェックイン時にカゴのなかから
櫛、髪ゴム、ボディスポンジ、ひげそり剃刀、コットンなどを自由に持っていける。

女性客には、2種類からアメニティをプレゼントとあるが、
シャンプー、リンスのこぶくろや、ラヴェンダーのバスソルトなどあまりたいしたものではない。

ただ女性むけに別提供する選択肢も用意しているのは、過去の客の声に耳を傾け、
改善・工夫しているところがみられ、好ましかった。

バスタブあり。150cmの小柄な人間には丁度よかった。つまりは、あまり長くなく、かなり小さめ。
もっと狭いバスにあたったことがあるので、驚かなかったが、
普通の男性にも小さめだと思う。
カーネルおじさんだとお尻ぎちぎちぐらいのサイズ。

シャワートイレ全室完備。

(冷蔵庫) = あり。自分でスィッチをいれる。エレベーターに指示写真があった。時間がかかるようだ。

まわりにコンビニが数軒、館内にプロントがあるので、すぐ冷たいものを飲みたい場合そちらを利用できると思う。

(エアコン、クーラー) =
あり。パネルで個室ごとに家庭と同じように細かく設定できるのがよかった。
温まるのが遅かったのと、またチェックインしても温まっていなかったのが残念。

ただビジネスホテルの客はチェックイン時刻がよめないから、エコ、経費カットの意味では仕方ないだろう。

(部屋について、その他) =
戸口、わずか30cmほどの空間(くぼみ)にハンガーコーナーをしつらえてあった。
扉がないので、狭い入り口で扉をあけるために身体を避けたり・・といった苦心が要らない。
うまく工夫してあったので、家を建てるときの参考にしようと思った。長いコートもかけられた。

靴磨き、消臭剤、洋服用ブラシ(かなり大きいきちんとしたもの)、靴べらなど。
全室、ズボンプレッサーもあるらしい。

禁煙喫煙は予約で設定できる。だめなら、電話などで対応を依頼する。

加湿器もかしてもらえる。

(パブリックエリア) =
1階はレセプションと、朝食用の椅子や机20人ほど(扉続きのプロントからもらってきてそこで食べる)、天井からTV。

IEのみ使えるネットができるPC2台。たって使用する。印刷不可。
憩うようなソファはない。

(リフト) = 2基。男性が5人ぐらい乗れる。よくマンションである大きさ。

(レセプション) = 女性2名。にこやかで、丁寧。電話、ネット、対応ともいずれも臨機応変で、好意的。
たまたまスタッフが歩いて何かしようとしているときでも、近づいてきた客に声をかけたり、
エレベーターのボタンを押してあげたり、とかなり気がきく。

気持ちのよい対応だった。
電話にしろ声かけにしろ、決まり文句をツルツルというのではなく、
きちんと意味をこめた話し方だった。

(レセプション以外の館内施設) =
1階に併設店舗として、プロントあり。外に出なくても繋がっている。
一見するとわからないが、ホテルラウンジにある(田舎の家にあるような)すりガラス戸をがらがらーっと開閉すると、店員に「らっさーい」と言われる。

プロントの提供する朝食セットが無料(宿泊費に含まれる)で、

夕食などはカードキーをみせると20%引きになる。パスタ、ピザ、トリカラ、おつまみ、ちょっとしたアルコールなどが
比較的健全?な雰囲気でさっさと味わえる(いわゆるプロントであるので)。

ただ、ここのプロントはオフィス街のせいか、土日祝の夕方は営業していないとのことだった。

他の階にコインランドリー。フロントはコピー・FAX、ランドリー、宅配便の機能。

フロントはどのスタッフもかなり好意的なので、聞くと調べたり対応を考えてくれそうである。

(宿泊料) =
朝食こみで、楽天から当日予約で5,900円ぽっきり。

ラックレートは7,800円、普段は6,900〜7,800円ぐらいで提供されている。

ただ、人気ホテルなので、出張者が多い時節などは、2ヶ月前から特定曜日・週は埋まっていることがある。
逆にオフィス需要が減る時期は、頻繁にキャンペーン(楽天のポイント増量など)通知がくる。

ホテルHPからでもとれる。

チェックイン時に前払い。チェックアウトは、カードキーを返すのみ。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) =
楽天から。予約状況をみると、すいている週・曜日に見受けられたので、当日に予約。

ビジネス需要に左右されるので、会議が多いような時期は、ずっと以前から埋まっていることもあるので、注意。

(ホテルへのアクセス) =
地下鉄 茅場町7番出口から1分。日本橋D2から5分。バス停もあった。

歩くのが苦でない家族は、八重洲口から歩いているそうだ。
http://www.trest.jp/nihonbashi/access.html

大通りから一本はいったところ。判るとほんの40秒ほどなのだが、きちんと詳しい地図でみておいたほうがいい。

大阪でいうと北新地の木曽路のような位置にあり、わかれば笑うほど簡単なのだが・・・
方向音痴族としては、悩んだ。

道路づらからホテルが引っ込んでいて、ちょっとわかりづらいので、「プロント」の看板を探すほうが早い。

(ホテル周辺の雰囲気) = 周辺はビジネス街。コンビニや安い飲食店あり。
土日は、当然ながら人も少なくおだやかな雰囲気。

(ホテルの選択基準) = 好んで泊まるのは汐留か虎ノ門だが、
今回は翌日、大江戸線で南北方向に動く予定だったので、こちらに。

また、東京駅についた家族と、門前仲町のホームで待ち合わせできた。

家族男性ほか、複数出張族の推薦。
一度泊まると、みなだいたい常宿になってしまうそうで、ここなら判りやすくて、北にも南にもとりあえず動きやすく、
清潔、食事の心配がいらない、女性にも安心、
コストパフォーマンスが非常によい、とにかく「これといって不満がないホテル」とのことだった。
確かに納得した。

