[リストへ戻る]
新着表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
フィレンツェの修復
155
: 2003/09/21(Sun) 21:31:12
Euroholic

昨日フィレンツェから帰ってまいりました。
去年、まったく同時期にヴェネツィアで寒さに震えていたのにくらべ、
毎日残暑が厳しく、日焼け止めが欠かせないお天気でした。
とはいえ、風は涼しく日陰に入れば秋を感じるといったところです。

フィレンツェはいつ行ってもそこら中で修復をしていますが、目立ったものをあげておきます。

・アカデミア美術館 ミケランジェロのダビデ
足もとは囲いに覆われていますが、いちおう公開中。
9月1日から来年の5月の予定

・ヴェッキオ宮殿の塔は下から工事の足場が組んであり、記念撮影するにはちょっと残念。
入り口正面のダビデ2号やその他の彫刻も囲いで覆われていました。

・サン・ロレンツォ教会のメディチ家の礼拝堂
2年半前も修復中でしたが、未だ修復中。
内部は足場が組んであり、飾ってあるはずの彫刻もいくつかはなかった。
ミケランジェロの新聖具室は問題なし
修復中なのに同じ入場料はなぁ、と思うのですが、これも修復費用になると思えば納得。

以下、修復ではないですが気づいた事をいくつか。

・ドゥオモのクーポラの入り口が、前は南側にありましたが、今回は北側にありました。
行列が出来ているので、すぐわかると思います。

・ウフィッツィ美術館は予約制が定着したようで、以前ほどの長い行列は見られなかった。
もしかしたら時間にもよるのでしょうが、昼前や夕方4時くらいに近くを通った時は20-30人くらいだったでしょうか。

・中央駅の裏手のバッソ要塞のまわりを大々的に工事中。
観光地ではないですが、郊外に出るバスはほぼここを通るので、
朝ラッシュ時にここを通り抜けるのに大渋滞して時間がかかりました。
ちなみに空港行きのバスもここを通りますが、夕方4時半くらいは問題なかったです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ジャグジー
154
: 2003/09/20(Sat) 14:30:27
まどたん&まちゃ   <madotante2@hotmail.com>

> 【advice】 アクアトニック・プールは広いけど、スパにあるジャグジーはとっても小さい。

訂正ですm(__)m
私たちが利用したジャグジーはどうやら屋上にある小さいもののようで、それとは別に洞窟風の少し大きめのものがあるようです。利用していないのでどの程度の大きさなのか、わかりませんけど・・・

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート(香港) Rod・ロッド様
153
: 2003/09/20(Sat) 11:21:54
Chun3(管理人)

全体アンケート(香港) Rod・ロッド様


【your travel】 2003年8月

【favorites】ヴィクトリア湾を望むハーバーサイドの夜景(半島側から、香港島を望む)


【trouble before】 SARSの影響も薄れたとは言え、催行人数不足で狙っていたツアーは中止。
おかげでエア+ホテルを出発間近で手配。キャンペーン中だったグレート・イーグルホテルに初めて宿泊

【surprises】
SARSの影響が尾を引く中、街には変わらぬ活気があった。
相変わらず、どこへ行っても、人、人、人。
   
香港は東南アジアで一番好きな街なので、余計な心配をしなくて気軽に行ける様でいて欲しい。
  

【enchanted】
割り箸、使い捨てのおしぼり、エアタオル、自動水栓、消毒薬が気にしてみていると増えたような気がする。ウォシュレットも増えればいいのに・・。

グレートイーグルホテルは街中なので、部屋の窓からの景色は良くない。ただシャワーブースが別なのは楽。
  
アジア独特の蒸し暑さには参った。建物内から外に出る自動ドアが開き、外気に触れたとたん眼鏡が曇る。(建物内は寒い程の冷房)
1日一度は激しいスコールで、外を歩けない状態。雨傘と上着、日よけの帽子で手荷物が予想外に重い。


オクトパスカードを使って街をブラブラ歩いた。気晴らしのリラックス旅行だったが、バーゲンシーズンの終わりに当たった。
しかもシーズンの前半はSARS影響で、売れなかったらしく、商品は沢山残っていた。


【belongings】
オシャレなTシャツ、麻のパンツ、ウォーキング・サンダル
雨傘と上着、日よけの帽子、汗拭きタオルは離せない。
 

【nextplan】
インターコンチネンタルのハーバービュールームに夫婦で泊まること。
今回もキャンペーン期間中だったが、改装中。
一人でハーバービューはちょっと寂しい。


【versionup】一人旅は好きなのだが、食事の際色々な種類の物を食べられないのは辛い。
美食の街、香港では食べたい物が多すぎて・・。


【bought】
ペニンシュラ アーケード エルメス プリュム 28c 黒 リセ

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ミラノ)Grand : pi-chan777 様
152
: 2003/09/20(Sat) 10:50:25
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(ミラノ)Grand : pi-chan777 様

【place】 ミラノ(イタリア)

【hotelname】 グランドホテル・エ・デ・ミラン Grand Hotel et de Milan ★★★★★

【date】 2003年9月
【nights】 1泊

【room】 ツイン
【floor】 イタリア式4階

【space】 明るさは普通。建物自体がクラッシックで、部屋全体の雰囲気も同様。
部屋の広さはイタリアのホテル標準並み。
日本の高級ホテルに比べるとずいぶん狭く感じる。

【furniture】 これだけのホテルなのに、スリッパがない。
セーフティボックスは、自分のクレジットカードの磁気を利用して開け閉めする。

【bathroom】 アメニティはイタリアの5つ星ホテルの標準
(石鹸、バスフォーム、シャンプー、リンス、ボディローション)綿棒・コットンも常備

清潔ではあるが、ハンドシャワーが壊れていて、お水・湯ともにでない。
固定式のヘッドシャワーが使えたので、クレームをつけず。

【minibar】 冷蔵庫有。
【air-conditioner】 有

【lift】 有。5人乗れば、満杯。

【reception】 男性ばかり。ホテルはクラッシックであるが、ホテルマンは気さくで、フレンドリーな感じ。

【other facilities】 イタリアンのレストラン、バー

【soft】 英語可。日本語×

【rates】 265euro(サービス料・VAT含む。週末レート)

【reservation】 個人で
HPに予約フォーマットあり。
クィックレスポンスで予約ナンバーが返ってくる。半日後に、予約確認メールが送られてくる。

【access】 地下鉄モンテナポレオーネ駅のすぐ上。
隣はアルマーニのメガショップ。モンテナポレオーネ通は目の前。
ショッピングに最適な立地。

【around】 ホテルの横の交差点に警察が常駐しているので、治安は良いと思う。

【policy】 立地のよさ。清潔さ。周辺地区の治安。

【yokatta】 12時にチェックインしたところ、「部屋の準備がまだ出来ていないので、
こちらで待っててください」とロビーバーに案内され、好きな飲み物を・
・・と。

カプチーノを頼んだところ、チョコレートてんこ盛りと共に、サービスされた。もちろん、無料であった。

【komatta】 イタリアのホテルは、ドアチェーンがついていないところが多いので、
それについては仕方ないと思えるが・・・ドアスコープまでついていなかった。
ホテル入館者を逐一チェックしているとも思えないので、5星ホテルにしては、あまり安全といえないのでは?

