[リストへ戻る]
新着表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
いちおう全体ルート
4759
: 2007/06/18(Mon) 19:27:23
Chun3(管理人)

前後の参考までに、ルートを記載させていただきます。


今回の旅のテーマは 「船と 海産物をしこたま食う」です。
美術館系は時間や同行者の兼ね合いもあり、かなり削ぎ落としました。


バルセロナ (船舶博物館と教会ちら見)

→ ヴィルフランシュ (モナコへバスとSNCFで往復しようと計画。モナコでチョコ食って、海洋博物館ぐらい。
あと、ヴィルフランシュでゆっくり散策。)

→ ローマ近郊 (ローマ市内建造物系(非美術系)、水道橋、ヴィラ・アドリアーナ)
 #ヴィラ・デステが休みなので残念!

→ ナポリ (アマルフィ?)★今回の話題

→ マルタ島

→ パルマ・デ・マヨリカ島

といったルートになります。


基本コンセプトは、なにせ船旅自体が移動型?ですので、
陸では、できるだけポイントを1つ作るぐらいで、ゆっくり、と考えています。

参加者気質としては、
なんもない退屈なところでもゆっくりできる2名です。
(例をあげると、MSMに5時間以上いて後悔ありませんし
 MSMの修道院の、西のテラスに40分以上いてひたすら眺めて満足している2名です・・・^^;)



ちなみに1週間 船のってますんで、相当晩〜朝の景色は堪能できると思われます。


ポジターノやソレントも寄りたいなぁとおもいますが
欲をだしては、、と逡巡中です。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
アマルフィ海岸(質問)は相当くねくね?
4758
: 2007/06/18(Mon) 18:59:16
Chun3(管理人)

また、こちら類似スレッドの間借りで、すみませんが、
質問させてくださいますか。よろしくお願いします


7月に、クルーズの途中にナポリに1日寄港します。
自由時間で、余裕を見た上で9時間程度。日帰り行動を立案中です。
お気づきの点や、こうだったよ、ここは注意したほうがいい、などあればよろしくお願いします

==================

諸条件からバスではなく、ゆっくりできる個人専用車で検討中。(あてアリ)


当初、一番ベタ?な ポンペイ+アマルフィ海岸で、1〜2箇所とおもっていました。
が、モデルパターンをみると、結局乗物ばかりでせわしくなりそうです。(ありがちですよね)
おもいきってポンペイを落とし、アマルフィ海岸のみで考え直している最中です。

(あるいは、せっかく安全な専用車なので
午前オープニングにナポリで思うところを1箇所いれてもらおうかと+アマルフィなど。)

 #ポンペイはせっかく近くまでいくのに惜しいのですが。今後も
 チャンスはありそうなので。

車に弱いこと、ナポリから1時間半〜2時間ぐらいかかるそうで、混雑期でもあり、
おもっくそ削ぎ落として1箇所にして、ゆっくりしようかな〜ともおもっています。
(寄港地自体が多いから、せめて・・・と。)


そこで一つ避けてとおれない問題が発生します。
海岸ぞいは 相当なくねくね道だそうですが、やっぱ相当?でしょうか?

なにぶん車酔いしやすい体質なので、途中ナポリ港→アマルフィの道中を心配しています。

ここで停まったら?とか、休憩に適した村があるよ、という場合、ぜひとも
アドバイスよろしくお願いします
(地図をにらんだり、車の会社とも相談はしますが まずアタリをつけてみたいので、
何か実際にはしられた方で、心当たりがあればよろしくお願いします)

バスにしないのも、まぁそういうアタリの理由が・・・
(わたしは六甲山に普通にのぼっていく阪急バス(路線バス)は信じられないぞ〜〜!)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート(イタリア) 2007年5月 azumi@az 様
4757
: 2007/06/18(Mon) 11:01:55
Chun3(管理人)

全体アンケート(イタリア) 2007年5月 azumi@az 様

(旅行の時期) = 2007年5月上旬

(全体の泊数) = 6泊

(訪問地) =
イタリア・パドヴァ(1泊)、ガルダ湖畔・シルミオーネ(2泊)、ヴェネツィア(3泊)

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: 旅行代理店
ホテル: ホテルのWebサイトまたは直接メール
レンタカー: Webサイトで予約し、変更は電話で

(同行者) = 配偶者

(気にいったところは?) =
パドヴァ近郊にあるミシュラン三ツ星レストランの「Le Calandre」。
シルミオーネからヴェネツィアに移動する途中、ランチに立ち寄った。
田舎の平日ランチとあって、客は私達を含めて3組と少なかったが、サービスも
料理も素晴らしかった。

特に、店のスペシャリテ「イカ墨のカプチーノ仕立て」はとっても好みで、
この一品のためだけでも「また行きたい」と思わせてくれるものだった。

私は運転手なので、配偶者だけワインをもらうと話したら、アラカルトで頼んだ料理に
合わせてグラスワインにしてはどうかと勧めてくれた。
赤・白それぞれ3種類のお勧めの中から1種類ずつ選んだ。どちらも料理と
すばらしい組み合わせだったそう。
特に、メインの鳩料理に合わせた赤ワインには、今まで見たことがないくらいに
連れは感動していた。

デザート時には、サービスの男性が「日本から来られたんですよね?」と、
4月末に東京の新丸ビルにできたばかりの「il Calandrino」のネームカードを持ってきた。

また、店を後にする時、最後にアライモ兄弟(シェフと総支配人の兄)の見送りがあった。
食事中にもシェフの挨拶があったのだが、見送りしてもらう方がより嬉しいものだなと思った。

(旅の手配で困ったことは?) =
出発前日に、配偶者の国際免許証の期限が切れていることが発覚した。
その日は祝日だったのでどうしようもなく、今回はドライバーは私1人と腹をくくるしかなかった。
レンタカーの予約などを全て配偶者の名前で行っていたため、予約を変更する必要があった。
が、レンタカー会社は祝日で休み。
Webでは予約名の変更ができないので、翌日、成田空港でレンタカー会社に電話して、
私名義に変更してもらった。
慌しかったが、キャンセル料も発生しなかったし、レンタカー会社の親切な対応に感謝。


ヴェネツィアのホテルの選択は迷いに迷った。
希望は大運河沿いの名だたるホテルのいずれかだったのだが、ホテルの写真を見ても
どれもピンと来ない。
宮殿風のゴージャスな部屋に憧れて育ったはずなのに、年齢と共に余分なものが
いらなくなってしまったのだろうか。
結局、選んだのは、シンプルでスタイリッシュなデザイナーズ系B&Bだった。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
最近は、日本のピークシーズンの旅行なのに1ヶ月を切ってからしか
本格的な手配ができず、毎回、気分は綱渡り。
でも今回も、なんとか希望を満たせる行程を組むことができてよかった。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
旅行中になくしもの。
貴重品・高級品の類ではないのだが、愛着のあるものだったのでかなり落ち込んだ。
途中で何とか気分を入れ替えたが、思い出すと今でも心が痛む。
「持っていかなければよかった」とは思わないのだが、うっかりなくしものを
するということは、何か油断したりしているのかなぁと深く反省。

日本からの到着日、パドヴァ旧市街にあるホテルまでたどり着くのに苦労した。
一方通行が多い中、ホテルすぐ近くの道が工事中で通行止めだった。

ミシュランやGoogleで検索した詳細地図も持っていたのだが、それでも一通情報が
足りなくて、いろんなパターンを試してみたが、どうしても途中でホテルとは
反対方向に追いやられてしまう。

どれか一方通行を無視しない限り、永遠にたどりつけないのではないかと本気
で思った。

最後は自力で発見するのを諦めて、ホテル近くのアイスクリーム屋さんに道を
教えてもらって到着できたのだが、ここまで無力感を味わったのは初めてのこと
だった。

(現地にいってよかったことは?) =
ヴェネツィアに初めて訪れたのだが、到着日はどしゃぶりだったので印象は暗くて、最悪。
でも、翌日の昼頃からものすごく天気が良くなり、殊のほか海の色が
綺麗に見えた時には「実はこんなに明るい街だったのね」と印象が180度変わった。