(よかったこと) = 女性が一人でも泊まりやすかった。
2005年オープンとのことで、基本的に古びていなかった。

(困ったこと) =
よくあることだが、一部予約サイトでは写真を広角でとってあり、実際より広くみえるので注意。

隣室の水音はある程度はする。ひどいほどではないが、7時ぐらいから ゴーっ という音はずっとするので、
もう少し眠るのを諦めた。

(朝食) =
料金に含まれている。
プロントの朝食セット(たしか380円とか書いてあった)をホテル側に持ちこむかあるいは店内で食べられる。

内容は 
トースト(品質は芳醇ぐらいの感じ)か大きめクロワッサンの選択、
サラダ、ヨーグルトまたはゆで卵Mサイズ、任意のドリンク。

へたにコンビニでサンドイッチとか飲料を買うより、同料金でけっこうコマシだった。

朝、降りてきたらフロントで朝食券をもらう。パンおかわり券も薦められるので、もらっておくといい。

パンは、トースト+クロワッサンにしたり、 クロワッサン2個にしたりできる。
ポールぐらいのMサイズのクロワッサンで、2個食べたら、案外満腹になった。

プロント側も気の利いた女性店員が多く、いろいろ希望をいうと、快く調整してくれる。

ドリンクは、ホット、アメリカン、ジュースほか沢山あった。メニュー表で選べる範囲がとてもひろかった。
みなジュースやコーヒーなど色々選んでいた。

朝食会場は広いエントランスホールの「一部」なので、はっきりいって寒い。
みな全体的にうすら寒そうにしていた。温かくして食べに行ったほうがいい。

フロントで朝日新聞を無料でくれた。閲覧用の各紙もあった。



(宿泊客の客層) = ほとんど出張らしき、20〜60代ぐらいの男女。
専務とか常務とか呼びあっている50〜60代ぐらいの人もいて、ここ、安くてきれいでいいんだよ、タクシーも東京駅から1メーターでね、と話していた。

(支払い方法) = クレジットカード可。前払いなので注意。

(車椅子等の対応は?) =
1階道路側も段差少なく、広々している。基本的にいける。スタッフも親切。
HPによるとハンディキャップルームもあるそうだ。

(子供連れでも場をこわさないか?) = どちらともいえない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆ (当日割引価格なので。そうでなければ4つ)

(他の方へのアドバイス) =
移動と寝るだけだったので、家族の薦めなどで、ここにしたがコストパフォーマンスがよかった。
もちろん、1泊1万円ぐらいするなら、ちょっと不十分なので、よそにする。

せっかくタイアップ?かなにかで、プロントが入っているので
うまく使うといいと思う。

もっと広いデラックス・シングルや、ツインルームある。ツインはHPや楽天からはとれず、電話だけの対応とのことだった。
今回のシングルルームにカップルや女性2人で泊まるプランがあるが、正直120cmとはいえ
壁際でもあり、
あまり室内は広いわけではないから、これはきついと思った。たしかに安いが。

二人泊まるなら面倒でもツインルームのほうがいいだろう。

東京駅を使う人で、夜ついて朝出発だから、さくっと泊まって、
さくっと腹を満たしたい人にはいいと思う。


(ホテルでのお楽しみ) =
ベッドの計測。寝相がよくないので、2回転できるかチェックする。
枕を色々使って、ベストな寝位置を決め、幸せを感じる。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート 2009年12月 yumimi783640 様
5922
: 2009/12/21(Mon) 09:40:25
Chun3(管理人)

全体アンケート 2009年12月 yumimi783640 様

(旅行の時期) = 2009年12月上旬

(全体の泊数) = 3泊

(訪問地) = フランクフルト(3泊)

(旅のタイプ) = 航空券やホテルがセットになったパッケージツアー

(同行者) = 母

(気にいったところは?) =
ケルンのダーウィン美術館のカフェでのんびり過ごしたこと。
寒くなければライン川遊覧をしたかった。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
ドイツ国鉄でケルン行きの新幹線を手配。SNCFと同じ手順で簡単に出来た。

ライン川沿いを走る電車に乗りたかったので、行きはフランクフルトからマインツへ、
マインツからICでケルンへ。古城が見えるルートで、天気にも恵まれ最高だった。
進行方向右側の座席がよい。

帰りは暗くなるため、ICE(新幹線)でフランクフルトまで。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
寒かったので、防寒対策はしっかりすればよかった。着込みすぎて疲れた。

もう少し食にこだわりたかった。レストランの下調べは大事だと痛感した。

(現地にいってよかったことは?) =
各地のクリスマスマーケットを見られたこと。
ケルンの大聖堂は一度見たかったので、その大きさに感激した。

(服装) =
フリースの重ね着、ジーンズ、ブーツ。
カイロ。
クリスマス市で2時間くらい外にいたため、これでも最後は寒かった。
帽子や手袋は必須。

(次の旅行でやってみたいことは?) = 次回はフランスへ行きたい。
ドイツなら爽やかなシーズンに古城街道やロマンチック街道に行きたい。

(今回の反省や次回への願望&意気込み) =
3泊5日の駆け足ツアーだったので、今度はのんびりドイツを回りたい。
レストランで失敗したので、メニューを研究しておくべきだった。
素材の単語が分かっても、調理方法が分からないととんでもない物がでてくる。

