[リストへ戻る]
新着表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ウィーン)Am Schubertring:うっかりマンゴー 様
2364
: 2005/11/05(Sat) 21:33:21
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ウィーン)Am Schubertring:うっかりマンゴー 様

(場所) = (オーストリア)ウィーン

(ホテルの名前) = Am Schubertring (アム・シューベルトリンク)
http://www.schubertring.at/

(宿泊時期) = 2005年9月下旬から10月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = シングル

(部屋の階&立地) = 1フロアしかなく、何階か不明

(部屋について(雰囲気など)) =
天井に斜めの窓(ブラインドで外は見えず)、全体に清潔でシンプル。落ち着く。
トランクを開いておいても、余裕で歩き回れる。明るさは、書き物をしても暗いと感じない位。

(部屋の家具・備品) =
セイフティボックス、クローゼット内にはハンガー10本位、シュークリーナー、
ソファは4人かけられるくらい、テーブル。
セイフティボックスは、説明書きがドイツ語だったので、びびって、使いませんでした。
タンブラーとワイングラス各1、栓抜き。

(バスルーム) =
リンスインシャンプー、石鹸、シャワーキャップ、ドライヤー、バスタオル、フェイスタオル、ヒーター。
タオルなどかけておくとすぐ乾く。浴室内に干しておいた洗濯物も、翌晩にはからりと乾いた。
バスタブは真横になれるくらいゆったり。お湯の出具合はとてもよい。

(冷蔵庫) =
あり。中身は水、ジュース、ビールなど10本位。
持込で1.5Lのペットボトルと500mlのビールを入れても、まだ余裕がありました。

(エアコン、クーラー) = 使わなかったのでわかりません。

(パブリックエリア) = 5、6人座れる、ゆったりした空間。

(リフト) =
正方形ではなく、ちょっとふしぎな形ですが、3人と、トランク3つが余裕で入る広さ。

(レセプション) = 大体感じが良い。観光案内のパンフレットをたくさんくれて、説明してくれた。

(レセプション以外の館内施設) = 朝食スペース。

(スタッフ) = 英語可。

(宿泊料) = 113euro(朝食込)

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) =
予約サイトから。1週間前にリコンファームを兼ねて、直接、到着時間を知らせるメールを送った。
その日のうちに、感じのいい返事が返ってきた。

(ホテルへのアクセス) =
トラム1、2、D、71から1分。地下鉄カールスプラッツ駅から5分。
オペラや楽友協会からも歩ける。
空港からは、CATでウィーンミッテまで行き、そこからタクシーで7euro。

(ホテル周辺の雰囲気) =
夜11時近くまで出歩いたが問題なし。
大通りなので人出があり、ネオンも明るい。
しかしホテルに入ってしまえば、決してうるさくはありません。

(ホテルの選択基準) =
オペラと楽友協会に行くので、そこから近いところ。またウィーンミッテの駅から割と近いところ。

(よかったこと) = 朝ごはんがおいしかったこと。

(困ったこと) = 特になし。

(朝食) =
種類が多く、たいへん満足。
パン10種、チーズ3種、ハム3種、オリーブやトマトのチーズ詰め、ピクルス、ヨーグルト、フルーツ、シリアル、
ジュース3種、コーヒーか紅茶。
パンは、黒っぽい酸味のあるパンが、おいしかった。

(宿泊客の客層) = 日本人2組、あとは英語やドイツ語の客。みんな観光客のようだった。

(支払い方法) = JCBで支払い。

(車椅子等の対応は?) =
部屋により2段ほど段差があり、通路はくねくねとしているので、ちょっと難しいと思う。部屋によるかも。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(ホテルでのお楽しみ) = 入浴剤に凝る。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ドイツのクリスマスマーケット案内パンフ
2363
: 2005/10/30(Sun) 15:29:32
とりcacao

JTBの都内某支店で、ドイツ観光局がつくっているらしい、
クリスマスマーケット関連のパンフをもらってきました。

1. ドイツ クリスマスの旅 光り輝くメルヘンの世界へようこそ
2. Welcome to Christmas Wonderland
の2点。

ドイツを東西南北にわけて、それぞれに位置する各都市のマーケットに
ついての説明と、関連サイトを載せてあります。
日本語版はだいたいの有名どころのみですが、簡単な街の紹介も読めて
わかりやすく、対して英語版は掲載数が多く、日時や内容も詳しくて、
いずれ劣らぬ保存版です。

ドイツ観光局以外でも、大きな代理店なら置いてあるかもしれません。
本場のクリスマスマーケットに興味のある方は、必見です。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: (掲示板使い方) 1:1でなく、皆さんへメッセージをまとめてください
2362
: 2005/10/30(Sun) 01:43:17
アクアマリンさっちん

> http://france-tourisme.net/index-bbs.htm
> の規約にありますように
>
> ココの人への名指し個人レス、あるいは 類似内容のレスでなく
> ある程度まとめてレスいただけますよう よろしくお願いします

やり方ちゃんと見てなくてすいませんでした。
以後気をつけます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
(掲示板使い方) 1:1でなく、皆さんへメッセージをまとめてください
2361
: 2005/10/27(Thu) 21:15:49
Chun3(管理人)

http://france-tourisme.net/index-bbs.htm
の規約にありますように

ココの人への名指し個人レス、あるいは 類似内容のレスでなく
ある程度まとめてレスいただけますよう よろしくお願いします

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: おかえりなさい!
2360
: 2005/10/25(Tue) 00:37:47
アクアマリンさっちん

> 大好きなバリに、また人がいない時期が来てしまったのかと思うと残念ですが
> ご無事でのお帰り、何よりです!

今まで色んなところに海外旅行に行ってますけど、あんなに人がいないのは初めてです。
現地の人もすっごいかわいそうでした。
現地のガイドさんは「9月までは子供の顔を見ることも出来ないほど忙しかったのに、10月に入ってからは仕事がほとんどない!」って言ってました。


> 情勢が落ち着いたら、是非、棚田や市場やスーパーや田舎道などを堪能しに
> 私もまたバリに行こうと思います!
> 将来 バリで老後を過ごすのが夢(野望とも言う…)なsee・snowなのでした♪

そうなんですかぁ〜〜。
私は今回ホテルで過ごしてたせいか、バリをあまり感じられなかった。今度は人がいっぱいいるときに行きたいな。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: 無事帰国しました。
2359
: 2005/10/25(Tue) 00:35:46
アクアマリンさっちん

> ご無事でなによりでした。
> また詳しい旅の報告を楽しみにしています。

ありがとうございます。
今回はほとんどホテルにしかいなかったので、あまりたいした報告にならないかもしれません。
今度は色んなところに観光してみたいと思います。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ウィーン シュヴェーデンプラッツの空港バスの発着場所変更
2358
: 2005/10/24(Mon) 23:05:00
maison violette

