[リストへ戻る]
新着表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(アッシジ)Fontebella:fukuronotame 様
1952
: 2005/04/03(Sun) 17:26:49
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(アッシジ)Fontebella:fukuronotame 様

(場所) = (イタリア) アッシジ

(ホテルの名前) = Fontebella
http://www.venere.com/templates/go.php?kr=1&lg=en&htid=4602

(宿泊時期) = 2005年3月上旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = トリプル(ファミリー向け)

(部屋の階&立地) = ホテルが傾斜地に建っているために、正面入口は日本式4階で、
泊まった部屋は日本式2階、レストランは1階。

(部屋について(雰囲気など)) = 非常に広い部屋で、独立した区画にシングルベッド1台、
大きな区画にシングルベッド2台、階段で上がる中2階にダブルベッド1台が配置されている。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、化粧台。

(バスルーム) = バスタブがあり、十分な広さ。お湯の出、排水も悪くなかった。

(冷蔵庫) = あり、中も入っていた。

(エアコン、クーラー) = あったと思う。

(パブリックエリア) = 正面から入ったロビーは、非常にきれいで、気持ちがよい。

(リフト) = あり。3人分の荷物を載せたら、2人しか乗れなかった。

(レセプション) = 女性。日本人とわかって、英語で非常に丁寧に、いろいろなことを説明してくれた。

(スタッフ) = 英語で非常に丁寧に応対してくれた。

(宿泊料) = 115 euro。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = venere.comで申し込んだ。すぐに返事が来て不安はなかった。

(ホテルへのアクセス) = アッシジの町なかは、一般車通行止めで、町の外の駐車場からだと、
迎えが必要と思われる。私たちは、ホテルを予約してあると警官(?)に告げて、
町の中にレンタカーで入っていって、ホテルの前に駐車した。

(ホテル周辺の雰囲気) = 古い小さな町の中なので、治安の心配はなし。

(ホテルの選択基準) = ナショナル・ジオグラフィック・トラベラーに推薦されていたから。

(よかったこと) = ホテルのレストラン(アッシジ市内で1、2をあらそう)が、宿泊客には10%引きであった。

(困ったこと) = 特になし。

(朝食) = レストランは別棟だが、朝食レストランは本館内にあった。ビュッフェスタイルで、
非常に種類が多かった。とくにパンがおいしかった。

(宿泊客の客層) = 日本とドイツからの団体(どちらも15人程度)が泊まっていた。
その他の個人客にも、日本人がいた。

(支払い方法) = クレジットカードで支払い。

(車椅子等の対応は?) = リフトが車イスには小さいかもしれない。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ホテルもレストランも素晴らしいのでお勧めです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ローマ)Hotel Genio:fukuronotame 様
1951
: 2005/04/03(Sun) 17:19:00
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ローマ)Hotel Genio:fukuronotame 様

(場所) = (イタリア) ローマ

(ホテルの名前) = Hotel Genio
http://www.leonardihotels.com/Genio/index2.jsp

(宿泊時期) = 2005年3月上旬

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = トリプル

(部屋の階&立地) = フランス式4階

(部屋について(雰囲気など)) = バルコニーに出られる大きな窓があるので、採光は充分。
ベッドはシングルが3台あるが、それ以外のスペースも充分あり、3人でスーツケースを広げられる。
角部屋なので、部屋は長方形ではない。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、化粧テーブル。

(バスルーム) =シャワーのみだが、充分広い。基本的なアメニティーは揃っている。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = あったと思う。

(パブリックエリア) = おちついた感じで、バーもある。

(リフト) = あり、3人でスーツケースを持って入っても充分。

(レセプション) = 男性が交代で勤務していた。対応は悪くない。

(スタッフ) = 英語で対応可能。

(宿泊料) = 180euro(1泊)。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = venere.comで予約。すぐに返事は来た。

(ホテルへのアクセス) = ナボナ広場から徒歩3分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 広場のすぐ近くなので、治安に不安はなかった。

(ホテルの選択基準) = バチカンや市内の他のポイントに、歩いて行けること。

(よかったこと) = 屋上に出られ、ローマの屋上の景色が楽しめる。さらに天気が良ければそこでお茶が出来る。

(朝食) = 温かいものは飲み物だけだが、チーズや生ハムもある。

(宿泊客の客層) = 個人客中心で、日本人は見なかった。

(支払い方法) = クレジットカードで支払い。

(車椅子等の対応は?) = 問題ないと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 新しくはないが、清潔でした。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: ウィーンオペラ座 カテゴリーの低いチケット
1950
: 2005/04/03(Sun) 15:42:27
ウィーンさぽ
www.staatsoper.at/
ウィーンさぽです。

> 経験談を伺えて嬉しいです。
> おそらくfaxでもサイトからの申し込みも同様の条件だと拝察します。

helpにstandby-ticketの説明が記載されていますが、
Sie erhalten eine email, mit der Ihre Buchung bestätigt wird und eine email, wenn wir Ihnen Karten zuteilen konnten
とありますのでメールが届くはずです。


> いえ、今のところ何の連絡も来ません。
> おそらく、ウィーンさぽさまと同じように、チケット発売後に返事が来るのでしょう。

何も届いていないんですね。
standby-ticketの画面を試してみましたが、条件を入力後先に進むと、
chosen seatsの画面になりproceed to paymentを進むとloginになり、ユーザー登録画面になりますよね。
それ以降試していないのですが、proceedを進むとどういった画面に進むのでしょうか?


