[リストへ戻る]
新着表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート 2008年8月  Assomption卒業生 様
5228
: 2008/09/08(Mon) 11:52:41
Chun3(管理人)

全体アンケート 2008年8月  Assomption卒業生 様

(旅行の時期) = 2008年8月下旬

(全体の泊数) = 7泊

(訪問地) =
ドイツ:ミュンヘン(2泊)、ガルミッシュパルテンキルヘン(3泊)、ベルヒテスガーデン(2泊)

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: 特典航空券
ホテル: 直営HPから

(同行者) = 配偶者

(旅の手配で困ったことは?) = 特典航空券の予約。
8月のANAパリ、フランクフルト線は、2月時点で希望日が既にキャンセル待ち。

じっくり旅程を練るのが楽しみなので、早く確約できるルフトハンザのミュンヘン行きを予約した。
結果、燃油サーチャージと諸税は、ひとり約3万円で済んだが。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) = ホテルからの返事が早く、
眺めの良い部屋をリクエストしておいた2つのホテルでは、どちらもアップグレードされていた。
バイエルンチケットを使って移動、観光したので交通費が安くすんだ。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) = 帰国日ベルヒテスガーデンから
ミュンヘンに向かう電車が何かのトラブルで止まった。
全員降ろされ、バスで1時間ほどの駅に代替輸送。飛行機に間に合わなかったら、
とひやひやした。
結果的にはだいぶ余裕をみていたので、2時間前にはチェックインできた。

(現地にいってよかったことは?) = ドイツ最高峰のツークシュピッツェでは、
雄大なスケールのアルプスの眺めに感動。また、ケーニヒス湖の透明さと静寂に心洗われた。

ガルミッシュパルテンキルヘン、ベルヒテスガーデンの街も壁のフレスコ画やゼラニウムで
飾られた窓辺がかわいく、どこを見ても絵になる風景だった。
現地の人たちもとても親切で戸惑ったときはいろいろ助けてもらった。
もちろんドイツ語であいさつとお礼を言うようにした。

(服装) = ポロシャツ3、トレッキング用ズボン、ジーンズ、クロップトパンツ、
サマーセーター、ウィンドブレーカー、トレッキングシューズ、ウォーキングシューズ、
夕食用にアンサンブル、スカート、サンダル

(お買物報告) = チロル風デザインの腕時計(スイス製)
エリザベート皇后の本、ヴィッテルスバッハ家の紋章模様のノート、
スーパーでモーツァルトチョコ

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケー(OS) 成田-ウィーン-ローマ :Bera@サンジャン 
5227
: 2008/09/04(Thu) 12:48:36
Chun3(管理人)

エアラインアンケー(OS) 成田-ウィーン-ローマ :Bera@サンジャン 様

(搭乗時期) = 2008年7月下旬

(航空会社) = オーストリア航空/全日空共同運航 OS機体と乗務員(日本人乗務員が同乗)

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 第1ターミナル

(乗り継ぎ地) = ウィーン シュヴェヒャート空港

(到着地&ターミナル) = ローマ フィウミチーノ空港 ターミナルB

(到着空港の様子) =
ターンテーブルに向かうまでに両替所が数カ所あり

タクシーの乗り場について
税関近くの出口の所にオレンジ色の看板に黒く Taxi と書かれた案内板があり、10年前は
そこにタクシーが来たので今回もそこで待っていた。
しかしタクシーはたくさん来るが、そこには止まらずにどんどん先の方へ走り去ってしまう。

おかしいと思い、タクシーが走っていった方向へ様子を見に行った。
すると、「S.P.Q.R(ローマ市の公式のお知らせにつけられる文字)」と「taxi」の表示がついた看板があり
空港からアウレリアヌスの外壁まで40ユーロという案内も書かれていた。そこにタクシーが止まっている。
急いで連れのところに戻り、移動してタクシーに乗った。
乗り場を変更したなら、表示も改めてほしいのだが…。まあ、これがイタリアだろう。