ちょうどその、天気の変わり目の時はムラノ島にいたのだが、通りすがりのレストランが
運河上のテラスで昼のテーブルセッティングを始めていたので、ランチはそこに即決。
一番運河寄りのテーブルを獲得し、気分よく食事ができた。

でも、ヴェネツィアは、ちょっとテーマパークにいるような気分でもあった。
全く生活感が感じられなかったわけでもないし、「ここが本物」とわかっては
いても、他の名だたる観光地に比べてちょっと異質なものを感じた。


シルミオーネの公共温泉「Aquaria」ものんびりできてよかった。
ガルダ湖畔にあり、湖を眺めながら温泉に浸かることができる。
海水浴には早い季節だが、温泉ジャグジープールなので屋外でも問題なかった
日本のような熱い露天風呂ではなく、不感温度なので長くお湯の中にいられる
のも嬉しい。

日本出発前からイタリア到着後もバタバタしていたので、ようやく落ち着いた
気分になれた。

雲の多いはっきりしない天気だったことだけが残念。
すっきり晴れていれば、青いガルダ湖を眺めながら温泉できたのに。
なお、料金は、5時間利用、バスローブ・ソフトドリンク1杯付きの場合で35ユーロ/人。
デッキチェアやパラソルは自由に使える。

直営HPに「シルミオーネのホテル宿泊者は利用料金10%割引」という記述があ
ったので、受付時に交渉したらホテル名を告げただけで割引してくれた。
(最初にパスポートのコピーを提示したので、後で在籍確認したのかもしれないが)

(服装) =
オレンジ色の春コート。
どしゃぶりの日もあったので、やはりまだ、コートは持参したい。
写真にすると、天気の良い日はオレンジ色が映えて、見ていて楽しくなる。

三ツ星ランチは田舎だし、移動の途中なので、昼間の外出用ワンピースで。
あとは、普段着。

(次の旅行でやってみたいことは?) = 夏のエーゲ海でのんびり。

(お買物報告) =
レストラン「Le Calandre」の向かいにある系列の食材屋「a Vittorio」で、パスタや菓子類。
全く同じクッキーやジャムが、東京・新丸ビルの地下でびっくりするような
価格で売られているのを見て、もっと買ってくればよかったと思った。


ヴェネツィアのホテル近くにあったギャラリーで、ヴェネツィアの町をモチーにした小さなリトグラフ。
絵にぴったりの額縁に入っていた。


ムラノガラスのグラス、飾り皿、ネックレス。
MAXMARAで夏のワンピースと白いシャツ。

ショーウィンドウを見て一目惚れしたブルーノ・マリのバッグ。
店内でバッグを肩に下げて鏡の前に立ち、「どう?」と日本語でつれに聞いたら、
連れが答えるようも早く店員2人(男女1人ずつ)が「Nice〜!」「Very good!」と答えたのがおかしかった。

ヴェネツィア商人は関西商人に通ずるものがある、と聞いたことがあるが、なんとなく実感。

通りすがりのバッグ屋で、54ユーロとは思えないしっかりした作りのビジネスバッグ。
最初、他の店で同じバッグの色違いを見つけたのだが、店員に私の欲しい
色合いを伝えたところ、「ちょっと待ってくれ」と倉庫を見に行ったり、何軒も電話したりと、
一生懸命探していた。
他の色を勧められたのだが断ると、「あと1回だけチャンスをくれ」と、
またどこかへ電話したのだが見つからなくて、私よりもその店員ががっかりしていた。
これもヴェネツィア商人の粘り強さか?と思うと面白かった。

ヴェネツィアは「これが名物!」と土産に買って帰れるような食材・菓子類があまりないように感じた。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
たくさんありがとうございます
4756
: 2007/06/18(Mon) 10:15:25
Chun3(管理人)

たくさんありがとうございます。

行ってみたい町のひとつだったので、今回ゆっくりできないのは
非常に残念ですが、ちょっとまず見る、をコンセプトに?
あまりつめすぎずにいこうとおもいます。

ちょうど最近バルセロナのTV番組が多くて(楽しみにしていたものまで、見えてしまった・・・^^;)
見ています。

7月は、2週連続でTBS世界遺産がガウディ特集やるみたいですね。
http://france-tourisme.net/index-tv.htm
あまりよく背景をわかっていないので勉強していきまーす。

全体に暑い地域を 暑い時期にまわるので、
服装体力注意します。(寄港観光中は、ホテルに逃げ込めないし)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: バルセロナ 半日ちょっと
4755
: 2007/06/17(Sun) 18:19:46
arco de medio punto

バルセロナ、いいですよね。
独特の、混沌とした様々な魅力があり、大好きな街のうちの一つです。
ずいぶん前に4〜5日滞在したきりですが、
ゴシック地区の教会等の建築群やグエル公園、カタルーニャ美術館のことが、
今でもありありと思い起こされます。

午前中半日程度なら、
私も、2箇所訪問と 時間があれば買い物で
ちょうどかなと思います。

ご希望の見どころを回るとして、私だったら、
朝イチで地下鉄でサグラダ・ファミリア -->
メインの 海洋博物館 -->
時間があれば 買い物・・・とすると思います。

ガウディ建築がお好きであれば、
既出ですが、散策がてら、買い物がてら、
グラシア通りのガウディ建築を見るのもおすすめです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: バルセロナ 半日ちょっと
4754
: 2007/06/17(Sun) 16:23:44
ちゃぴ五人姉妹

バルセロナ、いいですね。
行ったことのある欧州の都市の中で一番好きです
(実はフランスよりも)。一週間以上いたこともありますが、
飽きませんでした。

バルセロナの7月は相当暑いです(経験あり)。
また、ご存知かと思いますが、スペインの食事時間は遅くて、
昼食が14時とか15時に開始、夕食で21時開始でも、普通です。
軽食や、観光客の多い店ではこの限りではないかもしれませんが。

なので、午前中半日ちょっととすると、屋内で1ヶ所見て、
時間があれば買い物、と予定しておいて、ちょうどだと思います。

グラシア通りには、ガウディの建築物でカサ・ミラという
アパートがあり、中を見学できます。ホテルから近くて、
屋内で、バルセロナならではという意味でお勧めです。

暑くない季節で、時間があれば、グエル公園もお勧めですが、
町の中心からちょっと離れているのと、メトロ駅からかなり
歩くのが難点です。7月に行ったことがありますが、茹で上がり
そうでした。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: バルセロナ 半日ちょっと
4753
: 2007/06/17(Sun) 01:44:01
lts3204

サグラダ・ファミリア教会は地下鉄駅のすぐ目の前でしたので、地下鉄を使われるのが便利だと思います。

建築に興味があればゴシック地区のカテドラルをご覧になるのもいいかと思います。カタロニア・ゴシックの代表例だそうです。ただ、2年前はファサードが修復工事中だったので、終わったかどうか調べてから行ったほうがよいでしょう。海洋博物館からも歩いていける距離にあります。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
バルセロナ 半日ちょっと
4752
: 2007/06/16(Sat) 03:36:17
Chun3(管理人)

スペインつながりで、こちらのスレッドにつけさせていただきます。

バルセロナに、来月土曜半日ぽっち(朝〜14時ごろまで)滞在します。
いちおう相方(男性)連れで、2名です。

クルーズ船に乗る日なので、あまり欲張らず、かつ効率よく考えたいのですが、
バルセロナに実際にいかれた方のアドバイスやヒントなど、またありましたら
よろしくお願いします

+++++++++++

長くてすいませんが、条件や希望を つれづれに書いて見ますと

・時間がちょっとしかないので、今回は美術系はおあずけ、
つれのことや、仕事ラッシュのあとの欧州移動(前日はのりついで22時すぎBCN空港着)も考え ゆっくりめに。

みたいところは
・サグラダ・ファミリア 外観程度(のぼらない。ちらみでよい)
皆さんの記録類を拝見しますと混むらしいから、やっぱ朝イチ?

