[リストへ戻る]
新着表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ウィーンオペラ座 ボックス席からの見え方
1869
: 2005/03/02(Wed) 15:40:06
ハナクロにゃんち

今回ウィーンを旅行するにあたり
国立オペラ座でオペラ鑑賞予定でチケット予約で奮闘中です。

オペラ座のサイトを覗いていろいろ調べておりますが

ボックス席(6人から7人定員)内の2番目の列はとても見難いものでしょうか?
というのが、1番前の列は当然料金カテゴリーが1番上ですが
二列目の席になると、俄然カテゴリーが4番目とか5番目の値段になります。

平土間(parterreとかparkett)だと、段差が小さいので
前の席に大柄な男性などが座るととても見難いと聞いています。

その見難さと、ボックス席内の2列目、3列目からの見え方は
そう変わらないものでしょうか?

だいたいの感覚で結構ですので、経験された方のアドヴァイスお願いいたします。

その他、何か注意すべきことや、お勧めなどありましたら、それもお待ちしております。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ウェスティンホテル東京で「オーストリアブッフェ」を開催
1868
: 2005/02/27(Sun) 02:04:23
ウィーンさぽ
www.westin-tokyo.co.jp/jp/index.html
恵比寿ガーデンプレイス内のウェスティンホテル東京「ザ テラス」でオーストリア フェアを開催。
ウィンナーシュニッツェルやグーラッシュなどオーストリアの伝統料理をお楽しみ頂けます。
期間 : 2月25日(金)〜3月13日(日)
詳細はウェスティンホテル東京のホームページをご覧下さい。
http://www.westin-tokyo.co.jp/jp/restaurant/tt.html#p005

3月1日(火)には、ウィーン・モーツァルト・オーケストラによるロビーコンサートも行われます。
http://www.westin-tokyo.co.jp/jp/info/index.html#p004

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
地下鉄U2運休
1867
: 2005/02/27(Sun) 01:44:34
ウィーンさぽ
www.wienerlinien.at/
2月05日−3月28日の間地下鉄U2線(カールスプラッツ=ショッテントア)の運行が、延長工事のために休止します。
この期間内は、リンク通りを循環する路面電車1番と2番が増発されます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
イタリア各地・マラソン大会2005年日程
1866
: 2005/02/26(Sat) 23:09:12
ヴェネツィアさぽ

観光に直接影響しそうな大会を集めました。
この他、ベルガモ、ピアチェンツァ、ボルツァーノ、プラート、など
あちこちで開催されます。

3/13 ローマ http://www.maratonadiroma.it/
4/3 シラクサ http://www.maratonadisiracusa.it/
4/10 ミラノ http://www.stramilano.it/
4/17 トリノ http://www.turinmarathon.it/
4/25 パドヴァ http://www.maratonasantantonio.com
10/16 マラネッロ(カプリ) http://www.italianmarathon.it
10/23 ヴェネツィア http://www.venicemarathon.it (2005年版は未更新)
11/27 フィレンツェ http://www.firenzemarathon.it

#マラソン大会検索 http://www.marathonguide.com/index.cfm
Calendars Race & Results タブをクリック

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
BRIO4月号 トレヴィーゾ
1864
: 2005/02/26(Sat) 22:36:54
うちゃぎ@Lapin

今月のBRIOはイタリアのヴェネツィア近郊の
トレヴィーゾが載っています。
http://www.kobunsha.com/CGI/magazine/hyoji.cgi?sw=index&id=006

おいしそうなワインも載っていて、いってみたい
地域ですね〜。


#しかし、BRIOって。。。。。。
 いつも思うのです。。。

 (;一_一)


 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ローマ)Madison:とっとこれいこ 様
1863
: 2005/02/26(Sat) 17:49:59
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ローマ)Madison:とっとこれいこ 様

(場所) =(イタリア) ローマ

(ホテルの名前) = Hotel Madison
http://www.romeby.com/madisonrome/pages/reach.htm

(宿泊時期) = 2005年2月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = シングル

(部屋の階&立地) = 日本式6階

(部屋について(雰囲気など)) = 面積は思いのほか広いが、シンプルでチープ。

(部屋の家具・備品) =テレビ、机、箪笥、荷物置きがあるぐらい。
箪笥の中にセイフティボックスがあった。

(バスルーム) = 一応バスタブがついていた。そこそこ清潔で、お湯もちゃんと出た。

(冷蔵庫) = あり。缶ジュース、ビールなど。

(エアコン、クーラー) = 部屋の大きさに比べて、大きめのエアコンがついていた。

(パブリックエリア) =基本的に必要なものしかないという感じ。廊下などもとても狭い。

(リフト) = あり。そんなに大きくなかったような気がする。

(レセプション) = 英語が通じ、手際がよい。

(レセプション以外の館内施設) = バールと朝食ルーム。

(スタッフ) = 感じの悪い人はいなかった。

(宿泊料) = 50euro(朝食、税サ込み)。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = hotelclub.netの直前予約を利用。使いやすいサイトだと思う。

(ホテルへのアクセス) = テルミニ駅のすぐ隣。

(ホテル周辺の雰囲気) =雰囲気も治安もよいとはいえない。

(ホテルの選択基準) = 値段と場所。

(よかったこと) = ほんとうに駅からすぐ近くだったので、楽だった。

(朝食) =朝食ルームにて、ビュッフェ式。パン数種類と、ハム、チーズ、シリアルなど。
可もなく不可もなくといった感じ。

(宿泊客の客層) =日本人はあまり見かけなかった。カジュアルな感じの旅行者が多かった。

(支払い方法) = クレジットカードOK。

(車椅子等の対応は?) = そういうことに配慮してあるようには見えなかった。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =上にも書いたとおり、テルミニ駅から出た所にホテルがあるので、
次の日テルミニ駅から移動する人には便利だと思う。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(フィレンツェ)Grand Hotel Adriatico:とっとこれいこ様
1862
: 2005/02/26(Sat) 17:43:53
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(フィレンツェ)Grand Hotel Adriatico:とっとこれいこ様

(場所) =(イタリア) フィレンツェ

(ホテルの名前) = Grand Hotel Adriatico
http://www.hoteladriatico.it/jp/index.htm

(宿泊時期) = 2005年2月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = シングル

(部屋の階&立地) = 日本式2階

(部屋について(雰囲気など)) =改装したばかりのようで、部屋は明るくきれいで感じがよい。
しかし、壁が薄いのか、エレベーターの音、隣の部屋の声などまわりの雑音がとてもよく聞こえた。

(部屋の家具・備品) =箪笥、荷物置き、テレビ、机。セイフティボックス。

(バスルーム) =明るくて清潔。バスタブも広くて快適。お湯もちゃんと出た。

(冷蔵庫) =あり。ビールやジュースなどが入っていた。

(エアコン、クーラー) = あり。

(パブリックエリア) = どこも明るくてきれいだった。

(リフト) = あり。4人乗りぐらいのが2基あった。

(レセプション) =チェックインのときは、話し好きの係員にあたってしまった。
チェックアウトの時は、てきぱきとした係員でよかった。

(レセプション以外の館内施設) = レストランや会議室などがあった様子。

(スタッフ) =英語はたいてい通じる。カタコトの日本語を使ってみようとするスタッフもいる。
総じて感じはよかった。

(宿泊料) = 55euro(1泊、朝食なし、税サ込み)。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = hotelclub.netの直前予約ページにて。