(機体) =
成田-ウィーン: B777-200 3-4-3列。
ウィーン-ローマ: フォッカー100 2-3列

(機内食・飲み物) =
成田-ウィーン:
メニューが配られる
昼食: 蕎麦、サラダ、メインはチキンかビーフのチョイス、デザート 
スナック: 日清チキンヌードル(小)かサンドウィッチのチョイス
軽食: シーザーズサラダ、デザート

味は日本人向けに塩味を抑え気味、また軽めなので、自分にはちょうど良い。
パンは、カイザーセンメルや胚芽パンなど、数種類あたためたものを乗務員が
客席を回る。
飲み物の中で、ビールはオーストリア産のもの2種あり

ウィーン-ローマ:
軽食(ホット・ミール) 1回
豚肉のローストとポテト(スイスでいうレシュティ)塩味がきつく、
自分はオーストリア風と喜んで平らげたが、高血圧の同行者には残させた。
ここでもあたためたパン。

(座席) =
横3列席に着席。以前オーストリア航空を利用した時はエアバスの2-3-2列で、ゆとりを感じたが、
今回の機材では3席のところは気心が知れた人同士でないと、トイレの時など苦しいと思った。
パーソナルモニタあり。

(機内販売) = 種類は少ない。ロクシタンのシアバターやモーツァルトクーゲルン、
ロンシャンの折りたたみバッグなど。色などあまり選択の余地ない。

(マイレージ) = 70%加算

(乗り継ぎ空港) =
ウィーンでは乗り継ぎでシェンゲン協定国に向かう場合、
自分たちのようなEU外からやって来た人間に対して、ウィーン市内に向かう人と同じような
パスポート・コントロールがある。

日本からの便が到着してパスポート・コントロールを受けた後、
乗り継ぎ便のゲートに向かう時に、まず1回荷物のX線チェックがあった(さほど厳重ではなかった)。

乗り継ぎ便のゲート前でもう1回荷物のX線チェック(要パスポート)。
ここは最初の荷物チェックより厳重。日本からの便でもらったペットボトルの水をうっかり
持ってきてしまったが、ここで廃棄。

(航空券の入手方法と時期) =
特典無料航空券:
1月上旬にANAマイレージ・クラブから
ANA便をとろうとしたが、ローマ到着が深夜になってしまい、また乗り継ぎ分が
すでにキャンセル待ちと言われたので、オーストリア航空との共同運航便にした。

購入分: 3月中旬、オーストリア航空に直接電話して予約。
シニア割引の航空券がWebからでは予約できないため。

(価格) =
購入分: 175,000円+燃料サーチャージ・税等で、 220,090円/人
サブクラスはQ

特典航空券分: 燃料サーチャージ・税等 47,300円
サブクラスはX

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ウィーン)Austria : Nice de ken 様 
5226
: 2008/08/30(Sat) 22:23:10
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ウィーン)Austria : Nice de ken 様  

(場所) = (オーストリア)ウィーン

(ホテルの名前) = Austria
http://www.france-tourisme.net/hotel-list-wien/austria.htm

(宿泊時期) = 2008年8月中旬

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = Classic Double Twin + 2Single

(部屋の階&立地) = 日本式5階

(部屋について(雰囲気など)) = 約24平方m。小路をはさんで、向かいの建物が見える。
繁華街とは思えない、静かで落ち着いたところ。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、テレビ、机など。

(バスルーム) = 広さは約5畳。トイレとバスタブは続いているが、バスタブのガラスの仕切りで
見えないようになっている。清潔で、お湯の出も申し分ない。アルプスの水なので、夏でもとても冷たく、
気持ちよかった。アメニティは、チェックイン時に2日分手渡された。