> とりあえず、発売後にオペラ座からの返事が来る事を期待しておきます。

インターネット予約の場合、culturallという会社がやっているみたいなので、そこに問い合わせすると良いと思います。
helpに連絡先が書いてありますので。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
(オーストリア情報)欧州で一番美しい村
1949
: 2005/04/03(Sun) 09:31:31
Chun3(管理人)

http://www.otoa.com/home/news_ditail_02.php?serial=8657
レッヒ村というところが選ばれたそうです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: ウィーンオペラ座 カテゴリーの低いチケット
1947
: 2005/04/02(Sat) 20:39:31
ハナクロにゃんち

お返事ありがとうございます。 >ウィーンさぽ様

> 上記の記載部分を探してみましたが、ちょっと見つけられなかったのですが...。
> http://www.austria-connection.at/anto/music/operaticket.html
> このページの最初の部分を言っているのでしょうか?


そうです、そうです。



> 方法は違いますが、私の場合、前売り発売前に書面(FAX)で申し込みしたところ、
> 前売り発売後に返事が郵送されてきました。


経験談を伺えて嬉しいです。
おそらくfaxでもサイトからの申し込みも同様の条件だと拝察します。


> オペラ座のHPより予約申込みしたのであれば、何か予約を受け付けたとの自動返信などありましたか?
> ほとんどのオンライン予約の場合、自動返信で記入した内容の確認メールが届きますが。
> そこに連絡の件など記載されているかもしれません。

いえ、今のところ何の連絡も来ません。
おそらく、ウィーンさぽさまと同じように、チケット発売後に返事が来るのでしょう。

いや、もし発売開始前に返事が来なかったら、あらためて開始後にもう一度サイトから挑戦しなければならないのだろうか???
しかし、それをするとダブルブッキングの可能性も生じそうだなぁ、、と危惧していたのでした。

とりあえず、発売後にオペラ座からの返事が来る事を期待しておきます。
こなければまたそれ以降に考えます。
(高いカテゴリーの席は、超人気演目以外だったら、けっこう最後まで残っているようなので、それも選択肢として考慮します。)



他の方で、なにか経験談ありましたら、よろしくお願いします。

また、私の最終的な結果は、わかり次第ご報告しますね。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: ウィーンオペラ座 カテゴリーの低いチケット
1946
: 2005/04/02(Sat) 15:21:13
ウィーンさぽ

返事遅くなりました、ウィーンさぽです。

> オーストリア政府観光局のサイト(日本語)には
> 外国からであれば一ヶ月よりも前でも予約ができる、書面やインターネットで、とあります。

上記の記載部分を探してみましたが、ちょっと見つけられなかったのですが...。
http://www.austria-connection.at/anto/music/operaticket.html
このページの最初の部分を言っているのでしょうか?


> 「Standby−Tickets」 から入って、現在から一ヶ月以降に催される演目の低いカテゴリー(3又は4)を選んで予約をお願いしました。
>
> この場合
> 今後オペラ座から、席の確保可・不可の回答メールが来ると思っていいでしょうか?
> もしそうであるとして、返事が来るのは、上演日の一ヶ月前よりあとでしょうか?
> それとも席さえあれば、一ヶ月云々にかかわらず(たとえ一ヶ月よりも前だとしても)返事がくるものでしょうか?

席の確保可・不可の回答は来ると思いますが、前売り発売後だと思います。
方法は違いますが、私の場合、前売り発売前に書面(FAX)で申し込みしたところ、
前売り発売後に返事が郵送されてきました。


オペラ座のHPより予約申込みしたのであれば、何か予約を受け付けたとの自動返信などありましたか?
ほとんどのオンライン予約の場合、自動返信で記入した内容の確認メールが届きますが。
そこに連絡の件など記載されているかもしれません。

ウィーンさぽもさぽと言いながら、ドイツ語が全くです。(英語もですが)
「Standby−Tickets」の部分は自分の希望を書いておけば、オペラ座側も保証は出来ないけど出来るだけ努力するみたいなことが書いてあります。


事前予約をされた経験のある方、書き込みして頂ければと思います。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ウィーンオペラ座 カテゴリーの低いチケット
1945
: 2005/04/01(Fri) 14:19:42
ハナクロにゃんち

こんにちは。

以前ウィーンさぽ様の

>オペラ座
>6月1日より今シーズンすべての公演のカテゴリー1・2チケットがチケット売り場又はインターネットで購入できます。
>カテゴリーの低いチケットは今までどおり公演の一ヶ月前から前売り開始となります。


という書き込みを読みました。

そこで質問なのですが

オーストリア政府観光局のサイト(日本語)には
外国からであれば一ヶ月よりも前でも予約ができる、書面やインターネットで、とあります。

なのでオペラ座のHPより
「Standby−Tickets」 から入って、現在から一ヶ月以降に催される演目の低いカテゴリー(3又は4)を選んで予約をお願いしました。

この場合
今後オペラ座から、席の確保可・不可の回答メールが来ると思っていいでしょうか?
もしそうであるとして、返事が来るのは、上演日の一ヶ月前よりあとでしょうか?
それとも席さえあれば、一ヶ月云々にかかわらず(たとえ一ヶ月よりも前だとしても)返事がくるものでしょうか?