(ホテルへのアクセス) =フィレンツェSMN駅から徒歩約5分〜10分。

(ホテル周辺の雰囲気) =あまり雰囲気のよいところではなかった。

(ホテルの選択基準) =コムナーレ劇場に近いところ。あとは値段。

(よかったこと) = 値段のわりに部屋はきれいだった。

(困ったこと) =上にも書いたが物音が気になる。場所が不便。

(宿泊客の客層) =中年層の英語を話す人たちが多かった。

(支払い方法) = クレジットカードOK。

(車椅子等の対応は?) =「ハンディキャップの方用の設備」があるとのこと。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 女性の一人旅にはあまりお勧めできない場所です。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ミラノ)Terminal Hotel:とっとこれいこ 様
1861
: 2005/02/26(Sat) 17:37:20
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ミラノ)Terminal Hotel:とっとこれいこ 様

(場所) =(イタリア) ミラノ

(ホテルの名前) = Terminal Hotel
http://terminal.hotel-milano.it/

(宿泊時期) = 2005年2月

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ダブルのシングルユース

(部屋の階&立地) = 日本式5階

(部屋について(雰囲気など)) =改装したばかりでとてもきれい。部屋も落ち着ける感じ。

(部屋の家具・備品) =机、テレビ、クローゼット、セイフティボックス。

(バスルーム) =明るくきれい。お湯の出も問題なし。バスタブものびのび。
他の部屋の水周りの音もさほど気にならない。
アメニティーにバスソルトもあったので、毎日入浴タイムをのんびり楽しめた。

(冷蔵庫) =あり。水やビールやジュースなど。
他のものを入れる余裕もそこそこあった。

(エアコン、クーラー) = あり。調節可能。

(パブリックエリア) = シンプルだけれどきれい

(リフト)=6人乗りぐらい。なかなか来ない時があった。

(レセプション) =いろんな男性がレセプションに立っていたが、なぜか、みなさんずーっと電話をしていた。
声をかければ用をしてくれたので、問題はなかった。

(レセプション以外の館内施設) = バーと朝食ルーム、会議室など。

(スタッフ) =英語はだいたい通じた。

(宿泊料) = 80euro(1泊、朝食、税サ込み)

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = hotelclub.netの直前予約ページにて。

(ホテルへのアクセス) =もうちょっと中央駅から近いのかと思ったら、結構遠かった。
ミラノ中央駅からトラム又はバスで1駅。
主な観光地へはトラムで行けるが、思いのほか時間がかかった。

(ホテル周辺の雰囲気) =よいとはいえない。夜は人通りも少ないので、静かだった。

(ホテルの選択基準) =値段と場所。

(よかったこと) = まわりの雰囲気はよくなかったが、部屋に入るとくつろげる感じだった。

(朝食) =朝食ルームにてビュッフェ式。
パンやハムやチーズが数種類ずつと、シリアル、ヨーグルト、卵など。ごく普通だった。

(宿泊客の客層) = 他の客はあまり見かけなかった。

(支払い方法) = クレジットカードOK。

(車椅子等の対応は?) = それほど配慮しているようには思えない。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =まわりに何もないし、交通の便もあまりよくないので、
ぜひともお勧めというホテルではない。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: ホテルアンケート(カーディフ)Sandringham Hotel Cardiff・補足:蔵人モネ 様
1860
: 2005/02/23(Wed) 00:41:00
蔵人モネ

宿泊料35ポンドはhotelclub.netの直前割引適用料金。
予約時のカテゴリーはシングルです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: ホテルアンケート(ロンドン)10 Manchester Street・訂正:蔵人モネ 様
1859
: 2005/02/23(Wed) 00:37:15
蔵人モネ

すみません、

「バスマット、バスマット」→「バスマット」(バスマットが2枚あった
わけではありません。)
「出かける用意をしたいたときに」→「出かける用意をしていたときに」

以上訂正です。
まだあるかも…(苦笑)。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(カーディフ)Sandringham Hotel Cardiff:蔵人モネ 様
1858
: 2005/02/21(Mon) 15:39:58
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(カーディフ)Sandringham Hotel Cardiff:蔵人モネ 様

(場所) = (英国)カーディフ

(ホテルの名前) = Sandringham Hotel Cardiff
http://www.s-h-systems.co.uk/hotels/sand1.html

(宿泊時期) =1月上旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) =100号室。日本式3階、通りにに面した側。

(部屋について(雰囲気など)) =大きな通りに面した部屋で、窓も2面あり、部屋は明るい。
二重窓にはなっていますが、結構騒音が気になりました。
ただ、夜9時頃になると、交通量はかなり少なくなり、人通りもほとんどなくなりますので、
深夜までうるさい、ということはありません。

今回は1人で宿泊しましたが2人でも広さは十分だと思います。

かなり古いホテルですが、それなりに手入れはされています。
テラコッタ風の地に、筆で描いたような藍色の柄の壁紙、鮮やかなピンクやブルーに、ベージュやオレンジが
入った素朴な感じの柄のベッドカバー(ウェールズ地方の伝統的な柄なんでしょうか?)。
とても温かい雰囲気の部屋でした。

ドアを開けると、右がバスルーム、左がベッドルームという造り。
このベッドルームとバスルームが完全に分かれた造りが、実際以上に部屋を広く感じさせるように思いました。

(部屋の家具・備品) =ドアを入って左奥にシングルベッド2台。2台のベッドの間にナイトテーブル。
手前には窓側からライティングデスク兼ドレッサー、ティーセットののった棚、
クローゼット(扉なし。左側には棚、右側には洋服を掛けるスペース。中にトラウザープレッサー)。
ライティングデスクの横にテレビ。
デスク前の鏡の右横に、壁掛けのドライヤー。
窓下にヒーター。
荷物用ラックあり。

ティーセットは湯沸し器(T-FAL)、カップ&ソーサー、コーヒー、紅茶の他に
ステンレス製のティーポットがあり、重宝しました。

照明はベッドの頭側の壁に1つずつ、鏡の両脇に1つずつ。

(バスルーム) =広々。古いですが、掃除はきちんとされています。
「熱湯注意」の注意書きが貼ってありました。
照明は紐を引っ張ってON/OFFする蛍光灯。

ドアを開けると、左側にトイレ、正面に洗面台。鏡の前にガラスの棚。
洗面台の蛇口は、混合栓ではなく、お湯と水に分かれています。
洗面台の横にゆったりしたバスタブ。お湯を飛び散らせないための仕切りと
シャワーカーテンの「二重構造」。お湯の出は全く問題ありませんでした。

備品は石鹸、コンディショニングシャンプー、バス&シャワージェル、プラスチックのコップ、バスマット。
タオルに関しては、バスタオルのみ3枚だったと思います。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) =おそらくなし。

(パブリックエリア) =エントランスを入るとすぐに階段があり、そこを上って日本式2階がレセプション。
古いホテルですが、アットホームな感じで、雰囲気はいいと思います。
レセプションの前にソファが置いてあり、くつろげるスペースになっています。