10月17日から、シュヴェーデンプラッツ(Schwedenplatz)の
空港バス発着場所が変更になりました。

今までのホテル・カプリコルノ横からは全く反対方向の広場の北西側、
Morzinplatz に近い方です。
シュテファン寺院前の通り、ローテントゥルム通りを広場へ向かって北上すると、
左折することになります。

停留所の表示は、Schwedenplatz-Morzinplatz となっていました。
屋根付きで2人ほどが腰掛けられる椅子もあって、これまでよりは
停留所らしい体裁でした。(笑)
料金は今までどおり、片道6ユーロです。
切符の自販機などはないので、運転手から直接買ってください。

シュヴェーデンプラッツは細長く、見通しも悪いので、
かなり近くまで行かないと、バス停があることに気付きません。
ここから空港へ行く予定のある方は、当日焦らなくてもよいよう、
事前に確認しておくことをお勧めします。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
おかえりなさい!
2357
: 2005/10/24(Mon) 21:45:08
see・snow

大好きなバリに、また人がいない時期が来てしまったのかと思うと残念ですが
ご無事でのお帰り、何よりです!
情勢が落ち着いたら、是非、棚田や市場やスーパーや田舎道などを堪能しに
私もまたバリに行こうと思います!
将来 バリで老後を過ごすのが夢(野望とも言う…)なsee・snowなのでした♪

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 無事帰国しました。
2356
: 2005/10/24(Mon) 00:26:43
ceylon tea

おかえりなさい。

ご無事でなによりでした。

また詳しい旅の報告を楽しみにしています。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
無事帰国しました。
2355
: 2005/10/23(Sun) 19:27:35
アクアマリンさっちん

昨日の朝無事成田空港に着きました。
バリはほとんど人がいなかったです。

問題のスパですが、リッツカールトンホテルと近くのところで2回やりました。
リッツのスパは10月1日からいきなり料金が上がっててびっくり。
でもすごくいいものでした。
アクアトニックプールも3ドル上がってましたけど、楽しかったです。
みなさんに色々と教えていただきましてありがとうございました。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
タリスチケット
2354
: 2005/10/23(Sun) 13:12:40
にゃんこ大魔王

タリスチケットの件で先々週お騒がせいたしました。結局初めにアムステルダムで、また一番時間の余裕があったので、スキポールで購入しました。KLMの機内誌に到着ロビーの図があり、同じフロアに駅窓口があるのを見つけて行ってみました。国内線用は長蛇の列でしたが、国際線の方はガラガラだけど、待ってる人の位置が微妙。どうなってるのかと伺っていたら、男の人がこのボタンを押して番号を取るのだと教えてくれました。すぐに順番になって、ノートに書いてあったのを見せつつ、この券が欲しいと言ってみたら、ABS(any Beluguim stationだったかと)LibrysのABSって何?ここじゃ買えないわよ、ベルギーからのチケットなんてって言つつ調べてくれたら「あ〜ら、買えるわねえ、ごめんなさいねえ」とすぐ発券してもらえました。手数料が3ユーロじゃなくて、3.50ユーロでしたけど、取り合えず一安心。実際平日の昼間でしたが、満席に近かったです。帰国したら、原因はわからないけど、電話予約が出来るので、試してみたらどうですか、申し訳ありあませんねえってメールも届いてました。ご参考まで。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
(ドイツ情報) クリスマスバスツアー
2352
: 2005/10/21(Fri) 16:59:42
Chun3(管理人)


ミキツーリストみゅう ドイツ発着 クリスマスバスツアー
http://www.myu-info.co.jp/index.html

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: 行って来ました
2351
: 2005/10/20(Thu) 10:09:32
Chun3(管理人)

体調不良をかかえた旅は 一番つらいものです。
まぁなれたおうちに帰られたので、養生なさってください。

梅田(JR大阪駅付近)はいま再々開発だかで この数年うつりかわりが激しく
また今後数年もハゲシクかわりそうです。

梅田で普段乗り換えしていない人にいわせると 「わけ分からん状態」だそうで。
9、10月から また北側 茶屋町ちゃやまち が再攻勢にのりだしました。

心斎橋も そごうが新築したとおもったら今度は大丸で
こちらもキタ(梅田)とミナミ(なんば)にまけじとがんばっているようです。

当方は 西梅田の新施設を まだしっかり見られていないので、もうちょっとがんばって復習したいです。

ただ最近は 全国(あるいは海外)チェーンや支店が多く
ニューオープンしても、いってみて また ○●か〜 と思うことも少なくないですね。。。
客寄せと、賃料を考えると大きなところに入れるのは
きまってきたかんじもします。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
行って来ました
2350
: 2005/10/19(Wed) 18:03:41
win302

大阪行ってまいりました。
飛行機乗る前から体調を崩し、ホテル入ったらどっと高熱が。
結局現地で病院に行ってなんとかもちなおし、
京都と神戸も見て参りました。

「新」快速ってなにー!?(しかも結構スピード感も) とか ホームの○▲×印が面白いなぁとか、梅田には阪急デパートが2個もあるのかぁ(マップ上、「阪」しか見てなかった(汗) もういっこは阪神なのね、と気づくまでかなりかかったり)、チョコレート色の電車がかわいいなぁとか、いろいろな発見がありました。

こちらで教えていただいたヒルトン大阪は、スタッフの方々のサービスがよく、またアクセスも楽でした。
いろいろ教えていただき、ありがとうございました。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
(スイス情報) スイス国鉄 全線禁煙 2005/12
2349
: 2005/10/18(Tue) 18:10:50
Chun3(管理人)

スイス国鉄 全席禁煙 2005/12/11〜

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ロンドン)The Royal Eagle Hotel:ぼちぼちなたまめ 様
2348
: 2005/10/17(Mon) 15:39:46
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ロンドン)The Royal Eagle Hotel:ぼちぼちなたまめ 様

(場所) = ロンドン(イギリス)

(ホテルの名前) = The Royal Eagle Hotel
http://www.royaleagle-hotel.co.uk/

(宿泊時期) = 2005年6月

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = トリプル(3ベット)

(部屋の階&立地) = 日本式1階

(部屋について(雰囲気など)) =
明るかったです。通りの反対側は住宅街なので、生活が垣間見えて、楽しかったです。
(イヌの散歩とか、子供が通学するとか、家族でドライブとか)
広さはベッドだらけという印象でしたが、ロンドンのホテルはみなこういうものだと聞いていたので、
特に不満はありません。
大変清潔で、ビジネスで泊まるのなら、全く問題ありません。
スーツケースを広げるには苦労しました。

(部屋の家具・備品) = 家具は簡素なものでした。テレビがありました。

(バスルーム) =
バスタブなし。バスタブありをお願いしていたはず、と言いましたが、トリプルでバスタブはないと言われました。
ロンドンのホテルはお湯が出にくい、と言われていたので、旅行代理店に、夏なので、ちゃんとお湯の出る部屋を
とお願いしていたせいか、お湯が、まるでうたせ湯のように出るシャワーで、変だったけど気持ちよかったです。
トイレが流しにくいと言う噂でしたが、2度流すと2度目に出るということを発見してからは、全く問題なし。
すべてが清潔に掃除されていたので、よかったです。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = あまり記憶がないのですが涼しかったです。