【payment】 クレジットカード使用

【disability】 段差もあれば、廊下は狭い・・・
バリアフリーとは言えません・・・

【children】 子供は場違いだと思う

【point】 個人評価は◆◆◆◆

【advice】 ショッピング目当てでミラノに宿泊される方には立地のよさをお勧めします。
ショッピング以外であっても、ドゥオモ、スカラ座など徒歩10分以内で、立地のよさは抜群です。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート 7月 mizuの一人旅 様
151
: 2003/09/20(Sat) 10:37:40
Chun3(管理人)

全体アンケート 7月 mizuの一人旅 様

【your travel】 2003年7月 8泊10日
ウィーン、ブダペスト 個人手配

【trouble before】 計画好きなのであまり面倒だとは思いません。

【good on arrangement】 個人手配なので、日程を自分の好きなように
組み立てられた。(その日の気の赴くままに出かけてました)

【surprises in FR】 ブタペストの街並が、少し薄汚れた感じ(壁など)がして残念でした。

【enchanted in FR】 ブタペストの夜景はすごく綺麗でした。
オーストリアのバッハウ渓谷クルーズもすごく綺麗でした。船より見える街が
すごく可愛いのでお薦めです。

【belongings】 半袖orノースリーブ+膝たけのパンツ
日射しが強いので、日焼け止めは必需品

【nextplan】 パリでオペラを聞きたいですね。

【version up】 予算をかければ良かったとは思いませんでしたが、もう少し
滞在日数を増やしたかったですね。

【bought】 ウィーンのヴィトンでお財布。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ツアーアーンケート(ドナウ)mizuの一人旅様
150
: 2003/09/20(Sat) 10:36:37
Chun3(管理人)

ツアーアーンケート(ドナウ)mizuの一人旅様

【company】 PROGRAM CENTRUM

【course】 DONUBE BEND TOUR(ドナウベントツアー)

【route】 ブダペスト発のエスレルゴム、ヴィシェグラード、センテンドレといった
ドナウ川沿いの町を巡るツアー。美術館や博物館にも訪れる。昼食+ワイン付き。
(ドナウ川の水量や季節にもよりますが、センテンドレより船でブダペストへ)

【price】 火、水、金、土(5月〜10月) 17,500Ft

【bureau】 現地(ヴェレシュマルティ広場近く)にある観光案内所

【policy】 観光案内所で予約出来るドナウベントツアーがこのツアーだけだったから。

【enjoyed】 ガイド1人、運転手1人、参加者3人のこじんまりとしたツアーで、
歴史などいろいろな話しを聞くことが出来た。


【advice】 今回利用した現地発着ツアーは、英語でのガイド。
ブダペストの場合、市内観光以外の現地ツアーは全部英語かドイツ語のガイドの様ですので、
英語が全く出来ない方は苦労するかもしれません。

私の場合、参加者がスイス人夫婦と私のみだったので食事時も全部英語での会話でした

【point】 個人評価は★★★★

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ツアーアンケート(近ツリ・ホリディ)まどたん&まちゃ様
149
: 2003/09/20(Sat) 10:34:03
Chun3(管理人)

ツアーアンケート(近ツリ・ホリディ)まどたん&まちゃ様

【company】 近畿日本ツーリスト

【course】 ホリディ・笑顔のバリ・ぽっきり価格・毎朝食付きリッツカールトンホテル指定
http://france-tourisme.net/f-advice-tour.htm

【route】 関空発 5日間

【price】 9月中旬 木曜発 11万円(空港税込み)

【bureau】 日本旅行から申し込み。
FAXでコースや出発日を送信し、電話で確認を取った

【policy】 お得感がたっぷりだったので

【enjoyed】 安く行けた。空港とホテルの送迎が着いていてラクチンでし
た。

【advice】 基本的なことですが、ペラペラの1枚もののパンフレットは要チェック!です。

【point】 個人評価は★★★★

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート BARIバリ まどたん&まちゃ様
148
: 2003/09/20(Sat) 10:32:05
Chun3(管理人)

全体アンケート BARIバリ まどたん&まちゃ様

【your travel】 2003年9月  3泊5日
インドネシア・バリ島 格安パッケージツアー(近畿日本ツーリスト主催) 

【good on arrangement】 空港税など全てが込み込みのお得プランだったので、
現地通貨に両替する必要がなくて、ラクでした。

【surprises】 日差しは強かったようですが、涼しかったので日焼け対策
に気合が入らず、
しっかりと日焼けをしてしまった。
久しぶりに肌が赤くなっちゃいました。

【enchanted】 今までは雨季にしか行っていなかったので、かなりの湿気
と蒸し暑さを覚悟していたのですが、
朝夕は長袖が必要なぐらい涼しく、残暑の日本より快適に過ごせたこと

【belongings】 思ったより涼しかったのでもっと長袖を持っていけばよかった。

【versionup】 次回はもっとのんびり行きたい。

【bought】 バリ島の特産の塩。ホテルで買った為、かなり高かった。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
[新刊情報] 地球の歩き方
147
: 2003/09/19(Fri) 23:17:14
とりcacao
book.diamond.co.jp/arukikata/chikyu_schedule.html
10/17 トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表
11/07 ガイドブックA17 ウィーンとオーストリア
11/28 ポケット13 ロンドン
11/28 ポケット16 マドリッド&バルセロナ アンダルシア

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(BALIバリ) Riz-Carlton :まどたん&まちゃ 様
146
: 2003/09/19(Fri) 17:36:47
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(BALIバリ) Riz-Carlton :まどたん&まちゃ 様

【place】 インドネシア・バリ島

【hotelname】 The Riz-Carlton Bali Resort and Spa

【date】 2003年9月
【nights】 3泊

【room】 ツイン
【floor】 日本式1階

【space】 ホテルの1階にあるリゾートビューと言う、最低ランクの部屋でしたが、とても広く、窓も大きかったので明るかった。

【furniture】 オットマン付きのイス。リビングテーブルにイス2脚。テレビと
ミニバー他ががすっぽり隠れる大きなキャビネット。

【bathroom】 少しだけ浅めのバスタブにシャワーブース付。洗面ボールが1個しかなかったのが残念でした。

【bath2】 とても広く、お湯もたっぷりしっかり。ただシャワーが固定
式だったので少し使いにくかった。

【minibar】 有り

【air-conditioner】 有り

【public area】 バリチックで南国ムードたっぷりでした。夜はローソクがあちこちで
外灯代わりに使われていましたが、風向きのせいでしょうけど、ローソク入れが
燃えているものも。

【lift】 12人ぐらい乗れそうなものが、4基

【reception】 日本語がわりと通じるので便利でした。とてもきびきび働いており、
好感が持てました。

【otherfacility】 プール、スパ、レストランは5軒ぐらい

【soft】 日本語で話し掛けて、その人が日本語がわからない人だと、日本語がわかる人にバトンタッチって感じでした。

【rates】 パックツアーなので不明

【reservation】 ツアーなどで設定されていた

【access】 空港から車15分ぐらい。

【policy】 一度リッツカールトンに泊まってみたかった。

【yokatta】 ちょっと優雅な気分を味わえたこと

【komatta】 思ったより、ムシが少なくてびっくりしました。部屋にはアースノーマットみたいな
電気式の虫除けがあった。

【breakfast】 はじめの2日は海の見えないレストランでしたが、
池が見えたりして、なかなかいい雰囲気でした。
最終日はお客さんが多かったので海に近いレストランに案内された。
眺めがとてもよくこちらもいい雰囲気でした。
味は日本人の口に合っていたと思います。