(お買物報告) = オーナメント。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: 12/12雪降り始めました。
5919
: 2009/12/15(Tue) 15:11:08
tatata555

Praha6さん。。。いよいよ雪か・・・素敵ですね。
雪国育ちなので雪の街並み好きなんです。チェコ行きたい・・・

> tatata555さん、
> 12/12はプラハでも雪が降り始めました。
> 朝の8:30で0度です。今日はさすがにセーター着用です。
> 昨日までの暖かさはどこへいったやら・・・。
> ほんまに衣替えできへん国やなーと思います。
> 年末来られそうならば、直前の週間天気予報の温度を参照に
> 着るもの選んで、荷造りがんばってください。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: チェコ(プラハ)の寒さ
5918
: 2009/12/15(Tue) 15:09:40
tatata555

Praha6 さん、こんにちは。服装、大事ですよねっ!
プラハにお住まいなのですか?きっときれいな街なのでしょうね。

> tatata555さん、こんにちは。
> 気候のこと書いていませんでしたね。失礼しました。
> 今年は暖冬で、まだ雪は積もっていません。900m級の山は積もってますが・・・。
> 10月に雪が降って慌ててタイヤ替えに行ったのにさ・・・その後積もってません。
> プラハは雪ではなくて雨が降っていますが、降ったりやんだりで、1日中降り続く事は少ないです。
> 今週からぼちぼち気温が下がってくるみたいなので、年末は雪景色の可能性も?
> 今、自分が室内で着ているのは、上はババシャツ+ブラウス、下はズボン下+ジーンズ
> 外に出るときは上記に+フードつき厚手の膝丈ダウンコート+スカーフかマフラー+帽子
> 室内調節用でストレッチ素材のカーディガンを鞄に忍ばせています。

チェコは厳寒・・・というイメージが強かったのですが、お聞きしてみて意外でした。今年はさすがに暖冬なのですね。でも石畳の街ということもあるので、朝晩は冷え込みそうですね。

> 室内は集中暖房なので暖かいです。18度〜23度ぐらいでしょうか?
> 先週の外の気温は日中5度〜10度ぐらいだったと思います。夜になると0度前後になることも。
> 外との気温差が激しいので、室内の気温にだまされて薄着で外に出ると泣きます。
> 外出するときは天気予報の気温を参考に着るものを選んでいます。
> 日中最高気温が10度下回ったらセーターにするとか、自分なりに調整しています。
> 体感温度は個人差があると思いますので、ご自身の体調に合わせてみてください。
>
> 今年はまだ見ていませんが、雪景色のプラハやチェスキー・クルムロフは茶色い屋根の上に
> 粉砂糖をふりかけたみたいになって幻想的ですよ。(特に早朝。寒いけど・・・)
> 冬だけでなく、四季それぞれ楽しみ方があると思います。
> 旅行は『行ける時に行っちゃえ!』ですから、今年もしくは来年、実現できるといいですね。

本当ですね。『行ける時に行っちゃえ!』、この言葉好きです。
といいながら年齢とともに仕事で体力が奪われてしまう今日この頃ですが、この一言に勇気が出ました。年末年始は暗雲が立ち込めてきましたが、絶対チェコ行きは実現する、と心に誓いました。
いままではフランスばかり言っていたので、言葉やバスや電車の乗り方、ホテル探しなど苦労しそうですが、またいろいろ教えてもらえるとうれしいです。よろしくお願いします。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(東京)シタディーン新宿:いつでもボンジュール 様
5917
: 2009/12/13(Sun) 22:14:47
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(東京)シタディーン新宿:いつでもボンジュール 様

(場所) = (日本)東京

(ホテルの名前) = シタディーン新宿
http://www.citadines.jp/shinjuku/index.html
http://www.france-tourisme.net/hotel-japan/hotel-tokyo.htm

(宿泊時期) = 2009年11月

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = スタジオダブル

(部屋の階&立地) = 日本式12階建ての11階

(部屋について(雰囲気など)) = 一人には、十分すぎるほど広かった。内装は明るくモダンでスタイリッシュ。
照明の明るさは、調整できる。ベッドサイドやソファーの横に、スタンドがある。
テレビは可動式で、ソファー側からベッド側に移動できる。リビングスペースとベッドの間に仕切りもある。
廊下の音は、結構響いていた。耳を澄ませば会話がはっきり聞こえそう。

(部屋の家具・備品) = キッチンに、電気コンロ1、電子レンジ、電気ポット、トースター、鍋、フライパン、
皿、グラス、ワイングラス、ワインオープナー、包丁、まな板、箸、ナイフ、フォーク、スプーンなど、一通りのものは揃っている。
バスルームではなく部屋に、洗面台クローゼット、ハンガー、ソファー、机、椅子、加湿器、液晶テレビ、DVDプレーヤー
アイロン、アイロン台、電子式金庫、体重計、スリッパ、浴衣。

(バスルーム) = リンスインシャンプー、ボディーシャンプー、ボディーローション、石鹸、歯ブラシ、バスタオル、
フェイスタオル、ハンドタオル。トイレと一緒なのでバスルームは狭いが、バスタブはゆったり入れる。
キッチン、風呂ともに、熱いお湯十分は出た。