(冷蔵庫) = あり。シャンパンやビールなど、一通りのものがそろっている。
ワインクーラーのようなものがあり、オーストリアワインが買えるようになっている。

(エアコン、クーラー) = エアコンなし、扇風機あり。
ちょっとエアコンが欲しいような微妙な気温だったが、夜は涼しかった。

(部屋について、その他) = 質素だがクラシックな雰囲気で、とても気に入った。
親子4人だが、狭さは感じなかった。

(パブリックエリア) = 朝食ルーム、ラウンジがあり、落ち着いたヨーロッパ的な雰囲気。

(リフト) = あり。4人でいっぱい。スーツケースを持てば、2人でいっぱい。

(レセプション) = とてもよい。

(レセプション以外の館内施設) = 中庭(テラス)がある。レンタサイクルもある。

(スタッフ) = 英語可。独語はもちろん、イタリア語も話していた。

(宿泊料) = 162euro

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルのホームページから。予約してから、月1回メールで
ホテルのニュースを送ってきた。とても親切な印象。

(ホテルへのアクセス) = 地下鉄U1、U4Schwedenplatz駅から、徒歩3分。
シュテファン寺院まで、徒歩約5分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 大通りから少し入ったところなので、とても静かで過ごしやすい。

(ホテルの選択基準) = 4人が泊まれるホテルで、リンク内。

(よかったこと) = 朝食がおいしかった。パンの種類が豊富。スタッフは愛想がよく、
挨拶もきちんとしている。朝食室のスタッフは、日本語で挨拶し、客を大切にしている態度が伝わった。

(朝食) = パンがおいしかった。硬いパンがおいしく、朝食で満腹になった。

(宿泊客の客層) = 年配の客が多かった。日本人には会わなかった。

(支払い方法) = クレジットカード可能。T/Cは不明。

(車椅子等の対応は?) = リフトの前が階段なので、あまり適さないかも。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ウィーンで、4人が1部屋で泊まれるホテルは、あまりないかも。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート (SQ)成田-シンガポール-ロンドン :崖の上のマーライオン 様
5224
: 2008/08/29(Fri) 11:31:22
Chun3(管理人)

エアラインアンケート (SQ)成田-シンガポール-ロンドン :崖の上のマーライオン 様

(搭乗時期) = 2008年8月上旬

(航空会社) = シンガポール航空(SQ)

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 ターミナル1

(乗り継ぎ地) = シンガポール・チャンギ空港 ターミナル3

(到着地&ターミナル) = ロンドン ヒースロー空港 ターミナル2

(機体) =
成田-シンガポール A380 3-4-3列
シンガポール-ロンドン B747-400

最新型のA380の後で従来のボーイングに乗ったら、狭さが際立った。長時間きつかった。

(機内食・飲み物) = シンガポール・スリングおいしい。フォションのアイスクリーム。

(座席) = A380は快適。エコノミーでもシートが若干ひろめで、前後も余裕がある。
飲み物ホルダーがついているので、机を広げなくても飲み物が置いておける。

(トラブル) = はじめは格安航空券でロンドンIN、パリOUTの席が取れず、シンガポール航空の
PEXで押さえて、HISで格安が取れるのを待った。

(航空券の入手方法と時期) = HIS鉄道専門デスクでユーロスターと共に。

(価格) =
146,000円 学生126,000円 サーチャージは約30,000円
燃油サーチャージは値上がり前で、SQは日系より安め。
時間はかかるが、ロンドンまでもA380で行く便はあるし、パリ-シンガポールも最新機材が飛んでいるので、
シンガポールにも寄れることを考えればお得かも。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート (AF) 成田-パリ-ウィーン: ミックスジュース梅田 様
5223
: 2008/08/28(Thu) 13:19:04
Chun3(管理人)

エアラインアンケート (AF) 成田-パリ-ウィーン: ミックスジュース梅田 様

(搭乗時期) = 2008年7月中旬

(航空会社) = エールフランス(AF) 夜便

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = 成田空港 第一ターミナル

(出発空港の様子) =
リフレッシュルームを初めて使った。30分500円。
フェイスタオル、バスタオル、シャワーキャップ、ボディーソープ、リンスインシャンプー
ドライヤー完備
男性用のヘアトニックなどもあったと思う。女性用に関しては手持ちの物を使ったので
よく覚えておらず。

