[リストへ戻る]
新着表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: ユーロスター駅の換金について
2768
: 2006/07/27(Thu) 16:10:08
プチムッシュー

すみません。
ついでにお尋ねします。ユーロスターでウォータールーへ移動する予定なのですが、ウォータールー駅周辺でTCを換金できるところはあるでしょうか?できたら手数料無しがいいのですが・・・
経験ある方がいらっしゃったらおしえて下さい。
宜しくお願いします。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: ユーロ建てTCのポンドへの換金について
2763
: 2006/07/26(Wed) 09:40:00
プチムッシュー

megeve@savoie さま大変参考になりました。
TCを他国の通貨に現金化するときは一度、自国の通貨に両替するので為替レート分目減りするわけですね。勉強になりました。
ポンドは成田で両替することにします。
ありがとうございました!

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: ユーロ建てTCのポンドへの換金について
2760
: 2006/07/26(Wed) 01:36:15
megeve@savoie

10年以上前に、スイス(ローザンヌ)の銀行で、フランス・フランのT/Cをフランス・フランの現金に両替したことがあります。そのときの経験を元にすると、


> パリからロンドンへ移動する前にパリ市内のアメックスでユーロ建てのTCをポンド現金に換金することは可能でしょうか?また換金できる場合は手数料はかかるでしょうか?

パリのアメックスにポンドの現金があればできるはずです。具体的には、ユーロT/Cをユーロ現金にし、そのユーロ現金をポンド現金に両替という手続きになるものと思われます。
ユーロT/C → ユーロ現金   手数料なし(多分)
ユーロ現金  → ポンド現金   手数料なし
T/Cから現金にするときに手数料を取られなければ、手数料を取られることはないものと思われます。ただ、円 → ユーロ → ポンド、以上2回両替しているので、為替レート(すでに知っておられるかもしれませんが、銀行が顧客から買い取る価格と売る価格には差があります)でそれなりに目減りします。

> もしくはポンド建てTCをパリでポンド現金に換金は可能でしょうか?手数料はどうでしょうか?

ポンドの現金があれば、可能ですが、この場合は、パリで日本円のT/Cからポンドの現金に両替するような話になります。つまり、
ポンドT/C → ユーロ現金  多分手数料なし
ユーロ現金  → ポンド現金  手数料なし
手数料は(アメックスのT/Cであることを前提に)かからないと思いますが、この場合は、円 → ポンド → ユーロ → ポンド と3回両替していることになるので、為替レートを考えると相当に目減りするはずです。

私がスイスで上記両替をしたときは、200FFが190FFに目減りしたように記憶しております(180だったかも)。

状況がよくわからないのであまり参考にならないかもしれませんが、少額でしたら、事前に日本でポンドの現金を入手することをお勧めします。成田の三菱東京UFJの支店(旧東京銀行の支店)に行くと置いてあると思います。第2ターミナルだと2Fの端にありますね。第1はここ最近使っていない(さらに工事をしていた)のでよく知りません。

(旧東京銀行の支店だなんて、私もトシをとった・・・・・。)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ユーロ建てTCのポンドへの換金について
2759
: 2006/07/25(Tue) 19:15:42
プチムッシュー

いつも楽しく拝見しております。
週末からパリとロンドンへ行くのですが、成田でアメックスのトラベラーズチェックを購入しようと考えています。

パリからロンドンへ移動する前にパリ市内のアメックスでユーロ建てのTCをポンド現金に換金することは可能でしょうか?また換金できる場合は手数料はかかるでしょうか?

もしくはポンド建てTCをパリでポンド現金に換金は可能でしょうか?手数料はどうでしょうか?

変な質問ですがご存じの方お教えください。
宜しくお願いします。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(フィレンツェ) Continentale :fudarin k6 様
2758
: 2006/07/24(Mon) 23:33:43
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(フィレンツェ) Continentale :fudarin k6様

(場所) = (イタリア)フィレンツェ

(ホテルの名前) = Hotel Continentale オテル・コンチネンターレ
http://www.florenceby.com/continen/index.html

(宿泊時期) = 2006年7月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = Deluxe-Double。ツイン。

(部屋の階&立地) = フランス式3階、アルノ川側。

(部屋について(雰囲気など)) = ベッドルームの広さは普通だが、白を基調にまと
められた部屋は明るく清潔感がある。また、小さな洗面スペースが横にあり、そこに
荷物置きやクローゼット(実用性重視の近代的なラック)がある。洗面スペースとメ
イン・ルームの間は仕切られているが、2箇所に扉がある(ドアのガラスにブライン
ドがあり自由に遮断したり透過したりできるようになっている)。洗面スペー
スから別枠のトイレ・シャワースペースに入れる。メイン・ルームと洗面スペースには
それぞれ窓があり、開けるとアルノ川が一望できる。303号室 からは、
かすかにヴェッオ橋と西側の川沿いの景色を堪能できた。

(部屋の家具・備品) = 床頭台(大きなガラス時計の上に物を載せられるようになって
いる)がツインベッドのサイドに一つずつある。入って左側に冷蔵庫。洗面スペースに荷物置き
やクローゼットがあり実用本位に出来ている。また、そこに金庫もある。
湯上り椅子や体重計もある。

(バスルーム) = バスタブはないが、シャワーは通常の壁面備え付けのものと海水浴場型の
天井からスッポリかぶるタイプの両者が備わっていて、特に後者は凄く快適だった。
バス・シャワールームの広さや清潔感は適当。お湯の出も十分で
問題なし。シャワー室の仕切りは透明ガラスの観音開きタイプ。

(冷蔵庫) = 冷蔵庫にはビール、水、ジュース、酒類など数多く入っていた。つまみや
ストロング系の酒などは、窓側のテーブルにあったと思う。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。ただし、オフィスなどによくある床に設置し
たボックスタイプでベッドの脇にあり風が強いので、一晩中クーラーをかけっぱなしだと
風邪をひいてしまうだろう。したがって、起きている間に十分冷やしておいて就寝直前に
消すのがベスト。それでも朝まで十分快適だった。

(部屋について、その他) =
テレビはアラビア系からスペイン語、ドイツ語放送まで数多くの局を網羅していた。
有難いことに、NHKの国際放送もあり、ある程度日本の情報を聞けて便利だった。
部屋の間の仕切りだけでなく、窓ガラスの中にブラインドがあり(つまり2枚ガラス)、
ベッドサイドや間仕切り横のスイッチで動かすようにできているので、注意が必要だ。

(パブリックエリア) = レセプションなども含め、白を基調にした色使いでモダンなデザイン・ホテルだった。

(リフト) = あり。4,5人乗り。

(レセプション) = 都会的でスマート。

(レセプション以外の館内施設) = 最初の晩は遅く着いたが、カジュアルなレスト
ランを尋ねたところ、同系列の Borgo San Jacopo という店(ヴェッキオ橋を渡って数分
歩いた所)を紹介された。綺麗ですっきりした店だが、それほど美味でもなく値段は内容
の割には高かった。従って、簡単に食事を済ませたい時には、周辺にいっぱい Bar やレストラン
があるので自分で探した方が賢明だ。

(スタッフ) = 都会的でスマート、ソツなく仕事をしてくれる。逆に、ずばぬけ
てフレンドリーだとか話しやすい雰囲気でもない。

(宿泊料) = 1泊税込み 308 euro。 インターネット割安料金で2泊 560 euro とい
う契約だったが、税金・サービス料が加わると 716 euro だった。ただし、デ
ラックスの部屋でこの料金はお得だが、朝食は別料金。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = インターネットでサービス料金を選ぶのがリーズナブ
ルかと思う。申し込みや問合せに対する回答は迅速で的確。

(ホテルへのアクセス) = まさにヴェッキオ橋の袂であり、観光には絶好のロケーショ
ン。ウッフィツィ美術館へ徒歩2分。ヴェッキオ橋へ30秒。中央駅からはタクシーで10分弱。

(ホテル周辺の雰囲気) = ホテル周辺は観光の中心なので人が多く、賑やか。
ヴェッキオ橋(多少怪しそうな露天商やさまざまな雰囲気の人がいるが)には警官もしば
しば巡回し、スリや詐欺などのコソ泥に合う確率は低そう。意外とホテル内からは外の騒
音がまったく聞こえなかった。

(ホテルの選択基準) = アルノ川が見える部屋。観光しやすい。せっかくだからちょっ
とゴージャスに!