【other guest】 日本人の新婚さんぽい人が一番多かったように思います。
白人系のカップルや家族連れも見かけました。

【payment】 JCB、VISAが使えたようです。T/C問題なさそうな感じで
した。

【disability】 階段が多いので車椅子やアシの不自由な人には不向きかも。
遠回りをすれば、エレベーターがあるので問題はないかもしれない。

【children】 別にOKだと思う

【point】 個人評価は◆◆◆◆◆

【advice】 アクアトニック・プールは広いけど、スパにあるジャグジーはとっても小さい。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: イタリア旅行
145
: 2003/09/17(Wed) 23:22:03
フィレンツェ・ヴェネツィアさぽ   <tori_cacao@yahoo.co.jp>

おかえりなさいませ〜長旅お疲れさまでした。

> ローマ3泊、フィレンツェ(ピサ見学)2泊、ベニス1泊、トリエステ2泊最後にまたベニス2泊です。

> ベニスでは4ヶ月まえから大運河の正面のホテルを予約し、満喫しました。
(4人で250ユーロでした。ちょっと古いのですが、この値段でこの景色!感動しました。)

おぉっ!ゴーカですな。それで250ユーロとは、お得でしたね。
各種アンケートおまちしてますー

# とりえすて もいいなぁ。。

全体アンケートとかでなく、フィレンツェ(とトスカーナ州)・
ベニス(とヴェネト州)の単独ねたでしたら、上記さぽアドレスに
直接いただいても結構ですよ。
あとでこちらから、管理人様にまるごと転送しますんで。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: イタリア旅行の日程について
144
: 2003/09/17(Wed) 00:01:31
茶色ぱたちゃ   <nssuzuki710@ybb.ne.jp>

> 7月17日から8月28日まで60才の母と三週間、8才と4才の息子たちとは6週間、主人とは最後の2週間ヨーロッパ(フランス、ベルギー、イギリス、イタリア)に旅行しました。
> 8月18日から28日にイタリアに滞在(息子と主人と私の4人)、ローマ3泊、フィレンツェ(ピサ見学)2泊、ベニス1泊、トリエステ2泊最後にまたベニス2泊です。
> 個人旅行で移動は列車を使用し、ホテルはネットで予約しました。
> 車内にスーツケース置き場が少なく、早い者勝ちなので、掲示板にプラットホームの番号が出ると、皆さーっと移動しました。
> 置き場に空きが無くなった場合は、上の棚に置きますが、結構しんどかったです。
> 列車をなるべく予約なさって、早めにホームに行き是非置き場所を確保されることをおすすめします。
もしくは基点になる都市を決め、スーツケースをおいてご旅行されるとかはいかがでしょう?
>
> 以前母とイタリアに旅行したときは、ポンペイに日帰りしそれが面白かったです。
>
> ベニスでは4ヶ月まえから大運河の正面のホテルを予約し、満喫しました。(4人で250ユーロでした。ちょっと古いのですが、この値段でこの景色!感動しました。地○の歩き方に載っていたのですが、ホテル パガネリだとおもいます。ご興味があればスペルを確認します。)
> 好みのホテルを見つけるのも個人旅行の醍醐味。
> がんばって下さい。
>
>
>
> 報告書を出したいのですが、受け入れてもらえません。。。。
> ウイルスソフトをオフにする方法がわからず、手間取っています。。。。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: イタリア旅行の日程について
143
: 2003/09/16(Tue) 23:47:07
茶色ぱたちゃ   <nssuzuki710@ybb.ne.jp>

7月17日から8月28日まで60才の母と三週間、8才と4才の息子たちとは6週間、主人とは最後の2週間ヨーロッパ(フランス、ベルギー、イギリス、イタリア)に旅行しました。
8月18日から28日にイタリアに滞在(息子と主人と私の4人)、ローマ3泊、フィレンツェ(ピサ見学)2泊、ベニス1泊、トリエステ2泊最後にまたベニス2泊です。
個人旅行で移動は列車を使用し、ホテルはネットで予約しました。
車内にスーツケース置き場が少なく、早い者勝ちなので、掲示板にプラットホームの番号が出ると、皆さーっと移動しました。
置き場に空きが無くなった場合は、上の棚に置きますが、結構しんどかったです。
列車をなるべく予約なさって、早めにホームに行き是非置き場所を確保されることをおすすめします。

以前母とイタリアに旅行したときは、ポンペイに日帰りしそれが面白かったです。

ベニスでは4ヶ月まえから大運河の正面のホテルを予約し、満喫しました。(4人で250ユーロでした。ちょっと古いのですが、この値段でこの景色!感動しました。)
好みのホテルを見つけるのも個人旅行の醍醐味。
がんばって下さい。



報告書を出したいのですが、受け入れてもらえません。。。。
ウイルスソフトをオフにする方法がわからず、手間取っています。。。。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
英国航空のターミナル変更@ヒースロー
142
: 2003/09/16(Tue) 20:33:07
雛子@荒涼園   <the_last_balloon@yahoo.co.jp>

2003年10月26日(日)から、英国航空(BA)のロンドン・ヒースロー
空港における日本路線の発着が、現在のターミナル4からターミナル1へ
と変更されるそうです。

欧州路線の多いターミナル1に変わることによって、乗り継ぎが
便利になります。

http://www.british-airways.co.jp/about/news200307.html

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(マデイラ島) Palheiro :造船なでしこ 様
141
: 2003/09/13(Sat) 00:19:26
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(マデイラ島) Palheiro :造船なでしこ 様

【place】 フンシャル、マデイラ島、ポルトガル
【hotel】 Casa Velha do Palheiro

【date】 2002年12月
【nights】 7泊

【room】 シングル
【floor】 日本式2階

【space】 12畳くらいで、明るく、リゾートしにきたぞ!と思える。

【furniture】 クローゼット、机、イス、ソファ、荷物置き、テレビ、チェスト

【bathroom】 シャンプー、シャワージェル、ボディーシャンプー、シャワーキャップ、石鹸。
広々として、明るい。お湯も十分でる。

【minibar】 有り。

【air-conditioner】 有り。 

【public area】 優雅な一軒家(総督の家)を改造しており、本館には部屋はスィートが4室、
ダブルが4室。
他に、別棟が2棟。それぞれ10室ずつあったと思う。

図書室、朝の間、テレビ・ルーム、ゲーム室。
図書室には宿泊客がおいていったと思える本がどっさりあった。 

【lift】 なし。

【reception】 優雅な雰囲気。
チェック・インのあと、部屋、庭の案内があった。

【otherfacility】 ゴルフ場(ヨーロッパ・チャンピオン・シップ)、プール、庭園

【soft】 完璧に ”お屋敷に住んでいる主人”を演じる必要があるかも。 
しかし、とても親切で、微笑みながら対応してくれるので、ほっとした。
英語で大丈夫。

【rates】 140euro前後

【reservation】 個人で

マディラ観光局のホテルリストから選んだ。
HPがあったので問い合わせをし、マイ・パッケージをつくってもらった。

とても親切で、すぐに返事がきた。
7泊8日のパッケージで、空港までの送迎、ラベダ・ウォーク1.5日分、ディナー1回ご招待、
ボタニカル・ガーデン等入場料負担込みで1135ユーロ程度。

【access】 マディラ島フンシャル空港からタクシーで20分ほど。
ここではタクシー、またはレンタカーでホテルへ向かうのが普通。

ホテルから迎車あり。(到着時間・フライトをあらかじめ知らせる必要あ
り)
オプショナルの送迎があるので、何も考える必要がないかも。

街にでるのに、ホテルの門前からバス。20分くらいかかるが、便がたくさんあり、運賃も激安。
タクシーは1度も利用しなかった。

【around】 小高い丘の上のため、全く治安に問題なし。
とにかく緑に囲まれ、有名なブロンディ庭園の中にあるので、のんびりできる。

【policy】 美しい環境(毎朝、庭園を散歩できる)、優雅なお屋敷だから。
小規模でゲスト受入体制が細やかにおもえたから。(ルレ・エ・シャトー加盟) 
また、語学力不足でも十分ケアしてもらえそうだったから。