(冷蔵庫) = あり。中は、なし。キッチンに、ミネラルウォーター2、インスタントコーヒー、ティーバック、日本茶。

(エアコン、クーラー) = あり。温度調整可能。

(部屋について、その他) = キッチン周りの床がタイル張りのためか、暖房がききにくい感じ。
設定温度を高くしていないと寒かった。その分、部屋は乾燥するので加湿器はフル稼働。

(パブリックエリア) = ロビーは道路に面し、大きな窓があるので明るく、オープンな感じ。
入り口の内側の自動ドアは、24時から翌朝の5時までカードキーを挿入しないと開かない。
セキュリティーはしっかりしているので、女性だけでも安心して宿泊できる。

(リフト) = 3基。カードキーを挿入しないと作動しない。アナウンスは英語。

(レセプション) = 男性、女性スタッフ、ともに感じが良かった。早朝到着だったため、荷物を預かってもらったり、
室内清掃の時間などの要望に、快く対応。

(レセプション以外の館内施設) = フィットネスジムは、バイク1、ランニングマシーン2。
テレビとミネラルウォーターがあり、無料で利用できる。
コインランドリーは、洗濯機3、乾燥機3。
自動販売機。インターネットコーナーは、有料のパソコン2。

(スタッフ) = 外国人客に力を入れているようで、予約の確認で電話をしたら英語だった。

(宿泊料) = 8,800円

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルのHPから。様々なプランがあり、他のホテル予約サイトより安かった。

(ホテルへのアクセス) = 地下鉄都営新宿線の新宿三丁目駅のC7出口から徒歩7分。
丸の内線の新宿御苑駅の2番出口から徒歩5分。
JR新宿駅は、西口の3番バス乗り場から、白61の練馬車庫行きで、花園町バス停が目の前。

(ホテル周辺の雰囲気) = コンビニや食事の出来る店がたくさんあり、不自由しなかった。

(ホテルの選択基準) = 早割りでかなりお得なプランだったから。

(よかったこと) = 対応もよく、設備も充実していたのでとても満足。
新宿御苑は、雨上がりの早朝だったので、人も少なくて落ち着いた雰囲気。ゆっくりと過ごせて、なかなか良かった。

(困ったこと) = ふきんはあったが、食器用の洗剤とスポンジがなかったので、初日の夜は洗い物に困った。

(宿泊客の客層) = 外国人が多く、日本人はあまり見かけなかった。

(支払い方法) = クレジットカードで、チェックイン時に支払い。

(車椅子等の対応は?) = ロビーの横には車椅子用のトイレがあった。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 調理器具等は充実しているが、調味料や洗剤などは置いていない。
近くに、コンビニや100円ローソンもあるので、不自由しないと思う。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: 12/12雪降り始めました。
5915
: 2009/12/12(Sat) 21:03:15
Praha6

tatata555さん、
12/12はプラハでも雪が降り始めました。
朝の8:30で0度です。今日はさすがにセーター着用です。
昨日までの暖かさはどこへいったやら・・・。
ほんまに衣替えできへん国やなーと思います。
年末来られそうならば、直前の週間天気予報の温度を参照に
着るもの選んで、荷造りがんばってください。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート(NH)伊丹-成田-ロンドン: ガルニエのふくちゃん 様
5914
: 2009/12/12(Sat) 20:32:23
Chun3(管理人)

エアラインアンケート(NH)伊丹-成田-ロンドン: ガルニエのふくちゃん 様

(搭乗時期) = 2009年10月上旬

(航空会社) = ANA(NH)

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 伊丹

(乗り継ぎ地) = 成田 第一ターミナル

(乗り継ぎ空港) = スルーチェックできたが、成田でグローバル携帯レンタル予約をしていたため、
一旦ロビーに出た。

(到着地&ターミナル) = ロンドン ヒースロー空港 ターミナル3

(機体) = B777

(機内食・飲み物) =
離陸後しばらくして飲み物とスナック(おつまみあられ)が配られた。
緑茶、ウーロン茶、アップル・オレンジジュース、ビール(3銘柄ほどあるようだった)ワイン等。

1回目
洋食を選択。
主菜は、ハンバーグのハッシュドビーフソース、ハムとスモークサーモンのマリネ、なぜか山菜蕎麦がついていた。
ロールパン、チーズ、バターのポーションなど。

和食の主菜は蟹飯と魚の柚香焼き。後でデザートとしてハーゲンダッツのミニカップ。

到着2時間くらい前に、2回目の食事。
コールドミール、パン、フルーツ等、朝食のようなもの。

(座席) = 3-3-3列。
通路側を選択。小さい枕、ひざ掛け。前の座席のヘッドレストの部分にプライベートモニター。
種類は色々あったが、あまり見たいと思うものがなかったので、ずっとフライトマップにしておいた。

(マイレージ) = スーパーエコ割で 70%マイレージ加算

(航空券の入手方法と時期) = ANAのwebから7月下旬に手配

(価格) = 諸税込み 109,690円

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート(AF/JL)フィレンツェ-パリ-中部: きんたろうはお留守番 様
5913
: 2009/12/12(Sat) 20:29:42
Chun3(管理人)