(リフト) = なし。

(レセプション) =とてもフレンドリーで親切。

(レセプション以外の館内施設) =レセプションの正面奥に、朝食室を兼ねたバンケットルーム。
その手前に観光パンフレットが置いてあるスペースがあり、新聞が読めるように、机と椅子もある。
レセプションの左奥にはバーラウンジ。

午前10時までに申し込むとランチボックスを作ってもらえるようです(部屋にパンフレットが置いてありました)。
値段は日本円で1,000円くらいだったと思います。

地上階にあるCAFE JAZZもこのホテルが経営しているようです。

(スタッフ) =とにかく親切で感じがいい。地方都市ならでは(?)の温かさを感じました。

(宿泊料) = 35ポンド(朝食込み)。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = hotelclub.netから。

(ホテルへのアクセス) =カーディフ・セントラル駅から徒歩7〜8分。
カーディフ城まで徒歩約5分。国立博物館・美術館まで徒歩約15分。

(ホテル周辺の雰囲気) =カーディフ・セントラル駅からカーディフ城に向かう通り(St.Mary Street)にある。
この通りには、ファストフード店(マック、スタバ、サブウェイ等)や、デパート、マーケットなどがあり、とても便利。
治安も特に問題なと思いました。

(ホテルの選択基準) = カーディフ・セントラル駅に近くて、分かりやすい場所にあること。

(よかったこと) =とにかくスタッフがみんな親切だったこと。
決して豪華ではないし、ホテル自体も古くて、設備に少々不具合も出始めていますが、
また泊まりたい、と思わせるホテルでした。

(困ったこと) =入浴を済ませてしばらく経った後、バスルームからなにやら水漏れのような音が…。
見に行くと、洗面台の上の天井から水が漏れていました。
短時間で止まりましたし、宿泊には支障がない場所だったのが、不幸中の幸い(?)でしたが、
設備の古さは否めません。

(朝食) =イングリッシュ・ブレックファスト(トースト、卵料理、ベーコン、ソーセージ、ビーンズ、焼きトマト)、
ポーチドエッグのせトースト、スパニッシュオムレツの中からチョイス。
イングリッシュ・ブレックファストを選択。味はごく普通。
ジュース(オレンジとグレープフルーツ)、シリアル、フルーツなどは、自由に取れるようになっています。

バンケットルームを朝食室として使っているため、宿泊客の数に対して部屋が広すぎ。

(宿泊客の客層) = 比較的若い人が多かった。

(支払い方法) =クレジットカードOK。

(車椅子等の対応は?) = リフトがないので無理です。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =リフトがないので、大きなスーツケースがあるとかなりキビシイです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ベルリン)アルブレヒツホーフ:mosu_hautbois 様
1857
: 2005/02/21(Mon) 15:28:05
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ベルリン)アルブレヒツホーフ:mosu_hautbois 様

(場所) = (ドイツ)ベルリン

(ホテルの名前) = ホテル・アルブレヒツホーフ
http://www.hotel-albrechtshof.de/

(宿泊時期) = 2005年2月

(泊数) =2泊

(部屋のカテゴリ) = スタンダードダブル

(部屋の階&立地) = フランス式2階 ホーフ(中庭)側

(部屋について(雰囲気など)) =スーツケースは余裕で広げられる広さ。中庭に面していて明るい。

(部屋の家具・備品) = テレビ、ミニバー、スーツケース置き場。

(バスルーム) =洗面台とシャワー室の壁に、ボディソープ兼ハンドソープが備え付けられていた。
シャワーのみだが、バスルーム自体は広く、清潔感があった。
お湯の出もよく、壁にヒーターがあるので暖かい。
シャワーの扉を閉めても、外に一部水がたまってしまい、どうしようかと思ったが、一晩たつとキレイに乾いていた。

(冷蔵庫) =ミニバーあり。ゼクト、ワイン、ビール、ミネラルウォーター、ジュース、スナック菓子など。

(エアコン、クーラー) = クーラーはなさそうです。

(パブリックエリア) = 超高級では無いが、気さくで明るい雰囲気。
入り口に、りんごがかごに入っていて、みんな自由に持ち帰っていた。

(リフト) =あり。スーツケースを持ち、2人で余裕で入れる大きさ。
しかし、いかんせん動きが遅く、階段で上り下りすることが多かった。

(レセプション) =どの人も親切。
ベルリンウェルカムカード(市内交通+一部観光割引券のセット)扱いあり。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン、ミニバー。

(スタッフ) =英語可。
10時にホテルについたので、荷物を預かってもらおうと思ったが、チェックインさせてくれた。

(宿泊料) = 149euro(朝食込み)。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) =直営HPから。返事は早かったです。

(ホテルへのアクセス) =Uバーン、Sバーンのフリードリヒシュトラーセ駅から徒歩2分。
テーゲル空港よりタクシーで15分、スーツケース2コ込みで約16euro。
ブランデンブルグ門、ドイツ連邦議会は徒歩圏内。

(ホテル周辺の雰囲気) =とても静かで安全。駅には軽食店、スーパーなどがある。
駅の反対側にはインテリアショップ、CD店、ドラッグストアなどがあり、不自由しない。

(ホテルの選択基準) = 150euro以下でミッテ地区に近く、交通の便がよいこと。

(よかったこと) = 治安も交通の便もよかったのが、なによりです。

(困ったこと) = 上階(の廊下?)の足音がすこし気になりました。

(朝食) =レストランが朝食室になる。改装したてのようで、とてもきれい。
入り口に新聞があり(ドイツ語のみ)、読みながらゆっくりと朝食をとる人が、多く見られた。
子ども連れも何組か見たが、みんなとてもお行儀がよいのに感心した。

いわゆるアメリカンブレックファスト。何を食べようか迷うくらい、盛りだくさん。
全部おいしかったが、なかでもソーセージがおいしかった。

(宿泊客の客層) =ビジネスマン、家族連れなどいろいろ。
ドイツ人が多かったように思います。日本人は見かけていません。

(支払い方法) = VISAで支払い。

(車椅子等の対応は?) = 入り口に階段等も無く、リフトも廊下もそこそこ大きいので、大丈夫だと思います。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: サイトちょこっと集つづき
1856
: 2005/02/20(Sun) 11:39:11
bellflower5011

皆様 レス有難うございます。

Radiotaxi社のホームページのタクシー写真は参考になりました。
また(財)海外訓練協会のホームページにあるタクシータリフとRadiotaxi社のタリフと一致していますので、料金は大体予想がつきました。(深夜料金10:00pm〜7:00amも表示ありましたので)

タクシー料金ひとつでもいろいろなサイトから読めるのは楽しいですね。ストライキで少々凹んでおりましたが、皆さんのアドバイスを受けながら少しは元気になりました。

どのような旅行になるか、イレギュラーも少しは楽しむような余裕を持って行ってきます。帰国後ご報告をいたしたいと思います。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
サイトちょこっと集つづき
1855
: 2005/02/20(Sun) 10:13:56
フィレンツェさぽ

ローマ観光局などにも出ている、Radiotaxi社 http://www.3570.it/
英語ページの内容は、呼び出し方法などごく一部。
伊語ページ SERVIZI > TARIFFE に料金表あり。
解読はそう難しくはないと思います。
空港往復についてはぱっと見わかりませんが、見落としているのかも。。。
外観写真など、参考にはなりそうです。