・メインは 海洋博物館 ゆっくり見学(旅のテーマは 船。)したいです。
http://www.museumaritimbarcelona.com/
10〜20:00


・実際、現地のランチタイムを念頭にいれると、9〜12時ぐらいしかないから
まぁ実際はもたつきもあるから、2つが限度かな、とはおもいます。

あとは 軽食(もしくはお茶ぐらい) 

・ショッピングはあまり本気じゃないが、いちおうホテルは
グラシア通りのロ〜だのフェ〜だの(笑)に近そーなあたりを確保してある。(計画的犯行?)
あと百貨店でもいいので時間あれば、文房具みるか、とおもっています
(汎用文具が好きなので。回転印とMILANの消しゴムの動物柄がほあるといいなぁ。。。)

・ホテルはチェックアウト12時です。
オーバーしたらレセプションに荷物預けるとして、まぁもどって
最後はタクシーで港へ。(埠頭の場所や港湾詳細図は判明)
シェスタの状況から14時から移動して、船に はいっちゃおかなーとも思います。
ま、最終リミットとしては16時ぐらいまでは市内にいられます。

・軽食食べるところは、博物館内施設、またはいったんもどって
ホテル付近で 
ほどよい初心者にも扱いやすそうな店はありそうだな、と何軒かめぼし。

・バルセロナは今回の目的ではないので、もったいないですが、あまり欲張らず、ぺろっとナメるぐらいに。


具体的には、

JTB、みゅうなどのバスはコース内容や時間・料金・性質の関係で 候補落ちしました。

次にホップオンのバスが2社走っているということで検討しました。(1日券19euro程度)

ただ、どうもルートが片道巡回? 教会いってかえってこれないみたい?ですし
運行もあてにならない上、行きたい2つがホテル(グラシア通り1ブロック)から逆方向で、使いにくそうです。

となると、タクか市バスかメトロか。

・博物館は港に近いので、またホテルいって港に戻るようなかっこうですが。
ホテルを港際にすることもかんがえましたが、結局埠頭まで少し距離があるので
タクシーにものれないと困りますから 
グラシア通りにしてみました。


上の2つぐらい見ようかと思いますが、皆さんならどうなさいますか?

なお散策中は、荷物はほとんどなしで身軽で動こうとおもいます。

治安(注意や場所など)については、いちおうあちらこちらで注意事項を拝見し、
だいたい頭にインプットしている最中です。




なにか、ヒントがありましたらどうぞよろしくお願いします

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: エミレーツ航空、ドバイ〜ヴェネツィア便運航開始
4751
: 2007/06/14(Thu) 00:16:13
azumi@az

エミレーツ航空、ベニスに於いて世界初の『水上リムジン送迎サービス』開始

だそうです。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=162497&lindID=5

5月にヴェネツィアに行ったのですが、エミレーツのヴェネツィア就航には間に合わず、
オーストリア航空のビジネスで行って来たばかりなので、個人的にはちょっと悔しいです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(バルセロナ)Casa Camper:cao半ゼリゼ 様
4750
: 2007/06/13(Wed) 22:34:13
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(バルセロナ)Casa Camper:cao半ゼリゼ 様

(場所) = (スペイン)バルセロナ

(ホテルの名前) = Casa Camper
http://www.camper.com/web/en/casacamper.asp?idioma=2

(宿泊時期) = 2006年10月

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ダブルとスイート各1部屋

(部屋の階&立地) = ダブル3階、スイート2階(フランス式)

(部屋について(雰囲気など)) = あまり明るくないが、広さは十分。
ダブルの部屋でも寝室とリビングが、共同の廊下を挟んで別々にある。赤を基調に、モダンで素敵な雰囲気。

(部屋の家具・備品) = スリッパはカンペールの製品。移動可能な照明があり便利。ハンモックもある。
部屋の金庫はPCが入る大きさ、となっていた。(使っていないが)

(バスルーム) = ダブルルームはシャワーのみ。細部までカンペールらしい仕様で、とてもきれい。
お湯も問題なく出た。シャンプーやボディーソープ類も完備。同じ物をレセプションで買える。
中庭に面しており、ガラス張りでブラインドもある。開放感あり。

(冷蔵庫) = 部屋に冷蔵庫はない。
フロント階にテンテンピーという名の朝食ルームがあり、
朝食以外の時間はそこにある食べ物・飲み物を無量で自由にとることが出来る。(24H)
サンドイッチ、サラダ、ヨーグルト、ジュース類(レッドブルもあった)、コーヒー、紅茶、その他。
部屋に持って行ったり、上階にあるテラスに持って行ってもよい。
寝る前のターンダウン時には、ベッドサイドにペットボトルの水も置いてくれた。

(エアコン、クーラー) = 完備。

(部屋について、その他) = 部屋に冷蔵庫がないのは多少不便だが、テンテンピーを利用出来るのはかなり楽。
外に行って食べるのが億劫でも、適当に何とかできる。
ケーブルテレビが入っていなかったので、レアル・バルサのクラシコを観ることが出来なかったのはかなりショック。

(パブリックエリア) = カードキーかスタッフの承認無しには、館内に入れない。
自転車の貸し出しもある。テラスも見晴らしが良く、気持ちいい。
テラスに小さな菜園があるが、ちょっとしたオアシス。フロントそばに無料で使えるPC1台あり。

(リフト) = 2基あり。問題を感じない大きさ。

(レセプション) = スタッフは気さくで、かなり良い。
電球切れの交換を頼んだ時の対応も迅速。

(レセプション以外の館内施設) = 特筆すべきはやはりテンテンピー。利用価値大。
グッズを売るスペースあり。自由に読める本が少しあった。
100人収容のミーティングルームがあるらしい。
隣に同じ経営の食べ物屋がある。オリジナルのおにぎりなどを売るようだが、
美味しくないとの評判だったため、行かなかった。造りは面白い。

(スタッフ) = 英語対応可。全く不愉快なことはなし。

(宿泊料) = ダブル235euro+7%TAX、スイート255euro+7%TAX

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = 迅速。丁寧。

(ホテルへのアクセス) = カタルーニャ広場から空港バスが出ているので、そこまで徒歩圏内(5〜10分くらい)。
どこに行くにも便利なところ。

(ホテル周辺の雰囲気) = あまり治安のいい地域とはいえないらしいが、ホテルの少し先にMACBA(美術館)が
あるので、夜でも人通りがかなりある。

(ホテルの選択基準) = カンペール好きなので。また、かなり素敵なデザインホテルとの評判から。
価格は高かったが、他にないので。

(よかったこと) = すべてにおいて、とてもよかった。

(困ったこと) = 買った物を冷蔵保存できなかったのだけは、少しマイナス。
お土産にする冷蔵ものは出発当日に買った。

(朝食) = 卵料理は好みに応じてくれる。
生ハム・チーズ・ヨーグルト他、種類も充実していて美味しかった。

(宿泊客の客層) = 落ち着いた感じ。家族連れもよく見かけた。

(支払い方法) = カードはOK。T/Cは使えない。

(車椅子等の対応は?) = 問題ないとは思うが、ダブルルームだと廊下を介して部屋の行き来が必要なため、
スイートを利用した方がいいかも。

(子供連れでも場をこわさないか?) = わからない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = とくになし。


タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(モナコ)Hotel Hermitage:aya9443 様
4749
: 2007/06/13(Wed) 22:27:23
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(モナコ)Hotel Hermitage:aya9443 様

(場所) = (モナコ)モンテカルロ

(ホテルの名前) = Hotel Hermitage
http://www.lhw.com/property.aspx?propertyid=448

(宿泊時期) = 2007年5月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = デラックス シーハーバービュー