エアラインアンケート(AF/JL)フィレンツェ-パリ-中部: きんたろうはお留守番 様

(搭乗時期) = 2009年5月下旬

(航空会社) =
ルフトハンザのストによる振り替え便(翌日)

フィレンツェ-パリ: エールフランス(AF)
パリ-中部: エールフランス/JAL共同運航便(AF/JL) 当日はJAL便

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = フィレンツェ空港

(出発空港の様子) = 出国後、小さな免税店があった。
オリーブオイル、チーズ、ワインなどあり。

出国後の待合場所付近のトイレを使用したが、あまり清潔ではなかった。

(乗り継ぎ地) = パリ シャルル・ド・ゴール空港

(乗り継ぎ空港) = ターミナル2Gから2Fへ移動。

ターミナル2Gの建物のすぐそばに着陸し、タラップを降りて一度外へ出て、建物の中へ。

建築中なのか、ベニヤ板のような壁の廊下を歩いて(途中にトイレあり)巡回バス乗り場へ向かった。
バスは5分ほどで来たので、運転手にターミナル2Fへ行くか確認し、乗り込む。

目指す建物は、見えているのだけれど、工事中の場所が沢山あり、グルグル迷路のように進むので、時間がかかるようだった。

ターミナル2F、2Gの入り口に到着。
降車の際、運転手が「左がFだ」と教えてくれた。大きく表示もあった。

ゲートへ行く途中、パン屋(ポール)あり。価格が高くて(東京と同じ位か)びっくりして購入せず。

免税店で、土産用の葉巻を購入。クレジットカード払いにしたのだが
レジの店員から
円決済かユーロ決済かと聞かれた。
円の方が特だ、とレート表の様なものを見せてくれたので円で決済した。
こんな事を聞かれたのは、初めてだった。

(到着地&ターミナル) = 中部

(到着空港の様子) = ショッピングモールのようになっていて
何でも揃う。中華の飲食店を利用した。
滑走路に面した店で、全面窓になっており、離着陸を見ながら飲食できる。

停まっている飛行機の脇から噴水のように水が出て、面白かった。
店の人に聞いたら「行事(就航記念とか)の時は、このような物もみられるが、
今日は、何も予定がないから、なんだろう?」とのこと。
偶然だったらしい。

温泉もある。

(機内食・飲み物) =
食事 2回。
軽食 1回。
飲み物は、ペリエがなくて残念だった。

(トラブル) =
フィレンツェで、ルフトハンザのストに遭遇。
当日の便は、全便欠航。ヨーロッパ内のみの大きなストだったらしい。
ルフトハンザのこんな大規模なストは、聞いた事が無いと、イタリア在住の人が言っていた。

翌日のエールフランス便に振り替えられた。
フィレンツェに延泊する事になった訳だが、全額ルフトハンザ負担で
ホテルは、
ヒルトンエアポート(ツインのシングルユース)3食と空港送迎付き。
時間には、余裕のある身分なので気楽だったが、日本国内移動の飛行機やバスの変更をしなければならなかった。
日本の家族に連絡。

海外旅行保険も活用できた。

個人旅行なので、飛行機遅延、荷物のロストなどが心配だったので
30円ぐらいのオプションを付けていたのが幸いし、
ストによって余分にかかった費用は、全てカバーされた。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート(LH)成田-フランクフルト-フィレンツェ: きんたろうはお留守番 様
5912
: 2009/12/12(Sat) 20:12:07
Chun3(管理人)

エアラインアンケート(LH)成田-フランクフルト-フィレンツェ: きんたろうはお留守番 様

(搭乗時期) = 2009年5月中旬

(航空会社) = ルフトハンザドイツ航空(LH)

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(出発空港の様子) =
免税店のwebより事前に商品を予約しておくと5%引きになるキャンペーンをやっていたので、利用した。

当日、予約商品以外のものも購入したら、そちらも含めて5%offにしてもらえた。

(乗り継ぎ地) = フランクフルト

(乗り継ぎ空港) = ターミナルCに到着→ ターミナルBから出発
フランクフルト在住の友人と空港でお茶する約束で、乗り継ぎ時間を3時間取った。

ターミナルCで乗り継ぎではなく、入国する為には、荷物受け取りの所を必ず通らなければならなかった。
が、実際に行ってみるまで、ちょっと疑問だったが(入国だけって、できないのかな?と)特に問題は、なかった。

(到着地&ターミナル) = フィレツェ

(機体) =

(機内食・飲み物) =
成田-フランクフルト: 機内食 2回。途中で、軽食1回。
スパークリングワイン、スパークリングウォーター 共に、無料。


(座席) = シートは、レカロ。古い機体だったようで、天井から所々にモニターがあるというタイプ。


(トラブル) =
成田で搭載するべき水の量を間違えたらしく、フランクフルト到着前に
水切れになった。トイレの手洗い用には、お手拭を用意され、
食後の温かい飲み物(コーヒー 紅茶)のサービスは、なくなった。