髪と体を洗って、ドライヤーで乾かして30分ぐらいでちょうどよかった。
ロングヘアの人はもしかしたらもう少しかかるかも。

免税店で、
ボビィブラウンのシマーウォッシュアイシャドウが2,700円(日本市価3,360円)

(到着地&ターミナル) =ウィーン

(機体) =
3-4-3列のボーイング777-300の予定だったが、
機材変更で3-3-3配列の777-200になってしまった。
パーソナルモニター付き。

(機内食・飲み物) =
夕食:
胡椒風味のスモークサーモンとスモークツナ、野菜のつけあわせ

若鶏のソテー オリーブ風味のトマトソース添え、ペンネパスタ、にんじん、ブロッコリー 
または 
牛肉炒め 胡麻味噌ソース、南瓜、ほうれん草、椎茸、ご飯 のいずれか

チーズ、コーヒーヘーゼルナッツケーキ、コーヒー、紅茶

若鶏を頼んだが、ペンネがふやけておらず美味しかった。味付けもよかった
隣の人のビーフと見比べて、勝ったと思った。
さすがにチーズが美味しかった。

朝食:
チーズ、ハム、クロワッサン、テーブルロール、ヨーグルト
(フロマージュと書いてあったからチーズのデザートかも)

アイス、カップヌードル、パンなどのスナックがあったようだが
なかなか席を出られなくて、ドリンクぐらいしか、もらわなかった。

(座席) = 夜便なのにうっかり窓際にしてしまった。
かえたかったが、機材変更でオーバーブッキングが出てしまい、
贅沢は言えず仕方なく我慢。
隣がグループだったので、なんとなく出づらくて色々我慢してしまった。

(機内販売) =
あんまり見なかったが、エアバスA380の模型はちょっといいかも…と思った。
30センチぐらいありそうなので荷物になりそうだが。
アクセサリーはちょっと日本人には似合わなさそうな派手なものばかり。

(トラブル) =
出発当日、機材変更になり、機体が小さくなったため70人があぶれると
自宅にエールフランスから電話があった。

勤務中に親から連絡があって大いに慌てた。親も慌てていた。
元々はパリ乗り換えでウィーンへ行く予定だった。
エールフランス事務所から、18:50発のJALでバンコク、バンコクからエバー航空でウィーンへ、という代替案が出た。

150ユーロの賠償金が出るというし、時間的にも問題がないので了承したが、
結局エバー航空が満席で、
当初の予定通りAF277に乗ってくれとまた連絡があった。

成田についてカウンターで「オーバーブッキングなので、翌日の北京経由になる」と言われた。
事前に「AF277に予定通り乗れるという話だ」と、先に電話のあった事務所の担当者名と
電話番号を書いたメモを見せたら、窓口係員の態度が一変し、手続きをしてくれた。

北京経由に振り替えられた人たちは窓口でパニック状態になっていた。

この機材トラブルのせいかどうかよく分からないが、
インターネット・チェックインが正常に動作せず、チェックインできているのか
できてないのか分からなくて、ちょっと焦った。
ボタンをクリックするとボタンが消えてしまったり。
まあ、結果的にチェックインできてはいたようだが。

(航空券の入手方法と時期) = KLMのWEBから、1月に予約。


(乗り継ぎ地) = パリ シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2F

(乗り継ぎ空港の様子) =
早朝着だったので店はまったくやっておらず。大体6時オープンだった。

ターミナル2Dからウィーン行きに乗り継いだ。
カフェのほかにロクシタン、本屋、CDショップなどがあった。

ロクシタンでは、ハンドクリームやフットクリームが5.4ユーロ。
ウィーンやスキポールよりちょっとだけ安かった(5.5ユーロ)

早朝のターミナルは足元にゴロゴロ人が寝ていて、ビックリした(寝てるだけなので無害)

(価格) =
成田-パリ-ウィーン(AF)、 ウィーン-アムステルダム-成田(KLM) 
航空券 133,000円 税金・サーチャージ他 43,810円
計 176,810円

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート(OZ)フランクフルト-ソウル-成田 :toc blanc 様
5222
: 2008/08/28(Thu) 10:56:11
Chun3(管理人)