(部屋の階&立地) = 1階(地上階)ガーデンビューだが、少しのぞくと海が見える。

(部屋について(雰囲気など)) = とても明るく、広い。赤い花の壁紙。ゴージャス。

(部屋の家具・備品) = キングサイズのベット、椅子2脚、テーブル。

(バスルーム) = とても広いシャワーブース、バス。お湯の出具合良好。
体を洗う用の袋状のタオルあり。ブルガリのラインの石鹸類。

(冷蔵庫) = あり。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = クローゼットがものすごい広さ。

(パブリックエリア) = ゴージャスでワクワクさせられるような雰囲気。カフェのお菓子はラデュレ。

(リフト) = あったと思う。

(レセプション) = とても親切に対応してくれる。

(レセプション以外の館内施設) = コンシェルジュ。

(スタッフ) = 日本語不可、英語可。事前に依頼したチケットも問題なくチェックイン時に受け取れた。
連絡がしっかりしてあった。

(宿泊料) = 360euro

(予約方法) = 代理店から手配

(予約方法、ホテル側の対応) = リーディングホテルズに電話をかけて相談にのってもらって予約。

(ホテルへのアクセス) = 目の前にモナコを回るバスのバス停あり。最寄駅からタクシーで5分ほど。
カジノまで徒歩3分程度。

(ホテル周辺の雰囲気) = ホテルの周辺は、夜中3時頃でも人が居て不安はない。

(ホテルの選択基準) = とにかくモナコの気分を味わえるホテルが良かった。モナコ!という感じが味わえた。

(よかったこと) = 女性がワクワクするようなホテル、寝るのがもったいなかった。
ホテルの共有スペースのトイレは、トイレな感じがまったくなし。

(朝食) = とっていない。

(宿泊客の客層) = 非常にスマートな人が多かった。

(支払い方法) = クレジットカードは使えた。

(車椅子等の対応は?) = 問題なし。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = モナコらしさを味わうにはホテルから。

(ホテルでのお楽しみ) = スパやプール利用。





タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ベルリン)Hotel Concorde Berlin:aikyo.V 様
4748
: 2007/06/13(Wed) 22:24:15
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ベルリン)Hotel Concorde Berlin:aikyo.V 様

(場所) = (ドイツ)ベルリン

(ホテルの名前) = Hotel Concorde Berlin
http://berlin.concorde-hotels.com/

(宿泊時期) = 2007年5月下旬

(泊数) = 7泊

(部屋のカテゴリ) = スーペリア・シングル/ダブル

(部屋の階&立地) = フランス式4階(裏通り側)

(部屋について(雰囲気など)) = 窓が大きく明るく、かつ広い(平均40平方m)。
とにかく広く、印象としては3〜40畳くらいはあるのでは、という広さ。インテリアは流行の
モダンでシンプルなデザイン。濃い茶色とピスタチオ色で統一されている。
いかにもフランスのオシャレなホテルという印象。

(部屋の家具・備品) = ミニバー、インターネット用プラグ、机、いす、ソファとサイドテーブルのセット。
TVはPCとの複合機でリモコンでPCとTVを切り替えるタイプ。この端末で、ネットもできる。
機械が弱い人はちょっとつらいかもしれない。
40チャンネルくらいあるが、日本語放送はなく、中国、ロシア、ポーランド、アルジャジーラや他アラブ系TV1つ、
オーストリア、スイスと非常に多彩。金庫あり。

(バスルーム) = 6畳くらいの広さでシャワールームとトイレ、バスタブが別々になっている。
シンクは2つ。お湯の出はものすごくいい。備品はアニックグダルの石鹸、ボディローション、シャンプー、
ボディーシャンプー。他にシャワーキャップにコットン、綿棒、ドライヤー(よくある備え付けではなく、
ちゃんとしたやつ)バスローブ、スリッパ(コットン状)もあり。

(冷蔵庫) = ミニバー兼用で利用可能。中身は、ミネラルウォーター、酒、ソフトドリンク。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = とにかく広くてハイセンス。

(パブリックエリア) = 全体的に非常に広い。広すぎて少々ガランとした感じを受けるのが難点。
サービスとしてはビジネスラウンジ、スパ、フィットネスセンター、24時間ルームサービス、
ランドリーサービスと高級ホテルが備えなければならない条件は大体クリア。

(リフト) = 3基。広さはかなりゆったり。キーを差し込まないと停止階を指定できないようになっている。

(レセプション) = 親切。英語・フランス語両方ともOK。

(レセプション以外の館内施設) = ビジネスラウンジ、スパ、フィットネスセンター。

(スタッフ) = 英語はOKだが、日本語は不可。

(宿泊料) = 125ユーロ

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ダイナースクラブのトラベルデスクに電話して手配。
非常に簡単かつ確実だった。

(ホテルへのアクセス) = 最寄の駅はUバーンのKurfurstendamm(いわゆるクーダム駅)
で徒歩1分。DBの最寄はZoologischer Gartenで徒歩3〜4分。クーダムの中心部にあること
からショッピングは大変便利。有名デパートのカー・デー・ヴェー(Ka de We)も徒歩圏内。
目の前もデパート。有名なバス路線である100・200番の停留所も徒歩5〜6分なので便利。

(ホテル周辺の雰囲気) = クーダムの中心なので特に問題なし。向かいはスイスホテルとデパート。

(ホテルの選択基準) = 動物園駅周辺かミッテ地区で考えていたが、
思うようにネットで予約できなかったので、カード会社のキャンペーンを利用。

(よかったこと) = この広さと内容で125ユーロは信じられない。本来ならば300ユーロ超のホテルと思われるが、
オープンして日が浅い上に日本では無名なので、こんな破格の値段で泊まることができたと思う。
部屋の調度はソウルのグランドハイアットや東京の高級ホテル、NYのインターコンチよりもはるかに上。
チェックアウトするまで「本当に125なのか?」と心配だった(笑)

(困ったこと) = 特になし

(朝食) = ビュッフェで22ユーロ。内容は一流ホテルの条件はクリア。卵はリクエストベースで調理
してくれるし、チーズはフランス系だけあって10数種類、スモークサーモン系も4種類、
ソーセージ類も10種類、シリアルは5〜6種、パンは10数種類(フランス系だけありヴィエノワズリも豊富)、
ヨーグルトは3〜4種、ジャムは10数種類、フルーツ・コンポート類は7〜8種類。ジュースは5〜6種。
唯一の難点はサラダの野菜が2種類しかないこと。しかし特筆するべきはお茶が30数種類あり、
ポットサービスで注文できること!もちろん追加注文もOK。コーヒーもちゃんとある。
味はまあまあ。22ユーロで日本円に換算すると相当高いが1ユーロ100円相当で考えるの
と、街中の食事のレベルから考えると良心的な値段だと思う。朝は6:30〜10:30まで営業

(宿泊客の客層) = アメリカ人の団体客が多い。(リタイアして経済的に余裕のある人達)
日本人は若干。

(支払い方法) = クレジットカードで支払い。

(車椅子等の対応は?) = スペースが広い上に新しいので問題なし。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 値段・施設から見ると5つ星。しかし本来のあるべき姿(コンコルドホテルという
ステータス)と現状の客層が追いついていないため、かなり辛口評価で4つとした。
しかしこの値段でこの内容は破格にお得。日本のガイドブックに掲載されて値段が上がる前に泊まる価値ありです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケートHotel Excelsior Munchen: bega大好き 様
4747
: 2007/06/13(Wed) 22:15:37
はみだしホテアン担当

ホテルアンケートHotel Excelsior Munchen: bega大好き 様

(場所) = (ドイツ)ミュンヘン

(ホテルの名前) = Excelsior Munchen
http://www.excelsior-hotel.de/

(宿泊時期) = 2007年4月〜5月

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = ジュニアスイート

(部屋の階&立地) = ドイツ式4階。441号室。

(部屋について(雰囲気など)) = 窓も多く、照明もふんだんにあって、部屋は明るすぎるくらいだった。
寝室とリビングは壁で仕切られていて、ドアでつながっている。かなり広く,100平方m近かった。
内装も白とベージュでまとめられていて、ヨーロッパの優雅な貴族の館といった雰囲気の部屋。
広すぎて動線が長く、疲れた。