*英語のサイトから入りましたが、もともと英語は弱い上に
とちゅうで独語オンリーになったりで、今ひとつお馬鹿な勘違いをしている可能性大です。
その場合は 間違ってる旨忌憚なくご指摘ください。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: ウフィツィの予約についてなど
1944
: 2005/04/01(Fri) 12:28:43
フィレンツェさぽ

> ご指摘のサイトを見て、

フィレンツェ観光局サイト内の美術館ページは、内容は詳しい反面、
重めで見づらいのが難点でしたが、この美術館連合サイトは比較的
見やすくてありがたいですね。

> 入場料や、バス料金など、どんどん値上げしているみたいですね。

Weekend a Firenze のオンライン予約手数料も微増のようで。。。

> 実は近々行く予定ですので、ちゃんと行けましたら、ご報告します。

それはぜひぜひ、よろしくお願いします。
私も今年は、フィレンツェ & トスカーナ再訪が叶いそうです。
お互いよい旅になりますよう。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: ウフィツィの予約についてなど
1943
: 2005/04/01(Fri) 00:31:59
さくらさけ

こんばんは。

> > 入場料 6.5ユーロ、予約料 3ユーロです。

> それはいつ頃のお話か、うかがってもよろしいですか?

現在、Weekend a Firenzeで仮に検索すると

Entrance Price 9.50 euro including ticket & pre-sales fees
Online Booking 4.77 euro
Total price 14.27 euro

とでるのと、ご指摘のサイトを見て、そう考えていました。

入場料や、バス料金など、どんどん値上げしているみたいですね。
実は近々行く予定ですので、ちゃんと行けましたら、ご報告します。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
フィレンツェ美術館サイト(Re^2: ウフィツィの予約についてなど)
1942
: 2005/03/31(Thu) 22:00:49
フィレンツェさぽ

> #フィレンツェ美術館連合?のようなサイトができ、そこから
> #各美術館のデータが見られるようになりました
> #……むー、これを見ると6.5ユーロだ >ウフィツィ

フィレンツェの美術館連合?サイト(伊、英)
http://www.uffizi.firenze.it/
http://www.uffizi.firenze.it/english/

http://www.uffizi.firenze.it/welcomeE.html はつながりません)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: ウフィツィの予約についてなど
1941
: 2005/03/31(Thu) 21:56:33
フィレンツェさぽ

こんにちは。いつもフォローありがとうございます(*^o^*)

> 入場料 6.5ユーロ、予約料 3ユーロです。

それはいつ頃のお話か、うかがってもよろしいですか?
入場料については、ウフィツィを含め、データが揺れている
美術館が複数あり、その場合、本誌の美術館ページには
より高い額面の数値を載せているのが現状でして。
2004年1月時点で、同じ数値のご報告をいただいていますが、
より最近のご報告がありますと、さらにさらにありがたいです。

#なお、本誌内のウフィツィ直営へのリンクは切れています
#フィレンツェ美術館連合?のようなサイトができ、そこから
#各美術館のデータが見られるようになりました
#……むー、これを見ると6.5ユーロだ >ウフィツィ


> Weekend a Firenzeではこれに4.77ユーロが足されるのですね。

電話では不安、電話が通じないが急ぎ予約確定したい、ホテルが
決まらず頼めない、など各種事情ありなら、日本語可ということを
考えると、さほど法外でもない感じがします。

なおオンライン手数料は、日本の代理店での通信・予約料と同じく、
・1人ずつに必要
・予約日時に行けなかった場合は返金できない
とのことです。

> ホテルに頼むのもあり、だと思います。

ホテルを早くにおさえられれば、それがいちばん楽だと思います。
ただ、ホテルによっては、デリバリー料(ホテルにチケット現物が
届けられた?)を加算されたというお話もありました。
そのあたり、事前に確認されてもよいかもしれません。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
補足
1940
: 2005/03/31(Thu) 09:58:29
さくらさけ

ちょっと補足です。

> また、ヴェネツィアの美術館も電話予約できて、日本語も対応、となっています。
> http://www.museiciviciveneziani.it/frame.asp?sezione=biglietti

このページの
WHERE TO BUY TICKETS
をクリックしてください。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ウフィツィの予約についてなど
1939
: 2005/03/31(Thu) 09:50:00
さくらさけ

私は、直接電話で予約しました。
英語に自信は全然ないのですが、すんなりとできました。
入場料 6.5ユーロ、予約料 3ユーロです。
Weekend a Firenzeではこれに4.77ユーロが足されるのですね。
ホテルに頼むのもあり、だと思います。
予約番号をとってもらうだけで、料金は窓口で払えばいいので。

ミラノの「最後の晩餐」は直接ネット予約ができます。日本語あり、です。
http://www.cenacolovinciano.org/

電話予約では日本語のできる人がいました。

また、ヴェネツィアの美術館も電話予約できて、日本語も対応、となっています。
http://www.museiciviciveneziani.it/frame.asp?sezione=biglietti