【yokatta】 とにかく美しい花々、整えられた庭園を散歩できること。 ホテルのレストランが優雅。
いたれり、つくせりのスタッフで、もしかしたら自分はこの屋敷のご主人様?と思えるほどだった。

【komatta】 夕食は外で食べない限りホテルのものを利用しますが、ボリュームのすごさで
まいってしまいそうになり、本来ならばルーム・サービスのメニュー
を、レストランで特別にだしてもらった。

【breakfast】 アメリカン朝食。パンがとってもおいしくて、びっくりした。

【other guest】 ドイツ人、イギリス人。
悠々自適のカップルか、ゴルフ大好きご夫婦、のんびりしたい人。

【payment】 VISA Master AMEX 

【disability】 可能だと思う。

【children】 子供は場違いだと思う

【point】個人評価は ◆◆◆◆◆

【advice】 長期滞在むけです。
マディラ島はオプショナル・ツアーが充実しており、小規模なのでアット・ホームなツアーが楽しめます。
ホテル送迎つき。ただし、英語でなんとかついてゆく根性が必要。
場合によってはドイツ語もできたら有利。

アウト・ドアー的なツアーが好きな人にもってこいです。 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ポジターノ) Il San Pietro :azumi@az様
140
: 2003/09/13(Sat) 00:15:49
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(ポジターノ) Il San Pietro :azumi@az様

【place】 ポジターノ(イタリア)
【hotel】 Hotel Il San Pietro

【date】 2003年8月
【nights】 3泊

【room】 ダブル
【floor】 50号室。海側。

【space】 部屋は、広くもなく、荷物を広げられないような狭さでもなく、まぁ、無難な広さ。(スタンダードだし)

白い壁と床の白いタイルが、明るいリゾートっぽい。床のタイルの一部に花模様があって、可愛い。

海の見えるテラスあり。デッキチェア2つ、テーブル&イス2つが余裕で置ける広さ。
すぐ目の前はホテルの花壇があり、その向こうに海が広がり、遠くにプライアーノの町が見えます。
テラスの床も部屋と同じ白いタイル。庇にもブーゲンビリアの花が蔦のように絡まっており、リゾート気分満開。

【furniture】 家具類は、ごく普通の品揃え。
壁や床同様、白を基調として品良く纏められています。
ベッドカバー、カーテンは山吹色で、白い部屋に映えました。

【bathroom】 ホテルで思いつく備品は全てあり、バスローブ・スリッパも完備。

それなりに広いですが、洗面、トイレ、ビデ、バスタブが 全部同じエリアにあります。(スタンダードだし。。。)

バスタブはジャグジー付き。ジャグジーを稼働させると、ちょっと、黒い水垢のようなものが 出てきてしまったのが、残念。
あまり使われていなかったのでしょうか。それ以外は、清潔にしてあるので不快感はありません。

【minibar】 中身の詰まった冷蔵庫。

【air-conditioner】 ガンガンに良く効くエアコンでした。
外は暑いので、キーンと冷えた部屋に戻ると極楽極楽。

【public area】 岩を掘って造ってあるようなホテルです。

道路沿いにホテルの名前になっている「サン・ピエトロ」という
小さな教会があり、その脇を抜けて、階段、エレベータなどで レセプションまで下りることができます。

レセプションも待合いも、広々としていて開放感があります。
そして、可愛らしいタイル貼りのベンチで囲ってあるテラス!
海やポジターノの町が見えて、絶景。

とあるTV番組で、このテラスは決して他の建物に遮られることはないし、いつまでも残るものだ、と
ホテルのオーナーが語っていたのですが、本当にそうあって欲しいと思いました。

【lift】 地上に出たり、プールに行ったり、ビーチへ降りたり、
あちこちにリフトはありました。 ただし、私達の部屋はレセプションフロアの一つ上であり、階段を上り下りしました。

荷物を自分で運ぶようなホテルではないため、問題ないです。
(手荷物ですら「Your vacances !」と言われて奪われました)

【reception】 昼間は2〜3人、深夜でも必ず1人はいました。
チェックイン時からにこやかに出迎えられ、また、館内設備や
サービスの説明、部屋の案内なども英語でカンペキ。

【otherfacility】 レストランはミシュランの星が一つ。
味もさる事ながら、海に面しており、朝も夜も雰囲気はバッチリでした。

料理は、フランスの一つ星より、ちょっと点数が甘いかな、とも思いましたが、でも、美味しかった。
アンティパストの前の口取りに、ピッツァが出てくるのが嬉しかった。
でも、量が多いので、3皿はきつかった。

崖下にはプライベートビーチあり。徒歩で降りられますが、岩をくり貫いたエレベータでも降りられます。

エレベータを出てすぐに、オウムがいました。
皆、自分の国の言葉を教え込もうとしていました。

デッキチェアは、平坦な岩場に並べられています。
部屋番号の紙が置いてあるところは予約済み。残念ながら、最も海際の席は常に埋まっていました。

ビーチからは、毎朝、11時半に宿泊者専用の観光ボートが出ていました。
(利用せず)

岩場だけでなく、大粒の砂浜ビーチもあり。ポジターノなどの町にある砂浜に比べて、
静かに美しい海を独占できます。

シュノーケルセットのレンタルもあり。(時間を忘れて夕方まで遊んでいたら、クラゲを間近に発見。慌てて逃げました)

砂浜ビーチの奥にテニスコートもあり。

プールはホテルの建物内。小さいですが、海が見渡せました。
ビーチやプールでも、軽食ランチ可。
毎日、昼時になると各デッキチェアまでメニューを配りに来て、
そこでオーダーを取ってくれます。
準備ができると呼びに来てくれて、奥のテーブルで頂きます。あんな生活を続けていたら、現実に戻るのが一苦労。。。

【soft】 レセプションは英語ばっちり。
ビーチのスタッフなどは、一部、英語ダメな人もいました。
総じて対応は良いです。

【rates】 400euro

【reservation】 個人で
メールで。丁寧な英語。

【access】 ホテルの前の道をポジターノ〜アマルフィ間のバスが
通っているようですが、バス停の位置については不明。
宿泊者は、ポジターノの町まで、好きな時間に送迎して貰えます。

予約時にローマまたはナポリまでの送迎について案内がありました。
ローマ:420euro/ナポリ:105euro とのこと。

【around】 ホテルしかありません。あとは海と崖。
ポジターノの町まで、車で5〜10分。

【policy】 数年前の雑誌の特集で、このホテルを知りました。
プライベートビーチと、タイル貼りのテラスに一目ボレして、ずっとずっと憧れていました。

【yokatta】 ビーチ、テラスは期待通り。
レストランも美味しいし、無料の観光ボートやポジターノの
送迎など、とにかく、施設・サービスが素晴らしい。

スタンダードですが、1泊400ユーロは安いと思いました。1週間くらい、このホテルで過ごしたいです。
(今回は3泊しか取れなかった)

ポジターノとアマルフィの間にある「エメラルドの洞窟」へ
行くために、ボートの手配もお願いしました。
(Sea taxi なるものがあるようです)
景色もよいし、風が気持ち良かった。
洞窟の後、アマルフィとポジターノを海から見て、最後は
ホテルに落としてもらいましたが、2時間程度で80ユーロ。 安い!と思いました。
(南仏でボートを1時間借りたら、1,400フランだった)