(部屋の家具・備品) = リビングには、3人用の大きなソファ、1人用の椅子。いずれも猫足の優雅な
ヨーロピアン家具。大きなガラステーブル、背の高いスタンド2つ、机と椅子。
ベッドルームには、シングルベッドをくっつけたタイプのダブルベッド。ソファ、鏡付の机と椅子、
ベッドサイドテーブル2つとスタンド。
寝室の壁一面がクローゼットで、テレビ、引き出しが6つ、洋服かけは3箇所、戸棚もたくさんあった。
リビングは、窓以外の壁はすべて白い装飾を施した戸棚になっている。
大きなテレビ(引き出せるタイプ)が中にあった。
収納スペースが驚くほど多かったので、長期滞在できそう。
リビングからバスルームまでは廊下になっていて、冷凍庫つきの大型冷蔵庫がある。
その隣はクローゼットで、中にバスローブがあった。

(バスルーム) = 部屋の広さの割には、狭かったが、清潔でビデもあった。
バスタブは大きくて足が届かず、仕切りは折りたたみ式のガラス扉になっていた。
アメニティは、シャンプー、バスジェル、ボディローション、爪やすり、シャワーキャップ、
化粧コットン、綿棒、歯ブラシと髭剃りもあった。

(冷蔵庫) = 冷蔵庫の中身は、ミネラルウォーター2本、オレンジジュース、アップルジュース各1本、
ビール2本、コーラ2本、チョコバー1個、グミ1個、ピーナッツ1個。
すべて室料込みで、なくなると補充された。

(エアコン、クーラー) = エアコン完備。

(部屋について、その他) = 今回のドイツ旅行で、このホテルだけが、テレビの日本語放送がなかった。
一番長く泊まったホテルだったので、日本語放送があれば、もっとよかったのにと思った。
毎夕、ターンダウンがあり、チョコレートを置いてくれた。
また、到着時は、リビングのテーブルの上に花とトリュフチョコが7つ、ガラスのお皿に盛られていた。
花は毎日変わった。

(パブリックエリア) = こじんまりとしたホテルなので、レセプションは小さい。
レセプションの奥の階段を2、3段上がったところがロビー。ゆったりと椅子が配置されていて、
暖炉もどきもあった。ロビーの右奥がレストラン。

(リフト) = 1基あり、7、8人は乗れると思う。

(レセプション) = いつもいた女性スタッフは、あまり親切ではなかった。
ドイツ語はまったく話せず英語も怪しかったので、仕方ないのかもしれないが、
こちらの話すことを聞こうとする姿勢がいまいちに感じられなかった。
よいホテルだったのに、残念だ。チェックアウト時の男性スタッフは、迅速丁寧で申し分なかった。

(レセプション以外の館内施設) = バーとレストラン。
ロビー階に、宿泊者が無料で使えるPCがあったが、日本語には対応してなかった。

(スタッフ) = 英語はok。日本語は不可。

(宿泊料) = 手配旅行のため不明。HPではスイートは340euro、朝食は18euro。

(予約方法) = 代理店から手配

(ホテルへのアクセス) = ミュンヘン中央駅から徒歩3分〜5分

(ホテル周辺の雰囲気) = 駅前なので賑やかだが、治安の問題はなし。
ホテルの前の道路は車が入れないので、それほどうるさくなかった。
周りに、カフェ、レストラン、デパートなどがたくさんあり、非常に便利。
中心のマリエン広場にも歩いて15分ぐらい。
トラムや、地下鉄、高速列車のSバーンの駅もすぐそばにあった。

(ホテルの選択基準) = ミュンヘン滞在中に、ザルツブルグへ列車を使って日帰り旅行、また帰国のため
フランクフルトに向かうのも列車を利用したので、中央駅の近くに泊まりたかったため、このホテルに決めた。
スイートに手ごろな値段で泊まれるのも決め手になった。

(よかったこと) = 部屋が予想以上に広く、家具調度が素晴らしかった。

(困ったこと) = スポーツシャツ2枚をチェックインの翌朝ランドリーに出したが、なかなか帰ってこず焦った。
祝日が間に挟まっていたので遅れたらしい。レセプションの女性スタッフに何度話しても埒が明かず(言葉の問題で)
結局、旅行を企画手配してくれたドイツ在住の人に電話連絡して交渉してもらい、チェックアウトの朝、
手元に帰ってきた。ランドリーに出さないといけないような服は持参すべきではないと痛感した。

(朝食) = 朝食はビュッフェ式のアメリカン・ブレックファースト。日本食はなかった。
味は可もなく不可もなく。パンは、硬いものが多かった。クロワッサンがドイツにしては美味しかった。

(宿泊客の客層) = ビジネス客が多いように感じた。

(支払い方法) = クレジットカードはOK。T/Cは不明。

(車椅子等の対応は?) = 階段が多いので、無理だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = レセプション・スタッフは当たりが悪かったのかもしれない。
スイートに限って言えば、部屋、調度、立地など、かなり得だと思う。
パリの4星プチホテルの料金でスイートに泊まれる。

(ホテルでのお楽しみ) = バスジェルを使って、泡風呂を楽しむ。





タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート 大韓航空(KE)フランクフルト〜ソウル〜岡山:bega大好き 様
4746
: 2007/06/12(Tue) 14:46:40
はみだしエアアン担当

エアラインアンケート 大韓航空(KE)フランクフルト〜ソウル〜岡山:bega大好き 様


(搭乗時期) = 2007年5月上旬

(航空会社) = 大韓航空(KE) デルタ航空(DL)航空との共同運航、機材は大韓航空。

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = フランクフルト空港 第2ターミナル


(出発空港の様子) =
第2ターミナルはかなり広いターミナルなのに、免税店は、出国検査場前の免税店のみ。
他には、カフェレストランが一軒あるだけだった。

ビジネスラウンジは、デルタ航空のラウンジを使用。飲み物と簡単なおつまみのみ。
シャワールームはなかった。
しばらくして、食べ物が少し増え、日本の雑誌、新聞も補充された。

(乗り継ぎ地) = ソウル インチョン空港。
到着が13時、出発が18時20分だったので、乗り継ぎフロアーにあるトランジットホテルで休もう思ったが
全て禁煙とのことで断念。6時間で60,000ウォンとのこと。
大韓航空のビジネスラウンジで時間を潰した。
シャワールームはカウンターでボーディングパスを預けて鍵をもらって使用する。
シャワーを浴び、ビュッフェ式のランチを食べ、備え付けらのPCを使った。
韓国語表示だが、ローマ字でyahoo JAPAN入力すると日本語表示になる。
ただし、日本語入力はできない。

(到着地&ターミナル) = 岡山空港

(到着空港の様子) =
飲食店は、ファミレス、和食店、カフェ、うどん屋、ファーストフードなど。
両替所は無し。

(機体) =
フランクフルト〜ソウルはB747、座席はビジネス2F席で2-2列。
最新の機材で、斜めフラットになるシートだった。
窓側座席の横に物入れがある。

(機内食・飲み物) =
1回目は前菜と飲み物。前菜盛り合わせ。
メインはビビンバ、ビーフステーキ、トマトパスタ韓国風から選ぶが、ビビンバを注文。
行きの便はベジタブルビビンバだったが、帰りは普通のビビンバだった。
食後、チーズとデザートが出て、デザートはアイスクリームかブルーベリーケーキだった。
朝食は、オムレツの洋食か、韓国風おかゆから選べた。