(部屋について、その他) =
実は雨が降ったとき、はんぱじゃなく雨漏りしましたが、部屋にもよるのでしょう。
ベッドにはかかりませんでしたし、1箇所だけだったので、あまり気になりませんでした。

(パブリックエリア) = 館内は綺麗に掃除されていて、それなりに雰囲気もありました。

(リフト) = あるようです。1階なので利用しませんでした。

(レセプション) =
事前に、グラスミアジンジャーブレッドのメールオーダーをしていて、それを受け取ってもらうよう、手配をしていて、
私たちの到着より前に、荷物が来ていましたが、ちゃんと受け取ってくれていました。(はんぱじゃない量だった
のですが)。本当は到着の次の日を指定していたので、驚きましたが、どうしても欲しいものだったので、
ありがたかったです。安いホテルなのに・・・。

事前に到着が夜遅くなる、10時半頃、と言っていたのに、実際は11時をまわっていましたが、ちゃんと対応してくれました。(24時間対応だそうです。)

雨漏りしたときも、新聞紙を!とこっちは言ったのですが、いいからいいからと、新しいタオルを出してくれました。

(レセプション以外の館内施設) =
コイン式のインターネットがあり、いくらかはあまり記憶にないのですが、近所のインターネットカフェの相場より
安かったです。キャセイだったので、48時間以内にならないと席を指定できなかったので、大変重宝しましたし、
外でやるより安全だったのはよかったです。
バーなどもあるようですが、利用しなかったので詳細は不明です。

(スタッフ) =
英語だけですが、大体通じました。最後の支払いのときに、値段が間違っていたのですが、あちらのほうから
間違っていることに気付いてくれ、やり直しをしてくれました。誠意ある対応で感謝しています。

(宿泊料) =
85ポンド。(現在は90ポンドですが、レート修正前だったのでその値段のままですと、事前に確認がとれました。)

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) =
UK−Hotel Bookingで手配。現地にある法人で、日本語でこちらがメールすると、事前にいろいろ
ホテルに伝えてくれて、大変満足しました。非常にビジネスライクで、できることと出来ないことの切り分けを
きちっとする人が担当ですので、気持ちよく利用できました。何かあれば現地で電話して、ちゃんと最後まで
対処してくれる、というのがウリなので、英語ができない人には、絶対おすすめです。
日本の予約サイトより安価ですし、安心が違います。他の国もやってもらいたいぐらいです。
http://www.uk-hotel-booking.com/ja/the-royal-eagle-hotel

(ホテルへのアクセス) =
ヒースローエクスプレスでパディントン駅につけば、ホンの数分で歩いていけます。女の人でも安心。
おもな観光地へのバスや地下鉄も多数出ていますので、最初からパディントン駅周辺で探しました。

(ホテル周辺の雰囲気) =
パディントン駅はスーパーが2軒あります(M&S,セインズベリー)ので便利でした。セインズベリーは夜中までやって
います。周りもいろいろなお店がありました。治安はまずまずではないでしょうか。

(ホテルの選択基準) =
飛行機が夜遅く到着する便なので、女ばかりでも安全にホテルに着ける場所ということで、
パディントン駅から、歩いて荷物を持って到着できるところ、と言うのが絶対条件でした。
パディントン周辺の安宿は、南京虫が出て寝られない、という説があったので、とにかく清潔で、ちゃんとお湯が
出るところというのも条件でした。あとは値段です。

(よかったこと) =
メールオーダーした荷物を、ちゃんと受け取ってもらってくれたのは、嬉しかったです。
インターネットもありがたかったです。
窓からの景色も、私は結構気に入っていて、家々がブルーや黄色に塗り分けられている町並みは、
かわいかったし、雨上がりに、黒い犬が飼い主に喜びのあまりぴょんぴょんとびつきながら、散歩に出かける様子
は、(ハイドパークが近いせいでしょうか)忘れられません。

(困ったこと) =
雨漏りはびっくりしたかな。でも対応がそこそこよかったから、あまり気になりませんでした。
(すぐに直せると言うものでもありませんが)
お湯の出具合も、まるで打たせ湯で(出ないと言う説まであったのに)びっくりしました。
1階だから出がよかったのかも。お湯が出ないと嫌な人は、やはり最初から指定すべきかもしれません。
このクラスではお湯が出にくいものらしいです。

(朝食) =
ジュースとクロワッサン、ペストリー、トーストとシリアル(4種類)、コーヒー、紅茶。
パンとシリアルはおいしいほうだと思います。ペストリーは見かけによらず、かなりいけてました。
パンはトースターで焼きます。ジャムもおいしかった。紅茶はよくなかった。
自社HPには、果物ありとあるのですが、ありませんでした。
外からの光が入り、明るい食堂です。

(宿泊客の客層) =
日本人はあまりいないようですが、欧米の家族連れと言う感じで、ごく一般的な客層だと思います。
子供さんもいたようでした。

(支払い方法) = クレジットは使えました。(VISA)

(車椅子等の対応は?) =
廊下が狭いので、ちょっと無理かも。食堂が地下で、そこへは階段で降りないと入れません。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =
安かったですし、なにしろ便利でした。この値段でも、ちゃんとお湯が出て、南京虫もいない宿が、
ロンドンにもあります。他にもあると思います。

(ホテルでのお楽しみ) =
このホテルは、うたせ湯状態だったので、同行の友人は、肩や足にシャワーを当てて、いい気分だったそうです。
いつもするのは、その日に買ったおみやげを、ベッドに広げて、写真を撮っておく事。
あとで何がなんだったか訳が分からなくなるので、これを見ると思い出せます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(グラナダ)プラザ・ヌエヴァ:ちゃちゃちゃの茶 様
2347
: 2005/10/17(Mon) 15:13:51
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(グラナダ)プラザ・ヌエヴァ:ちゃちゃちゃの茶 様

(場所) = (スペイン)グラナダ

(ホテルの名前) = ホテル・プラザ・ヌエヴァ
http://www.hotelplazanueva.com/

(宿泊時期) = 2005年9月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン スタンダード

(部屋の階&立地) = フランス式2階

(部屋について(雰囲気など)) =
窓を開けると、隣のビルの壁が、すぐ前にあるような部屋なので、昼間でもライトをつけるくらい暗かったです。
広さは、ツインを1人で使っていたこともあり、大型のスーツケースを床で広げるスペースは、充分ありました。
古い建物をホテルにしたらしく、ホテル全体の雰囲気はいいのですが、窓からの眺めは皆無なので、
部屋の居心地は良く有りません。