(よかったこと) = 清潔感に溢れていた。眺望がよかった。

(困ったこと) = 残念ながらバスタブがない。電子錠がうまく作動しないことがあった。高
齢者の方などは、ちょっと扱いにくいかも。

(宿泊客の客層) = リッチな若年・中年層が多い。日本人も少しいた。

(支払い方法) = クレジットカードは使えた。

(車椅子等の対応は?) = あまり段差などはなく、使えそう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = いろいろなタイプの部屋があるのでしょう。どうせなら川沿いの部屋をお願いした
方がいいと思う。ただ、かなりモダンな感じなので、高齢者の方やクラシックな雰囲
気を好む方には辛いと思う。ヴェッキオ橋周辺でもう少し値段も安く朝食を屋上のテラスで食べられる他のホテルも
検討したが、最後までアルノ川ビューを確約してくれなかったのでそこをキャンセルした。
日本へ戻る日(土曜日)は空路フィレンツェからミラノを経て成田に戻
る予定だったが、街中のタクシーが一斉にストライキに入り、移動に困った。土産や
荷物も増えたので、帰りはタクシーで空港まで行こうと思った矢先だった。
レセプションに相談したら、離陸時刻を聞いたうえで何時にホテルまで車を回しておく
からと協力してくれた(貸しハイヤーみたいなもの。ミニバン
が来たが、相乗りではなかった)。料金はホテルから空港までホテル
の指定で 50 euro だった。一般のタクシーがあてにならない状況だったので
、これを高いとみるべきなのか安いとみるべきなのかよくわからない。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
はみだし全体アンケート(イタリア)2006年6月 にゃんこ大魔王 様
2757
: 2006/07/22(Sat) 11:32:42
Chun3(管理人)

はみだし全体アンケート(イタリア)2006年6月 にゃんこ大魔王 様

(旅行の時期) = 2006年6月下旬

(全体の泊数) = 5泊

(訪問地) = ローマ(5泊)、オスティア・アンティカ

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: e-tour
ホテル: venereから

(同行者) = 家族1名

(気に入ったところは?) = トレビの泉。なんとか泉の際に座ったと思ったら、相方が「コインちょうだい」。
そういうことをする人ではないのに、また来たいんだ、と認識。
私も10数年前にコインを投げて再訪出来たので、付き合った。

(旅の手配で困ったことは?) = 相方に譲歩しなくてはならなかった。
6月上旬vs下旬(暑いのが嫌なので早めに行きたかった)、直行便vs安い飛行機、要バスタブvs安いホテル、ホテルまでの交通手段etc.

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) = 上記の裏返しで、責任の分担ができた。
相談ができる。責任転嫁もしようと思えばできる。
私より英語ができるるので、都合がいい。

航空券がe-ticketだったこと。
気を配るのが、お金とパスポートのみなので、楽。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
暑かった。
半端じゃない車、バイクの暴走。
歩行喫煙者の多さ。

久しぶりに海外に出た相方が「マナーの出来ない日本人オヤヂ」に成り下がっていた。
口うるさく 「なんでプリーズ付けないの?」「なんでキチンとサンキュー言わないの?」
「なんで、声をかけずに、実力行使で降りようとするの!」と言い続けて疲れた。 

エアコン入れずには、部屋に居られなかった。

外国人特有の数字の書き方をもっと勉強しなくてはいけない。読みにくくボラれたのか正しいのか、悩んだ。


蚊に刺された。低地には、いる模様。 

T/Cが予測通り使えなかった。鉄道、美術館全滅。仕方なくアメックスで1時間並んで全部両替。

(現地にいってよかったことは?) =
延々と続く坂道、石畳の路地。坂道好きとしては、車バイク喫煙者がなければ、永久に歩き続けたい気分。 

室内禁煙が徹底されていたこと。

おいしいレストランを見つけられたこと。滞在中の食事がほぼ、おいしかった。

スーツ姿の男女のバイク二人乗り。通勤なんだろうが、カッコ良かった。

たまに親切な人(中年の男性)がいて、責任範疇外のことを自発的に説明してくれた。

サンピエトロ寺院のクーポラ。真近かに天井画?が見られた。登った甲斐があった。

バチカン美術館に入るのに1時間半並んでいたその間中、後ろのスペイン系のおばさんたちが、
途切れることなく、身振り手振り、大声でしゃべり続けていたこと。結構感動した。

意外と名所にトイレが設置されていて、どこも清潔だったこと。
大抵は紙も十分あった。

(服装) =
女性: チノパン、チノ地のスカート、ポロシャツ2枚、黒ノースリーブワンピース、ズック、ミュール、
布バッグ、フルラの旅行専用黒バッグ(畳んでもシワにならない)。相

男性: ジーパン、ポリエステルの入ったズボン、チノパン、
ポロシャツ2枚、Tシャツ、(着なかった)麻ジャケット、
革靴、ズック、サンダル、リュック。

暑いと思ったので、洗濯するのを前提に少なくした。ピシッ、
パリッっとした格好は、エリートイタリア人だけみたい。
クソ暑くても黒のスーツをピシッ。地元の人は、スーパーへ買い物でも、キチンとした格好をしていたが、
観光客の方が多いような雰囲気だし、私たちのホテルは2星で、
ブランド店にも行かないので、カジュアルで問題なし。

夜は、入浴して、少しだけキチンとして食べにいったが、気分の問題か。
布ナプキンを使う店でも、アメリカ人の中には、ドレスアップしてない人たちも。
パリより気分的には楽だ。

紫外線対策として、美白パック。

(次の旅行でやってみたいことは?) =
ヴェネツィア滞在(車がいなくて、路地が続いているので)、料理教室1週間みたいな
パックがあれば、シチリア島ドライブ旅行

フランスではモン・サン・ミッシェル、モンマルトル、パッサージュ、ジャックマール・アンドレ美術館

(今回の反省や次回への願望&意気込み) = 飛行機は3-4-3列でない、
直行便にしたい。
値段を優先したので仕方ないけど、時間が掛かるし、3-4-3列はやっぱり狭い。

(お買物報告) = 皿。普段そもそもお土産を買わない方で、
相方と行くとショッピングは割愛され勝ちなので、気をつかって探した。
運良くレストランが開くまでの時間つぶしに、ウソか真かムラノグラスを扱うロシア人の店があり、
青のグラデーションの皿39ユーロを購入できた。

リモンチッロの手書き模様入りビン 8.5ユーロ。地元スーパーで格安のバッチョ・チョコ。
LUのミカド=グリコのポッキー。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
(スイス情報) アイガー巨大落石
2752
: 2006/07/14(Fri) 23:15:50
Chun3(管理人)


なんか出てました

今後の崩落や、観光で影響があるかどうかはわかりませんが、
近くに寄られる方は、情報収集をおすすめします。
グリンデルワルトが塵がすごかったとか云々。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060714-00000203-kyodo-int

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ありがとうございます
2751
: 2006/07/13(Thu) 08:11:35
ブルガリアローズ@N.Y.