機長が何度も「ごめんなさい」のアナウンスをしていた。
間違えたのが、燃料の量じゃなくて本当によかった、と思った。

(航空券の入手方法と時期) = ルフトハンザのwebで購入。
12月末。

(価格) = 148,810円(全込み)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: チェコ(プラハ)の寒さ
5911
: 2009/12/11(Fri) 20:19:06
Praha6

tatata555さん、こんにちは。
気候のこと書いていませんでしたね。失礼しました。
今年は暖冬で、まだ雪は積もっていません。900m級の山は積もってますが・・・。
10月に雪が降って慌ててタイヤ替えに行ったのにさ・・・その後積もってません。
プラハは雪ではなくて雨が降っていますが、降ったりやんだりで、1日中降り続く事は少ないです。
今週からぼちぼち気温が下がってくるみたいなので、年末は雪景色の可能性も?
今、自分が室内で着ているのは、上はババシャツ+ブラウス、下はズボン下+ジーンズ
外に出るときは上記に+フードつき厚手の膝丈ダウンコート+スカーフかマフラー+帽子
室内調節用でストレッチ素材のカーディガンを鞄に忍ばせています。
室内は集中暖房なので暖かいです。18度〜23度ぐらいでしょうか?
先週の外の気温は日中5度〜10度ぐらいだったと思います。夜になると0度前後になることも。
外との気温差が激しいので、室内の気温にだまされて薄着で外に出ると泣きます。
外出するときは天気予報の気温を参考に着るものを選んでいます。
日中最高気温が10度下回ったらセーターにするとか、自分なりに調整しています。
体感温度は個人差があると思いますので、ご自身の体調に合わせてみてください。

今年はまだ見ていませんが、雪景色のプラハやチェスキー・クルムロフは茶色い屋根の上に
粉砂糖をふりかけたみたいになって幻想的ですよ。(特に早朝。寒いけど・・・)
冬だけでなく、四季それぞれ楽しみ方があると思います。
旅行は『行ける時に行っちゃえ!』ですから、今年もしくは来年、実現できるといいですね。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: 年末年始のチェコ
5909
: 2009/12/11(Fri) 12:13:02
tatata555

Praha6さん、こんにちは。丁寧に、しかも盛り沢山の情報に感動しています。ありがとうございます。寒さは厳しいと思いながら、雪(景色ですかね?)のプラハ&チェスキー・クルムロフに憧れています。
日本よりも美術館が空いていたり、クリスマスマーケットが空いていたり、で観光できる場所は多いのですね。

今年の冬に実現できれば一番ですが、もし無理でも来年中には絶対チェコに行こう!と決めました。またいろいろ教えてください。
ありがとうございました。


> 12/11時点での状況ですが、ご参考になれば幸いです。
>
> クリスマスマーケット
> *ヴァーツラフ広場1/10まで。
> *旧市街広場1/3まで。9:00-19:00
> イルミネーションが綺麗なので夕方もご覧になってください。
> (ヴルタヴァ河畔から見るプラハ城の夜景も忘れずに。)
>
> この時期だけのベツレム(キリスト生誕のジオラマ)展覧会
> *ベツレム教会(Betlemske Kaple)右のギャラリー
> (地下におりていきます。)入場料は大人50コルナ
> 12/31は9:00-14:00、1/1は13:00-18:00その他は9:00-18:00
> 陶器やボビンレース、パンや干し果物、木彫りや針金細工など
> 様々な素材で作られています。
> 出口ではクリスマスオーナメントの販売もしています。
> *雪の聖母教会(Galerie Ambit Klastera u Panny Marie Snezne)
> 12/31は10:00-15:00、1/1は13:00-18:00入場料40コルナ
> 木工のからくりベツレムが目玉。毎年増えていってます。
>
> ショッピング
> 12/31はお昼を過ぎるとお店は閉まっていくみたいです。14:00頃まで。
> 1/1はほとんどのお店が閉まります。
> 開店予定のショッピングモール・スーパーマーケットは下記のとおり。
> *PALLADIUM(地下鉄B線Namesti Republiky)
> 12/31は9:00-18:00レストラン街は11:00-24:00
> 1/1は11:00-18:00レストラン街は12:00-23:00
> *Tesco MY Narodni(地下鉄B線Narodni Trida)
> 12/31は7:00-17:00
> 1/1は12:00-20:00
> *Tesco Novy Smichov(地下鉄B線Andel)
> 12/31は7:00-17:00(専門店街は15:00まで)
> 1/1は閉店
> クリスマスマーケットの屋台は無休です。
>
> シルベスター・コンサート
> 12/31チェコ・フィル16:30からルドルフィヌムで。
> 空席があれば開演1時間前にルドルフィヌムのチケットボックスで販売されます。
>
> 博物館・美術館
> *観光客相手のムハ美術館は原則として年中無休です。10:00-18:00
> *国立博物館(旧館)12/31は10:00-15:00、1/1は10:00-14:00
> ちなみに新館は左手にある近代的な建物(旧ラジオ・フリー・ヨーロッパの建物)
>
> 1/2からは平常営業。個人営業のお店は土曜日の午後から閉まったりしますが、
> 旧市街の大型店は土日も営業しています。日曜日はフランスより開店率が高いです。
>
> いくつかのホテルは独自の年末年始パッケージを扱ってるのでホテルのHPもチェック!
>
> チェスキー・クルムロフ
> バスはStudent Agency社が取り扱っていますが事前予約購入制。
> (ネット上で座席は指定。カード決済)もしくはオフィスで事前購入。
> プラハから英語の日帰り現地ツアーがあります。(フランス語もオファーできます。)
> 日本語は残念ながらありません。
> 御伽噺の世界のような小さなかわいい町なので、何度行ってもカメラのシャッターを切ってしまいます。
> 相方から『何回おんなじやつ撮ってるの?』といわれます。
>
> 大晦日はヨーロッパの大都市で行われるように、プラハでもカウントダウンがあります。
> 夕方ごろからロケット花火が飛び交います。
> (中学校の頃、爆竹をよけた経験がこんなところで活かされるとは・・・人生何事も経験やねー。)
> 旧市街広場やヴァーツラフ広場では、ビールやホットワイン、シャンパンなどで出来上がった人々で盛り上がってます。
> もれなく、手で支えきれなくなった瓶が落ちて瓶の破片も地面に飛び散ります。
> でもねー殆どが外国からの観光客なのです・・・。
> 昨年までは新年と同時に花火が打ち上げられていましたが、今年は何処から上がるかまだ確認できていません。
> 毎年大晦日になると救急車は通常より多くスタンバイしているようです。
> 大晦日の午後からは自分の身を守ることに専念してください。
>
> 大晦日のお昼を過ぎると公共交通機関も特別ダイヤに変更される場合があります。
> 日本と逆で本数が激減します。トラムやバスは40分に1本の夜間ダイヤ並みになります。
> プラハのトラムは路線通りに動いている事はまずないので、停留所の時刻表で確認してください。
> 時刻表の紙が黄色いと路線変更されています。白い紙に印刷されていたら路線通りです。
> 公共交通機関の乗車・降車の際はもちろんのこと、滞在中もスリに気をつけてください。
> ほんまに多いので、パリ滞在中の警戒感覚で乗り切ってください。
>
> 長文になって申し訳ありません。
>
> 素敵な滞在ができるといいですね。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 年末年始のチェコ
5908
: 2009/12/11(Fri) 10:14:20
Praha6