(部屋の家具・備品) =
狭めのベッドが2つくっつけてあり、クローゼットと、スーツケースを置く台がありました。
金庫はクローゼットの中にありましたが、壊れていて、使えませんでした。
家具とベッドは、アンティークな感じのものと思ったのですが、古いものを塗りなおして、雰囲気を変えただけ
かもしれません。

(バスルーム) =
バスルームはシャワーのみ、かなり狭いものでした。お湯の出具合は問題無しで、熱いお湯が充分でました。
トイレは新しいのですが、水の出がかなり悪かったです。
タオルが2セット、糸がほつれて伸びていたり、かなり古いもので、使うのに少し抵抗があるぐらいでした。
注意書きに「タオルの交換必要な場合はバスタブ等に入れておく」と書いてありました。

(冷蔵庫) =
あり。中は空で、電源が入っているのですが、手を入れても外の温度と変らないような気がしました。
どこかにスイッチがあるのかと探してみましたが、ありませんでした。

(エアコン、クーラー) =
クーラーはありました。スイッチを入れると、すごい音がして、確かに動いているのですが、音のすごさほどには
室温は下がりませんでした。

(部屋について、その他) =明るければ、それなりにいい部屋だと思います。

(パブリックエリア) = レセプションの前に新聞がおいてあって、宿泊者用のサロンになっているようでした。

(リフト) =小さなホテルなのに、レセプションの前と食堂の2箇所にありました。

(レセプション) = 入口を入ったところに小さなカウンターがあって、スタッフが1名、いつもいました。

(レセプション以外の館内施設) = 不明です。

(スタッフ) =
特別に親切とは思いません。可も不可でもありません。スペイン語と英語の応対です。
質問にはいろいろ親切に教えてくれます。

(宿泊料) = 89euro(朝食込み)

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) =
BOOKINGというサイトを始めて利用したのですが、回答はかなり早く、簡単に手配が完了しました。

(ホテルへのアクセス) =
観光スポットの集まっているエリアにあるホテルですが、駅からこの広場にアクセスするバスは無いので、
タクシーを利用することになります。タクシーで10分程度です。
駅近くからホテルのすぐ近くの大通りまでくるバスがあるので、通りの名前まで書いてあるような詳しい地図が
あれば、バス停から歩いてホテルまで行くことはできます。

(ホテル周辺の雰囲気) =
アルバイシン地区の入口付近にあるホテルですが、ヌエヴァ広場に一応面したホテルなので、
治安は問題ありません。

(ホテルの選択基準) =
アルハンブラ宮殿にアクセスがよければ、どこでもいいと思いました。
なるべく費用を抑えるたかったので、値段よりも立地を優先して、さらに朝食がよければ、多少部屋が悪くても
よしとしました。

(よかったこと) = 特にありません。

(困ったこと) =
ヌエヴァ広場に面したホテルと思い込んでいたので、入口も広場に面していると思い、
入口がわからなくてウロウロしてしまいました。入口は横道に入ったところに、ひっそりあったことに、ビックリしました。

(朝食) =
とてもおいしかったです。特にオレンジジュースは今まで飲んだ中で1番と思えるぐらいおいしかったです。
パン(ペストリー2種類、バゲット、田舎パン)、オリーブオイル、ハム、チーズ(3〜4種類)、ヨーグルト、
フレッシュフルーツ等がありました。ビン入りですがアプリコットジュースがあって、結構はまってしまい、
2日間で3本ぐらい飲みました。

(宿泊客の客層) =
若いカップルの旅行者、欧米系の個人旅行客、60歳以上と思われる老姉妹を、朝食のときに見かけました。

(支払い方法) = クレジットカードは使えます。T/Cは不明です。

(車椅子等の対応は?) =
入口に階段が数段ある以外は、ホテル内は特に段差が無いので、大丈夫と思います。
ホテルの前の道は、車がすれ違うことができない程狭いので、タクシーがホテル前まで来てくれるかどうかは
不明です。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆

(他の方へのアドバイス) =
立地のみを評価して利用すれば、とても便利なところにあるホテルだと思います。
評価を2としましたが、朝食は充分3以上です。
アルハンブラ宮殿へも、その気になれば歩いていくことができます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ロンダ)Montelirio:ちゃちゃちゃの茶 様
2345
: 2005/10/17(Mon) 15:02:49
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ロンダ)Hotel Montelirio:ちゃちゃちゃの茶 様

(場所) = (スペイン)ロンダ

(ホテルの名前) = Hotel Montelirio
http://www.hotelmontelirio.com/english/home.htm

(宿泊時期) = 2005年9月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = スタンダードダブル

(部屋の階&立地) =
レセプションから、階段を使わずに、サロンを通って部屋まで行けたので、1階と思っていたのですが、
部屋の窓から見ると、下にプールや朝食用のサロンがあったりしたので、実際の階は不明です。

(部屋について(雰囲気など)) =
スタンダードルームなので、広さは期待していなかったのですが、
パリのプチホテルのダブルルームの1.5倍の広さはありました。
スタンドとベッドサイドのライトのみなので、夜は明るいとはいえませんが、暗いというよりは、
ゆったりと落ち着ける明るさです。

ビューは抜群です。渓谷に面しているので、テラス窓から見える風景は谷、向こう側のパラドール、
遠くの山並みです。高所恐怖症の傾向がある方は、窓には近づきたくないと思うかもしれませんね。

(部屋の家具・備品) =
クィーンサイズのベッド、クローゼット、ガラスの丸テーブルと椅子、セイフティボックス。
すっきりとして落ち着いたインテリアの部屋でした。

(バスルーム) =
170cm以上あるバスタブ(全身お湯につかれます)、トイレ、ビデ、洗面台。
四畳半ぐらいの広さがあって、明るくて、掃除が行き届いていました。
バスタブの端にガラスの仕切りがあり、シャワーカーテンはついていません。
お湯は23時頃、朝7時過ぎともに、熱いお湯が充分でます。
アメニティはBOXに入っていて、靴みがき、丸いパフのようなもの(お風呂で使いましたが、少し固めのタオルという
感じが気持ちよくて、旅行中ずっと使っていました)爪磨き、歯ブラシ(日本以外で置いてあったのは初めて)、
石鹸。
バスルームの唯一の難点は、トイレットペーパーがやや下の方に取り付けてあるので、トイレに座ったままでは
手が届かないことぐらいです。

(冷蔵庫) =なし。

(エアコン、クーラー) = エアコンはついていました。使っていないのでパワーは不明です。

(パブリックエリア) =
部屋を出たところが宿泊客用サロンになっていて、英語とスペイン語の新聞が置いてありました。

(リフト) =
リフトを使う必要がなかったので不明ですが、
大きな階段があって、上の階の人が、荷物を持って降りてきていたので、無いのかもしれません。

(レセプション) =
ホテルによくあるカウンターではなく、机と応接用の椅子が置いてあって、その椅子に座ってチェックインを
しました。チェックインをしながら飲み物をすすめてくれたり、とても感じのよい応対でした。