Chun3さん、ありがとうございます。

仰るとおりですね。
造船なでしこさんのアドバイスを参考にパッキングし
もし 当日 質問できる状況なら
JALの係員に確認してみます。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: スキポールで免税手続き
2750
: 2006/07/12(Wed) 13:50:33
Chun3

ねんのため、JALにも確認されたほうがいいかと 思います。
なにか指示してもらえるかもしれません。(あてには出来ませんが、
エールフランスよりはサイト更新がこまめです:笑)

http://www.jal.co.jp/inter/index07.html


http://www.jal.co.jp/inter/airport/euro/ams/ams_00.html

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: スキポールで免税手続き
2749
: 2006/07/11(Tue) 21:39:04
ブルガリアローズ@N.Y.

造船なでしこさん、ありがとうございます。

今回 国外から1人でスキポールへ行くので
パッキングをどうしようかと、悩んでいました。
書類がGlobal Refund社かどうかで
パッキングの方法を考えようと思います。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート(オーストリア) 2006年7月 JJ cool 様
2748
: 2006/07/11(Tue) 15:07:10
Chun3

全体アンケート(オーストリア) 2006年7月 JJ cool 様


(旅行の時期) = 2006年7月上旬

(全体の泊数) = 6泊

(訪問地) = ウィーン

(旅のタイプ) = 代理店から

(手配方法) =
航空券: 旅行代理店から手配
ホテル: ホテルグループに電話で予約

(同行者) = 家族1名

(旅の手配で困ったことは?) =
復路 土曜現地発を希望し、現地ウィーンで
キャンセル待ちを直前まで待った。何度も航空会社に出向いて直接確認したが、
結局ダメだった。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
ホテルで、客室カテゴリーをスタンダードよりも2段階アップグレードし、
広さ・眺めもよく快適だった。朝食プランもあったが、それほど割安でなかった。
朝早く出かけたり、ゆっくり昼前から行動したい場合は
行きたかったレストランでブランチがわりに早い昼を食べた。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
分かっていたことだが、オペラがオフシーズンなのでがっかり。
ユーロ高で1ユーロ=150円換算は堪えた。

美術館・宮殿まわりの庭に水がなかったり、花が少なかったりと
整備が今ひとつ。パリとは違った。

日本の一般的な情報誌ではウィーンについて美術・建築がそれほど
取り上げられていないが、現地に行ってみると貴重な美術・建築物があり、
もう少し事前に勉強しておけばよかった。

ザルツブルグまで行ってみたかったが、飛行機のキャンセル待ちの件で遠出できなかった。

予想外に天候がよかったため、店で土産(スイーツ)の購入を断念した。

(現地にいってよかったことは?) =
予想外に天候に恵まれたこと。滞在すればするほど見所がたくさん出てきて
わくわくした。日本での情報収集から抱くイメージよりも随分よかった。

ウィーンでしか見られない世紀末芸術の数々。セセッションでのクリムトの
「ベートベン・フリーズ」に衝撃をうけた。

観光客相手がほとんどかも知れないが、それでもカフェ巡りは楽しかった。
雰囲気は現地でしか味わえない。味はともかく空港でデーメルとザッハーの
トルテが買えたこともラッキー。インペリアルトルテも購入できる。

日が長く22時くらいまで明るい。行動時間が長くとれた。

ホテルの立地が良く、快適だった。


(服装) =
昼間はTシャツ、午前中あるいは22時くらいからは薄手のジャケット。
綿パンツ、薄手のドレスシャツ。
持っていっててよかったものは薄手のドレスシャツ。ちょっとしたレストラン、
観光客向けのオペラ観劇の際に役立った。
ジャケットを羽織ると汗ダラダラなので、本当に良かった。
寒さ対策もバッチリで衣装をたくさん持っていってよかった

(今回の反省や次回への願望&意気込み) =
世紀末建築と美術品をもっとじっくり見てまわりたい。
今回巡れなかったカフェめぐり。これ以上予算はかけたくない。

(お買物報告) =
空港でデーメルのスイーツ。ザッハートルテ等。
カフェにて持ちかえり可能なスイーツ類。
画廊でちょっとした風刺画。
美術館で美術・建築図鑑・雑誌。
空港でサングラス、コロン。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: スキポールで免税手続き
2747
: 2006/07/10(Mon) 17:26:12
造船なでしこ

> アムス→成田 JAL直行便利用です。
> スキポール空港で免税手続きする商品は
> 手荷物にせず、スーツケースに入れて機内に預けたいのですが…
>
> スキポールは出国審査前にも税関窓口があるようですが


2004年夏の情報で古いのですが、
→ Global Refund社の免税書類のものは
  出国審査前の税関窓口で手続きできました。
  品物をみせ捺印をうけてからスーツケースへいれることは
  できると思います。

→ Global Refund社以外の免税書類は、出国した後
  手続きをとりました。
  品物をみせなければなりませんでした。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
補記
2745
: 2006/07/09(Sun) 15:44:04
風見鶏ママ

>2年前にラウターブルンネンで見かけたケーブルカーに乗って、ミューレンへ行くのが 夢だった。

このケーブルカーは現在工事中です。
秋か冬にはゴンドラに切り替わるそうです。
かわりに、ラウターブルンネンからシュテッヘルベルグまでバスで行き、ロープウェイを乗り継いで行くことになります。私達も残念ながらケーブルカーを利用できませんでしたが、バスとロープウェイの連絡は良く、さほど待つ事もありませんでした。
ちなみにどちらもスイスパスで無料です。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
スキポールで免税手続き
2744
: 2006/07/06(Thu) 09:51:43
ブルガリアローズ@N.Y.

アムス→成田 JAL直行便利用です。
スキポール空港で免税手続きする商品は
手荷物にせず、スーツケースに入れて機内に預けたいのですが…

スキポールは出国審査前にも税関窓口があるようですが
免税手続きが済んでからJALにチェックインは可能でしょうか?
(ANAですがCDG1はこの方法でできた♪)
それともチェックインカウンターでスーツケースに荷物タグをつけ、搭乗券を渡された後で
税関ブースへスへスーツケースを持参する、
そして書類に印鑑をもらってから、再度チェックインカウンターで荷物を預ける
という方法になるのでしょうか?

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(インターラーケン)Lindner Grand Hotel Beau Rivage:風見鶏ママ 様
2743
: 2006/07/05(Wed) 10:08:59
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(インターラーケン)Lindner Grand Hotel Beau Rivage:風見鶏ママ 様

(場所) = (スイス) インターラーケンオスト

(ホテルの名前) = Lindner Grand Hotel Beau Rivage
http://www.lindner.de/de/LGHBR

(宿泊時期) = 2006年6月上旬

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 日本式5階 415号室 道路側

(部屋について(雰囲気など)) =道路側が正面になっている。
道路からホテルまでは、手入れされた大きい庭があり、遮るものがないため、明るく見晴らしが良い。
部屋からは、向かいの建物や、教会の後方にユングフラウの山々が見える

(部屋の家具・備品) =日本語放送が入るテレビ、電話、テーブル、ソファ、両袖机、椅子1脚。
作りつけでないクローゼット、中にセイフティボックス、全身が映る鏡、靴べら、靴磨き、エチケットブラシ、
ソーイング、使い捨てスリッパなど。ベランダにテーブルと椅子2脚。