AssoTaxi http://www.assotaxi.it/
各国語ボタンあり。英語ページ prices から、
・ローマとその周辺〜フィウミチーノ空港/チャンピーノ空港
・ラツィオ州各地〜ローマ市内/空港
以上の距離と料金の目安表が見られます。
少し前のデータのようにも思えますので、参考程度に。

また、伊語ページ tariffe からは、ローマ篇よりだいぶ大づかみながら、
ミラノと周辺/ロンバルディア州〜リナーテ空港/マルペンサ空港 の
距離と料金の目安表がありました。
#オリンピックに向け?トリノ/ピエモンテ篇もできるみたいです


お役に立てれば幸いです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ローマのタクシー・役に立つかもサイトちょこっと集
1853
: 2005/02/19(Sat) 15:08:54
フィレンツェさぽ

以下、現地サイトについては、英語ページだけをあげましたが、伊語ページだけ
改訂されていることも珍しくないので、お使いの際は両方ご確認ください。
#伊語よめんからゴマカしたろ〜?てなツッコミは、、、その通りですハイ


(1) ローマ・フィウミチーノ空港公式サイト http://www.adr.it/
(英語ボタンあり、チャンピーノ空港へのリンクあり)
市内へのタクシー料金 40ユーロ とあります。
http://www.adr.it/content.asp?Subc=1355&L=3&idMen=731
スーツケース所持の場合、深夜早朝、土日祝の場合は追加料金、以上に
詳しくないのは残念ですが。


(2) アリタリア航空日本語サイト http://www.alitalia.co.jp/
左側 MENUにある ミラノ・ローマ空港ガイド より
料金については見当たりませんが、
「到着ロビーを出るとすぐにタクシー乗り場がございます。正規のタクシーは
黄色と白の2タイプなので違法タクシーにはご注意ください。ローマ市内へは
約50分ほどで到着します」とのこと。


(3) ローマ観光局 http://www.romaturismo.it/ (音が出ます、英語ボタンあり)
空港から市内への足(タクシーについてはページ最後の方)
http://www.romaturismo.it/v2/romatiaccoglie/en/aereo.html
ローマ市内・タクシー料金形態
http://www.romaturismo.it/v2/romatiaccoglie/en/taxi.html


(4) (財)海外職業訓練協会
各国の情報 > ヨーロッパ州 > イタリア > 滞在情報 > 交通
http://www.ovta.or.jp/info/europe/italy/02stay.html#26
少し前のデータですが、目安にはなるでしょう。
空港〜市内が 80ユーロ程度・・・とはわりに高く見積った感じもしますが。
そのくらいの用意はしておくと安心、ということかもしれません。


違法タクシーについてもあちこち書かれていますので、被害はそれなりの
件数があるのでしょう。どうぞお気をつけください。
お泊まりのホテルにも、リコンファームを兼ねて、その時間でタクシーだと
時間と料金はどのくらいかかるか、聞いておくとよいと思います。

今回のように到着スケジュールがあやふやだと、トラブル発生時に面倒ですので、
送迎手配はやはりおすすめできません。

ひきつづき、なにかご存知の方フォローよろしくお願いします。
こちらももうちょっと調べてみます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
送迎
1852
: 2005/02/19(Sat) 11:01:41
さくらさけ

最近、テルミニ駅に比較的近い、小さいホテルを予約したところ、
確認メールに、空港までの迎えを出せます、とあり、
1〜2人、荷物込みで53ユーロ、でした。
(ちょっと高い気がしますが)

いろいろホテルを検索していて、小さい所やB&Bばかりなのですが、
送迎アレンジあり、というのが、かなりありました。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
フィウミチーノ→ローマ市内の深夜移動
1851
: 2005/02/19(Sat) 00:35:36
かなぞう。   <kanade@sepia.plala.or.jp>

> タクシー以上に、市内まで安心して行く方法があるでしょうか。

宿泊先に送迎を依頼するというのは?

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ローマ空港から市内へのタクシー
1848
: 2005/02/18(Fri) 20:29:59
フィレンツェさぽ

> タクシーで市内まで、深夜料金ではどの位かかるでしょうか。
> また、深夜に予約をしないでタクシー乗り場でタクシーを捕まえられるでしょうか。
> タクシー以上に、市内まで安心して行く方法があるでしょうか。

単なる一般論しか申し上げられなくてすみませんが。
到着時間がよめない & 深夜になるのは確実、でしたら、当日着いた時間に
タクシー待ち列に並ぶ方が無難だと思います。
周囲には似た境遇の旅客が大勢いるでしょうから、他の場所よりは深夜でも
“ 比較的 ”安心ではないでしょうか。
大きな空港ですし、到着便がある限り、タクシーが来なくなるということは
考えにくいと思います。

タクシー料金、どこかに出ていそうですが、今現在ささっと探すことができません。
後であさってみます。
bellflower5011 さまも、お手持ちのガイドブックやお心当たりを探してみて
ください。

例えばフィレンツェやヴェネツィアでしたら、現地観光局の交通ページや、
空港直営サイトの交通ページなどに、だいたいの目安が書かれています。
ホテルの直営サイトがあれば、アクセスページに書いてあることもあります。

いずれも、料金が1パターンしか挙がっていなければ、平日昼間の料金である
可能性が高いので、深夜なら3割増強、くらいに心積もりしておくとよいと思います。

パリのように、タクシー会社直営サイトが見つかるといいのですが。。。
もし何か見つけられたら、ぜひご一報ください。

それと、もし一流どころにお泊まり予定でしたら、だめもとで、こういう場合の
送迎手配は可能か、お問い合わせになるのもよろしいかと。


また、ローマでタクシーを使われた方、料金について等何かご存じの方、
その他有用なサービスをご存じの方、お出ましをお待ちしております。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: イタリア・2〜3月はスト頻発 その他
1847
: 2005/02/18(Fri) 15:48:11
bellflower5011

> > 春休みで大勢お出かけと思いますが、十分ご注意ください。
> > 詳細情報は
> >
> > http://www.seekitaly.com/news/from_roma.html#strikes
> >
> > あるいは
> >
> > http://www.infrastrutturetrasporti.it/page/standard/site.php?p=scioperi
> > ( ↑ http://213.175.14.12/app.php?p=101 からお引越し)
> >
> > で、ご確認を。
>
NO.1846での質問は、少しあいまいでしたので追加させて下さい。
タクシーで市内まで、深夜料金ではどの位かかるでしょうか。
また、深夜に予約をしないでタクシー乗り場でタクシーを捕まえられるでしょうか。
タクシー以上に、市内まで安心して行く方法があるでしょうか。

以上よろしくお願いいたします。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート 2005年2月 mosu_hautbois 様
1843
: 2005/02/18(Fri) 09:44:51
Chun3(管理人)

全体アンケート 2005年2月 mosu_hautbois 様

(旅行の時期) = 2005年2月

(全体の泊数) = 2泊

(訪問地) = ベルリン(2泊)ライプツィヒ

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: エールフランスHPよりア・ラ・カルト価格で購入。
ホテル: 直営HPにて予約
鉄道: ベルリン〜ライプツィヒ往復ICEチケットはDBのHPより購入

(同行者) = 配偶者

(旅の手配で困ったことは?) =
ベルリンフィルのチケット発売日にHPがうまく動いておらず独語モードオンリー。
残席も少なかったので、辞書ひきながら何とか決済画面にたどり着きました。