どうも最後の晩餐もウフィッツイも4月上旬はいっぱいのようですから
ウフィッツィは並べばいいのでしょうが、
やはり予約したほうがいいのかもしれません。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
アンケート掲示板 2178 より・ウフィツィの予約についてなど
1938
: 2005/03/30(Wed) 20:46:37
フィレンツェさぽ

状況がいろいろ混じっておられるようですので、ひとこと。

> (旅の手配で困ったことは?) = フィレンツェのウフィツィ美術館に行くのが目的のひとつ
> だった。ひどく混むと聞いていたので、日本でツアー申し込み時に事前入場予約。
> 一人30ユーロ前後。
> 実際現地にいってみると、予約した当日は、市のストライキで、
> ほとんどの美術館は休館になるとのこと。滞在予定を考えると、
> 閉館まで1時間ちょっとの今行っておかないと見られないと思い、美術館まで急行。
> 新たにチケット(ひとり5、6ユーロ、並ぶ時間は長いけど安い!)を買い、入場しました。
> 翌日、予約チケットの払い戻しについて、ホテルのレセプションに相談すると、
> 市に電話で聞いてもらえた。どうやら代金は戻ってこない。

30ユーロというのは、おそらく日本の代理店手数料(通信費含)込みの
値段でしょう。
なので、市にかけあっても返金はほぼムリと思われます。

カード会社での予約サービスだと、入場料別で手配料2000円前後のようです。
ところで、某カード会社予約サービスの利用条件を読むと、

「●美術館・宮殿のご予約について
予約ご依頼後、美術館・宮殿のご予約の取消・変更はいっさいお受けできません。
一度お手配をお受けしたものについては、全額をご負担いただきます。
あらかじめご了承ください。」

と、あります。
ここから先は予想ですが、代理店での予約の際も、同じような条件が提示された
のではないでしょうか。しかしストライキの場合はどうなるのか。。。
もし納得がいかないようでしたら、代理店にお問い合わせになるほうがよいかも
しれません。


なお、現地での予約手数料は、多くても3ユーロくらいで、入場料と合計しても
10ユーロいきません。
私が行った時は、在住の知人に電話で予約してもらい、入場料・手数料とも
美術館入場の際、窓口で払いました。

ちなみに日本語可のオンライン予約サイト Weekend a Firenze で、
任意の日付で申込画面までいくと、以下のように表示されました。

Entrance Price 9.50 EUR including ticket & pre-sales fees
Online Booking 4.77 EUR
Total price 14.27 EUR


> 入場予約をしたほうがよいのかどうか、考えさせられました。

個人的には、オフシーズンでなければ、あるいは予定が詰まっているなら、
やはり予約するに越したことはないと思います。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: 本「nakata.net ITALY WALK 2005」
1937
: 2005/03/29(Tue) 02:02:13
azumi@az

> 上記、書店で手にとって見ました。

それはそれは。
どうもありがとうございます〜。
あるところにはあるんですね。
最近、あちこちの大型書店などでずっと気にして見ていたのですが、
さっぱり、見つけられなかったんですよ。

> ショップ情報や宿情報などは少なめで載っていても、
> 写真などは小さめです。

そうなんですかー。
やはり、いつか本屋で巡り合うことができたら、その時、ぱらぱらっと
見て済ませる程度にしようかと思います。

会社の先輩に、ヨーロッパ(というか海外)には全く興味ありませんーという
サッカー好きがいるのですが、彼はイタリアの地名だけはよく知ってるんです。
いつか家族でイタリアへサッカー観戦に行きたいそうなので、ご紹介してみようかな。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 本「nakata.net ITALY WALK 2005」
1936
: 2005/03/29(Tue) 00:45:13
うちゃぎ@Lapin

こんにちは〜。

> http://shop.nakata.net/shop/openItemDetail.do;jsessionid=B3147142749C9BB4CED1F2036EB08414?productId=133
> 実はヒデの写真集みたいなものでした、という結果に終わるのがコワイので
> 手を出していませんが、どなたか、ご覧になったことのある方はいらっしゃいませんか?

上記、書店で手にとって見ました。

以前、同じような内容でnakata.net ITALY(だったかな?)
という同じ角川書店から出た書籍がありましたが、
雰囲気としては似ていて、サッカー観戦やサッカー場の紹介と
あとはフィレンツェ、トスカーナの田舎の紹介記事が載っています。

ローマやミラノも少々、あとはイタリアの基本情報なども
載っているので、イタリアへサッカー観戦に行く方であれば
ぜひにも手に入れたいガイドブックですが、
単なる観光旅行だと食い足りないかも。
ショップ情報や宿情報などは少なめで載っていても、
写真などは小さめです。

中田の写真カットはあまりないので、写真集にはなって
いませんが。。。


 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート 2005年3月 えりこ@大阪 様
1935
: 2005/03/28(Mon) 15:19:32
Chun3(管理人)

全体アンケート 2005年3月 えりこ@大阪 様

(旅行の時期) = 2005年3月上旬

(全体の泊数) = 9泊

(訪問地) = ロンドン(3泊)夜行バス(1泊)アムステルダム(4泊)

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: 旅行代理店から手配、
宿: インターネット手配と飛びこみ