ホテルから車で片道40分くらいのところにあるレストランへ行く時、タクシーの手配をお願いしました。

食事中もずっと待っていてくれて、5時間くらい専用車を借りたことになりましたが、それで130ユーロというのも
安かったと思います。
おしゃべりが好きで、運転が丁寧な運転手でした。

【komatta】 強いて言うと、ジャグジーの水垢かなぁ。
でも、その程度のことは減点対象になりません。
(普通なら、大いになっている)

【breakfast】 海に面したレストランで。雰囲気はばっちし。
コンチネンタル朝食は部屋代に含まれており、
それ以外に、水牛のモッツァレラ、卵料理など、総じて美味しかったです。
ただ、フランスのようなクロワッサン・オ・ショコラには出会えませんでした。

【other guest】 品の良い客が、たくさん。
館内ですれ違うと、にこやかに挨拶したり。

おばあちゃんが1人でリゾートを楽しんでいたりして、優雅な老後が羨ましかったです。
一度、レストランで日本人らしきカップルを見かけました。

【payment】 クレジットカード

【children】 子供は場違いだと思う

【point】 個人評価は◆◆◆◆◆

【advice】 直営URL
http://www.ilsanpietro.it/

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート(LHルフトハンザ) 成田〜フランクフルト〜ベルリン:造船なでしこ様
139
: 2003/09/12(Fri) 23:09:56
Chun3(管理人)

エアラインアンケート(JALとLHルフトハンザ) 成田〜フランクフルト〜ベルリン:造船なでしこ様

【date】 2003年8月

【departure】 成田第2ターミナル発

【transfer】 フランクフルト乗り継ぎ
第2から第1へスカイラインが運航している。 
おりたところで自分の乗るフライトのゲートを確認し、案内の通りに素直に進めば第1にたどりつく。
そこで入国手続きをとる。
その後、エレベーターで1階におり、自分の搭乗するゲートへ進む。
フランクフルト第2ターミナルは、店などは何もありません。


逆にベルリンから到着したときは、フランクフルトの第1ターミナルは雑多な到着ロビーに感じられ、
スカイラインまでかなり歩いた。みつけづらかった。

【arrival】 ベルリン テーゲル空港着

【airline】 JAL・ルフトハンザ 

【craft】 成田〜フランクフルトは 747
フランクフルト〜ベルリンは 2-4-2のエアバス

【meal】 JALは何も考えないことにしたが、帰国時成田到着前のパンはとても美味しかったのでおかわりをした。
オムレツには手をつけず。

フランクフルト〜ベルリン間は飲物のみ。

【attendant】 両方親切。

【seat】 LHの座席はドイツ人体型に合わせているのか、背の低い私は足ばぶらぶらした。

 
【ARVL】 帰国時、フランクフルトでの乗り継ぎに4時間弱あけておいたので、バゲージ・スルーにはしないで、
フランクフルトでピックアップすることにした。

偶然かもしれないが、ベルリンから乗客全員の荷物が載せられておらず、40分近く荷物ピックアップのところで待たされたあげく、結局LH職員が皆様の荷物が飛行機にのせられていませんでした、と案内があった。

バゲージ・クレームへと。
どんな鞄か(型見本がある)、色、大きさなどをつげ、鞄をどうするか(住所、連絡先)を伝えます。
もちろん、チケット、荷物預かり証が必要。

乗り継ぐ予定のJAL(フランクフルト〜成田)に載せてほしいと頼みました。

成田でこのメモをみせて探してねといわれました。 成田で自分の荷物をみつけたときは
ほっとしました。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ありがとうございます
138
: 2003/09/11(Thu) 14:48:14
ぽち@やるきなーし

りょんきち様 お返事ありがとうございます。

半ズボンオッケーなのですね。安心しました。(笑)
夏の夫は「Tシャツ半ズボンスニーカーサングラス」と
日本国内でも外国人旅行者に「仲間」と笑顔を送られるような
格好をしているので、お仲間が他にもいるようならば安心です。

チェックイン・チェックアウトとお寺に行く時と、ディナー
ここだけは長ズボンをはかせるつもりです。
私も、はおりモノは忘れないようにしないと。
東南アジア圏って、冷房が半端じゃなく効いていますものね。

今回、私が利用するのは
「インターナショナル・ワンナイト・アット・ザ・オリエンタル」
というプランで、空港の送迎とロードジムでのディナー、
オリエンタルスパの1時間コース、託児所の利用が無料、
ワインとチョコレートとお花のサービス、
がついてツインで340USドルに延泊をつけたものです。

この盛りだくさんのプランに飛びついてしまったものの、
上げ膳据え膳慣れしていない私たち夫婦に
はたしてここでくつろげるのか?という疑問は残るのですが、
がんばって(?)こようと思います。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: タイ オリエンタルホテルについて
137
: 2003/09/11(Thu) 10:02:45
りょんきち

ぽち@やるきなーしさま、こんにちは。
ヨーロッパは残念でしたね。でもオリエンタル羨ましいです!

私が泊まったのは98年2月と古いのですが、参考になれば…。
また、メインダイニングでの食事はしていません。川の対岸にあるタイ舞踊を見ながら食事するところ
(名前失念)とスパは利用しましたので、そのあたりご考慮ください。

服装はあまり心配されなくても大丈夫だと思います。やはり暑いので…。
私はTシャツ+スカートでいつも行動していました。チェックイン・チェックアウトの時だけは
少しきちっとした格好(ブラウス+パンツとか、軽いワンピース)でしたが、問題ないと思います。
宿泊客も欧米の中年〜熟年カップルがほとんどで、例の「Tシャツ+半ズボン+スニーカー」スタイルでしたよ。
ご主人の半ズボンもあんまりよれよれでなければ問題ないでしょう。
何せ、ホテルスタッフの制服が半ズボンでしたから(笑)。あ、もちろんフロント担当者などはスーツでしたけどね。

ただ、既にご存じとは思いますが、寺院の見学などの時には肌の露出を嫌いますので
町中でもあまり刺激的な(?)格好はなさらない方が良いかと思います。
現に、私もロングワンピースに長袖ブラウスをはおり、ミュールで見学しようとしたら、そのミュールがいかんと。
となりのおっさんのビーチサンダルは許されてるのに何で〜?!と抗議しましたが、駄目なもんはダメ。
いくらか払ってドブネズミ色の靴下を履かされ、居酒屋のトイレスリッパのようなものを履いて見学。
今でも写真を見るのがいやで、見てません…
素足にサンダルで動かれる場合は、マイ靴下を1足しのばせておくといいかもしれません。

話がずれてしまいましたが、オリエンタルは本当に素晴らしいホテルですよー。
あの「上げ膳据え膳」なサービスを思う存分堪能してきてくださいませ。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
タイ オリエンタルホテルについて
136
: 2003/09/10(Wed) 11:52:27
ぽち@やるきなーし

毎年4月のヨーロッパ方面への旅行が今年は流れてしまいました(涙)
そのかわりといってはなんですが、
今月19日からバンコクに3日ほど行ってくることになりました。

ホテルをオリエンタルホテルに決めたのですが、
普段私共夫婦が泊まるホテルよりも格段にごーぢゃすな気配。

いつものように街をブラブラ歩くには、
なにぶん暑い国なのでTシャツベースで行こうと思っていたのですが、
夫が「半ズボンだと、ホテルに入れてもらえないんじゃないか?」と
心配しております。

宿泊経験のある方、どんな雰囲気だったのか教えていただけますか?