発売日以前にに英語モードで決済直前まで練習していたとはいえ、冷や汗かきました。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) = webでなんでも出来て良い世の
中だと思います。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
ベルリンは「新しい街」という印象で、良くも悪くも東京と似ている感じがしました。
小さくて古いヨーロピアーンな町並みを愛する人にはすこし物足りない部分もあるかも。

(現地にいってよかったことは?) =
ICEはかっこよかった。新幹線やTGVより未来的なデザイン。
1等は検札後にアテンダントが飲み物や軽食を運んでくれるサービス(有料)。
陶器の食器で、コーヒーやクロワッサンが運ばれていました。

旅行のメインであるベルリンフィルも、すごく楽しめました。
本当にすごく良い演奏。初めてスタンディングオベーションしました。
フィルハーモニーはオペラ座よりややカジュアルで、ドレス姿の女性は少なかっ
たように思います。
冬だったからかもしれません。自分自身もパンツスーツで済ませました。

(服装) = 町歩きはダウンコート、カシミアのタートル、ババシャツ。
下はジーンズ、タイツ、黒のショートブーツ。手袋とマフラー。

私がいた数日はたまたま暖かく、最高気温5度前後と北国を知らない身としては
違和感が無かった。
カイロ、靴下などの防寒具は使用せず。

コンサート用には、きれいな色の薄手のカシミアニット、黒のパンツスーツ。

(次の旅行でやってみたいことは?) = 南仏に行ってみたい。

(今回の反省や次回への願望&意気込み) = あと一日休めれば良かったな・・・と。

(お買物報告) =
ベルリンのフィルハーモニーホールでは、作曲家のパロディ絵はがき。
乗継のド・ゴール空港でPAULのパンとワインなど。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: またイタリア新ガイドブック(スペインも)
1842
: 2005/02/10(Thu) 21:32:32
フィレンツェさぽ
www.j-n.co.jp/books/series_tours.html
『ブルーガイド わがまま歩きツアーズ』。
ツアー旅行者向けに的を絞った編集だそうです。
欧州は、まずはイタリア、スペイン。

http://www.j-n.co.jp/books/series_tours.html

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ロンドン)10 Manchester Street:蔵人モネ 様
1841
: 2005/02/06(Sun) 17:58:09
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ロンドン)10 Manchester Street:蔵人モネ 様

(場所) = (英国) ロンドン

(ホテルの名前) = 10 Manchester Street
http://activebooking.unhosting.com/sources/index.html?main=1

(宿泊時期) = 2005年1月上旬

(泊数) =計 3泊

(部屋のカテゴリ) = シングル

(部屋の階&立地) =306号室(日本式4階)・1泊、 206号室(日本式3階)・2泊
どちらも通りの反対側で、ちょうど真上、真下の位置関係。

(部屋について(雰囲気など)) =茶系とグレーでシンプルにまとめられて、とてもセンスがよく、おしゃれな感じ。
1人で宿泊するには、広さは十分。スーツケースを広げてもまだ余裕があります。

ホテルの裏の駐車場に面していて、その向こうに、今は使われていないと思われる建物があり、
眺めはよくありません。ただ、建物が間近に迫っていないため、部屋は明るい。

(部屋の家具・備品) =
(306号室) ドアを開けると正面が窓。ドアの右横にブラウンのクローゼットで、中に荷物用ラック、アイロン。
クローゼットとドアの間に、ちょうど荷物用ラックが置けるくらいのスペースあり。
窓には、白の薄手のカーテンと、ベージュとグレーの中間のような色の、光沢のある生地のローマンシェード。
窓下にヒーター。

右側の壁に寄せて、大きめのベッド。カバーは、焦げ茶とチャコールグレーの中間のような色の、
厚手の温かみのある生地。壁にはボタニカル・アート。
ベッド左横にナイトテーブル、上には電話と白いシェードのランプ、ホテルのロゴ入りメモと鉛筆。
引出しの中にドライヤー。

左の壁側にはスチール製のラック(オフィスの会議室とか研修室にでもあるような)。
上段にテレビ。テレビの上に黒の小型扇風機。下段にCDラジカセ。テレビは全く映りませんでした。
クローゼットとベッドの間に、ティーセット(湯沸しポット、ボダムのカップ&ソーサー、コーヒー、紅茶)
の載ったワゴンあり。

メインの照明は、外側が焦げ茶、内側がゴールドのシェードで被われたもの。
ヨーロッパのホテルの照明にしては、かなり明るいと思いました。

(206号室) 306号室と全く同じ広さの部屋ですが、違う点は、左の壁側にライティングデスク。上にはテレビ、扇風機、CDラジカセ、白いシェードのランプ、ティーセット。こちらのテレビはちゃんと映りました。
デスクの左下は、普通の引き出し。右下の扉を開けると冷蔵庫。デスク前の壁に鏡。その右横にドライヤー。
ベッドの手前に一人掛けのソファー。

(バスルーム) =部屋の左手奥。
窓のあるバスルームで、コンパクトですが、狭苦しい感じは全くありません。
ドアを開けると、左がバスタブ。シャワーは可動式。白のシャワーカーテン。
正面に洗面台。右にトイレ。ドアのすぐ右横にタオルウォーマー。

洗面台は、日本人の中でも小柄な方の私にとっても、使いやすい高さでした。
鏡が大きめなのも好印象。
バスタブや洗面台は白。壁のタイルはベージュがかった落ち着いたピンクで
部屋同様、こちらもセンスよくまとめられています。

お湯の出具合も問題なし。
ただ、206号室で、シャワーからカランへの切り替えができなくなり、翌朝レセプションに伝えたところ、
修理をしてくれたようでしたが、その後も、途中から切り替えが上手くできなくなりました。(相当固いようです)
まあ、シャワーが使えたので問題ないのですが。

フェイスタオル、バスタオル(各2)。バスマット、バスマット。
石鹸、SOMOのコンディショニングシャンプー、パスカル・モラビトのバス&シャワージェル、シャワーキャップ。

(冷蔵庫) =206号室に冷蔵庫あり。
中身は入っていないので買ってきたものを入れられます。

(エアコン、クーラー) =不明。ただ、どの部屋にも扇風機があるようなので、エアコン、クーラーはないのでは?

(部屋について、その他) =306号室のスチール製のラックやワゴンは、興ざめ。
せっかくのセンスのいい部屋が、台無しでした。
ヒーターの効きも非常に悪く(バスルームは暖かかったのですが)、
本当に「寝るだけ」だったからよかったものの、ここに連泊する気にはなれません。
206号室は快適でしたが。

(パブリックエリア) =エントランスを入ると、すぐ左に小さな窓口があり、これがレセプション。
右にはラウンジ。窓にすだれが掛けてあり、シノワズリーを意識した感じ。
新聞や本が置いてあり、ゆったり過ごせます。
宿泊客が寄付(?)したのでしょうか、日本語のガイドブック(「地球の歩き方」ともう1冊)もありました。
いつでも自由にいただける、コーヒーとクッキーが用意されています。

廊下や階段には小ぶりの絵が沢山飾ってあり、素敵です。

(リフト) =あり。
定員は確か5人だったと思いますが、実際のところは3人くらいが限度では?