クローゼットと机は白木(風)、カーテンとベッドカバー、椅子の生地はベルベットのようでアンティーク
(良く言えばだが)、どちらもホテルの格に似合わず重厚ではない。

(バスルーム) =バスタブ付き。トイレ、可動式シャワー、ドライヤー、拡大鏡、バスローブ、
丸いす(腰痛持ちの身には助かった)、石鹸、ボディソープ・ローション、シャワーキャップ、紙製爪やすり、コップ  
お湯の出・排水は良い

(冷蔵庫) =両袖机の右袖が冷蔵庫になっている。中身はアルコール、ジュース、水、チーズ、チョコレート。
左袖は上半分が手前に開き、中には紙ナフキン・コースター、スナック類、グラス2種類が入っている。
(下半分は2段の引き出し)。

(エアコン、クーラー) = なかったと記憶している。

(部屋について、その他) = 隣の部屋へ行けるドアがあった。

(パブリックエリア) =老舗のホテルらしい貫禄があり、豪華な雰囲気が漂っている。
ロビーや何箇所もあるラウンジには、大きなソファとテーブルが沢山ある(中には古いものも)。
レストランの隣のラウンジには、大きな古時計、グランドピアノ、ライブラリー。
新しいものばかりではないが、これがヨーロピアンスタイルなのかも。

(リフト) = 5人乗りと8人乗りの2基。
 
(レセプション) =到着時に2〜3人の若い女性がいたが、一番愛想の悪い人だった。
こちらの拙い英語に合わせることなく一方的に話す。聞き返してもゆっくり言ってくれなかった。
封筒と部屋の鍵をくれて終わり。
封筒には、インターラーケンビジターズカード2人分・リフレッシュトリートメントの割引券・ウエルカムドリンク券など
が入っていた。冷蔵庫と格闘した後で疲れていたので〈後述)出かける気にもなれなかった
何より、こんなものが入っている事も分からないほど早口だった。 
翌日、外出するので鍵を持って行った時もいたが、やはり無愛想だった 第一印象はかなり悪い。
前日のツェルマットのホテルが良かっただけに、余計にそう感じた。

(レセプション以外の館内施設) = エントランス正面にレセプション、左にフィットネスジムとリフレッシュ
(美容院も)その奥にプール。右に階段があり、エレベーター、ラウンジ、レストランへと続く。

(スタッフ) = 日本語は通じない。

(宿泊料) = 3泊で93,600円

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) =オクトパスを利用。
最初に直接ホテルへメールを送ったが、満室との返事がきた。
ダメもとでオクトパスに空室確したところOKだった。

(ホテルへのアクセス) =インターラーケンオスト駅から徒歩約10分。
駅前には大きいコープがあり品揃えも豊富。大抵のものは揃う。

(ホテル周辺の雰囲気) =ホテルや飲食店・土産物店などがあるが、静か。
早朝や夜遅く歩いている観光客を何人も見かけたが、大声を出す人もなく、治安にも全く問題なさそうだった。
静かで鳥のさえずりがよく聞こえて、スイスらしい雰囲気を感じることができる。

(ホテルの選択基準) =2年前にラウターブルンネンで見かけたケーブルカーに乗って、ミューレンへ行くのが
夢だった。その為にはアクセスの良いインターラーケンに泊まるのが良いと思ってさがした。
今回は周遊型の旅行だったので、最後はゆっくりしたかった。
値段は少々高くても居心地の良いところをと、アップルの体験談をもとに決めた。

(よかったこと) =日本を発つ前に、到着が6時をまわるかもしれないこと、できれば眺めの良い部屋にして欲しい
ことをメールで送った。折り返し“遅くなっても到着をお待ちしています”と返事があった。
正面に山が見える部屋を用意してあったので嬉しかった。
オクトパスを通したので聞き入れてもらえないと思っていたが、言ってみるものだ。

(困ったこと) =5つ星なのにドアマンもポーターもいなかった。到着した時に団体客がバスで帰ってきて
ほぼ同時に入って混雑したから?しかしその後もそのような人は見かけなかった。
いない筈はないと思うがどうなんだろうか。

ホテルの裏はアーレ川が流れていて、コの字型に部屋が配置されている
写真によると、5階は正面中央の3部屋を挟んで、両側にタイプの違う部屋があるようで、
415号室の並びの5部屋は、ベランダに仕切り板〈パーテンション?)がないので、お見合いしてしまう。
いい気分でワインを飲んでいる時に鉢合わせするのはちょっと辛い。

冷蔵庫に鍵がかかっていて開けるのに一苦労した。
部屋の鍵と共通なのだが、この冷蔵庫には取っ手がない。
左に回して手ごたえのあるところで止めて開くのだが、鍵だけが抜けて扉は閉まったまま。
何回もやり直してやっとの事でコツをつかんだが、一度閉めるとまたやり直し。
結局なるべく開け閉めしないようにして、鍵はそのまま挿しておくことにした。
これとレセプションの態度の悪さで、旅の疲れが一気に出た。

(朝食) =さすが5つ星、豪華で充実していた。
温かいものは、ハム、ソーセージ、ベーコン、オムレツ、スクランブルエッグ、(温めた皿あり)。
ハム、チーズ、サーモン、ヨーグルト、果物、ジュース(自分でも作れる)、
シャンパン(一口だけでも飲んでおけばよかった(悔))。
コーヒー、紅茶、野菜など、実に色々。ティポット・ミルクポット・カトラリーは銀製品。皿はホテルのロゴマーク入り

2面がガラス張りのレストランで、大きい庭を見ながらいただく。
小鳥のさえずりが聞こえて、いい雰囲気。

(宿泊客の客層) =最初は欧米人がちらほらと日本人らしい男性が1人。
2日目からどこかの会社の会議でもあったのか、大勢のビジネスマンを見かけた。
殆ど欧米人だが中国かシンガポール系が数人。 

(車椅子等の対応は?) = 部屋の入り口に少し段差があるが大丈夫と思う

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =第一印象が良くなかったので気分が悪かったが、そのうち段々治まってきた。
帰る頃にはもっと泊まっていたいと思うようになっていたから不思議。
なにか特別にサービスを受けた訳でもないのに、何故かと考えたのだが、
もしかしたらこれが、このホテルの持つ魅力というものかもしれない

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(チューリッヒ)Hotel Wellenberg:風見鶏ママ 様
2742
: 2006/07/05(Wed) 09:45:51
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(チューリッヒ)Hotel Wellenberg:風見鶏ママ 様

(場所) = (スイス)チューリヒ

(ホテルの名前) = Hotel Wellenberg
http://www.hotel-wellenberg.ch/

(宿泊時期) = 2006年6月上旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 日本式3階? 308号広場側

(部屋について(雰囲気など)) =広場側に窓があるので、明るい。人も車もよく通るが窓を閉めると静か。
スーツケースを2つ広げても余裕がある広さ。
壁にソフィア・ローレンのパネル写真が2枚飾ってある。

(部屋の家具・備品) =ドアを開けて右手に洋服掛け、上に棚。
黒い扉のうち3分の2はクローゼット、3分の1はミニバーと金庫。
テレビ、電話、机、椅子1脚、丸テーブル、ソファ2、折畳式のスーツケース置き1。
ポット、コーヒーカップ2、コーヒー、ティーバッグ。ウェルカムフルーツ、ミネラルウォーター1本。 

(バスルーム) =バスタブ付き、シャワー、ドライヤー、ガラスコップ、ボディローション、シャンプー、
爪やすり、ソーイング、靴べら、綿棒、シャワーキャップなど。
タオル・マットは新しく清潔。
お湯の出、排水、換気は良くない。
お湯の温度がなぜか一定でなく、適温にしていたのにさめていた。
この日は寒かったので、バスルームがなかなか暖まらなかった。

(冷蔵庫) = あり。アルコール、ジュース、水。

(部屋について、その他) =ヨーロッパにしては照明が明るい。ガイドブックを見るのに大助かり。

(リフト) =フラツ−の利用談に2基とあったが、1基しか覚えていない。空港から直行して疲れていたのかも?