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
販売員の鑑? ティファニー ワイキキ
135
: 2003/09/10(Wed) 09:50:42
Rod・ロッド

 先週グループでワイキキに遊びに行きました。昨年出来た「210
0カラカウア」のティファニーで廃盤デザイン、日本未入荷のペンダ
ントを探しました。(たいして高い物ではない・・・念のため)

 販売員の日系の女性の方がパソコンのキーを叩いて、在庫を調べ、
「本土に2個在庫があるが取り寄せしましょうか?滞在中に届かなけ
れば、送料等を上乗せすれば、日本に送付しますが・・」との対応。

 住所と連絡先、クレジットカードの番号を置いておいてきたとこ
ろ、帰国直後に連絡が入り、送料等の料金明細とどうするか?の確認
の指示を・・とのFAXが来ました。

 アメリカは販売員の売り上げ実績が給与に反映するのだとは思いま
すが、何ともご熱心。

 送料、関税等を入れると現地で買うより10%増しにはなるのです
が、手に入れる最後のチャンスを逃したくなくて、思わず「OK」の
連絡を入れてしまいました。

 欧州ではお買い物好きのアジア人に「売ってやる」という姿勢が
多々見られますが、似たようなブランドショップの販売員さんでも、
店のポリシーなのか、本人の資質なのかが定かではありませんが、「ご熱心」だと感じました。

 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re:JALではユーロスターをマイレージで交換できるわけで
134
: 2003/09/10(Wed) 00:01:03
ADDねこ

ぴろりん@F様、みなさま。
こちらで知って早速ANAにメールして、あれこれ確認しちゃいましたが「追加料金なし」で申し込めるのは、正規割引運賃の中でも「早割り21」までで、「早割り35」では有料となってしまう。このふたつの割引運賃の差が結構大きいのでオープンジョーの片道利用だと悩んでしまうところ。例の事故と格安航空券の出現でユーロスターは集客に必死になっているようですね。結構安い料金の設定が出回っているようなので。
JALの場合はマイレージをユーロスター発券に使えるみたい(片道1万マイル)なので、私はこちらに魅力を感じましたが、、、。お互いないものねだり?

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ローマ) Atlante Star :azumi@az 様
132
: 2003/09/09(Tue) 14:21:43
Chun3(管理人)


ホテルアンケート(ローマ) Atlante Star :azumi@az 様

【place】 ローマ
【hotel】 Hotel Atlante Star
http://www.atlantehotels.com


【date】 2003年8月
【nights】 1泊

【room】 ダブル
【floor】 309号室

【space】 デラックスでもないスーペリア・ルームでの予約でしたが、
通されたのは、なぜか、スィートルームでした。

部屋番号が2つ付いていたので、以前は、リビングと寝室がそれぞれ別の部屋だったのかもしれません。
リビングには小さなテラスあり。
窓からは、ヴァチカンのサン・ピエトロ寺院のクーポラが見えました。

内装は、写真にするとゴージャスに見えます。
でも本物は、壁に鏡が貼ってあったり、カーテンも光沢のある素材で、ちょっと、安っぽく感じました。
でもきっと、頑張って、可愛いプチ・ホテル風に纏め上げているのかもしれません。
人によっては、受ける印象が変わりそうな部屋です。

【furniture】 備品は、普通のホテルと同等。
セイフティボックスなし。

【bathroom】 普通。バスローブなどんさひ。

【bath2】 バスタブとシャワーブースがセパレート。
バスタブは、家族4人で入れそうなくらい大きかった。円形、ジャグジー付き。
バスタブ自体が円柱形のブースに入っている感じ。
しかも、寝室からオープンに設置されていました。
シャワーブースもオープン。 御影石やら、名前のわからない石材を多用しており、
高級感?重厚感?を醸し出そうとしています。

【minibar】 あり。

【air-conditioner】 あり

【publicarea】 ちょっとこぎれいな、ビジネスホテル風。
ミシュランの赤本では、赤屋根マークなのですが、
かなり点数が甘いなぁって思いました。

【lift】 あり。大人が3人乗ると、ちょっときつい。

【reception】 やはり、ビジネスホテル風で、特別親切というわけでも
ないですが、普通に対応されました。

【otherfacility】 サン・ピエトロ寺院の見えるレストラン「Les Etoiles」があ
る。
朝食で利用したのみで、ディナーはしませんでした。
思ったよりも見晴らしがよかったので、夜のライトアップは一見の価値があったのかもしれません。

ただし、8月という閑散期のためか、ルーフトップのテラスレストランは
CLOSEしているようでした。

【soft】 1人、女性の日本人スタッフがいます。
他のスタッフは、ちょっと癖はありますが、英語可。

チェックイン時、日本語のローマのガイドブック(外国の土産物屋でよく見かける
A4サイズの本)と、ホテルの案内をもらいました。
その中に、日本人スタッフの勤務時間、彼女の呼び出し方法なども書かれていました。

【rates】 170euro

【reservation】 個人で
UTELLのプロモーションで予約、
忘れた頃に、ホテルの日本人スタッフから手紙が届きました。
中には、ホテルのポストカード類と「お待ちしています」という日本語の手書きメッセージカード。
今まで、もっと高級なホテルでもこういうことはなかったので、ちょっと驚きました。

また、直前に、到着時間の連絡をメールしたところ、
1時間とたたない内に、その日本人スタッフからの返信が届きました。
文字化けしていたのですが、日本語と英語で同じ文面が併記されていました。
(英語で「日本語は"MOJIBAKE"するかもしれないので、英語でも送ります」と書いてありました)

【access】 車で行ったので、公共交通機関は不明。
駐車場はあったのかもしれませんが、ホテルの目の前に
路上駐車を指示されました。(日中は有料・夜間は無料)

ヴァチカン、サンタンジェロ城まで、徒歩5分程度。
このあたりの観光には、便利と思います。

【around】 何となく暗いイメージもあるのですが、特に、危険を
感じる雰囲気ではありませんでした。多分、8月で閑散としていたからかもしれません。
カフェやレストランもあったのですが、クローズしている店が多く、普段の様子とは違うのだろうと思いました。

【policy】 ヴァチカンに徒歩圏内のホテル。
日程の都合上、ヴァチカン博物館に行けるチャンスは、到着日翌日の午前中しかなかったため。

【yokatta】 まぁ、ヴァチカンに徒歩圏内というのが目的だったので、それは達せられました。
サン・ピエトロ寺院やサンタンジェロ城の夜景を見に、散歩することもできましたし。
翌朝も、チェックアウト前にヴァチカン博物館を観光できて、
短い日程で効率よく動けた方だと思います。

【breakfast】 ホテルの最上階にあるレストランで頂きます。

ビュッフェで一揃いありましたが、味は普通。
外の店からデリバリーしてきたとおぼしきデザートのタルトが数種類ありました。

ヴァチカン側のテーブルでは、大きな窓の向こうにサン・ピエトロ寺院が見えます。
ガイドブックやホテルのHPでもさんざんアピールされているので、
がっかりしないよう話半分に受け取っていたのですが、思ったよりも間近に見え、
不覚にもカンドウしてしまいました。