(レセプション) =ごく普通。
ただ、スーツケースを預けて、カーディフへのショートトリップから戻って、再チェックインすると、
「荷物は部屋に運んであります」とのことでしたが、実際には届いていませんでした。
私は前日の朝に荷物を預けていたのですが、
対応した女性スタッフは、当日のチェックイン時間前に預けたと、勘違いしていたようでした。
最終的にはちゃんと部屋に運んでもらいましたが、ちょっと引き継ぎがうまくいっていないかな、という印象でした。

(レセプション以外の館内施設) =上述のラウンジ、その奥に荷物室。地下に朝食室。

(スタッフ) = 概ね感じはよかったです。

(宿泊料) = 50ポンド(1泊)(306号室)、 60ポンド(1泊)(206号室)。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = venere.comから。

(ホテルへのアクセス) =最寄駅は地下鉄のBaker StreetまたはBond Street。
どちらも徒歩10分弱。
ウォレス・コレクションのすぐ裏。

(ホテル周辺の雰囲気) =Manchester Streetは鉄板焼きのお店があるくらいで、静かな通りですが、
この通りを挟むBaker Street、Marylebone High Streetには、カフェやレストラン、スーパーなどがあり、
大変便利。Marylebone High StreetにはPaulがありました。

Oxford Streetにもすぐなので、セルフリッジズやマークス&スペンサーといったデパートで買い物をして、
荷物を置きに戻ることもできます。
治安も問題ないと思います。

(ホテルの選択基準) =おしゃれな感じで、もともと気になっていたホテルでしたが、
ウォレス・コレクションに近いことと、買い物に便利なことが決め手となりました。

(よかったこと) =やはりホテルの雰囲気のよさ、センスよくまとめられたインテリア、そして場所のよさ。

今回は利用しませんでしたが、ケータリングのパンフレットが部屋に
置いてありましたので、また機会があったら利用してみたいと思います。

(困ったこと) =ちょっと体調を崩して「DO NOT DISTURB」の札をドアに掛けて休んでいる間に、
ドアの隙間から「DO NOT DISTURBになっていたため部屋の掃除ができませんでした。
もし掃除が必要なら、レセプションに連絡してください」というメッセージが入っていました。
気付いたときには、すでに掃除の時間は15分ほど過ぎていたのですが、
ダメもとで、と思いレセプションに連絡したところ、やはり「今日はメイドが帰ってしまいました。」とのこと。
まあ、仕方ないか、と思いながら出かける用意をしたいたときに、ドアがノックされ、
ハウスキーパーのメイドがやってきました。ちょっと申し訳ない気もしましたが、ラッキーでした。

(朝食) =外光の入る地下の朝食室は、地上階のラウンジと同じく、窓にはすだれが掛かっています。

ビュッフェスタイルのコンチネンタルブレックファストは8ポンド。
オレンジジュース、フランスパン(プレーンとナチュラル)、クロワッサン、デニッシュペストリー(ピーチとシナモン)、
シリアル、ヨーグルト、缶詰と思われるフルーツ、ジャム各種、バター、マーガリン、コーヒーまたは紅茶。
マーマレードは自家製のようでした。追加料金で卵料理など。
パンがとても美味しい。小ぶりのクロワッサンもサクサクでした。
皆さん静かに食べていました。

(宿泊客の客層) =年配の夫婦、家族連れ、一人旅の女性、ビジネスマン風の男性などいろいろ。
日本人は家族連れ(社会人と思われる女性と両親、小さな子供を連れた若い夫婦)、
若い女性の2人連れ、ビジネスマン風の男性。
ヨーロッパのこの規模のホテル(全47室)で、こんなに沢山の日本人に会ったことはなかったので、
ちょっとびっくりしました。

(支払い方法) =クレジットカードOK。
ただ、VISAが通らず、マスターを使いました。

(車椅子等の対応は?) = エントランスまで5段ほど階段があるので難しいと思います。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =小さな子供(3歳くらい?の男の子)連れの日本人の若い夫婦が宿泊していましたが、朝食時、子供はとてもお行儀がよく、(騒いではいけないことを分かっているようで、両親と話すときも
小声でした)、感心しました。これだけきちんと躾ができているのであれば、宿泊も全く問題ないと思います。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(タリン)Domina City Hotel:six-star 様
1840
: 2005/02/06(Sun) 10:26:18
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(タリン)Domina City Hotel:six-star 様

(場所) = (エストニア) タリン

(ホテルの名前) = Domina City Hotel(ドミナ シティ ホテル)
http://www.dominahotels.ee/eng/products/overview.aspx?idmaster=66

(宿泊時期) = 2005年1月中旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = スーペリア

(部屋の階&立地) =フランス式4階。
予約時にリクエストしたので、通りに面した部屋でした。

(部屋について(雰囲気など)) = 清潔感のある、明るい部屋でした。特に広々したものではないですが、
スーツケースは問題なく広げられます。窓は2つで、ホテル前の広場と通りが見えました。
雰囲気的には、日本の中級シティホテルのイメージです。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、デスク、テーブル、パソコン(高速インターネット可 9euro/night)

(バスルーム) = 十分な広さで狭さは感じませんでした。湯量も十分でした。
バスジェル、シャンプー、シャワーキャップがありました。清潔感は十分です。

(冷蔵庫) = あり。アルコール類、ジュース類、スナック一通りが入っていました。

(部屋について、その他) = 全室禁煙のようでした。私自身はスモーカーなのですが、こういうのはいいですね。

(パブリックエリア) = 館内は、白が基調の内装で、清潔感と明るさのある雰囲気でした。
小さいホテルのような、アットホームな感じは無い代わりに、気楽さがありました。
建物は18世紀に立てられたものですが、館内は新しくてきれいでした。

(リフト) = あり。大人4人でも十分です。

(レセプション) = リゾートホテルチェーンの1つということもあって、そつの無い対応でした。
くだけない程度に、明るくフレンドリーには、接してくれました。
空港への送迎や、朝食のルームサービス等の依頼にも、スピーディかつ的確に対応してもらえました。

(レセプション以外の館内施設) = レセプション横の半地下に「CITY CAFE」あり。
朝食も通常はここでとるようです。

(スタッフ) = レセプションスタッフは何の問題も無く、いい対応をしてもらえました。英語は大丈夫です。
チェーンのホテルらしく、そつの無い対応です。

(宿泊料) = 75euro (朝食、税込み)。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテル直営webサイトでの申し込みですが、
予約情報送信後、すぐに返信がありました。

(ホテルへのアクセス) =空港からタクシーで約15分。
旧市街の南端に立地するので、観光には便利でした。
日本大使館がすぐ近くにあります。

(ホテル周辺の雰囲気) = 旧市街の中なので、怪しい雰囲気は全く無く、ホテル周辺も、
人通りがそこそこあるので、治安上の不安は夜も感じませんでした。
ただ、旧市街地の随所に、「引ったくり注意」の看板があったので、それなりに用心は必要だと思います。
バルトでは、日本人はかなり目立ちます。