(レセプション以外の館内施設) = 宿泊客専用のプール、誰でも入れるカフェがありました。

(スタッフ) =
英語、スペイン語で応対をしていました。
1泊だったので、あまり触れ合う機会はなかったのですが、朝食やチェックアウトのときも応対はとても感じがよかっ
たです。

(宿泊料) = 150euro。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) =
ホテルのHPにある予約フォームで送信、その後のやり取りはメールでしました。
回答がとても速く、翌日には返信があるので、予約確定まで1週間もかかりませんでした。

(ホテルへのアクセス) =
駅や長距離バスターミナルからは徒歩約10分。大きな荷物があるときは、ホテルまで、ずっと緩やかな上り坂な
ので、タクシーを利用する方がいいと思います。
人気スポットの渓谷にかかる橋を渡って、横道に入ったところにある小さなホテルです。
ロンダはとても小さな街なので、この街にある観光スポットは全部歩いて回ることができます。

(ホテル周辺の雰囲気) =
観光スポットの橋からすぐ近くにあって、この街では大きい方の道から、横に入ったところにあるので、
人通りは程ほどにあります。夜7時を過ぎた頃から家族で散歩をする人がたくさん出てきて、
道端で知合いと話をしたりしていました。
バールでゆっくり食事をして、10時過ぎにホテルに戻ったのですが、途中で不安になるようなことはなく、
ほろ酔い気分でのんびり歩いて来ることができました。
こんなことは都市部ではあまりできないですね。

(ホテルの選択基準) =
ロンダでは1泊だけなので、眺めがいいことを基準にしました。
部屋で昼寝を楽しむ気分になれそうな、居心地のいいホテルに泊まりたかった。

(よかったこと) =
期待どおりの眺めだったこと。朝食室も眺めがとてもよい部屋で、おいしい上、ゆったり気持ちよく食事ができた
こと。グラナダの宿泊数を減らして、もう1泊したくなりました。

(困ったこと) =
ホテルで困ったことは何もありませんが、グラナダへ行く気が失せてしまった自分に困ってしまいました。

(朝食) =
朝食室は眺めがとてもいいので、1時間以上かけてゆっくり食事をしました。
テーブルにつくと、ハム、サラミ等ののったお皿がサービスされます。パンはレーズンやショコラが入ったペストリー、
バゲット、田舎パン等がありました。他にはフレッシュフルーツ、シリアル、ヨーグルト、チーズ。
コーヒーはポットでテーブルにサービスされます。
田舎パンを少しトーストしてオリーブオイルをかけて食べましたが、オイルが軽い感じでおいしかったです。

(宿泊客の客層) = 遅いバカンスをとっている、比較的年齢が高めのカップルが多かったです。

(支払い方法) = クレジットカードは可ですが、T/Cは不明です。

(車椅子等の対応は?) =
リフトがあれば何とかなるかもしれませんが、朝食室に行くにも、階段を使うことになり、
ちょっと無理かもしれません。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =
できれば2泊以上の宿泊をおすすめします。
夕焼けや朝もやの渓谷、明るくなり始めた谷に、鳥が一斉に飛び立つ風景はとても素敵です。
普段の生活を忘れて、ゆったり過ごすにはぴったりのホテルです。
9月末ぐらいに行っても、プールで泳ぐことができる気温なので、水着を持っていってください。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(マラガ)トリップ・アラメダ:ちゃちゃちゃの茶 様
2344
: 2005/10/17(Mon) 14:51:03
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(マラガ)トリップ・アラメダ:ちゃちゃちゃの茶 様

(場所) = (スペイン)マラガ

(ホテルの名前) = トリップ・アラメダ(Tryp Alameda )
http://www.solmelia.com/solNew/hoteles/jsp/C_Hotel_Description.jsp?idSolRes=2913


(宿泊時期) = 2005年9月下旬

(泊数) = 2泊(マラガ到着日1泊、パリへの移動前日1泊)

(部屋のカテゴリ) =マラガ到着日:ツイン、 パリへの移動前日:ダブル

(部屋の階&立地) =
日本式3階(到着日は道路側、移動前日は隣のビルの駐車場に面した側)。
大きな道路に面しているが、通行量は多くないので、道路側でも静かです。
また二重窓なので、外からの騒音はほとんどありません。

(部屋について(雰囲気など)) =
ビジネス客向けの良いホテルらしく、室内は広くて、かなり明るいです。ビューは良く有りません。
部屋の広さや明るさは問題ありませんが、ROH扱いのため交渉の余地はありませんでした。

(部屋の家具・備品) =
ベッド、小さな丸いガラステーブルとイス。広めのクローゼット、ミニバー(小型冷蔵庫)。
クローゼットの中の上の棚に、枕や毛布の予備が置いてあり、その横に金庫がありました。
棚の位置としてはかなり高いところなので、イスを台にしないと、パスワードをセットしたり、
物を入れたりできませんでした。(どんな身長の人を想定したのか・・・)
1人分のスーツケースを床に広げるスペースは確保できます。

(バスルーム) =
明るくて広い。バスタブが広いので、その気になれば、頭から足まですっぽりお湯につかれますが、
どこかにつかまっていないと水没します。
シャワーカーテンが真っ白で、とても気持ち良かったです。
壁面にボディシャンプーとシャンプーのボトルがついていました。
シャワーキャップ、石鹸、爪用やすり、靴磨き。トイレ、ビデ。
バスタオル、フェイスタオルが、バスの上に2セット、洗面台の前にフェイスタオルが2セットかけてありました。
お湯の出具合はとても良く、23時過ぎ、朝7時過ぎともに、熱いお湯が十分出ました。

(冷蔵庫) = あり。水、ジュース、ワイン、ビールが入っていました。ナッツやチーズは入っていませんでした。
冷えているのかな?と思うぐらいの温度でした。中のものを端に寄せれば、500MLペットボトル2本ぐらいは
置くことができます。

(エアコン、クーラー) = 強力なエアコンがありました。冷えすぎます。

(部屋について、その他) =
部屋は特に問題無いのですが、階下がホテルのバーのためか、モータ音のような音や、
ガタガタというような騒音が少しありました。2泊ともに寝宿と割り切った手配をしたので、まあ、こんなものかと。

(リフト) = 2基。大型のスーツケースを持っていても、4人は乗れます。

(レセプション) =
2日ともに予約確認書を渡して、あっさりチェックイン完了でした。
到着日は23時過ぎだったのですが、ホテルに着いたときに、予約無しできた数人が部屋の交渉をしていたので、
少し待つことになってしまいました。

(レセプション以外の館内施設) =
バーが2階にありました。2階にコーヒーとスナックの自販機が置いてありました。

(スタッフ) = フレンドリーではありませんが、にこやかで丁寧な応対でした。英語可です。

(宿泊料) = 13,200円(1泊朝食付き)