(座席) =
座席は2階席の前から2番目。斜めフラットになる最新のシートで快適だった。
前後の空間も広い。
アメニティグッズは、スリッパ、毛布。

(マイレージ) = マイレージはコンチネンタルに加算した。

(乗り継ぎ空港) = インチョン空港
免税店が豊富。
搭乗券はフランクフルトで岡山まで発券されていたので、乗り継ぎの手荷物検査を通過したらゲートへ行くだけ。

(航空券の入手方法と時期) = 1月ごろから、ウェッブトラベルにて、企画してもらい手配。
担当者がドイツ在住の日本人で、メールのやり取りだけで、旅程を詰めていった。
とても決め細やかで、充分満足できた。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート 大韓航空(KE)岡山〜ソウル〜フランクフルト:bega大好き 様
4745
: 2007/06/12(Tue) 14:39:36
はみだしエアアン担当

エアラインアンケート 大韓航空(KE)岡山〜ソウル〜フランクフルト:bega大好き 様


(搭乗時期) = 2007年4月下旬

(航空会社) = 大韓航空(KE) デルタ航空(DL)との共同運航便、大韓機材。

(搭乗クラス) = ビジネスクラス

(出発の空港) = 岡山空港


(出発空港の様子) =
地方空港なので、免税店は一軒のみ。扱う品も少ない。
ビジネスクラス用のラウンジがないので、チェックインの時にターミナルの飲食店で使えるミールクーポン800円分をもらった。
カードラウンジはある。禁煙のみで、ワンドリンクサービス。

(乗り継ぎ地) = ソウル インチョン空港

(到着地&ターミナル) = フランクフルト空港 第2ターミナル

(到着空港の様子) =
到着ロビーに両替所あり。
第1ターミナルの地下にSバーンの駅と長距離列車の駅がある。
ターミナル間の移動にはスカイレールという乗り物と、バスがある。

(機体) =
岡山〜ソウルはA330、座席は2-2列。
ソウル〜フランクフルトはB747、座席は2-3-2列。
シートは最新式の斜めフラットになるシート。

(機内食・飲み物) =
岡山〜ソウルは軽食と飲み物。

ソウル〜フランクフルト間は2回。
1回目は前菜と飲み物。前菜の盛り合わせ。
メインはビビンバ、ビーフステーキ、チキンから選ぶ。
ビビンバを選んだが、ベジタブルビビンバだった。
野菜だけだったが、コチュジャンをいっぱい入れると美味しくてびっくり。スープはいまいちだった。
きゅうりの漬物と沢庵は、韓国風で美味しかった。
デザートはアイスクリーム。
食後にお茶を頼んだら、韓国茶のティバッグだった。


(座席) =
座席は、岡山〜ソウル間はビジネスシートの1番前。
ソウル〜フランクフルトは前から2番目。
最新機材らしく、シートは広め。前との間隔も充分あり、快適だった。
パーソナルモニターあり。

ソウル〜フランクフルト間でも、日本語対応のものがあった。
アメニティグッズはスリッパ、毛布。
言えばくれたのかもしれないが、特にアニメティはなかった。
寝る前にスプレー式の化粧水を配っていた。

(機内販売) = ウォン、ユーロ、円に対応しているようだった。

(マイレージ) = マイレージは、コンチネンタルに加算。

(トラブル) =

機内販売で、ロイヤルサルートがあったので注文した。
価格的に円で購入するのがかなりお得だったので、円で支払おうとしたら、
機内販売のカタログ円は間違いだと言って売ってもらえず。

(乗り継ぎ空港) = インチョン空港
搭乗券はフランクフルトまで岡山で発券されていたので、
フランクフルト行きのゲート移動の前に、トランジット専用の手荷物検査を受け、ゲートへ行くだけだった。

免税店が豊富、エルメスだけでも複数店舗あった。
飲食店は韓国料理、日本料理、ファーストフード、カフェと沢山ある。
ラウンジは、ビジネスクラス専用が2箇所あり。
内部は、禁煙と喫煙に分かれており、シャワー設備もあった。
食べ物は朝食、昼食、夕食と時間によって出されているものが違うと推測。
飲み物は豊富。

(航空券の入手方法と時期) = 手配は1月から。
ウエッブトラベルに手配旅行として、航空券からホテル、鉄道、バスまですべて依頼して企画して貰った。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート(ベルギー) 2007年5月/6月  lushmaman 様
4744
: 2007/06/09(Sat) 14:23:19
Chun3(管理人)

全体アンケート(ベルギー) 2007年5月/6月  lushmaman 様

(旅行の時期) = 2007年5月下旬/6月上旬

(全体の泊数) = 4日

(訪問地) = ブリュッセル(4泊)

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: 旅行代理店から
ホテル:現地の友人が手配

(同行者) = 1名

(旅の手配で困ったことは?) =
成田〜ロンドン〜ブリュッセルは、BAを利用。ロンドンのセキュリティーと乗り継ぎは
大変時間がかかった。往路はそれでも(90分)、ゲート1b(いちびー)を16(じゅうろく)と間違えて、
ターミナル4を嵐の様に駆け抜けて、何とかセーフ。

でも帰国便はセキュリティーにたどり着くのに、90分。それから、ターミナル1の
一番端のゲート30まで猛ダッシュ。(お陰で筋肉痛)
ゆうに2時間(当然ながら、出発は遅れる)。

ロンドンでの乗り継ぎの場合は、かなり時間に余裕を見たほうがいい※。
私はブリュッセルからだったので荷物は出てきたが、パリからの乗り継ぎの人は、
成田で荷物が出てこなかった)
とにかくロンドン乗り継ぎは、お勧めできない。シーズンオフでこれだから、さぞやシーズンは……。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
行きも帰りも、空いていた。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
ブリュッセルはフランス語圏かと思っていたが、英語で話しかけられがっかり。
せっかくフランス語の勉強にいっているのに、とても残念。

(現地にいってよかったことは?) =
緑が綺麗。ラベンダーが街中に沢山咲いていた。

(服装) =
日本より少し季節戻し。でも日差しは強いので真夏のようだった。サングラス、
スニーカーは必需品。
ブリュッセルの石畳は、パリよりきつかった。スニーカーを買った。

(お買物報告) =
オランダのホテルの朝食に必ずついていた、チョコレートのふりかけ。
スーパーで見つけたので購入。
バターを塗ったトーストにふる。これはお勧め。


管理人補記
※掲示板および本誌などでアナウンスしていますが
ロンドン乗り継ぎは 費用(空港税など)が高いこと、乗り継ぎが難しい(広い・初心者には複雑)
荷物積み替え・審査に大変時間がかかること、セキュリティが厳しくなっていることから
基本的に 英国にご用がないのであれば おすすめしません。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
英国政府観光庁のOnline Shop
4743
: 2007/06/08(Fri) 21:16:29
ロンドンさぽ
http://www.visitbritaindirect.com/ja-jp/default.aspx
こちらでブリット・レイルパスやロンドン市交通局のトラベルカードやオイスターカード、
地図、ガイドブックも買えるようになりました。
http://www.visitbritaindirect.com/ja-jp/default.aspx

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート アリタリア(AZ)ボローニャ〜ミラノ〜関西:ぽち@やる気なーし 様
4742
: 2007/06/07(Thu) 13:50:43
はみだしエアアン担当

エアラインアンケート アリタリア(AZ)ボローニャ〜ミラノ〜関西:ぽち@やる気なーし 様


(搭乗時期) = 2007年5月上旬

(航空会社) = アリタリア(AZ) 日本航空(JL)との共同運航

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = ボローニャ空港


(出発空港の様子) =
こじんまりした空港なのでチケット発券カウンターも判りやすい。
出国前にバイクメーカーのドゥカティの店があり、革のジャンバーなどレディース物も結構ある。
出国後の免税店はあまりない。
ブランドショップはマンダリーナダックとフルラ(2007年5月改装中)。
チョコレートショップに、化粧品少々、バールが2軒。
EU外に出る便だけまた別のゲートがあり、係員がパスポートチェックを行っていたのだが、
係員は手が空いている時には、バールでコーヒー飲みながらおしゃべり。
人が来てあわててブースに戻るというのんびりぶりだった。