(ホテルの選択基準) = 旧市街地内に立地していて、料金が安いこと。

(よかったこと) = 立地がいいので、観光が楽でした。チェーンのホテルでそこそこの規模なので、気楽でした。

(朝食) =リーガのホテルと全く同じで、旅行者に嬉しい早朝ルームサービスありです。

(宿泊客の客層) = 西洋人の2〜3人連れ(中年)が多数。

(支払い方法) = クレジットカード各種OK。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫です。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =立地が観光に便利で、そこそこの規模のホテルなので安心して泊まれます。
ホテルでもバルトらしさ(素朴さとでも言いますか・・・)を味わいたい人には不向きです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(リーガ)Centra:six-star 様
1839
: 2005/02/06(Sun) 10:14:04
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(リーガ)Centra:six-star 様

(場所) = (ラトヴィア) リーガ

(ホテルの名前) = Hotel Centra(ホテル ツェントラ)
http://www.centra.lv/

(宿泊時期) = 2005年1月中旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) =ダブル。
予約はシングルでしたが、実際の部屋はダブルでした。

(部屋の階&立地) = フランス式4階。 予約時のリクエストどおり、外の通りに面した部屋でした。

(部屋について(雰囲気など)) = 窓からの外光で必要十分な明るさです。
その分、照明はやや控えめの照度で、いい雰囲気を醸し出しています。
特別豪華な調度品を備えているわけではないのですが、コンテンポラリーな雰囲気、といえばいいのでしょうか。
落ち着いた、いい雰囲気の部屋で、清潔感も抜群です。広さも十分。
スーツケースも、楽々で広げっぱなしで過ごせる、広さです。窓から聖ペテロ大聖堂の塔が見えます。

(部屋の家具・備品) = テーブル、ベッドの両側にサイドテーブル、クローゼット、荷物台、いずれも綺麗です。
高速インターネット接続あり。

(バスルーム) =バスタブ、トイレ、ドライヤー。
広さ、湯量共に十分でした。石鹸、シャンプー、リンス、シャワーキャップ。

(冷蔵庫) = あり。アルコール類(ビール、ワイン、ウィスキー、ウォッカ)、ジュース、ミネラルウォーター、スナック。

(パブリックエリア) = 白が基調の、清潔感あふれる館内です。
宿泊客の少なさもあってか、静かで落ち着いた雰囲気です。

(リフト) = 大人2人とスーツケースぐらいはいけそうです。パリのプチホテルより少し大きめのリフトでした。

(レセプション) = 全く問題なし。深夜と早朝を除いて、2人体制でした。すぐに対応してくれます。
決して押し付けがましくなく、こちらのリクエストはしっかり対応してくれる、といった感じです。

(スタッフ) = 2名のレセプションスタッフ(男女)に会いましたが、2人とも若くて愛想もよく、
そつなく対応してくれます。英語は問題なく通じます。さっぱりとした、とても好感の持てるスタッフでした。

(宿泊料) = 80euro (朝食税込み)。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) =ホテル直営webサイトにて予約しました。
http://www.centra.lv/
30分も経たないうちに返事がきました。
最初の返信メールの添付ファイル(word)にて、カード番号等の重要な情報を記載して、
メールないしFAX送信し、予約完了するシステムです。こちらの返信(予約確認書)も10分程度でありました。
とても素早いです

(ホテルへのアクセス) = 空港からタクシーで約15分。
旧市街地内にあり、一般車両が乗り入れできず、最後の150mは徒歩になります。
駅、バスターミナルからは徒歩約10分。

(ホテル周辺の雰囲気) = ホテル周辺は旧市街のいい雰囲気を味わえます。
シーズンオフということもありますが、人通りもそんなに多くなく、静かでした。
深夜に、酔った若者のグループが、騒ぎながら歩いていましたが、
夜21時頃までは、治安の悪さは全く感じませんでした。

(ホテルの選択基準) = 旧市街に立地すること。
webサイトでオシャレに感じたほか、料金がリーズナブルだったこと。

(よかったこと) = 特別に凝ったホテルというわけでもないですが、シックで落ち着いた、いいホテルでした。
現地に到着して、ホテルの外観が見え始めたあたりから、「当たり!」といった感じでした。
パリのホテルと比較するのも、どうかとは思いますが、建物の外観や内装、スタッフの対応、サービスと、
どれをとっても上回っているといえます。で、1泊80euro。一番安いカテゴリーでの宿泊でしたが、
まったくそれを感じることなく、過ごせました。

(困ったこと) = 早朝発だったので、空港までトランスポートサービスを利用したのですが、
これがホテル所有のリムジンでした。嬉しい反面、空港で降りるときは注目の的で、恥ずかしかったです。

(朝食) =早朝発(朝食時間外)だったので、あきらめてパスしようかと思っていたのですが、
チェックインの際にそのことを告げると、「希望の時間に部屋に持っていってあげる」と言ってくれました。
内容は、パン、サラダ、ハム、チーズ、ヨーグルト、コーヒーor紅茶、ミルクといったものです。
パンが異常に固かった以外は、サラダもみずみずしくて、美味しかったです。
これは、後で泊まったタリンのホテルも、同じだったのですが、早朝に発つ宿泊客へのサービスとして、
ルームサービスを行っていました。(部屋備え付けのホテル案内に記載有り)

(宿泊客の客層) = 英国人の年配女性2人組を見かけただけでした。

(支払い方法) = クレジットカード各種OK。

(車椅子等の対応は?) = 玄関に段がありますが、そこをクリアすれば問題ありません。
あとは廊下も広いし、リフトも乗れそうです。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =バルトのホテル、旧市街に立地するものは、全般的に高めで安くはないのですが、
パリに何度か行ったことのある人は、コストパフォーマンスに、十分満足されると思います。
国自体の雰囲気も違うので、好みの問題もあると思いますが、私個人的な主観では、
今まで泊まった海外のホテルでここが最高でした。(高級とかという意味ではなく)
観光にもとても便利な立地ですし、老若男女問わずおすすめです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ミラノ国際家具見本市・今年は4月中旬
1838
: 2005/02/04(Fri) 23:29:08
ヴェネツィアさぽ
www.cosmit.it/
家具業界のみならず、もはや世界的にその名を知られる?!『サローネ』
(Salone Internazionale del Mobile)。
2005年は4/13(水)〜/18(月)です。

年明け直後、試しにホテルに問い合わせてみたところ、すでにあちこち
満室が出ていました。
ミラノの街じゅうで関連イベントや展示等がありますので、移動手段も
混雑が予想されます。


来年以降の日程はこちら。
(最新情報は後述のサイトでお確かめください)

2006年:4/5(水)〜4/10(月)
2007年:4/18(水)〜4/23(月)
2008年:4/16(水)〜4/21(月)

参考
http://www.cosmit.it/ (←音が出ます)
http://www.cosmit.it/webapp/cosmit/command/site/ShowSite?site=25
(←イントロを省きたいならこちら)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
イタリア・2〜3月はスト頻発 その他
1837
: 2005/02/04(Fri) 22:25:49
ヴェネツィアさぽ

春休みで大勢お出かけと思いますが、十分ご注意ください。
詳細情報は

http://www.seekitaly.com/news/from_roma.html#strikes

あるいは

http://www.infrastrutturetrasporti.it/page/standard/site.php?p=scioperi
( ↑ http://213.175.14.12/app.php?p=101 からお引越し)