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) =
代理店のWEBサイトから直接ホテルを選択して予約したので、特に面倒なことはありませんでした。

(ホテルへのアクセス) =
空港からタクシーで約20分で到着(混雑していなければです)。
マラガ駅及び長距離バスターミナルから徒歩約10分。
タクシースタンドは、ホテル隣の大型ショッッピングセンター前(駅側のロータリーが正面なので、反対側の出口に
なります)にあって、タクシーを利用したいときは、ホテルで呼んでもらわなくても大丈夫です。
ホテルを背にして右方向に少し歩くと、スタンドがあります。土曜日の朝10時少し前に通ったときに3〜4台
並んで待っていました。

私は地図片手に、マラガ駅や長距離バスターミナルへ歩いて行きましたが、荷物が大きいときは、タクシーの方
が楽だと思います。特に今は特急乗り入れに向けて、駅付近は大工事中なので、道路がガタガタです。
駅や長距離バスターミナルまで歩いて行けるので、マラガを起点にして近くを観光する場合には、
便利なホテルだと思います。市内観光は全くしていないので、中心部までのアクセスは不明です。

(ホテル周辺の雰囲気) =
交通量があまり多くない道路に面しているのですが、治安が悪いエリアではありません。
隣は大きなショッピングセンターです。地階にスーパーがあって、朝9時には開店していました。
ホテルの近くに食事をするようなお店は無いので、軽い食事は、このショッピングセンターにあるお店を
利用すると便利です。2階にはタパスバーなんてものがあって、味はともかく、現地の人にまじって、
安く軽い食事をとることができます。

(ホテルの選択基準) = 移動途中の寝宿なので、駅または長距離バスターミナルへアクセスがいいことです。

(よかったこと) = 想定以上に広くて明るい部屋だったこと。

(困ったこと) = 特に無し。

(朝食) =
とても充実していました。種類も豊富でおいしかったです。明るい広い部屋で、雰囲気はいいのですが、
もともとビューは期待できないホテルなので、窓はブラインドがおりていました。
内容は記憶している範囲ですが、生ハム(2種類)、サラミ、パテ、サラダ(トマト・レタス他)、オリーブオイル、
卵(3種類)、パン(バゲット、ロールパン、田舎パン他多種)、フルーツ(フレッシュ、シロップ漬け)、ヨーグルト、
チーズ(フレッシュチーズ含めて5種類程度)、タルト、シリアルです。

コーヒはポットでテーブルにサービスされます。ジュース(3種類)は、自分で好きなものをとってきます。
トースターで田舎パンをトーストして、オリーブオイルをかけて食べている方が多かったです。
この食べ方はおいしいと聞いていたので、真似してみました。バターをつけるより軽くておいしかったです。
パンが熱いうちに、チーズや生ハムをのせて食べてもおいしかったです。

(宿泊客の客層) =
ビジネス客だけでなく、スペイン国内、アメリカ、ドイツ方面からの旅行客も結構沢山いましたが、
日本人を含めてアジア系の旅行者は見かけませんでした。

(支払い方法) = クレジットカードは使えますが、T/Cは不明です。

(車椅子等の対応は?) = 入口が階段(5段)になっているのですが、館内は段差もなくリフト、廊下も広いの
で、入口を入ってからは、問題無いと思います。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =
このホテルでゆったりしたいということであれば、利用はおすすめしません。
寝宿のみ等割り切った使い方をした方がいいと思います。

(ホテルでのお楽しみ) = 現地購入のものでする全身泥パックです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(東京)東京ステーションホテル:雛子@荒涼園 様
2343
: 2005/10/17(Mon) 14:19:31
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(東京)東京ステーションホテル:雛子@荒涼園 様

(場所) = (日本)東京

(ホテルの名前) = 東京ステーションホテル
http://www.tshl.co.jp/main_f.html

(宿泊時期) = 2005年10月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = シングルA

(部屋の階&立地) = 日本式3階 南口ホールに面した部屋(301号室)

(部屋について(雰囲気など)) =
床面積はかなり狭い。しかし天井が高いので、圧迫感はない。白い壁紙に木製家具、窓枠の茶色が
レトロな雰囲気を出している。
部屋の明るさは、ベッドで新聞を読むには問題ないが、机の卓上照明が暗いので、机での書き物がしづらい。
窓が南口ホールに面しており、3階の客室の窓がずらりと見え、また、地上のホールを行き交う人を眺められる。
駅の放送の音は気にならなかった。朝の9時くらいからは、うるさいかな?という感じはしたが、
眠るには問題なかった。部屋の壁は薄いようで、廊下の話し声と、ドアの開け閉め、隣室のバスルームの音は、
やや気になった(テレビの音は聞こえなかった)。

(部屋の家具・備品) =
ベッドのサイズは、エキストラベッドに使われるような、小さいもの。背もたれが木製の高い柵で、レトロモダンな
デザイン。木製の机が、半円の鏡のついたデザインで、球形の卓上照明、ペンダントとマッチしてレトロな
雰囲気がある。サイドボード、TV台兼冷蔵庫ケース、クローゼットも同デザイン。クローゼットは小さいが、
ハンガーは取り外しができるタイプ。靴べら、シューブラシあり。部屋の入り口すぐに柱があり、そこに細い
姿見がついている。紺縞の浴衣が似合う客室。机の上の一輪挿しにカーネーション。お茶、ハーブティ、
ドリップ型コーヒーの他にフィナンシェがかごに入っている。TVは薄型。

(バスルーム) =
古い建物にバスルームを設置しているので、ミニバス。水浸しにならないシャワールームという感じ。
清潔感、お湯の出具合は問題なし。アメニティ、タオルはひととおりそろっている。
固形石けんの包みは、ホテル名入りなので、確かに備品の経費削減をしていない高級ホテルなのだ、
というのが分かる。ただし、シャンプーがなぜか「植物物語」のミニパックで、これのせいでチープ感が
でてしまっている。ドライヤーは単独タイプ(壁に備え付けでない)。

(冷蔵庫) = あり。持ち込み品を入れる余地あり。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。

(パブリックエリア) =
レセプションから、2階レストラン、バーまでは、広いスペースとレトロ感があって、よい雰囲気。
ただし、客室エリアになると、メンテナンスはきちんとされているものの、微妙に古びた感じになる。

(リフト) =
やや小さめかもしれないが、客室数からすれば十分かもしれない。車いすは乗れる。
リフトは2階までなので、3階へは階段を使う。

(レセプション) = ふつうに感じがよい。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン、バー、宴会場。

(スタッフ) =
感じがよかった。出発前に現代美術館の行き方を尋ねたが、丁寧な説明をしてくれた。
私がバスで行きたがったので、バス路線図もくれた。外国人のお客さんもいたが、問題なく英語で対応。