エアラインアンケート(OZ)フランクフルト-ソウル-成田 :toc blanc 様

(搭乗時期) = 2008年8月上旬

(航空会社) = アシアナ航空

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = フランクフルト ホールB ターミナル1

(出発空港の様子) = ロビーに椅子が少ない。
搭乗券の最終もぎりをした後のところにしか待合椅子がなく、
とても窮屈。
囲いこまれた羊のようだった。

(乗り継ぎ地) = ソウル 仁川(インチョン)空港

(到着地&ターミナル) = 成田 第1ターミナル

(機体) =  
フランクフルト-ソウル:
ボーイング777-200  3-3-3列
プライベートモニターあり。映画、ゲーム、各人の好みのものが楽しめる
フットレストあり

ソウル-成田:
ボーイング767 2-4-2列。
オーディオ関係は一切なし

(機内食・飲み物) =
フランクフルト-ソウル:
2回
メニュー印刷物あり。

1回目、ディナー
洋食か韓国食(ビビンパ)の選択。

韓国食
ビビンパ、蕎麦、スープとキムチ、チューブ入りコチジュン
ゴマ油、カットフルーツ、紅茶、緑茶、コーヒー

洋食
前菜、ミックス ガーデン サラダ イタリアンドレッシング、
ビーフ テンダロイン ステーキ、チェリーケーキ、


2回目: ブランチ

スクランブル エッグ
   または
ホット スパイシー シーフードの選択

ハッシュポテト、厚切りハム、スクランブルド卵、
シュリンプカクテル入りサラダ サウザンドドレッシング
パン、ヨーグルト、フルーツ、くるみが乗ったおまんじゅう
オレンジジュース(ひと口サイズ)

紅茶、緑茶、コーヒー

往復全ての食事の中で、(ビビンパは除外)
これが一番美味しかった。


成田-ソウル:1回

プルコギ、ご飯、チューブ入りコチジュン、
パン、ヨーグルト、カットフルーツ 美味しかった。
印刷されたメニューは無し


(座席) =
フランクフルト-ソウル:
往路ソウル-パリ便ではあったアメニティキットの配布、無し。
トイレにはハブラシ歯磨きセットは置いてあった。

トイレの清掃はかなりマメにしている様子。

出発時刻の2時間前にはチェックインしたにもかかわらず
アサインされた席はバラバラ
「機内で交渉しろ」と 搭乗券を渡された。
前後だからママ〜って言えば?と、何語ともつかぬ言葉で説明される。
韓国の団体がチェックインした後だったからか。

28G、29G。
29は前が壁の座席。つまりトイレをはさんで中央ブロックと後方ブロックと
全くかけ離れていた2席を指定されたわけで、
チェックインカウンターの職員はデタラメを言っていたようだ。

機内乗務員トに 「サイドバイサイドにして欲しい」と頼む。
結果、30EとGになった。
往路の成田でのチェックインの時に
復路の席も指定すればよかった。


(機内販売) = カタログあり。
オーダーシートがあり、購入希望の品物にボックスチェックする方法。
日本円か、クレジットカード払いか等の支払い方法も記入する欄があった。
搭乗直後にアテンダントにこのシートを手渡し。

クリスチャン・ディオールの口紅5本セットを購入。
日本円でのおつりの用意は無い、とのことでドル建てでカード決済した。

納得がいかなかったし、落ち着いてみたら
手持ち現金がちょうどあったのでカード決済をキャンセルし
現金に切り替えてもらった。日本人乗務員がいて大変助かった。

(マイレージ) = ANAに加算。加算率は50%か?(未確認)

(乗り継ぎ空港) =
ソウル到着後、必然的にもう一度手荷物検査と金属探知機のチェックを
通過するようになっている。帰りの乗り継ぎは大変待ち時間があった。

ソウル到着が12:25 出発が17:10

総合案内所のところに Free Event として Transit Tourの
ちらしが置いてあった。
家族が行きたがらなかったので今回は参加しなかったが。

無料の1時間ツアーとしては
Temple Tour と Casino Tour があるようだ。
出発は 9、11、15時の設定あり。

また他にも
所要5時間、40米ドルで seoul city tour ソウル市内観光、
所要4時間、40米ドルで incheon city tour 仁川市内観光、
所要2時間、20米ドルで Suburbs of tour 郊外?観光、
所要6時間、60米ドルで DMZ tour 38度線(非武装地帯)観光、
がある模様