(レセプション) =チェックインの時は若い女性が1人。感じが良かった。
早朝は若い男性が1人。この人も愛想が良い。

(スタッフ) =日本語は通じない。英語で。カタコトの英語でも理解しようとしてくれる。

(宿泊料) = 29,200円(朝食込)。

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) =返事は早かった。
メールに予約ナンバーがあり、クリックしてバウチャーを印刷する。

(ホテルへのアクセス) =チューリヒ中央駅から歩いて10分以上かかった。
近くに市電が走っていて、駅まですぐ着く。

(ホテル周辺の雰囲気) =市電に沿ってお店があり、ウインドーを見るだけでも楽しい。治安は良いと思う。

(ホテルの選択基準) = フラツーとアップルの体験談を見て。

(困ったこと) =最初ホテルにメールで問い合わせたが、満室だったのか返事がなかった。
その後オクトパスで予約出来たのだが、ホテルに着くのが19時過ぎるとメールを入れても、
また返事がなかったので、キープしてあるか心配だった。

鏡が多く、各階(といっても1階と3階しか見ていない)廊下に何か所もあるので、不思議な雰囲気。

(朝食) =パン、ハム、チーズ、ヨーグルト、コーヒー、紅茶、ジュース、シリアル、果物など。
卵料理は別料金。中庭でも食べられる。
朝食室(レストラン)には一番乗りだった。他の宿泊客が来るまで、ウェイトレス2人の視線を感じて
落ち着かなかった。

(宿泊客の客層) = 欧米の中年層

(車椅子等の対応は?) = 多分大丈夫

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ポスキアーヴォ)Minotel Suisse Poschiavo:風見鶏ママ 様
2741
: 2006/07/05(Wed) 09:44:16
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ポスキアーヴォ)Minotel Suisse Poschiavo:風見鶏ママ 様

(場所) = (スイス)ポスキアーヴォ

(ホテルの名前) = Minotel Suisse Poschiavo
http://www.minotel.com/minotelPublic/main/basicHotelInfo.asp?hotelCode=CH164

(宿泊時期) = 2006年6月上旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 日本式4階 26号室

(部屋について(雰囲気など)) =最上階、屋根裏部屋のようだった。
小さい窓が高いところに1つあるだけなので、お天気が悪い日は暗いと思う。
窓の外は、机の上に立って背伸びしないと見えない。天井は低く斜めになっている。
スーツケース2つ広げても大丈夫。
簡素な部屋だが、値段から言えばこんなものかと思う。

(部屋の家具・備品) =テレビ、電話、ラジオ、
壁一面の扉を開けると両側に3段ほどの棚、中央にクローゼット(但し天井が低いのでかがんで出し入れ)、
上半身が写る鏡、学校にあるような机と椅子、ベッドの両側に引き出し付きの台。小さな金庫。
パネルヒーターが2か所、ウェルカムフルーツ。

(バスルーム) =広い。4畳半、あるいはそれ以上かも。天窓があり非常に明るい。
バスタブ、シャワーブース(固定式)、トイレ、ビデ、洗面台はダブルボウル。
鏡も2つで、開けると棚がある。洗面台の下も扉付きの棚。
ドライヤー、石鹸、シャンプー、ソーイングセット、ぬれティシュ(においがきつくて使わず)、パネルヒーター。
お湯の出、排水は良い シャワーカーテン・パネルなし。 

(冷蔵庫) =あり。アルコール類、ジュース、水、グラス2種類。

(パブリックエリア) =オーナーの趣味か、踊り場に多数の剥製(頭部とか胸からのものとか)。
廊下にいろんなトロフィー。

(リフト) = 1基

(レセプション) =チェックインの時、奥の方から声がするのに、なかなか出て来なかった。

(レセプション以外の館内施設) =バー、レストラン。

(スタッフ) = イタリア語と英語。チェックインの時の女性は殆どイタリア語で、お互いに簡単な英語で。 
チェックアウトの時は、シェフのような男性だったが、この人は英語が出来て、愛想も良い。
従業員同士はイタリア語。

(宿泊料) = 154スイスフラン(朝食込み)。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = 直接メールで 返事は早かった

(ホテルへのアクセス) = ベル二ナ線ポスキアーヴォ駅から歩いて10分以内。

(ホテル周辺の雰囲気) =舗装された道を歩くのでスーツケースを引いて行ける。治安は問題ないと思う。

(ホテルの選択基準) =ベル二ナ線の沿線で、かつ有名でないところに泊まりたかった。
スイス観光局のHPからここにたどりついた。

(よかったこと) =ガイドブックにもアップル他にも載っていないので、期待と不安があった。
小さな町だが、なかなかいい雰囲気で、我ながらここに泊まったのはヒットだった。
日本人は見なかったが、翌朝ティラーノへ行く為駅へ行ったら、どこからともなく人が集まって来て、
結構な人数になった。

(困ったこと) =安全のためにクレジットカードナンバーをFAXで送ったのに、確認書としてきたメールに
番号・有効期限がしっかり書いてあった 幸い今のところ何の被害もないが。。。

予約後MinotelのHPで価格を見たら安くなっていた。予約し直そうかとよく見ると、
何のことはない、ユーロ表記で同じ金額だった

(朝食) =落ち着いたいい雰囲気 中年のウエイターが飲み物をサービスしてくれる。簡単な英語は出来るよう
パン、ハム、チーズ、ヨーグルト、シリアル、コーヒー、紅茶、ジュースなど。

(宿泊客の客層) = 欧米の中年夫婦。

(支払い方法) = VISAカードで。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =ベル二ナ線(特急)は、サンモリッツから乗るより、ティラーノから乗る人が多いようです
私達はサンモリッツから途中下車しながら、何回も乗り降りしましたが、いつでも ティラーノからの電車は
満員でした。 これからシーズンにかけて乗られる方は、ご一考のほど。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ルガーノ)Best Western Albatro:風見鶏ママ 様
2740
: 2006/07/05(Wed) 09:41:50
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ルガーノ)Best Western Albatro:風見鶏ママ 様

(場所) = (スイス)ルガーノ

(ホテルの名前) = Best Western Albatro
http://www.albatro.ch/index_en.htm

(宿泊時期) = 2006年6月上旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 日本式5階 道路側

(部屋について(雰囲気など)) =窓からルガーノ湖とモンテ・ブレ?が見える。
一枚ガラスの窓は、下側を外へ押し出して開ける(最大20センチ程度)。
さほど広くないが、スーツケース2個は十分広げられる。
ヨーロッパのホテルにしては珍しく天井にライトがあるので、明るい。

(部屋の家具・備品) = テレビ、ラジオ、電話、テーブル、ソファ 壁に全身が映る鏡、水彩画、
ベッドの両脇に引き出しつきのチェスト、クローゼットの中に3段の引き出し、靴磨き。

(バスルーム) =バスタブ付き。トイレ、ビデ、シャワー可動式、ドライヤー、シャワーキャップ。
壁に備え付けのシャンプー、コップ2個。
お湯の出、排水とも良い。

(冷蔵庫) = あり。持参の物を入れるスペースあり。

(部屋について、その他) =予約確認書では、スタンダードの料金でデラックスの部屋になっていたが、
そんな風には思えなかった。

(パブリックエリア) =建物の真ん中に流線型の螺旋階段があり、コの字型に部屋がある。
階段の手すりと部屋のドアは、紺系の同じ色でステキ。

(リフト) = 6人用が1基。

(レセプション) =チェックインの時若い女性が1人、最初はイタリア語、途中から英語で。
イタリアなまりというか、聞き取りにくい英語だった
チェックアウトの時は、別の女性。どちらもテキパキして感じがよかった。