(宿泊料) = 17,300円(税込み)プラス東京都の宿泊税200円。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) =
ホテル直営ホームページから申し込むと、自動返信メールの後に、個別要望(禁煙ルーム希望)の
返信メールが届き、要望が通っている安心感があった。

(ホテルへのアクセス) = 東京駅構内なので便利。

(ホテル周辺の雰囲気) = 東京駅構内だが、丸の内側なので、騒がしくはない。

(ホテルの選択基準) =
子どもの頃から、東京ステーションホテルに宿泊するのが夢だった。来年から、東京駅の開業当時の
復元改築工事が始まるので、改築前に宿泊したかった。

(よかったこと) =
子どもの頃からの憧れのホテルに泊まれて嬉しかった。窓から駅ホールの人の行き来や、
天井のドームを眺められて楽しめた。

(朝食) =
2階のレストラン「椿」の洋食セット1,500円が宿泊者は20%引き。
サラダ、ヨーグルト、トースト、ジュース、紅茶(orコーヒー)、卵料理+ハムorベーコン。
卵料理はオムレツを頼んだが、大変美しい形で、中のとろとろ加減も絶妙。

(宿泊客の客層) = 品のいい年配客、外国人、ビジネスマン。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) =
入り口は問題なし。エレベータが2階までしかないので、3階にあるシングル部屋は車椅子不可、
足の不自由な方は向かない。2階は廊下が広く、レストランとバーがあるので、2階を指定して宿泊すると、
移動が少なくて便利だろう。ただし、宴会場が近いので、騒がしいかもしれない。
(また2階のバスルームの様子は不明)

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 部屋の狭さや、エレベータが2階までしかないというのを、マイナスと取るか、
古い建物を使用している欧州のホテルと同じ♪と肯定的に捉えるかで、このホテルの評価が変わるように思う。
クラシックホテルの情緒を味わうなら、お値段がそれなりするツイン、トリプルの部屋に泊まるとよいと思う。
清掃で開いている部屋を見たら、HPに紹介されているとおりの、なかなかよい雰囲気だった。
シングルは、立地の良さから、寝るだけの部屋と割り切るのがよいと思う。
評価は、自分にとっては◆4つだが、万人が失望なく宿泊するために◆3つとした。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート(イタリア) 2005年9月 ロメールの秋 様
2342
: 2005/10/17(Mon) 09:56:19
Chun3(管理人)

全体アンケート(イタリア) 2005年9月 ロメールの秋 様

(旅行の時期) = 2005年9月中旬

(全体の泊数) = 8泊

(訪問地) = シエナ近郊(2泊)、フィレンツェ(2泊)、ヴェネツィア(2泊)
ガルニャーノ(ガルタ湖)(2泊) パリ

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券:エールフランスへ電話
ホテル:それぞれのHPにて
レストランの予約、美術館の予約、鉄道/ハイヤーの手配、個人ワインツアー(キ
ャンティ地方):ホテルに依頼

(同行者) = 両親

(パリで気に入ったところは?) = パリからドゴール空港へ向かうタクシーから、
黄金色の満月を見ました。見惚れながら綺麗だねと話をしていたら、運転手も
見惚れだしました。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
前年の暮れから旅程を決め、ホテルを予約していたら、
シエナ近郊のホテル(Relais La Suvera)から、ホテルのあるサロンを写した
可憐で華やかなクリスマスカードをもらった。その時から、今回の旅行は
素敵になるはずだろうねと家族と話した。

ヴェネツィアは名前を聞いただけで目が眩むほど大好きな都市。
そのヴェネツィアに再び訪れる!という幸福に今年一年包み込まれ、
今も包み込まれています。

(現地にいってよかったことは?) =
一番嬉しかったことは、とても個人的なことでした。
両親と旅行をしたことで、大人になってから失っていたいろいろな気持ちを
思い出すことができた。家族としてずっと一緒にいられたことを
何より嬉しく感じた時間でした。

食事のためにダイニングへ降りていく前に、両親の部屋で服装のチェックを受ける、
子供時代と同じやり取りをする、そんなことすら懐かしく嬉しかった。
毎日、お茶の時間から夜の食事までホテルで過ごしたが、この頃忙しくなって
見ることが少なくなった両親の読書や趣味をしている姿を見て、
子供時代の甘い思い出があふれて、この時間が続けばいいのにと感傷に包まれた。


ワインツアー(キャンティ地方):シエナのホテルからフィレンツェのホテルまでの
道程(キャンティ街道)を個人ツアーで依頼した。二つのワインセラー、
カステッリーナ・イン・キャンティとラッダ・イン・キャンティを訪れ、
ワイン畑とオリーブ畑を駆け抜けた。
ドイツの作家ブロッホが言うように、冬の空は地上を押しつぶすように座すると
するならば、夏の空は反対に地上を天空へと持ち上げます。
どこまでも青い空は抜けていきます。その真空力に引かれて、
ワイン畑も地平線の向こうまで伸びてゆくように広がっていく。素晴らしい風景でした。

フィレンツェ: 職人と芸術家。フィレンツェは、その二つの在り方の溝が最も薄く、
かつての工房者達の街であり続けている。
職人から生まれる革製品やレースを見ることとウフィツィ美術館に訪れることの間に
差異がないため、この街では鑑賞のための時間がいつも足りません。
この街の全体像はつかめないまま、切り取られた小さな細密画を楽しむように、
一つ一つの品物を味わっていく。
変哲もない土産屋で見つけたモノクロのフィレンツェの絵葉書に心奪われた。

ヴェネツィア: ただ街中を漂うだけで時間が過ぎてしまう街。
朝靄から建物が姿を現す時刻、光が海面によって分離され、瞬きだす時刻、
菖蒲色に包まれる時刻、そして瑠璃色から紺青色へと変わる時刻、時間が
生み出す色に幻惑される。麻薬のような街。

ガルニャーノ(ガルタ湖):ホテル(Villa Fertrinelli)を訪れるために立ち寄った。
外に出ることなく、ずっとホテルの中で過ごした。
二日目は静かな均一な雨の音にホテルが包み込まれたせいか、何かに守られながらも
すべてのものから隔絶された場所にいるのだという思い。
鉄格子をよじ登ればガルニャーノの街に入り込めるのに、
その鉄格子に近づくために私は庭園を横切ることは出来ないのでは、という思い。
ずっとここに閉じ込められることの幸福感と空虚感。この思いを体験できただけで
も、素晴らしいホテルでした。

(服装) =
移動用:チノパン、襟付きシャツ(3)、ジャケット、帽子。
観光用:スラックス、ジーパン。襟付きシャツ(3)、セーター。
ホテル滞在用:スラックス(ベージュ、チャコールグレー)、アンサンブルニット
、カーディガン、スカーフ、襟付きシャツ(4)。
レストラン用:ダークスーツ(2)、襟付きシャツ(4)、カフス、ハンカチーフ
、ネクタイ。
手袋、マフラー。(使用せず)
靴:黒・茶の革靴、スエードのローファー。