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート 2008年7月/8月 Bera@サンジャン 様
5221
: 2008/08/28(Thu) 10:40:28
Chun3(管理人)

全体アンケート 2008年7月/8月 Bera@サンジャン 様

(旅行の時期) = 2008年7月下旬/8月上旬

(全体の泊数) = 10泊

(訪問地) =
イタリア: 
ローマ(4泊)、ナポリ

スイス:
サース・フェー(4泊)、エヴォレーヌ、ヴェヴェイ、ロマンモティエ、フリブール(1泊)、
ザンクト・ガレン(1泊)

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: 航空会社から
ホテル: メールとFAX
イタリア鉄道: トレニイタリアのWebから
スイス・セーバー・パス: JTBから

(同行者) = 両親

(気にいったところは?) =
イタリア: ナポリ
スイス: ロマンモティエ、フリブールのマルシェ


(旅の手配で困ったことは?) =
航空券の手配。自分の分は特典航空券で1月に予約。マイレージの期限が迫っていたため。

家族の航空券は3月末に手配したが、帰りのチューリッヒ〜ウィーン間がキャンセル待ちとなった。
幸い約1週間後に空席が出たとの回答があったが、その間ホテルの予約等もできず、
最悪、自分の特典航空券の予約変更も考えた。
特典航空券の予約の時点で、キャンセルを恐れず、家族分の予約も済ませてしまえばよかった、と反省。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
サース・フェー。
ホテルの予約。2年前に滞在したホテルであったが、覚えていてくれ、
メールでのやりとりでも再訪を歓迎してくれる文体だった。
前回の滞在では天気に恵まれなかったが、今回はずっと素晴らしい天気だった。

航空券の手配で、キャンセル待ち分がすぐとれたこと。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
同行者がローマで転んで、怪我をした。打った所が変な腫れ方をしたので、
保険会社と連絡をとりながら病院に連れて行った。診療費は保険会社で処理。
幸い、大事には至らず、旅行も続けられたが、高齢者を連れて行く場合、あらゆる事態を想定して、
保険や携帯電話などの連絡手段等、十分な対策を立てておく必要がある。

荷物の管理。
ミラノからブリークへ向かうチザルピーノ社の列車が、
荷物置き場がないタイプの車両に当たった。
座席上の網棚に載せるしかなかった。ところが、ハードのスーツケースを
網棚に載せるに難儀し、隣の座席に座っていたアメリカ人男性に助けてもらって
ようやく上げ下ろしできた。列車の旅では周りに迷惑をかけないよう、
荷物のことも考えないといけない、と反省。

(現地にいってよかったことは?) =
ナポリのメルジェリーナ地区。
中心のダンテ広場に行こうと中央駅からメトロに乗ったが、乗り換えすべき所を
乗り過ごしてしまった。
思い切ってメルジェリーナ駅へ向かった。どうせなら近くにあるジェラート屋へ行こうとしたが、
なかなか見あたらない。そのうち、暑さに弱く、歩くのが好きでない母がぐずりだした。

若者に道を尋ね、その通りに歩いたが、やはり見つからない。

やがて市場街に入り、散歩中の男性に尋ねたら、「2つ目の通りを右に入ってすぐだよ。いいジェラート屋だよ、ハッハッハ〜。」
そこへ先ほど尋ねた若者が来て、「違ったこと教えちゃった。でも、もうわかったみたいだね。」
間違った道を教えたくらいで訂正しに追いかけて来るのか?と思ったら、嬉しくなってしまった。