(同行者) = なし

(気に入ったところは?) =
ロンドン・デザインミュージアム、ヴィクトリアアルバート博物館。

デンハーグのマウリッツハイス美術館とアムステルダムの街中。

アムステルダム〜デンハーグへの電車の中。

(旅の手配で困ったことは?) =
3日前に旅行を決めたので、手配可能な航空券が殆どありませんでした。
当たり前ですけれど‥‥

ロンドンの食事が口に合わなかった。
おいしい店はどこかにあるはずなのだけれど、
探す気力がなくなってしまうくらいだった。

オランダの電車の切符販売機、クレジットカードはマスターカードのみ?
VISAは使えなかった。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
インターネットで希望の宿が直前にもかかわらず予約できたのは
ラッキー。
ロンドンからアムステルダムまで夜行バスで移動。
こちらも移動前日に予約したら空席があって、ああよかった。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
がっかりしたのは、アムステルダムの国立博物館がクローズしていて空いている
別館がとても小さかった事。主要作品はみられたが。

(現地にいってよかったことは?) =
ロンドンもアムステルダムも思っていたほど治安が悪くなかったのが良かった。
ロンドンの市街地は大阪の市街地よりもいいのでは?と思うほど。
アムステルダムの雰囲気はのんびり、おだやかで明るい。
気持ち良く落ち着いて生活できそう。

(服装) =
日本で、いつも街着としておしゃれ時に着ている服。寒かったので冬服。
ダウンのロングコート。
持って行って良かったのはネックウォーマー。マフラーでは防寒しきれない時があった。
持って行けば良かったのは帽子。頭皮が凍るかと思って、途中で買いました。

(次の旅行でやってみたいことは?) =
もし次に英国とオランダへ行くのなら サッカー観戦!
今回はチャンピオンズリーグも国内リーグ戦もチケットがとれなかったので観られなかった。
ヨーロッパでの観戦は日本とは雰囲気が違うので、また行きたい。

フランスへ行くとしたら、
普通列車でのんびり移動して、気が向いた駅でおりてのんびりしたい。
ノルマンディー、雰囲気がかわいらしかった。

(今回の反省や次回への願望&意気込み) =
できればビジネスクラスに乗りたい‥‥お金を貯めないと。
もうすこし日数が欲しい。見所が多くて、時間不足。
美術館も博物館も、時間が足りず、行けなかった所が多かった。また行きたい。
英国もオランダも、郊外、地方へも足を伸ばしたかった。

(お買物報告) =
Walshのスニーカー。履き心地が良かった。
マクロビオティック食品。日本より店も多いし、品揃えもいい。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート(イタリア) 2005年3月 あきもとミン 様
1934
: 2005/03/28(Mon) 10:17:55
Chun3(管理人)

全体アンケート(イタリア) 2005年3月 あきもとミン 様

(旅行の時期) = 2005年3月中旬

(全体の泊数) = 3泊

(訪問地) = ローマ(1泊)、フィレンツェ(1泊)、シエナ(1泊)、サンジミニャーノ

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: 日通旅行でJAL早割り35(同社の旅行券使用)。
移動: 電車、バス。
ホテル: インターネットでホテル直営サイトや予約サイトから。

(同行者) = 家族1名

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) = ホテル直前格安予約サイト
rates to go で 狙っていたホテルが予約できた。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
かなりフィレンツェに期待していたが、下町っぽいところが多かった。
「フィガロに載ってたのと違う」と思った。
観光客が多かったのも、風情が感じられなかった理由の一つかもしれないが、
「個人的に想像していた街」とは違った。

ポンテ・ベッキオから見たアルノ川の風景は、まるで三条大橋から見た先斗町の裏側のようだった。
アルノ川も、端っこのほうに枯れススキが生え、わびしさを感じた。

ドゥオモ近辺や美術館はすばらしい。
が(自分にとっては)風情が少ないように感じた。

(現地にいってよかったことは?) = 事前にサンジミニャーノの街のサイトを見たら
すごくよすぎたので「写真修正してんのかな」と疑ってかかっていた。
実際行ったら、「本当に」期待通りの中世の街で、たいへん雰囲気があった。


(服装) = 上半身は、長袖シャツ(通称ババシャツ)、カットソータイプの薄い
フリース、ブラウス、カーディガン、薄めのコート。ジーパン、タイツ。
ローマではかなり暑かったのに、この5枚を着ていたため、蒸せた。
持っていけばよかったのは、帽子とサングラス。すでにかなり日差しがきつかった。

(次の旅行でやってみたいことは?) = パリの市場めぐり。墓地めぐり。

(今回の反省や次回への願望&意気込み) = ホテル。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: 「Gokutabi」イタリア、他
1933
: 2005/03/27(Sun) 23:38:02
azumi@az

> フェラガモの「一村まるごとアグリ」なんて、次回の候補にいかがです?
> >azさま

いいですよね〜。
ただ、ヴィラとかアパルトマン中心のようなので、二人では持て余さないか?
などと思って見ておりました。

> しかし、ヴァザーリの回廊に「日本人はまだ数十人しか行っていない」というのは
> え?ほんとぉ??と思いましたが。。。

同感です。
他にもですね、フィレンツェのホテル「コンチネンターレ」について、
ベッキオ橋とアルノ川の両方を見下ろせる角部屋は「各フロアの3号室」と
書いてあったのですが、私の泊まった角部屋は「302号室」だったので、
誤記なのか、今は変わってしまったのか、どっちかなぁなどと思ったりもしました。


ところで、私自身は実物を見たことがないのですが、今、下記のフィレンツェ本が
気になっています。(中身を見てないので、新スレッドを立てるのが気が引ける)

http://shop.nakata.net/shop/openItemDetail.do;jsessionid=B3147142749C9BB4CED1F2036EB08414?productId=133

実はヒデの写真集みたいなものでした、という結果に終わるのがコワイので
手を出していませんが、どなたか、ご覧になったことのある方はいらっしゃいませんか?
もし、オススメして下さる方がいらしたら、ぜひ、新スレッドを立ててください!