12/11時点での状況ですが、ご参考になれば幸いです。

クリスマスマーケット
*ヴァーツラフ広場1/10まで。
*旧市街広場1/3まで。9:00-19:00
イルミネーションが綺麗なので夕方もご覧になってください。
(ヴルタヴァ河畔から見るプラハ城の夜景も忘れずに。)

この時期だけのベツレム(キリスト生誕のジオラマ)展覧会
*ベツレム教会(Betlemske Kaple)右のギャラリー
(地下におりていきます。)入場料は大人50コルナ
12/31は9:00-14:00、1/1は13:00-18:00その他は9:00-18:00
陶器やボビンレース、パンや干し果物、木彫りや針金細工など
様々な素材で作られています。
出口ではクリスマスオーナメントの販売もしています。
*雪の聖母教会(Galerie Ambit Klastera u Panny Marie Snezne)
12/31は10:00-15:00、1/1は13:00-18:00入場料40コルナ
木工のからくりベツレムが目玉。毎年増えていってます。

ショッピング
12/31はお昼を過ぎるとお店は閉まっていくみたいです。14:00頃まで。
1/1はほとんどのお店が閉まります。
開店予定のショッピングモール・スーパーマーケットは下記のとおり。
*PALLADIUM(地下鉄B線Namesti Republiky)
12/31は9:00-18:00レストラン街は11:00-24:00
1/1は11:00-18:00レストラン街は12:00-23:00
*Tesco MY Narodni(地下鉄B線Narodni Trida)
12/31は7:00-17:00
1/1は12:00-20:00
*Tesco Novy Smichov(地下鉄B線Andel)
12/31は7:00-17:00(専門店街は15:00まで)
1/1は閉店
クリスマスマーケットの屋台は無休です。

シルベスター・コンサート
12/31チェコ・フィル16:30からルドルフィヌムで。
空席があれば開演1時間前にルドルフィヌムのチケットボックスで販売されます。

博物館・美術館
*観光客相手のムハ美術館は原則として年中無休です。10:00-18:00
*国立博物館(旧館)12/31は10:00-15:00、1/1は10:00-14:00
ちなみに新館は左手にある近代的な建物(旧ラジオ・フリー・ヨーロッパの建物)

1/2からは平常営業。個人営業のお店は土曜日の午後から閉まったりしますが、
旧市街の大型店は土日も営業しています。日曜日はフランスより開店率が高いです。

いくつかのホテルは独自の年末年始パッケージを扱ってるのでホテルのHPもチェック!

チェスキー・クルムロフ
バスはStudent Agency社が取り扱っていますが事前予約購入制。
(ネット上で座席は指定。カード決済)もしくはオフィスで事前購入。
プラハから英語の日帰り現地ツアーがあります。(フランス語もオファーできます。)
日本語は残念ながらありません。
御伽噺の世界のような小さなかわいい町なので、何度行ってもカメラのシャッターを切ってしまいます。
相方から『何回おんなじやつ撮ってるの?』といわれます。

大晦日はヨーロッパの大都市で行われるように、プラハでもカウントダウンがあります。
夕方ごろからロケット花火が飛び交います。
(中学校の頃、爆竹をよけた経験がこんなところで活かされるとは・・・人生何事も経験やねー。)
旧市街広場やヴァーツラフ広場では、ビールやホットワイン、シャンパンなどで出来上がった人々で盛り上がってます。
もれなく、手で支えきれなくなった瓶が落ちて瓶の破片も地面に飛び散ります。
でもねー殆どが外国からの観光客なのです・・・。
昨年までは新年と同時に花火が打ち上げられていましたが、今年は何処から上がるかまだ確認できていません。
毎年大晦日になると救急車は通常より多くスタンバイしているようです。
大晦日の午後からは自分の身を守ることに専念してください。