【otherguest】 日本人3人家族が一組。
他、アメリカ人らしき人々をよく見かけました。

【payment】 クレジットカードOK。

【disability】 玄関ドアを入るといきなり階段。ちょっと、厳しそうです。

【children】 別にOKだと思う

【point】 個人評価は◆◆◆◆

ちなみに、ふらつー・ローマページにある
「Hotel Atlante Garden」とグループは同じですが、別のホテルです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ローマ) Residence Barberini :azumi@az 様
131
: 2003/09/09(Tue) 14:17:00
Chun3(管理人)


ホテルアンケート(ローマ) Residence Barberini :azumi@az 様

【place】 ローマ
【hotelname】 レジデンス・バルベリーニ Residence Barberini
http://www.residencebarberini.com/

【date】 2003年8月
【nights】 1泊

【room】 スイート
【floor】 409号室

【space】 このホテルはレジデンスタイプで、全室スイート。
広くて長い廊下があり、玄関、キッチン、バスルーム、リビング、寝室とあり、
本当にアパートメントみたいです。内装はこざっぱり系。
ホテル直営HPの写真を見て、気に入りました。

リビングもダイニングも庭に面して明るい。夜も、シャンデリアが付いているので明るい。

【furniture】 寝室にはスタイリッシュなBang&OlufsenのTV。
DVDあり。各種映画のDVD無料貸し出し。

リビングにはPC標準装備。(プリンタ、WEBカメラ付き)
インターネット無料。回線料金の請求もなかったです。
ただし、部屋の案内には回線料金についての記述があるので、通常時期は請求されるかもしれません。
(私達は、夜間はフリーという説明を受けてました)
PCに日本語環境はありません。

【bathroom】 通されてびっくり、バスタブ無しのシャワーのみでした。
このクラス(5星)と価格(319euro/泊)で、バスタブ無しとは思いもよらなかったので、
あえて未確認でした。
まぁ、でも、1泊だし、最終日で荷造りに追われる夜になるだろうし、
ゆっくりお湯に漬かる時間はないだろうと考えれば、あまり大きな問題ではありませんでした。

バスルーム自体は、大理石が多用されていて、高級感があったんですけどね〜。バスローブあり。

【bath2】 シャワーブースは、パンが深く、広いし、扉の密閉性が良いので、
安心して使えました。

【minibar】 あり。冷凍庫あり。中身は空。

【air-conditioner】 あり

【others】 部屋の鍵と一緒に、建物の入口の鍵も渡されました。
入口で呼び鈴を鳴らすとロックを解除してもらえますが、レセプションに誰もいなかった時のためだそうです。

【public area】 管理人付き(高級)アパート、って感じ。

【lift】 あり。大人3、4人程度。

【reception】 常時、レセプションに若い男性が交代で1人。
彼が、ポーターの役目も担っていました。
PCとにらめっこで、予約の管理もしていたようです。

予約をお願いしていたレストランについて情報をくれたり、
親切に、いろいろやってくれました。

おそらく、私達以外は1、2組しか宿泊客がいなかったようです。
繁忙期には、もっとスタッフの数が増えるのかもしれません。

【soft】 英語OK。
ローマは8月でCLOSEしているレストランが多かったため、
フォーマルじゃないお奨めレストランを予約しておいてもらったが、
日本人的に穴場の人気レストランを紹介して貰えたようで、美味しかったし、満足です。

ホテルの案内やHPを見ていると、お願いすれば、他にもいろいろやってくれそうです。
若いスタッフが、いろいろ考えて頑張ってるという感じ。

【rates】 319euro

【reservation】 個人で
UTELLより予約。
その後、ホテルと直接メール。

【access】 地下鉄Barberini駅、徒歩1分くらい。
バルベリーニ広場のすぐ近く。スペイン広場やトレヴィの泉へも徒歩圏内。

【around】 8月だからか、人通りは多くはなかった。
店も、クローズしていたところが多かった。

友人に頼まれ、見つからないなぁと諦めかけていたイタリア国旗を
ホテル近くの土産物屋で発見でき、ラッキーでした。

【policy】 スペイン広場、トレビの泉、地下鉄駅に徒歩圏内。
車でアクセス可能なホテル。超有名なホテルではないこと。
気に入りそうな部屋の内装であること。予算は300ユーロ程度まで。

当初、スペイン広場周辺で探していましたが、あの辺は
車両進入禁止の道が多く、駐車場もなさそうなので、あきらめたホテルが数軒ありました。
このホテルも敷地内に駐車場はないのですが、近くに公共Pがあるとのことで、決めました。
でも、結局、レセプションの勧めに従って、ホテルの目の前に路上駐車してました。
いつもここ(レセプションデスク)から見てるから大丈夫! と太鼓判を押されてしまった。

【yokatta】 キッチンまで付いていて、1泊だけで終わらせるには
もったいないホテルでした。内装も豪華ではないですが、個人的に好みでしたし。

初ローマなのでよくわかりませんが、この立地で、この広さで、
この価格が実現できる理由がわかりません。

【komatta】 まぁ、バスタブがないとは思いもしなかったので、ちょっと驚きました。
予約時に確認すらしませんでしたし。

【breakfast】 レストランはなさそうです。
前日までにレセプションに紙を提出すると、部屋に持ってきてくれるようでした。

私達は、最終日で相当胃袋が疲れていたので、朝食は摂りませんでした。
まぁ、キッチンもありますし。

【payment】 クレジットカードOK。

【disability】 エントランス〜レセプションなど、ところどころに段差あり。
部屋の中は、廊下も広いので動きやすそうです。

【children】 別にOKだと思う

【point】 個人評価は◆◆◆◆

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ポツダム) Cecilienhof :造船なでしこ様
130
: 2003/09/09(Tue) 14:10:35
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(ポツダム) Cecilienhof :造船なでしこ様

【place】 ポツダム(ドイツ)

【hotel】 Relexa Scholosshotel Cecilienhof
http://www.relexa-hotels.de

【date】 2003年8月
【nights】 2泊
【room】 シングル

【floor】 日本式3階 中庭向き
【space】 明るいが、チェダー様式の屋根部分なので窓が小さい。中庭もかわ
いいが、広大な庭園をみたかった。
部屋はシングルなら仕方がないのかもしれないが、8畳くらい。狭い。

【furniture】 クローゼット、机、イス、テレビ、冷蔵庫、それからガス入り水
(500CC)が1本サービスされている。 靴磨きがある。

【bathroom】 シャンプー(ボディ、ヘアー兼用)、手をあらう石鹸。
両方とも詰め替え式で固定されていた。シャワーキャップ、ソーイングセット

広くて清潔、タイルの色も淡いグレーでここちよかった。お湯もよくでる。

【minibar】 冷蔵庫あり。内容は未確認。

【air-conditioner】 クーラーはなかった。やや暑い夏だったので、窓をあけっぱなしに
していたら、あたたかい部屋になってしまった。寝苦しいことはない。
暖房はある。

【others】 いたるところに、ホテルの紋章がついている。ベッドがとても寝心地がよかった。

【public area】 元宮殿ということもあり、食堂にたどりつくのに長い回廊を歩いた。
途中、サロンがあり、雰囲気抜群。夜遅く到着したとき、暗い廊下を歩いたが、やや恐かった。

【lift】 なし。

【reception】 朝番と夜番に別れているらしい。
朝は女性、夜は男性。宿泊人数が少ないのか、のんびりとしている。

【otherfacility】 ポツダム宣言のもととなった会議が行われた城、として有名。
会議が行われた部屋を、別料金で観ることができる。

このレストランではかなりおいしい食事をいただけるらしい。
夜遅く到着して食べられず、翌日は結婚式で貸し切りのために使えなかった。
ホテルで貸し自転車があり、広大な庭を走り回れます。