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: 「Gokutabi」イタリア
1932
: 2005/03/27(Sun) 14:21:18
フィレンツェさぽ

> HISの広告か、まぁ「るるぶ」みたいなもんかなーと思って手に取ったら、

H.I.S.のフィレンツェ支店ができましたから、その宣伝もあるのかも
しれませんね。

> マイナーなイタリアの地方都市をいろいろ取り上げていて、なかなか、
> 見ごたえがありました。

ぱらっと見てきました。
ウルビーノ以外のマルケ州など、通常のガイド本でほぼ取り上げられない地域が
いろいろ載っていましたね。これは買ってしまいそうです。
フェラガモの「一村まるごとアグリ」なんて、次回の候補にいかがです?
>azさま

しかし、ヴァザーリの回廊に「日本人はまだ数十人しか行っていない」というのは
え?ほんとぉ??と思いましたが。。。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: 「Gokutabi」イタリア
1931
: 2005/03/25(Fri) 22:38:29
azumi@az

「Gokutabi」イタリア好き、次はアドリア海へ 1,380円

http://www.catchbon.jp/smg/cb/shop/goods/detail.aspx?goods=150503

HISの広告か、まぁ「るるぶ」みたいなもんかなーと思って手に取ったら、
マイナーなイタリアの地方都市をいろいろ取り上げていて、なかなか、
見ごたえがありました。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(カンタベリー)The White House:ベアトリックスピーター 様
1929
: 2005/03/20(Sun) 10:08:03
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(カンタベリー)The White House:ベアトリックスピーター 様

(場所) = (英国)カンタベリー

(ホテルの名前) =The White House
http://www.canterburybreaks.co.uk/

(宿泊時期) = 2004年10月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = シングル

(部屋の階&立地) = 日本式3階の5号室

(部屋について(雰囲気など)) =窓が多いので、明るい。狭いが、かわいい。

(部屋の家具・備品) = 電話なし、テレビ(うつりが悪い)、クローゼット、椅子と机。

(バスルーム) =シャワーカーテンなし・ドライヤー貸し出し・バスタブなし、とのことでしたが、
嬉しいことにバスタブがありました。お湯は夜でもちゃんとでました。
ただ、お湯と水の蛇口が別々で、この2つをホースでつないだ先に、シャワーヘッドがあり、
シャワー温度がなかなか一定してくれません。 

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = なし。

(部屋について、その他) =暖房は2時間しか連続して運転できないようです。
2日とも、夜の10時に暖房が切れ、翌朝は7時30分に入りました。
寒くて我慢できないほどではありませんでしたが。。。(窓は一重で、サッシではありません)  

(パブリックエリア) =朝食室とラウンジ。どちらもかわいい内装。

(リフト) = なし。

(レセプション) = 普通。

(スタッフ) = 普通。

(宿泊料) = 55ポンド。

(予約方法) = 代理店から手配。

(代理店の対応や手続き) =UKホテルブッキングを利用(利用者の声があるので参考になります)。
丁寧ですばやい対応でした。

(ホテルへのアクセス) =カンタベリー西駅からなら荷物を持って歩いても約10分。
ウエストゲートをくぐって、メインストリートの左手の飲食店と、小さい教会の間の路地を入って、すぐです。

(ホテル周辺の雰囲気) =人も車もほとんど通らないが、怖くはありません。

(ホテルの選択基準) = 立地と値段。

(よかったこと) = イギリス旅行中3箇所に宿泊しましたが、イングリシュブレックファストだったのは、ここだけだった。

(朝食) =これぞイングリッシュブレックファスト!思わず食べすぎてしまいます。
主人のデイビットさんが、「ベーコンもトマトも美味しいよ、トーストも、もっとどう?」と誘惑するんですーー
何故か、少々大柄な外人ばかり泊まっていて、みなさんモリモリ食べていました。(笑)

(宿泊客の客層) = 朝食の時、年配の老夫婦しか見かけなかった。

(支払い方法) =現金かTC(ポンド)。カードは使えない

(車椅子等の対応は?) = 無理でしょう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 冬に泊まるなら、暖房について確認したほうがいいかもしれません。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(モスクワ)Budapest Hotel:ベアトリックスピーター 様
1928
: 2005/03/20(Sun) 09:54:25
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(モスクワ)Budapest Hotel:ベアトリックスピーター 様

(場所) = (ロシア)モスクワ

(ホテルの名前) =ブダペストホテルBudapest Hotel
http://www.besteastern.com/online/gethoteldescription.asp?id=9900024
2/18 Petrovskie Linii

(宿泊時期) = 2003年11月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = スタンダートシングル