(レセプション以外の館内施設) = レセプションの横に5〜6席のカウンターバー、レストラン、その他は不明。

(宿泊料) = 308スイスフラン(朝夕食付き)。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) =Best WesternのHPから。
日本語を選んで部屋のタイプ・宿泊日などを入力、その後こちらの住所を入力する段階で次へ進まなくなった。
コールセンターへ問い合わせたが、何度やり直しても出来ない。
結局センターから予約という形になった。

(ホテルへのアクセス) =アップルの体験談でSSBルガーノ駅から近いというので決めたが、思ったより遠かった。 徒歩約10分。駅前の地図もわかりにくかった。
駅の中に、湖畔沿いの中心部へ行くケーブルカーがある。

(ホテル周辺の雰囲気) =南国のリゾート地という雰囲気で明るい。
街全体が高級な感じで治安は良さそう。

(朝食) =サーモンピンクのテーブルクロスに黒の椅子。いい雰囲気だが内容はお粗末。
パン、ハム、飲み物など、種類も量も少ない。
てっきり準備中かと思って座っていたら、自分で飲み物を入れるように言われ、他に何も出てこなかった。
終わった頃にパンの補充と果物を少し持ってきたくらい。
私達のほかに誰もいないのに、ウェイターがテーブルの側を何度も行ったり来たり。 
それもせかせか歩くので落ち着かなかった。 

(宿泊客の客層) = 欧米の家族連れ、夫婦。

(支払い方法) = VISAカードで。

(車椅子等の対応は?) =道路から階段が10段くらいあり、結構きつい。
直接入るドアもあり、リフトでも行けるかもしれないので、事前に確認してみてください。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆

(他の方へのアドバイス) =食事を期待してはいけません。
夕食も期待はずれ、似たようなこってりしたものが2皿続いて出た。ボリュームはあったが、イタリアに近いので
楽しみにしていただけにガッカリ(好みの問題なので一概には言えないかもですが)。 

ティラーノ〜ルガーノ間は、道が細いところが多い。カーブに差し掛かると車同士は良いが、
バスとはすれ違いができなくなる。車で行かれる方は要注意。
バスは前進のみで、乗用車がバックすることになります。通行量が多いので後続車が次々来て焦るかも。
ちなみにバスのドライバーはかなり上手です。

ルガーノはスイスというよりイタリアのイメージ。1泊だけではもったいないと思った。ぜひのんびりしてください。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(トレド)Paradores de Toledo:風邪引き花や 様
2739
: 2006/07/05(Wed) 09:39:01
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(トレド)Paradores de Toledo:風邪引き花や 様
 
(場所) =(スペイン)トレド

(ホテルの名前) = Paradores de Toledo
http://www.parador.es/castellano/paradores/ficha.jsp?selparador=079

(宿泊時期) = 2006年6月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = シングル

(部屋の階&立地) = おそらく日本式2階 26号室。

(部屋について(雰囲気など)) =シングル部屋だったので、ほかの部屋に較べると狭いようだったが、
1人利用では問題なし。ただし、部屋からは旧市街はみえない。プールと周囲の山がみえる。

(部屋の家具・備品) =古い感じの雰囲気のあるつくり。水周り、電気系統は改装されているらしく
不自由は感じなかった。
クローゼット(中に金庫あり。使い方不明)大きめの鏡のついたテーブル、椅子1脚。1人用ソファー1脚。

(バスルーム) =備品はパラドール共通のもの。歯ブラシ以外の一通りのものはそろっている。
ドライヤーはホースタイプのもの。使い勝手はあまりよくない。
清潔感、お湯の出具合は問題なし。
シャワーヘッドは固定式と動かせるタイプと2つついていた。
スペインに共通するのかもしれないが、バスタオルが巨大だった。

(冷蔵庫) = あり。コーラは2.1euro。

(エアコン、クーラー) = あり。

(パブリックエリア) =旧市街を見渡せるテラスは宿泊客でなくても利用できるので、
夕方から夜にかけてにぎわっていた。午前中は比較的静か。

(リフト) = 2基。2人と荷物1つでいっぱい。常に階段を利用していた。

(レセプション) =特に問題なし。どちらかといえばフレンドリー。
1人〜3人在中。それほどまたされることもない。

(レセプション以外の館内施設) =売店。
バー、テラスにて軽食可。コーラ2,71euro、サングリア2杯 ホットサンドイッチ、オリーブで10,27euro。(税別)
レストラン:朝食はビュッフェ、利用していないので 内容・料金は不明。
昼食はセットメニュー有り。飲み物付21euro。税金別。利用していないので時間、雰囲気は不明
夕食はセットメニューまたはアラカルト。セットメニューは前菜、メイン、デザートでいくつか選択枝あり。28euro。
飲み物、税別。時間は20:30〜。当日でいいので予約したほうがよい。英語表記があり、
レストラン前にでているのを写真に撮り、辞書で調べてから利用した。1人でも問題なく、利用しやすい。

(スタッフ) = 英語可、日本語不可。

(宿泊料) = 78,4euro+IVA7% 部屋代金のみ。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) =パラドールの総合サイトよりインターネット予約。
英語表記があるので、ネット予約の経験がある方なら問題なく予約できると思う。
最初に個人登録をしてから、予約する。
予約完了時に1泊目宿泊代がカードにチャージされる。
予約の閲覧 変更 キャンセルも サイト上で可能。
ただし、人気があるようで、2ケ月前の予約でもシングルしか予約できなかった。

(ホテルへのアクセス) =公共機関でのアクセスなし。トレド駅および旧市街からタクシーで。10euro未満。
ただし、トレド駅および、トレド旧市街には、タクシーがほとんどいない。
また、ホテルから呼んでもらう場合でも、少々時間がかかる。つかまりにくいようだった。

(ホテル周辺の雰囲気) = トレド旧市街を見渡せる山の中腹にあり、周囲には なにもない。

(ホテルの選択基準) = パラドールにとまりたかった。

(よかったこと) =とにかく、旧市街を見渡せる眺望のよさ。残念ながら部屋からは見えなかったが、
その分テラスでサングリアをのみ、オリーブをつまみながら、まったりとできた。
レストランも利用しやすく、2回とも夕食をホテルのレストランでとった。

(困ったこと) =宿ではないが、深夜0時〜1時にかけて花火がうちあげられていた模様。
部屋からは見えなかったが、断続的に音がした。
とにかく、スペインでの夕食開始時間の遅さ。早くても20:30〜。

(朝食) =ビュッフェのようだが、利用していないので不明。

(宿泊客の客層) =個人客、家族連れ。結婚式も行われていたようだった。
英語、スペイン語、フランス語等聞かれたので、おそらくヨーロッパ中の観光客。
日本人も結構見かけた。昼間JTBのバスが止まっていたので、昼食で利用されていたのかも。
また、団体ツアー客の宿泊・夕食利用もあったよう。どこのツアーか不明だが、ゆったりとした雰囲気があった。

(支払い方法) = VISAで支払い。T/Cは不明。

(車椅子等の対応は?) =旧式のリフトはあるが、それに乗るためにも階段を利用したので、
車椅子の利用は苦しい。

(子供連れでも場をこわさないか?) = どちらともいえない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = シングルにはありませんが、ツインの部屋にはテラス付の部屋が多いので
早めに予約したほうがよいと思います。いろんな部屋タイプがあるらしく、ネット予約時にあいていれば
選択可能です。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ツェルマット)Hotel Metropol & Spa Zermatt:風見鶏ママ 様
2738
: 2006/07/05(Wed) 09:36:19
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ツェルマット)Hotel Metropol & Spa Zermatt:風見鶏ママ 様