で、ご確認を。


また、現地在住の方からの情報で、ストとは直接関連はなさそうですが、
「最近、ミラノ発のESやICに長時間の遅れが出がち」とのことです。

接続列車を含め、特に北イタリアで鉄道をご利用予定の方、移動には
余裕をお持ちくださいね。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート ルフトハンザ・ドイツ(LH)成田〜ロンドン:まにまにぶりお様
1836
: 2005/02/04(Fri) 10:47:38
はみだしエアアン担当

エアラインアンケート ルフトハンザ・ドイツ(LH)成田〜ロンドン:まにまにぶりお様

(搭乗時期) = 2004年8月上旬
(航空会社) = ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)711便
(搭乗クラス) = ファーストクラス
(出発の空港) = 成田・新東京国際空港 第2ターミナル

(出発空港の様子) =
ルフトハンザのチェックインカウンターは第2ターミナルの一番端にあり分かりにくかったです。
ANAのFクラスラウンジにずっといましたが、お盆にも関わらずがらがら。
もう少しミールを充実して欲しいなどと思いました。

(乗り継ぎ地) =
フランクフルト・マイン空港

(到着地&ターミナル) = ロンドン・ヒースロー空港 ターミナル2

(到着空港の様子) =
出口までは殺風景です。両替所は出口付近にあります。

(機体) = B747-400 
ルフトハンザはアッパーデッキにFクラスが設置されています。
2-2列16席。
メカニックな雰囲気の機内。有名なミッキーの耳ヘッドレスト。

(機内食・飲み物) = 2回。
1回目はフレンチのフルコース。キャビア・前菜・ステーキ・サラダ・デザート。
飲み物は一通り何でもあるが、炭酸系は甘くて×。ミネラルウォーターが配布されます。

(座席) = アッパーデッキの最善列右側。座席は1人当たり窓6つ分くらい.
180度フルフラット。シート幅51cm。シート間隔228cm。
パーソナルモニタ。PC電源。

(機内販売) = 化粧品など。一流ブランドのものは皆無でした。

(マイレージ) = ANAのマイレージを使って乗ったので加算はゼロ。

(乗り継ぎ空港) = とにかく広い。ゲートの移動が大変。
LHのラウンジは飲み物だけ。
座席はソファーではなくパイプ椅子のようなものが多かったです。

(航空券の入手方法と時期) =
ANAマイレージ。成田-フランクフルト-ロンドン-パリ-成田で1人12万マイル。
ANAに直接電話して予約。座席指定はルフトハンザに事前指定。

(価格) = 無料(マイレージ)ANAの特典航空券FはOクラスになります。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート 日本航空(JL)ロンドン〜成田:夕暮れの鐘 様
1835
: 2005/02/04(Fri) 10:45:11
はみだしエアアン担当

エアラインアンケート 日本航空(JL)ロンドン〜成田:夕暮れの鐘 様

(搭乗時期) = 2005年1月中旬
(航空会社) = 日本航空(JL) 404便 21時発
(搭乗クラス) = エコノミークラス
(出発の空港) = ロンドンヒースロー空港 第3ターミナル

(出発空港の様子) =
地下鉄で空港へ向かったが、点検だか何かのため途中駅でおりてバス連絡で、予定より時間がかかってしまった。
空港は混んでおり、チェックインカウンター周辺はカートを押して通るのにExcuse meの連発

(機体) = B-777 席配列は3-3-3列

(機内食・飲み物) =
離陸後1時間くらいでドリンクサービス。
このとき配られたおつまみがこの日の機内でもっともおいしい食べ物だった。
1回目の食事、魚の付け合わせのパスタとミックスベジタブルには全く味がなかった。
魚の味が濃いめだったのでその埋め合わせだろうか。
2回目の食事のベーコンはすごく塩っ辛かった。ロンドン発の食事はいつもこんな風なのだろうか?

(座席) =
窓際から3席と通路を挟んで1席を家族4人で使った。
子供が「窓際がいい」といったのでそうしたが、離陸してしまえば景色は見えないし寝る時には窓際は窓から冷えるので、
やっぱり避けた方が良かった

(航空券の入手方法と時期) = JAL悟空35を40日前にWeb予約

(価格) = 83,000円

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート アメリカン航空(AA)ニューヨーク〜成田:グゥイネスみれに 様
1834
: 2005/02/04(Fri) 10:42:33
はみだしエアアン担当

エアラインアンケート アメリカン航空(AA)ニューヨーク〜成田:グゥイネスみれに 様

(搭乗時期) = 2005年1月中旬
(航空会社) = アメリカン航空(AA)
(搭乗クラス) = ビジネスクラス
(出発の空港) = ニューヨーク J.F.ケネディ空港ターミナル8

(出発空港の様子) =
チェックインカウンターは長蛇の列(エコノミー)。
ビジネスとファーストは旅客の人影無し。

(到着地&ターミナル) = 成田空港

(機体) = 2-3-2列

(機内食・飲み物) = 2回、プラススナック類。

(座席) =
左前方通路側。足元ひろびろ。
がらがらでお隣は無人でした。
エコノミーも4列使って寝ている人が多数。

(マイレージ) = JALに125%加算

(航空券の入手方法と時期) = AA.comにて。7月上旬。

(価格) = 740,050円。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート アメリカン航空(AA)成田〜ニューヨーク:グゥイネスみれに 様
1833
: 2005/02/04(Fri) 10:30:26
はみだしエアアン担当

エアラインアンケート アメリカン航空(AA)成田〜ニューヨーク:グゥイネスみれに 様

(搭乗時期) = 2004年12月下旬
(航空会社) = アメリカン航空
(搭乗クラス) = ビジネスクラス
(出発の空港) = 成田空港第一ターミナル

(出発空港の様子) =
年末だったので、チェックインカウンターはクラスに関わらずあまり混んでいないように思いました。
空港も全般的に旅客はそこそこの人数といった感じ。ア
メリカ行きは指紋、写真撮りますよ、預け荷物に鍵かけないでね、という注意のみ。
夜ご飯を食べたかったのでラウンジには寄りませんでした。

(到着地&ターミナル) = ニューヨークJ.F.ケネディ空港ターミナル8

(到着空港の様子) = 以前も何度か利用したことのあるJFKですが、ターミナル8は初めてでした。
小さいのは移動がしやすいのでまぁ良いとしても、汚い、お店がしょぼすぎ、という感じでした。
両替所は見た限り到着と出発の階に1箇所ずつのみ(トラベレックス)。

(機体) = 2-3-2配列です。
リクライニングは150〜160度くらい

(機内食・飲み物) = 2回。
あまりおいしいとは言えなかったような
前菜、サラダ、肉類、デザートで特にデザートが甘すぎました。
おつまみ(チーズ。スナック)有り。

(座席) = 座席は前方左の通路側です。
シートはビジネスとしてはそこそこですが、足元が他社のビジネスに比べて圧倒的に広かったです。
アメニティグッズは化粧水、モイスチャライザー、フットトリートメントなど。
ノートパソコン用ポート、クレジットカードでかけられる電話、パーソナルモニター、DVD

(機内販売) =
トワレばかりです。しかも新しいものは無し。
クリニークのキットが35ドルで安めに感じました。
ランコムのジューシィチューブが3つセットで50ドル。

(マイレージ) = AAdvantageに125%加算

(航空券の入手方法と時期) = AA.comにて

(価格) = 720,050円

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 |

- WebForum -