(部屋の階&立地) = 日本式5階

(部屋について(雰囲気など)) =日本のビジネスホテルの、シングルの広さと雰囲気。
天井が高いので、狭さは感じない。
明るさも普通。私の泊まった部屋は、日当たりがよくて、昼間はとても明るかった。

(部屋の家具・備品) = 電話、テレビ、椅子、クローゼット、机。

(バスルーム) =普通の広さで、清潔。
お湯の出は少し弱くて、お湯を貯めるのに少々時間がかかった。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = 覚えていません。

(リフト) = 2基。3〜4人は乗れる。

(レセプション) = 落し物の連絡もしてくれたし、親切でした。

(レセプション以外の館内施設) =1階にラウンジ、2階にバーがある。

(スタッフ) =英語でOK。ドアマンもいました。

(宿泊料) = 約13,000円(朝食込み)。

(予約方法) = 代理店から手配。

(代理店の対応や手続き) =普通。
ビザを取るのに、ホテルの手配は必須なので。。。

(ホテルへのアクセス) =地下鉄駅(アホートヌィ・リャド)まで約7〜8分。
ボリショイ劇場まで約5分。赤の広場は約10分。

(ホテル周辺の雰囲気) =10時過ぎに、ボリショイ劇場から1人(女)で徒歩で帰ったが、
大通りなので大丈夫だった。
スーパーは近所になし。

(ホテルの選択基準) = 立地と値段。

(よかったこと) =落し物の連絡を、親切にしてくれました。
ロシア人は噂好きなのか、フロントで鍵を貰ったりするごとに
「落し物見つかって良かったわねーー。これから注意しなきゃだめよーー」と言われた。
でも、皆さん親身になってくれて、嬉しかった。

(困ったこと) = 特になし。

(朝食) =朝食室がないので、ルームサービス(配給)してくれます。
チェックインの時にコーヒーか紅茶かジュースの種類と時間を訊かれます。
パン、ハム、チーズ、シリアル、アップリコットジャム入りのクロワッサン、ヨーグルト。
毎日同じ(ヨーグルトだけ替わった)だけれど、悪くないと思う。

(宿泊客の客層) =朝食を部屋でとるので、あまり他の人に会わなかった。

(支払い方法) =VISAカードは使えた。T/Cは不明
ルーブルへの両替はドルかユーロのみ。
日本円の両替は近所のマリオットホテル(超高級!)でできます。

(車椅子等の対応は?) =廊下は広いので大丈夫。段差は覚えていません。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =モスクワ(ロシア)は、個人でビザをとるにはホテル手配が必須なので、
旅行会社の提携しているホテルに限定されて、選択の余地があまりないのが残念です。
競争がないので高いし・・・。物騒なイメージもありますが、モスクワは良い所です。
是非訪れてみてください。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ベルリン)Hotel Augusta:ベアトリックスピーター 様
1927
: 2005/03/20(Sun) 09:46:56
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ベルリン)Hotel Augusta:ベアトリックスピーター 様

(場所) = (ドイツ)ベルリン

(ホテルの名前) =アウグスタHotel Augusta
http://www.hotel-augusta.de/

(宿泊時期) = 2003年11月

(泊数) = 5泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン(2人で利用)

(部屋の階&立地) = レセプションのある建物とは別の建物の5階(最上階)。

(部屋について(雰囲気など)) =2人でに荷物を広げても問題なし。
窓が天窓なので明るい。(眺めはベルリンの空だけ)
内装は女性向け!

(部屋の家具・備品) = テーブルと椅子2つ、クローゼット、金庫、テレビ、電話。

(バスルーム) =シャワーのみ。夜中でもお湯は良く出て、バスルームも暖かかった。

(冷蔵庫) =あり。

(エアコン、クーラー) = 多分なかったと思います。

(部屋について、その他) =天窓は電動スイッチで開閉。
天窓のスクリーンは棒で上げ下げする。

(リフト) =各棟1基。2人乗れる。
踊り場に止まるので、必ず階段を使うことになります。

(レセプション) =天窓のスクリーンを上げ下げする棒がなくて頼んだが、なかなか持ってきてくれなかった。
連れが先に部屋に戻ると、階段から廊下に通じるドアが開けられないので、
マスターキーを持った人に付いてきて貰ったが、面倒くさそうな感じだった。

(レセプション以外の館内施設) = 朝食室。

(スタッフ) =英語がまったく出来ない人は1人だけ。
朝食室の人は愛想が良かったが、レセプションの人は親切な人もいたが、投げやりな感じの人もいた。

(宿泊料) =52号室・・・95euro(シャワーのみ、2人朝食つきで)
53号室・・・135euro(バス付き、かなり広い。泊まらなかったけれど見せて貰った)

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = メールで予約。
返事は早いが、質問への回答が回答者によって異なるので、少々混乱した。

(ホテルへのアクセス) =クーダムからすぐなので、バスも使える。
地下鉄のウーラントまで1分。
ツォーまで徒歩7〜8分

(ホテル周辺の雰囲気) =良かった。ウーラント通りにはスーパーがある。

(ホテルの選択基準) =値段と立地。ホームページで部屋がかわいかったから。

(よかったこと) =部屋の内装がかわいかった。朝食が豊富でおいしかった。

(困ったこと) =レセプションと朝食室がある棟と客室は別棟で、内部で行き来ができず、客室でない階もあり、
部屋の鍵、階段室の鍵、建物の鍵と、3つ渡されます。
1人が先に鍵を持って部屋に戻ってしまうと、後から来る人は、
レセプションが開いていれば、建物には入れるが、階段から廊下に入ることができないので、
レセプションの人に、マスターキーを持って一緒に来てもらうことになり、大変だった。