大晦日のお昼を過ぎると公共交通機関も特別ダイヤに変更される場合があります。
日本と逆で本数が激減します。トラムやバスは40分に1本の夜間ダイヤ並みになります。
プラハのトラムは路線通りに動いている事はまずないので、停留所の時刻表で確認してください。
時刻表の紙が黄色いと路線変更されています。白い紙に印刷されていたら路線通りです。
公共交通機関の乗車・降車の際はもちろんのこと、滞在中もスリに気をつけてください。
ほんまに多いので、パリ滞在中の警戒感覚で乗り切ってください。

長文になって申し訳ありません。

素敵な滞在ができるといいですね。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
年末年始のチェコ
5907
: 2009/12/10(Thu) 13:59:31
tatata555

はじめまして。
年末年始12/30〜1/4の6日間に急に休みが取れることになり、どこか行きたいと検討しています。

毎夏フランスへ行っているので、今回は違うところに…と思い、現在検討しているのが「チェコ」。初めての東欧です。

ただ時期が年末年始、しかも1人旅。この時期は美術館や博物館などはやはりクローズとなってしまうのでしょうか?先日の投稿で1/1まではクリスマスマーケットが開かれているとありましたが、こういうすごし方ができる、というのがわかる方がいらっしゃれば教えていただけると幸いです。プラハ4泊またはチェスキー・クルムロフにも行ってみたいと思っています。

仕事の関連でいけるかどうか確定ではないのですが・・・よろしくお願いします。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
(管理情報) スペイン、ポルトガルねた 募集
5903
: 2009/12/03(Thu) 08:57:04
Chun3(管理人)

リクエストが相次いでおりましたので、そろそろ本誌増量したく
ありましたら、
よろしくお願いしまーす。

列車、交通、スポットアンケート、レストラン、ホテルなどなど。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート(LH)成田-フランクフルト-マドリード: Rod・ロッド 様
5902
: 2009/12/03(Thu) 08:55:38
Chun3(管理人)

エアラインアンケート(LH)成田-フランクフルト-マドリード: Rod・ロッド 様

(搭乗時期) = 2009年10月中旬

(航空会社) =
成田-フランクフルト ANA/ルフトハンザ共同運航便(NH/LH) 当日はルフトハンザ機

フランクフルト-マドリード ルフトハンザ(LH)

(搭乗クラス) =
成田-フランクフルト: B7ビジネスクラス 
フランクフルト-マドリード: エコノミークラス


(出発の空港) = 成田空港 
ANA特典航空券だが、LH便なのでルフトハンザのカウンターでチェックイン。
乗り継ぎがあるので、赤の優先札(プライオリティ・タグ)を付けていた。

UAとANAのどちらのラウンジも使用可。
喫煙室のあるANAラウンジを使った。朝食として、うどんや蕎麦があった。
他にスナック、温かい飲み物、酒類、冷たいドリンク等。

免税店では、EU圏内乗り継ぎが有るので、持ち込み規制を考慮し、化粧品類は買わなかった。
ルフトハンザのWebによるとEU機内で買った免税商品は、
密封され、伝票が付いているものは「EU国内で買ったもの」と同等扱いを受けるようだ。

(乗り継ぎ地) = フランクフルト空港 

(乗り継ぎ空港) = 乗り継ぎ経路の途中に、EU入国の審査 混んでいた。
エレベ−ターで下りて、地下通路を歩き、マドリード行きのゲートへ。
乗り継ぎが結構厳しいかと思ったが、無事に、セキュリティチェックを受けて、余裕を持って行けた。

経路上に、キャメル社の喫煙ブースが有った。

(到着地&ターミナル) = マドリード バラハス空港

(到着空港の様子) =
到着階は至ってシンプル。店もあまりなく、観光局、両替所等のみ。

(機体) =
成田-フランクフルト: B747-400 
フランクフルト-マドリード: 

(機内食・飲み物) =
成田-フランクフルト:
離陸前にドリンク ミネラルウォーター、シャンパン、オレンジジュースから選択。
昼食は洋食を選択。
前菜が鴨肉のスモーク、鴨のリエット、
主菜が、牛頬肉の赤ワインソース。フォークでも食べられるくらい柔らかく煮たもの。
あまり脂っこくはなかったが、量が多く感じた。
デザートのフルーツ

夕食 洋食を選択 ソーセージ、ザワークラウト

ギャレーには、鮭のおにぎり、サンドイッチ、フルーツ、ドリンクがあった。
 


フランクフルト-マドリード:
チーズとハムにフルーツの載ったプレート、パン、ドリンク

(座席) =
成田-フランクフルト:
2-3-2列。
備品 ミネラルウォーター、アイマスク、櫛、耳栓、歯ブラシ等のキット。
スリッパがなく、靴下のみでいささか不便。
シートピッチは十分あるが、180度平らには僅かに足らず、微妙な角度。
毛布がキルティングの布とフリースらしき生地の組み合わせ。



フランクフルト-マドリード: 
3-3列。


(マイレージ) = 特典航空券に付き、なし

(トラブル) = バルセロナ→フランクフルト間のフライト時刻変更が2度もあった。
メール、電話等で連絡を貰った。

(航空券の入手方法と時期) =
7月に、ANAのwebより手配。
ANAの特典航空券で、スターアライアンスグループの提携会社航空券を買う場合、
座席指定ができる便とできない便があるとWebには書いてあったが、
試しに電話したところEU内フライトの一部は不可、長距離便はOK。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 |

- WebForum -