(乗り継ぎ地) = ミラノ

(到着地&ターミナル) = 関西空港

(機体) =
ボローニャ〜ミラノはプロペラ機、座席は2-2列。
乗客は全員でも50人いるかどうかだった。

(機内食・飲み物) = 1回ドリンクサービスあり

(トラブル) =
ミラノ〜関西便で。
途中まで各席のエンターテインメントメニューがまったく使えず、メインコンピュータから何度もダウンロードし直していた。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート アリタリア(AZ)関西〜ミラノ〜ボローニャ:ぽち@やる気なーし 様
4741
: 2007/06/07(Thu) 13:41:25
はみだしエアアン担当

エアラインアンケート アリタリア(AZ)関西〜ミラノ〜ボローニャ:ぽち@やる気なーし 様


(搭乗時期) = 2007年4月下旬

(航空会社) = アリタリア(AZ) 日本航空(JL)との共同運航

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 関西空港


(出発空港の様子) =
2007年正月の段階では、免税店で買った化粧水類の機内持ち込みは不可だったが、今回は可だったようだ。

(乗り継ぎ地) = ミラノ

(到着地&ターミナル) = ボローニャ空港

(到着空港の様子) =
ボローニャの空港は国際空港ではあるけれど、大きくはない。少々古め。

(機体) = B777、座席は2-4-2列。
シートの手すりが破れてきたりして少々古くなってきていた。

(機内食・飲み物) = 機内食は2回。
1回目はイタリアン又は日本食。
2回目はパン、ハム、チーズなどの軽食。
乗り込んですぐのドリンクサービスなし。
食後、ドリンクバーを機内最後尾に設置。自分でとりに行く。
途中1回、ドリンクを持ってまわってきた。

(座席) =
食事の前にイヤホンを配ってくれるが、映画などのインタラクティブプログラムは食後から。

(機内販売) = 殆ど化粧品。
食品はグラッパ(ビンの中に飛行機のオブジェが入っているものと、スプレータイプのもの)とバルサミコが1種。

(乗り継ぎ空港) = マルペンサ空港
乗り継ぎはわかりやすい。

(航空券の入手方法と時期) = ネットで出発1週間前に。

(価格) = 諸費用込みで約153,000円

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: ローマ空港から市内へのタクシー
4740
: 2007/06/05(Tue) 22:27:48
たまきち

2007年5月1日のPM10時過ぎにローマの空港から市内まで、「CON.CO.R.A.」というハイヤーを利用しました。
空港にカウンターがあり、英語も通じます。
深夜料金2割り増しで72ユーロでした。(21:00〜7:00は2割り増しのようです)
高いとは思いましたが、認可を受けている会社ということで安心して利用出来ました。(料金は事前に告げられます)
ホテルから空港に向かうときに電話をして迎えに来てもらいましたが、往復利用だとディスカウントがあるようで、35ユーロでした。
チップも込み(だと思います)なので、これ以外には何も支払っていません。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
スレッドをかえてください
4739
: 2007/06/05(Tue) 13:03:21
Chun3(管理人)

たいへんお手数ですが、 一般情報なので、
ドイツ観光スレッドなりで展開をよろしく御願いします。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【追加情報】ベルリン ツーリストインフォメーション
4738
: 2007/06/04(Mon) 23:07:43
aikyo.V

【注意!】ベルリン オイローパセンター(i)移転
ベルリンのツーリストインフォメーションの代表格として紹介されているオイローパセンター内のツーリストインフォメーションが移転しています。(この春に移転しているようです)

現在は下記の場所にあるので要注意です!
(「○球の歩き方」「○文社」のガイドブックにも記載されていなかったため、見つけるのに苦労しました)

KurfurtendammとJoachimstaler Satrasseの交差するところにある大きなビルの日本式1F
(向いがC&A)
Kurfurtendamm沿いに(i)の表示があるので、ビルの中庭に入っていくような感じ。表通りに面しているわけではないので少々わかりにくい

ツーリストインフォメーションとして見つけやすいのはライヒスターク前とウンターデンリンデンですので、そちらの方をおすすめします

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【追加情報3】ドレスデンシティカードについて
4737
: 2007/06/04(Mon) 22:51:52
aikyo.V

ドレスデン・シティカードでの特典

【48時間 公共交通機関乗り放題】

【無料入場OK】
 ツヴィンガー宮殿内
  絵画ギャラリー
  武器庫
  陶器コレクション
  科学技術サロン
  彫刻コレクション

 ドレスデン王宮内
  博物館(緑の丸天井)
  絵画館
  コインコレクション

 Jagerhof
 Museum of Saxon Folk Art with the Puppet Theatre Collection

 ピルニッツ宮殿
  工芸美術館
 

【割引(博物館など)】
 German Hygiene Museum
 Dresden Transport Museum in the Johanneum, Neumarkt
 Panometer Dresden in the Gasometer
 Saxon State Ethnographic Collections
 State Museum for Prehistory
 Dresden fortifications
 Sculpture Collection in the Grosser Garten palace
 ドレスデン動物園
 人形博物館
 ドレスデン市博物館
 Dresden Municipal Gallery Art Collection
 Technical Collections for the City of Dresden
 Kugelgenhaus-Museum of Dresden Romanticism
 Kraszewski-Museum
 Carl maria von Weber-Museum
 Local History and Palitzsch Museum Prohlis
 Schillerhauschen
 Karl-May-Museum

その他のガイドツアーや劇場などの割引特典

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【追加情報2】宮殿共通パス(ベルリン近郊)
4736
: 2007/06/04(Mon) 22:38:55
aikyo.V

ベルリン近郊 宮殿共通パス(2007.5.25現在)

1日券のみで、「サンスーシ以外共通券(12ユーロ)」と
「サンスーシ含む共通券(15ユーロ)」の2種類

共通券で入場できるのは以下

シャルロッテンブルグ宮殿内
 1.シャルロッテンブルグ宮殿
 2.ベルビュー
 3.礼拝堂
 4.シンケルパビリオン

5.Schonhausen Palace
6.Grunewald Hunting Lounge
7.Glienicke Palce And Casino

8.Pieacock Island Palace

サンスーシ公園内
 9.サンスーシ宮殿
 10.絵画館
 11.ノイエ・カマーン
 12.風車
 13.中国館
 14.新宮殿
 15.シャルロッテンホフ宮殿
 16.ローマ風呂
 17.オランジュリー
 18.Church of Peace
 19.モスク

新公園
 20.Marble Palace
21.ツェツィーリエンホーフ城
22.ベルウェデーレ

バベルスベルグ公園
 23.Babelsberg Palace
24.Flatow Tower

25.Sacrow Palace and Park

ブランデンブルグ
 26.Konigs Wusterhausen Palace
27.Caputh Palace And Park
28.Oranienburg Palace Museum
29.Paretz Palace
30.Rheinsberg Palace

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
【追加情報】美術館共通パス(ベルリン)
4735
: 2007/06/04(Mon) 22:22:48
aikyo.V

ベルリン美術館共通パス(2007.5.20現在)
3日間券:30ユーロ

エジプト美術館
Alliierten-Museum
旧美術館
バウハウス資料館
ボーデ美術館
Brohan-Museum
Bruche-Museum
ドイツ・グッゲンハイム美術館
ドイツ科学技術博物館
Ehonologisches Museum
Friedrichswerdersche kirche
絵画ギャラリー
Georg-Kolbe-Museum
ハンブルガー・バーンホーフ美術館
ユダヤ博物館
美術工芸博物館
Kunstgewerbemuseum Schloss Kopenick
銅板画美術館
Markisches Museum
Museum Berggruen
Museum Ephraim-Palais
Museum fur Fotografie Helmut Newton Stiftung
Museum fur Indische Kunst
Museum fur Kommunikation
Museum fur Naturkunde
Museum fur Ostasiatische Kunst
Museum fur Vorund Fruhgeschichte
Museum Nikolaikirche
Museum Schloss Friedrichsfelde
Musikinstrumenten-Museum
旧国立ギャラリー
ペルガモン博物館