(朝食) =パン、チーズ、ハム、ジャムの種類も多く、サーモンと野菜もあった。
飲み物はコーヒー、紅茶、ジュース(2,3種類)。
果物はバナナ、リンゴ、オレンジ、ぶどうなどがあった。
お隣の”カフェ・ウインターガルデン”の庭と、ケーテコルビッツ美術館が見える、眺めの良い席もある。

(宿泊客の客層) = 日本人が2〜3人。

(支払い方法) =現金。クレジットカードはOK、T/Cは不明。

(車椅子等の対応は?) =リフトは中庭に外付けで、各階の階段の踊り場に止まるので、
車椅子は無理だと思います。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =部屋によって当たりハズレがあるみたいです。
1人で泊まっていた日本人が狭い、と嘆いていましたので・・・

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: ボローニャからのプルマン
1926
: 2005/03/19(Sat) 18:39:48
megmm21

フィレサポさま、返信をありがとうございます。

電車で1時間ちょいのようなので、ラヴェンナに行ってみようと思います。
透き通ったアドリア海が見てみたいです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: ボローニャからのプルマン
1925
: 2005/03/18(Fri) 22:06:42
フィレンツェさぽ

とりあえず、バス会社(レンタル等も含む)一覧ページへのリンクを
はっておきますね。
http://www.busepullman.it/busepu/noleggio/emilia.php


私なら、、、ラヴェンナでしょうか。
泊まらずに行こうとすると、ボローニャ拠点がいちばん効率がいいような
気がしますので。
あとはフェッラーラ。
・・・すみません、自分が行きたいとこをあげてます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ガイドブック情報
1924
: 2005/03/17(Thu) 22:54:32
ウィーンさぽ
shop2.mapple.co.jp/
旺文社より、「まっぷるマガジンウィーン・プラハ・ブダペスト」が発売されました。
モーツァルト生誕250年特集、ウィーン・カフェ特集、世界遺産めぐりの旅など、
中欧を訪れる前に一度は見て頂きたい内容になってます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: ホテルのチェックイン時
1923
: 2005/03/17(Thu) 21:04:59
ムラング抹茶

知りませんでした。
ありがとうございます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ボローニャからのプルマン
1922
: 2005/03/17(Thu) 17:47:45
megmm21

こんにちは。春にボローニャに数泊します。1日、日帰りで、ボローニャの近場のどこかに行ってみたいと思っています。
できれば、電車ではなくバス(プルマン)で行きたいので、ボローニャからプルマンでどこそこに行ったとかいう経験談やプルマン情報を教えてください。
パルマ・モデナ・レッジョエミリアは制覇済ですのでそれ以外の所の情報をお願いできれば幸甚です。
どうぞよろしくお願いします。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: イタリア乗り物ストライキ情報 その後・・・行ってきました
1921
: 2005/03/15(Tue) 12:34:36
fukuronotame

> 3月4日 23時45分にローマ・フィウミチーノ空港に到着しました。

まったくおなじ飛行機でローマに到着しました。

> <深夜の空港から市内へ>
> フィウミチーノ空港からタクシーでローマ市内に向かう際にタクシー乗り場には
> 白タクの手配人が胸にいかにも正式な許可証らしいパスをつけて
> 客引きをしていました。
> タクシーが調度私のところでしばらく来ない状態にあったのでかなりしつこく言われたけれど

わたしもさそわれ、40ユーロに引かれてついていってしまいましたが、話をしていると一人当たり40ユーロとか言い出して、おっと危ないかな、と思い出しながら車のところについて行くと、人相の良くないお兄さんがいて、そこでこれはやばいと決定的に思い直して、荷物をひきづって、正規のタクシー乗り場に戻りました。

> I wait for Radio taxi.(正規のタクシー会社のひとつ)と返事をしたところ、その後は何も言わなくなりました。
> 我慢強く正規のタクシーを待てば、必ず来ます。
> 白タクは少し安い料金を言っていましたが、現地ガイドの話でも危険との事でした。
> 料金は深夜料金4.91ユーロ ゾーン制になっており高速を降りるまでかなり早く0.11ユーロずつ料金が上がる。
> 降りた後メーターを切り替えて0.11ユーロずつゆっくりと上がっていった。
> テルミニ駅近くのホテルまで道路はすいており40分。料金は50.35ユーロ(バゲージ2個つき)
> 細かいお金がなくて、60ユーロ渡したら50ユーロでいいと言って
> Welcome to Rome!!といって握手をくれました。
> 初めてのローマは最高な気分でした。

私たちはナボナ広場のそばのホテルまででしたが、料金は50ユーロで領収書もくれました。運転手さんの感じも良かったです。

たぶん、白タクに乗ると、おっかないお兄さんも一緒に乗って、有無を言わせず、ぼられるのではないかと推測しました。
よかった、よかった、という経験でした。

それにしても同じ飛行機の方がいたとは驚きです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 |

- WebForum -