中心街に戻るため、その後も何人かにバスの乗り場や何番のバスに乗ればいいのか尋ねたが、
みんな仲間と議論(?)しながら簡単な方法を教えてくれようとした。

市場の新鮮な魚介類、野菜、果物を見られたり、現地の人々の人情に触れることができて、
母の機嫌も直った。
自分も、訪れる前は不安だったナポリに、やはり行ってよかったと思った。


ロマンモティエ。
古い修道院のある小さな町。修道院以外に何か有名なものがあるという訳ではないが、
ダマスク・ローズの香る横丁、あちらこちらにある花と彫刻で飾られた噴水、
オープンテラスのカフェ、そして村の人がすれ違うたび「ボンジュール」と声をかけてくれて、
ただ歩いたり、木陰のベンチで休んでいるだけでうっとりした。
フランス国境に近いので、いつかフランス側から再訪してみたい。


(服装) =
ポロシャツ、Tシャツ、コットンのパンツ。
山用にセーター、ウィンド・ブレーカー。

レストラン用にワンピース。
同行者にも1着ジャケットなど、おしゃれ着を持たせた。

(お買物報告) = ファブリアーノ紙のレターセット、ペーパーナイフ。
サース・フェーのミグロで、プジョーのアクリル製ソルト&ペッパーミル。
フリブールのマルシェで、メレンゲ菓子、農家製の苺のコンフィチュール。
チューリヒ空港で、シュプルングリのルクセンブルゲリ(マカロン)の詰め合わせ、トリュフチョコ

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ツアーアンケート(ベルギーTC)ビヤカフェナイトツアー: 肩昆布 様
5220
: 2008/08/27(Wed) 10:23:32
Chun3(管理人)

ツアーアンケート(ベルギーTC)ビヤカフェナイトツアー: 肩昆布 様

(出発日) = 2008年7月下旬

(オプショナルツアーについて) =

「ベルギー楽しもネット」の「ビヤカフェナイトツアー」に申し込み、参加。
(上記のベルギートラベルセンターとは関係ない)

(オプショナルツアーの内容と価格) =
夕方18:30(20:00からの回もある)にホテルから徒歩で出発、
ブリュッセルのグラン・プラス界隈のビヤカフェを2、3軒案内してもらう。
一人参加で50ユーロ(案内料とチップ代)。

店で飲んだビール代は、その都度払う。私もガイドも、自分の飲む分は自分もち。

(オプショナルツアー報告) =
手配はネットで。費用は現地でユーロ現金払い。
ベルギーに行ったからには、ビールを堪能しようと思った。一人でも大丈夫だとは思ったが、
観光で疲れて夜一人で店に乗り込む気力がなかったら、無念の内に帰国することになってしまうと思い、申し込み。

ベルギー到着後、レストランで無難な銘柄のビールは飲んではいたが、結局ビヤカフェには入らなかったので、
最終日の夜、このツアーをつけて正解。

ホテルロビーでガイドと待ち合わせ、出発。
珍しいビールが飲みたいと希望して、店に案内してもらう。人形劇を上演している店や(見なかったが)、
カウンター奥にたくさん生ビールの樽があり、天井からはグラスがぶら下がっている店、
細い路地を入っていく地元の人しか来ないような店でビールを堪能した。

モワネットというビール(生)が一番うまかった。サクランボのビールも思ったより甘みが少なく、
自分好みの味だった。

ガイド時間は1時間半だったが、よければ、ということで2時間半くらい案内してもらった。
帰りはホテルまで送ってもらい、終了。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ツアーアンケート(ベルギーTC) 肩昆布 様
5219
: 2008/08/27(Wed) 10:17:30
Chun3(管理人)

ツアーアンケート(ベルギーTC) 肩昆布 様

(主催会社名) = ベルギートラベルセンター

(ツアー名、商品名) = ベルギー個人旅行スペシャル8日間

(出発空港&コース) =
成田〜アムステルダム〜ブリュッセル 往復
往復の空港送迎つき。
ブリュッセル3泊+ブルージュ2泊+ブリュッセル1泊。
ブリュッセル-ブリュージュ間のベルギー国鉄往復切符つき。