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート 2007年5月 aikyo.V 様 (2)
4734
: 2007/06/01(Fri) 10:15:57
Chun3(管理人)

全体アンケート 2007年5月 aikyo.V 様 (2)

(現地にいってよかったことは?) =
良いところ(トイレ):  ドイツのトイレは基本的にどこも有料だが、
お金をとるだけあって、とてもきれい。
お金はとるけど、良心的。
小銭さえあればトイレ事情は万全。これは女性にとっては大きい。

相場は30〜50セント。一番高かったのはベルリン中央駅。80セント。
中央駅のトイレは、中で生理用品・ハブラシなどちょっとしたコンビニ状態で、高いだけある設備だった。

駅・公共交通機関がきれい。
英仏と比較すると、特に駅とICEがきれい。ICEとTGVを比較するとインテリアの高級感は
ICEの方が上。もちろん新幹線よりも上。あのインテリアは見習ってほしい。

公共交通機関が旅行者に親切。

バスで、次の停留所がテロップで流れるだけでなく、
場所によっては4つ先の停留所まで表示されるので、安心
ポツダムで、道路も2車線なので帰りのバスの停留所は道の反対側。したがって
帰りも停留所を見つけやすくて、楽だった。停留所に書かれている情報量も多く、
詳しい地図がなくても、バスを色々乗りこなすことができた。

国鉄。駅の表示も途中経由の主要駅を表示するし、表示内容すべて外国人旅行者でも
簡単に理解できるレベル。ガイドブックなしでもある程度何とかなる。
ドイツ国鉄は本当にすごいと思った。「鉄ちゃん」憧れのドイツ鉄道だそうだが、その気持ちは解る。

ドイツ国鉄 DB の自動販売機。6カ国語表示だけでなく、目的地むけの時刻表も
印刷できる。(しかも列車の種類・乗り換え回数まで全部表示)
ベルリンから日帰りでライプツィヒ・ドレスデンに行く際、予め自動販売機で自分の希望を印刷し、
予約カウンターに持っていったので、列車の予約は大変スムーズ。
もちろん自動販売機から購入も可能だが、念のためカウンターを使用したが、とにかくよくできた自動販売機だと思う。

ライプツィヒは良い町だった。人から強く勧められたが、実際に行って納得。
町全体が旧東ドイツ特有の建築ラッシュではあるものの、昔からある雰囲気を壊さず、
でもおしゃれに再建が進んでいた。
特にホーフ(中庭)が発達していて、ベルリンのミッテ地区よりも面白いのでは。
日帰りだったが、もっとじっくり時間をかけて町歩きを堪能したい。
今回の旅行でのイチ押し。

(服装) =初春の服装で行ったら、異常気象による猛暑でビックリ。
連日かんかん照りで30度前後。現地で日焼け止めと夏物のブラウスを購入。

ベルリンはデパートなどが多くあるので、足りないものは現地調達でOK。

(今回の反省や次回への願望&意気込み) =
初めてのベルリンだったので、コンサートなどは行けなかった。
次回はぜひコンサート三昧(ベルリンフィルやバレエ、オペラなど)を
ベルリン、ライプツィヒ、ドレスデンでやってみたい。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート 2007年5月 aikyo.V 様 (1)
4733
: 2007/06/01(Fri) 10:07:11
Chun3(管理人)

全体アンケート 2007年5月 aikyo.V 様 (1)

(旅行の時期) = 2007年5月下旬

(全体の泊数) = 7泊

(訪問地) = ベルリン(7泊)

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: 特典航空券(ANAマイレージクラブでルフトハンザを予約)
ホテル: ダイナースクラブトラベルデスクで手配
鉄道: 現地の駅で

(同行者) = なし

(旅の手配で困ったことは?) =
ベルリン、ドレスデン、ライプツィヒの情報は、パリやフランス全土に
比較すると少ないのが困った。とりわけ市販のガイドブックに「誤り」「データが古い」ものが
多く、だいぶ振り回された。まだ「地○の歩き方」の方が比較的データが新しく信頼性が高かったように思う。

一番困ったのは、各種の優待カード(美術館、公共交通機関などがセットになったもの)の
正確な情報がない。そのためドレスデンやライプツィヒで余計な出費をしてしまった。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
クレジットカード会社のトラベルデスクを初めて利用したが、電話一本で
あっという間に手続きが終了するから、楽。
後でちゃんと確認書面が送付される上に、クレジットカード会社の現地デスクの
案内も同封されるので、安心。意外と使えると思った。
旅なれた人ならば旅行代理店よりもこちらの方が時間もとられないし、確実なのでお勧め。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
ちょっとがっかり:
ドレスデンって写真で見る建物は一部で、新しいショッピングセンターや大きな新しいビルが多く、
日本の郊外みたいだった。ただしこれは駅前の一部のエリアで、
そこを抜けるとザクセン王国の香りがする町並みが広がっているのだが、
いかんせん駅前の印象が強烈。

ちょっと怖い?:
ベルリンはホームレスがパリ・ロンドンと比較すると多く、ひと昔のニューヨークみたいに
小銭などを請う人が時々いる。特にクーダムのデパートが集中する地域。
(カイザーウィルヘルム教会からカー・デー・ヴェーデパートの地域)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: (募集)旅行中の怪談、お化けetc
4732
: 2007/05/30(Wed) 19:24:35
三色わんこ

こちらのネタ、まだ募集中でしょうか・・・。

実は2005年の母連れ旅行中、お化け騒動?があったのです。

場所は、ふらツーに私め記録のアンケートを掲載して頂いている
ブリュッセルのホテル。

そこには、ホテル名が赤く刺繍された素敵な使い捨てのタオル地スリッパが用意されていて、
母と二人、部屋の中を「シュパー、シュパー」と音を立てながら歩き回っておりました。
その音はカーペットとスリッパが擦れて起こるちょっと独特なもので「変わった音だね〜」なんて話をしていました。

さて翌朝、母に「よく眠れた〜?」と聞いたところ
「んんー、まあ」なんとなく切れの悪い返事。
私「あれ?寝れなかった?疲れすぎて眼さえちゃった?」
母「いや、疲れてはないよ、ただ・・・」
私「ただ、どうしたの?」
母「聞かない方がいいよ」
そんなこと言われたらもっと気になるって!

で、母が言うには

夜中、スリッパの音で目が覚めた。
○○(私)がトイレに起きたのかな、と横を見ると○○は寝てる。
あれ?空耳かな?と眼を閉じると再び、スリッパの音が。

「ベッドの周りをスリッパの音がグルグル周るの!
シュパー、シュパーって。もう恐くて恐くて眼も開けられない」

恐くなってきた私が「寝ぼけたんじゃない?夢とか」と言うと
「そんなことない、本当に音が!」と母は否定。

二人で軽く悲鳴をあげて、「無かったこと」にしました。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: InterCity tilting t
4731
: 2007/05/29(Tue) 17:30:35
風見鶏ママ

ユンヌフルートガナ様、有難うございます。
振り子式車両のことなんですね。
そういえば翻訳機にかけたら “電車を傾けているインターシティ”となっていました。
そういうことでしたら追加料金などは必要なさそうです。

電車のことは全然詳しくないので」振り子式というのもどんなものかわかりませんが 山岳地帯や曲線が多いところを走る車両のようですね。
なんだかわくわくしてきました。
乗り心地などまた帰国アンケートに書きますね。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
はみだし掲示板リニューアルのお知らせ
4730
: 2007/05/29(Tue) 17:22:19
掲示板担当さぽ   <ft-bbs@rmail.plala.or.jp>

SPAM対策のため、当掲示板を若干リニューアルいたしました。
本掲示板に投稿する場合「投稿キー」の入力が必要になります。

投稿時 XXXX を入力してください。
      ~~~~~
    ↑この数字を「投稿キー」右側のテキストボックスに入力してください。
     数字は毎回かわります。

不明な点はお問合せください。
よろしくお願いいたします。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 |

- WebForum -