【soft】 とても親切で、英語で十分。

【rates】 135euro

【reservation】 個人で
催し物がある場合、予約をなかなか受け付けてくれず、絶対に宿泊する旨を
つげてやっとOKがでた。普段はきっと早い返事だと思う。
その後は、特別な催し物のチケットが必要かどうかを聞いてくれ、
アレンジしてくれた。

【access】 最寄り駅 ホツダムHauptbahnhof
夜遅かったのでタクシーを利用。ベルリン・テーゲル空港よりタクシーで30分ほど。
サン・スーシー宮殿、バーベルズベルク映画村 ハーバル川めぐり

【around】夜遅くなると誰ひとり道をあるく人がいない。
最終のバスが、21:48宮殿前となります。
ポツダム自体、21:00をまわると中心街といわれるところでも人をみることがまれ。

【policy】 お城に泊まりたかった。
湖、森、公園がきれいなところへいきたかったし、なんといってもサン・スー・
シー宮殿をみたかった。

【yokatta】 食事をしたテラスからすぐに広大な森、湖にアクセスできるのがう
れしかった。

【komatta】 サイクリングしたかったが、運動神経にぶい私にぴったりな自転車
がなかった。残念。

【breakfast】 おいしかった。 チーズ、ハム、ソーセージ、スクランブルエッ
グ、ベーコン、パン、
菓子パン、シリアル、フレッシュジュース、ミルク、シリアル、ジャム、野菜。
ゴージャスなインテリアの部屋か花が咲き乱れるテラスで。
味、雰囲気ともに最高でした。

【otherguest】 老夫婦が多い。
到着した翌日の朝食時に日本人家族をみた。

【payment】 カードはOK

【disability】 車イスならば、1階の部屋になると思う。

【children】 子供は場違いだと思う

【point】 個人評価は◆◆◆◆◆

【advice】 結構穴場だと思った。
1泊ではなく、連泊したほうがいいと思う。
シングルだと必然的に狭い部屋(3階)になる確率が高いので、ツインのシングル・ユースに
するのも手だと思う。 
今回はサン・スー・シー宮殿のガーデン・パーティと重なったのでしかたがなかった。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ベルリン)Westin Grand :造船なでしこ 様
129
: 2003/09/09(Tue) 13:20:34
Chun3(管理人)

ホテルアンケート(ベルリン)Westin Grand :造船なでしこ 様

【place】 ベルリン(ドイツ)
【hotelname】 Westin Grand Hotel

【date】 2003年8月
【nights】 2泊

【room】 ツインのシングル・ユース
【floor】 4階 建物の裏

【space】 部屋は満足したが、眺めは倉庫と空のみ。広く、明るい。
居心地の良い部屋だった。
昼間はレースのカーテンをしめていれば何の不都合もない。

【furniture】 広いテーブル、イス。テレビ、クローゼット、ソファーセット、冷蔵庫

【bathroom】 シャワージェル、シャンプー(リンス入り)石鹸、シャワーキャッ
プ、バス・ガウン

明るく、清潔、使いやすい大きさ。
お湯の出も良い。ただし、バスタプの栓がうまくうごかず、お湯をためて排水のとき
あたふたとした。

【minibar】 有り、ただし内容未確認。

【air-conditioner】 クーラー有り。

【public area】 ロビーから内装がゴージャスにみえる。
各階吹き抜けになっている。

【lift】 有り。 3基。スムーズにくる。大きさも十分。

【reception】 てきぱきとして、親切だった。

【otherfacility】 スパがあった。セルライト対応スパがあったのでためして
みたかったが時間がなかった。値段もかなり安かったような。

【soft】 英語で十分。

【rates】 98euro

【reservation】 個人で
JALの国際線ホテル予約のところから検索してみつけた。
コンピューター予約なので問題なく返事がきた。

【access】 地下鉄のFranzosish Strasse駅。
ベルリン・テーゲル空港ならばTXLバス(普通の定期路線)を利用。
リンデン・バウム通りの次くらい。
 
【around】 真夜中うろうろしていても人通り(観光客)が多いため、危険がなかった。
フランス通りという名のごとく、ラファイエット、エルメスなどがあり、ラファイエットでは
フランス系食品、簡単な軽食をとれるところがあった。 
おいしいパン屋さんあり。食べ物にはことかかない。

【policy】 オペラハウス、コンサートハウスに近くて、観光地のど真ん中であること。

【yokatta】 とにかく足回りがよく、コンシェルジェがいろいろ教えてくれた。

【komatta】 朝食が21ユーロもした。

【breakfast】 アメリカン・ブレックファースト。
玉子料理は好み通りつくってくれる。雰囲気はとても良い。とにかくソーセージがおいしい。

【other guest】 ビジネスマン

【payment】 カードOK JCBは無理かも。AMEXはOK。 T/Cは不明

【disability】 車椅子でも大丈夫だと思う。 
廊下、エレベーターホール両方とも広めです。

【children】 別にOKだと思う

【point】 個人評価は◆◆◆◆◆

【advice】 コンサート、オペラ、ミュージカルを楽しみたい人に良いかもしれない。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: ヴァザーリの回廊
128
: 2003/09/09(Tue) 12:42:23
Euroholic

> 開館スケジュールが非常に限られているうえ、予約必須です。
> 詳細はこちら。
>
> http://www.weekendafirenze.com/museifi/vasariano.htm (<-- ここから予約可)

入場料が予約料込みで、33.50ユーロ!
思わずウフィッツィ美術館とピッティ宮殿の入場料込みかと思い
問い合わせてしまいました。←もちろん込みではありません。

ランチだったら、けっこういいものが食べられる値段じゃないですか。
んー悩むところだ・・・

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ヴァザーリの回廊
127
: 2003/09/09(Tue) 00:26:24
ふぃれんつぇさぽ
www.weekendafirenze.com/museifi/vasariano.htm
(ユーザーさんから提供していただいた情報です。ありがとうございます。)

「ヴァザーリの回廊 Vasarian Corridor(Prince's Trail) 」、
今年のオープンが決まりました。
開館スケジュールが非常に限られているうえ、予約必須です。
詳細はこちら。

http://www.weekendafirenze.com/museifi/vasariano.htm (<-- ここから予約可)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: ロンドンのクリスマス&年末年始
126
: 2003/09/08(Mon) 00:21:07
ADDねこ

年末年始はいつもパリで過ごしますが、ことしは4年ぶりにロンドンにも脚を伸ばす予定なので、こちらの情報は参考になります。1月1日が移動日なのでパレードは無理っぽいけれど「ディケンズ博物館」楽しそうですね。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: セール
125
: 2003/09/07(Sun) 00:31:56
ぴろりん@F

早速のお返事ありがとうございます。

> まだこんなに暑いのにみなさま年末年始の計画をされているのですね。
> ・・・という私も去年は夏休みの前に12月の連休の予約をいれてましたが。

まだ本当に行けるかどうか微妙ですが・・・。

> 例年の場合ですが。
> ロンドンのセールはだいたいボクシングデー(12月26日)の翌日から始まります。
> イタリアは都市によって違うようですが、エピファニア(1月6日)の直後からはじまることが多いそうです。

なるほど。やっぱりなー。
一番いいのは1月ですよねぇ。
1月も悟空は安いんですが、それは夫の仕事の関係で無理・・・。
ですが、2001年12月にパリとロンドンに行った時、ロンドンでは
ちらほらと始まっているお店もあったので、今回は可能な限り
ロンドン出発日を遅らそうと画策中(笑)。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 |

- WebForum -