(場所) = (スイス)ツェルマット

(ホテルの名前) = Hotel Metropol & Spa Zermatt
http://www.minotel.com/CH336/

(宿泊時期) = 2006年6月上旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 日本式3階 10号室 マッターホルン側

(部屋について(雰囲気など)) =山側一面に窓とガラス張りのドア。部屋とベランダからマッターホルンが見える。
簡素だが清潔。改装して間がないのか、木のいい匂いがする。
 
(部屋の家具・備品) =テレビ、電話、ソファ2、丸テーブル、椅子1脚、セイフティボックス、絵葉書。
使い捨てスリッパ、グラス3種類、ウエルカムチョコ。
ベランダに椅子2脚。

(バスルーム) =バスタブ付き、可動式シャワー、ドライヤー。壁に固定されたシャンプー、拡大鏡。
ガウン、バスタブ幅(長さ?)一杯の折りたたみガラス製はねよけ、約20センチ四方の窓。
新しくてきれい。お湯の出はよいが排水は少し悪い。

(冷蔵庫) =あり。 アルコール、ジュース類。

(パブリックエリア) =ラウンジがレストランの横に2か所、広い。
どちらにも上質のテーブルと椅子がたくさんある。
窓の方はカウチソファ。本棚に写真雑誌が多数あり、日本を紹介する本もあった。
もう1か所にはゆったり座れるソファがあり、ちょっと暗めでムードがある。

(リフト) = あり。4人乗りが1基、スーツケースを持ったら3人程度。

(レセプション) = 非常に良い。

(レセプション以外の館内施設) = プール サウナ スポーツジムなど。

(スタッフ) = 英語可。全員愛想がいい。

(宿泊料) =250スイスフラン(朝食付き、上記施設無料使用)。
電気自動車で駅からホテルまで1人3スイスフラン。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) =ホテルへ直接メールで空室確認、返事は早かった。
プロモーションを問い合わせたが、返事がこなかったが、最初の返事が早かったところから、ないものと判断、
提示された条件で予約のメールを入れた。
カードナンバーをFAXで送信、確認メールはすぐ来た。
日本を出る前に、ホテルに着くのが遅くなるかもしれないとメールしたら、
“心配後無用、部屋はキープしておきます”とすぐ返信があった。
実際には5時頃着いたが、このメールがあるだけでずいぶん安心だった。

(ホテルへのアクセス) =ツェルマット駅から徒歩10分以内。
電気自動車は使わなかったので不明。
近くにスネガ展望台行きのケーブル乗り場。

(ホテル周辺の雰囲気) =川のそばにあるが、窓を閉めれば静か。治安は良い。

(ホテルの選択基準) =部屋からマッターホルンが見えて、値段が高くないこと。
アップルでの評判が良かったのが決め手になった。

(よかったこと) =アップルの評判どおり、カーネルおじさん似のオーナーが温かかった事。ホテルに着いた時
わざわざ外へ出て迎えてくれた。そして“よく来てくれました”と握手をされた。
チエックインの後も、私達を見ては声をかけてくれるなど、非常に気さく。
ホテルを発つ時も外へ出て見送ってくれた。

2年前に日帰りで来た時、雲がかかって見えなかったので、今回はリベンジ。
幸いお天気がよく、着いた時からず〜っと見えた。しかも真正面に。
特に朝焼けのマッターホルンと対面した時は感動した。

(困ったこと) = いい意味でオーナーの人柄の良さにびっくりした。

(朝食) =三面がガラス張りの明るいレストランで、マッターホルンを正面に見ながら食事できる。
外でもOK。パン、ハム、チーズ、ヨーグルト、シリアル、果物など、種類も多くおいしい。

(宿泊客の客層) =朝食の時に、欧米の夫婦何組かと、日本の熟年・若い夫婦5組ほどを見かけた

(支払い方法) =VISAカードで。

(車椅子等の対応は?) =川沿いの道からは階段を上がるので無理。でもどこかに段差のない入り口が
あるかもしれない。近道?の方からだと大丈夫かも。いずれにしても事前に確認してください
館内はOKです。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =”マッターホルンが正面に見える部屋”と指定してください。
どの部屋からも見えるわけではないようです。
とても居心地のいいホテルです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
雑貨ですが
2736
: 2006/07/05(Wed) 00:25:30
森の子chaorin

雑貨ですが、高いですけど私は、TANGOのバックが大好きです。ここのバックの革はイタリアの物で一流ブランドのバックに使われるものと同じだそうです。もうご存じかもしれませんね。確か伊勢丹に入っていました。あと、げいそーんのデパートにも洋服屋さんの中に売っていたりしました。夏でしたらセールでお得だと思います。

 あとは、ソフィテルシーロムホテルの通り、に、かわいい雑貨屋さんがありました。子供用の布絵本とかがおいてありました。鍋つかみとかすごくかわいかったですよ。

 あとは、私は体験したことないですが、バニヤンツリーのエステ。ガーデン側をリクエストできたらとても気持ちいいとか。いつか行ってみたいです。

 いいですね。フォーシーズンはあこがれのホテルです。げいそーんの中のカフェのカレーはおいしかったです。

 楽しい旅行になるといいですね

 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
バンコクでのスリ体験
2735
: 2006/07/05(Wed) 00:06:36
森の子chaorin

皆さん。こんにちは。管理人さんお久しぶりです。

海外旅行が大好きな私ですが、最近はじっと我慢です。はーーーーー。

 さてさて、管理人さんは、もうバンコクへ行かれましたか?まだでしたら・・・・参考までに。

 私が、パリの帰国報告で書きましたスリに遭ったのは、バンコクのBTSの中です。
 両手に荷物を持ち、斜めかけのバックをかけていたのが、失敗でした。警察に行って事情を説明すると、まわりのみんながぐるだと言われました。
 まず、混んでいたので、ドア付近にたちましたが、ドアが閉まった直後、私の前を横切った女性が一人。後、電車の揺れに応じて前の2名の男性が、押してきました。たぶんそのときにすられたと思います。切符を買うときにきっと財布を確認した別の人物もいたと思います。すられたのは一駅区間でした。

 3年前夏のことです。警察には、日本人専用ブースもありました。(被害に遭う人が多いのでしょうね)最近は、治安が悪化しているのでしたら、よけいに気をつけた方がいいのでしょうね。

 海外慣れを少しして、油断したのが失敗でした。
 基本ですが、バックにはいつも手をかけておくこと、あけにくいバックにすること、お金は、小分けして、電車賃くらいのは入れるところを別にしておくことが大切と思いました。
 幸い旅の終わりでしたので、現金2万くらいとカードでしたが、それでも警察に行くタクシー代は友人に払ってもらいましたし、そこに事後処理に4〜5時間はかかりました。
 やはりトラブルには遭わないにこしたことはありません。
 

 バンコクは、すごくきれいなデパートもあり、ショッピングはすごく楽しかったです。ジムトンプソンではスーツをオーダーしましたが、やはり、こういう形とはっきりしていないとなかなか気に入った物にはなりませんね。
 確か、3〜4万くらいでした。

 皆さんも気をつけて楽しい海外旅行にしてくださいね。

 
> (管理人一部修正)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
たたき台を 練りにかかります。
2734
: 2006/07/01(Sat) 12:42:51
Chun3(管理人)