訪れる都市/町の光と風土に合うよう、色の使い方に気をつかう。

(次の旅行でやってみたいことは?) = コートダジュールの小さな町へ滞在して
水彩画を描いてみたい。

(今回の反省や次回への願望&意気込み) = 両親が満足してくれたので、何もありません。

(お買物報告) = ラデュレのチョコ。
味わいすぎてはいけない、味わいすぎることは野暮なこと。と思う。
絶妙な味の引き具合に感動。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
(スト情報)イタリア・ゼネストなど
2341
: 2005/10/16(Sun) 21:56:31
フィレンツェさぽ

#スレッド新しくしました


10/19 管制スト
10/21 ゼネスト

詳細は下記まで。
変更もありますのでご注視ください。

http://www.infrastrutturetrasporti.it/page/standard/site.php?p=scioperi
http://www.seekitaly.com/news/from_roma.html#strikes

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: くらしき
2340
: 2005/10/16(Sun) 20:31:17
Chun3(管理人)

倉敷いってまいりました!
たくさんのご紹介やアドバイスをありがとうございます
贅沢に1泊しましたが、小雨や夜、快晴を堪能でき、贅沢な1泊でした〜〜〜

十分日帰り圏内なのですが、こういう過ごし方も素敵でした。
ありがとうございました!

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
クリスマス情報
2338
: 2005/10/15(Sat) 00:22:06
ウィーンさぽ
www.austria-connection.at/anto/anto_pdf/christmas
オーストリアのクリスマス市の日程が発表されました。
ウィーンさぽのお勧めは、やはりウィーン市庁舎前広場のクリスマス市ですね。
特に日が暮れてからのイルミネーションが素敵。

★ウィーン市庁舎前広場のクリスマス市 http://www.christkindlmarkt.at/
2005年11月12日〜12月23日9時〜21時、 12月24日9時〜17時
ウィーンで一番規模が大きく、一番のオススメ。
クリスマスシーズンにウィーンに行ったら、ぜひ足を運んで下さい。

★シェーンブルン宮殿前のクリスマス市 http://www.weihnachtsmarkt.co.at/
2005年11月19日〜12月23日10時〜20時半
12月24日10時〜16時、 12月25・26日10時〜18時

★ベルヴェデーレ宮殿のクリスマス市
2005年11月18日〜12月24日11時〜21時

★ミュージアム・クオーター(MQ)http://www.mqw.at
ミュージアム・クオーター(MQ)の中庭にエスキモーのイグルーが建てられるそうです。
2005年11月17日〜12月23日

★シュピッテルベルク地区のクリスマス市 http://www.spittelberg.at/
2005年11月17日〜12月23日14時〜21時

★カールスキルヒェ教会前のクリスマス市 http://www.divinaart.at/markt/fset.htm
2005年11月25日〜12月23日12時〜20時

★ウィーン大学構内のクリスマス市
2005年11月12日〜12月23日13時〜22時、 12月24日11時〜15時

★フライユングのオールドスタイルのクリスマス市 http://www.altwiener-markt.at/
2005年11月26日〜12月23日9時半〜19時半

★ウィーン少年合唱団/王宮礼拝堂ミサ http://www.wsk.at/
2005年11月6・13・20・27日、 12月4・11・18・25日 9時15分〜

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^5: マップファン ルート検索
2337
: 2005/10/13(Thu) 22:17:26
かなぞう。

> > もしや↓こちらの商品のことを仰っておりますか?
> > http://www.mapfan.net/index.html
>
>  そうです。便利に使っております。

理解いたしました。

http://www.mapfan.com/routemap/index.html
↑この通常版というか無料版というかWeb版に徒歩・自転車オプションが
ついたのかと思い、舞い上がりました。

こちらにはないですねん。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: マップファン ルート検索
2336
: 2005/10/13(Thu) 20:06:46
Rod・ロッド

> もしや↓こちらの商品のことを仰っておりますか?
> http://www.mapfan.net/index.html

 そうです。便利に使っております。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: マップファン ルート検索
2335
: 2005/10/13(Thu) 18:18:05
かなぞう。

Rod様、お忙しい中ありがとうございます。

もしや↓こちらの商品のことを仰っておりますか?
http://www.mapfan.net/index.html

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: マップファン ルート検索
2334
: 2005/10/13(Thu) 17:40:34
Rod・ロッド

 かなぞう。様

> >  先日ルートを作る時に「徒歩」「自転車」が選べるのに
気がつ> >きました。(遅い・・)

> す、すみません、これ、どこで設定できるんでしょうか?

 ルート→条件設定→移動手段(プルダウンメニューで「徒歩」「自
転車」が選べます)

> 自宅から半径10kmくらいまでのところならほいほい自転車ででか
けるんですが、
> ルートマップで検索したルートをたよりにでかけると自動車しか
通れない道
> に出たり、じゃと思って歩行者用通路にいくと自転車に配慮なし
の階段があったり
> 散々な目にあうことが。
>
> 都内はアップダウンがそこそこあるので、そのあたりが配慮され
てるとうれしい
> かも(期待しすぎか)。

 出始めの「カーナビ」ではありませんが、「一方通行」を逆行せよ
とか、右折不可の場所を右折せよとかの指示を出したりがあったよう
に、自転車を指定したからといって、アップダウンまでの配慮はどうで
しょう?

 所詮「車のための」ルート作りのような気がしてなりません。

 ただ原則自転車は、「歩道自転車通行可」の表示がない限り「車道
」を走るのではなかったかと・・。(非現実的だとは思います)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: マップファン ルート検索
2333
: 2005/10/13(Thu) 16:36:51
かなぞう。
www.mapfan.com/routemap/index.html
>  先日ルートを作る時に「徒歩」「自転車」が選べるのに気がつきま
> した。(遅い・・)


す、すみません、これ、どこで設定できるんでしょうか?


ぜひ使ってみたいです。

自宅から半径10kmくらいまでのところならほいほい自転車ででかけるんですが、
ルートマップで検索したルートをたよりにでかけると自動車しか通れない道
に出たり、じゃと思って歩行者用通路にいくと自転車に配慮なしの階段があったり
散々な目にあうことが。

都内はアップダウンがそこそこあるので、そのあたりが配慮されてるとうれしい
かも(期待しすぎか)。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
マップファン ルート検索
2332
: 2005/10/13(Thu) 16:20:09
Rod・ロッド

> カーナビがありませんので mapfanのルーティングマップを印刷

> 仮カーナビみたいでおもしろいです。(笑)

 先日ルートを作る時に「徒歩」「自転車」が選べるのに気がつきま
した。(遅い・・)

 車なら「一方通行」を配慮してくれるとは思いますが、「徒歩」
「自転車」を選ぶと、「逆行」できるわけで、その辺の配慮はあるの
かな???と思いました。

 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 |

- WebForum -