そろそろ夏前のガイド新版本もでそろったようなので
本屋のぞいてきました。

でも、気概がないことで、まことにはずかしいのですが
滞在がちょこっとだけ かつ 活動予定?が少ないので、本を買うほどかどうかお悩み中。。。
(WEBで入手できるようなものはけっこう印刷した)

買ってもたぶんいらなくなるだろうしなぁ。。。
(リピートしろよ〜 というリング外の声が聞こえてきますわぁ〜)

7月下旬は忙しくなるだろうから、7月の前半で
調べごと仕上げておかなくては いけませんね。

皆様の色々なアドバイスをもとに
たたき台を 練りにかかります。 ありがとうございます〜

・・・「辛くないモン」あるかなぁ(これが一番心配^^;)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: エアラインアンケート 日本航空(JL)関西〜ロンドン:白あん黒あん 様(訂正)
2733
: 2006/06/30(Fri) 20:39:23
白あん黒あん


> (搭乗クラス) = ビジネスクラス

オーバーブッキングのため。購入したクラスはエコノミーです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: テルミニ駅チケット販売機のおつり
2732
: 2006/06/30(Fri) 18:19:59
黒猫彗々

そうそう、思い出しました。

過去、電子辞書が一番活躍約したというか、役に立ったのが、
一番初めに、この紙切れに遭遇したときでした。

田舎の駅で、画面のついた券売機が見あたらなくて、仕方なく
苦手な画面なしの券売機でチケットを現金で購入したとき、
お釣りが出てこなくて、代わりにこの紙切れが...。

何ぃ〜、お釣りは取られたんかい?と一瞬思いましたが、
ひとまず紙切れに何と書いてあるか読んでみんべぇと、
乗り込んだ列車の中で、電子辞書様にお伺いを立てたところ、
お釣りの代わりだヨ〜ん、というのが分かり一安心。
もちろん、この時は、降りた駅で即現金化しました。
これが、この紙切れとの初めての出会い。

会話の最中に電子辞書などそう役に立つものではありませんが、
この時は、持っててよかった「電子辞書」っていう感じでした。

だって、イタリアの券売機ではお釣りは出てこないことがあるって
書いてある旅行のガイドブックがいっぱいあったし、
逆に、こんな紙切れのことを書いてあるのは見たことがなかったから、
電子辞書でパパッと引いて意味が分ったから換金できたけど、
すぐに分からなかったら、わたしも捨ててしまっていたかも...。

そして真相は一切分からないまま「イタリアの国鉄はヒドイ」とか、
帰国してからどこかに書き込みしてたかも、と考えると怖い(笑)

>本当は、私は、どうしたらよかったのでしょうか

なんて書けるにゃんこ大魔王様は、大人だと思いますヨ。ハイ。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^3: たたき台
2731
: 2006/06/30(Fri) 17:27:56
コゲコゲしゃとー

こんにちは〜。
久々にこちらを覗いたら管理人様はタイに行かれるんですね!
数年前に行きました。なつかしい・・・

ちなみにpinokkin様もおっしゃってたように、スコータイホテルは
最高です!以前3泊しましたが他のホテルとは何かが違います。
まず内装。
ゴージャスというよりはタイらしさを前面に押し出した上品な
雰囲気です。
ホテルスタッフも教育が行き届いており、私の中で『もう一度
泊まりたいホテル』ベスト3に入ります。
あそこの朝ごはんはビュッフェ形式で全ておいしかったですけど
後から聞いたらクロワッサンが美味しくて有名なんだそうです
(タイなのに・・・)。
バンコク中心部から少し離れていますが、確かメトロの駅が
近くにあったはず(この辺記憶があいまい・・・違ってたら
ゴメンナサイ)。
中心部で遊びまくるぞーって人には不向きかもですが、
ホテルにこだわりたいかなって人には絶対スコータイを
オススメします。
以上、今後バンコク行きを考えている方へのご参考までに。

ちなみにアユタヤのおみやげ屋さん。バンコクより安いです。
タイではちっちゃいミニチュアのフルーツバスケットとか
ティーセットとかわんさか買ったんですが、同じものでも
アユタヤが一番安かったです。

楽しい旅行になることを祈ってます!

ちなみに私の場合、今年の夏は留守番組。
なので既に「来年の」夏の旅行のことで頭がいっぱい(笑)
掲示板違いですが、行き先はサン・マロ&パリ。
サン・マロなんかもうホテルの予約しちゃったし〜♪
HOTEL BEAUFORT3泊です。
ああ、先は長い・・・。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^5: テルミニ駅チケット販売機のおつり
2730
: 2006/06/28(Wed) 18:59:27
にゃんこ大魔王

> あの〜
> 私の体験ではなくて、聞いた情報ですが
> もしかして、キヨスクでレオナルド・エクスプレスのチケットが買えたかも・・・

はあい。そうです。アトで考えたら知ってました。一番乗り場に近いキヨスクは高いというのが、某ガイドブックに出てましたね。更に、電車の入る専用ホーム際で駅員さんが売ってました。
暑いし、他の販売機空いてるにも関わらず、1、2m先で立ってこっちを見つめる人が気になって焦っていたし、よもやお釣りがチケットと同じ紙で出てくるなんて、想定外でして。あ、あと、ツレの呑気さ加減にも怒ってました。短気は損気、されど糠に釘。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^5: テルミニ駅チケット販売機のおつり
2729
: 2006/06/28(Wed) 17:56:04
黒猫彗々

た・し・か・に!!

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^4: テルミニ駅チケット販売機のおつり
2728
: 2006/06/28(Wed) 17:53:04
さくらさけ

あの〜
私の体験ではなくて、聞いた情報ですが
もしかして、キヨスクでレオナルド・エクスプレスのチケットが買えたかも・・・

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート 日本航空(JL)関西〜ロンドン:白あん黒あん 様
2727
: 2006/06/28(Wed) 14:04:52
はみだしエアアン担当

エアラインアンケート 日本航空(JL)関西〜ロンドン:白あん黒あん 様


(搭乗時期) = 2006年5月下旬

(航空会社) = 日本航空(JL)

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 関西国際空港


(出発空港の様子) =
事前にネットで5%OFF券をプリントアウトしておいて免税店で使用した
4階国際線出発ロビーの両替所は列ができていたので、2階(国内線)の端の三菱東京UFJまで行って両替した

(到着地&ターミナル) = ロンドン ヒースロー空港 ターミナル3

(到着空港の様子) =
荷物のターンテーブルの所に両替所があるのでスーツケースを引き取る前に両替できた
アメックスで両替したが日本人係員がいた

(機体) = B777−200 座席は2-3-2列 シェルフラットシート

(機内食・飲み物) = メインの食事は和食を選択
おかずはともかく白ご飯がおいしい
2回目の食事(軽食)は好きな時に何度でもというスタイルで、おでん、うどん、ラーメンなど
鮭茶漬けを頼んだがご飯にお茶漬けの素といった簡単なものだった
でも、白ご飯が機内で食べられるのでそこそこ満足。おなかにもやさしい

(座席) =
各座席にエビアン500ml、スリッパ
アメニティグッズはメインの食事後、歯ブラシ、耳栓、アイマスク、マスクなどが配られ各自必要なものを取る
ロンドンの簡単なガイドブックが貰えた。薄いので持ち歩きに便利だった

(マイレージ) = JAL悟空なので70%

(航空券の入手方法と時期) =約2ヶ月半前にJALに直接電話
ユーロスターも手配してもらった。その場合はWEB悟空は利用できない

(価格) =
前売り悟空21で120,000円、ユーロスター13,000円、税など約17,000円、計150,000円
サブクラスはX

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 |

- WebForum -