現地では自由行動

(出発日) = 2008年7月下旬

(価格) = 基本270,000円、発着日金土追加料金10,000円、
一人参加費用25,000円、一人部屋費用48,000円、
燃油税・現地税・成田空港使用料 46,330円

合計 399,330円

(申し込んだ窓口/代理店、方法) =
ベルギートラベルセンターのWebを見て、メールで申込。
やりとりもすべてメール。

(どうしてその商品に?) =
ベルギーだけを巡るツアーを探した。
大手代理店では、他国とベルギーを合わせたツアーが多く、
一週間ほどの日程では、ベルギーは1、2日だけ訪ねるものが多かった。

一週間だったら、同国内、2都市くらいでゆっくりしたいので、
ベルギー旅行専門店のその商品に決めた。

(出発前のトラブル) = 担当者は迅速に動いてくれ、
逐一、連絡をくれたので特になし。

(出発前に知っておきたかったこと) =
乗る列車の終点や途中停車駅を、Webなどで確認しておけばよかった。
駅の場所や発着時刻は確認していて、特に問題もなかったが、一人旅の安心材料として、
途中停車駅がわかっていれば、「降りる駅通り過ぎてないよね」の不安はないだろう。

(そのツアーにしてよかったことは?) =
申し込みから出発まで、すべてメールで済んだので楽だった。
飛行機+ホテル+送迎つきなので、これらの手配で頭を使うことはなかった。

(現地にいってがっかり) =
出発前からわかっていたことではあるが、行きのアムステルダムでの乗り継ぎが1時間だった。

海外旅行はすべて直行便だったので、初めての乗り継ぎ、しかも1時間ということで、ロストバケージの件も含め、
あれやこれやと考えた。
かなり慎重に心と体(脚力アップ)の準備をした。
結果は、当初の搭乗開始時間5分前に無事ゲートに到着。
が、何らかの理由で1時間ゲートはあかなかった。拍子抜け。

ロストバゲージにはあわず、荷物は成田からブリュッセルまで無事届いた。

(ツアー選びのアドバイス) =
一人旅なら、個人手配を頑張った方がいい。
燃油サーチャージの上に、一人部屋費用だの、一人参加費用だのではたまらない。
面倒くさがりやなので、自分はつい頼ってしまうのだが。

(コストパフォーマンス) = ★★★

(代理店・ツアー催行会社への要望) =
旅行会社への支払い、クレジットカードがもっと普及したらなと思う。
前よりは増えただろうが、大手代理店以外だとまだまだという感じなので。
今回のベルギートラベルセンターは残念ながら使えず。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ロンドン)22 Jermyn : chjc5 様
5216
: 2008/08/25(Mon) 23:35:57
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ロンドン)22 Jermyn : chjc5 様

(場所) = (英国)ロンドン

(ホテルの名前) = 22 Jermyn
http://www.22jermyn.com/

(宿泊時期) = 2008年8月上旬

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = スイートルーム、ダブルベッド(2人で使用)

(部屋の階&立地) = 英国式5階

(部屋について(雰囲気など)) = 居間、バスルーム、寝室。
全ての部屋に、通りに面した窓があり明るい。ベッドは広め。

(部屋の家具・備品) = テレビは、居間と寝室にあり。チェスト、クローゼット。
クローゼット内に、暗証番号を自分で設定するセイフティ・ボックスがある。

(バスルーム) = 深くて広いバスタブ。お湯の出も良い。ブラインドの付いた窓があって、明るい。
シャンプー、入浴剤、石鹸はロクシタン。

(冷蔵庫) = あり。ワイン、ビール、ソフトドリンクなど、種類は多い。スナックなどもある。

(エアコン、クーラー) = 寝室にエアコンが付いている。

(部屋について、その他) = 便利で、ちょっと気が利いたプチホテルに泊まりたかった。
ステュディオ(ダブル使用できる)を予約していたが、同じ値段でスイートになった。

(パブリックエリア) = 本当に小さいホテル。入り口はドア一つ、細い廊下を入ると
小さいカウンターがあり、そこがロビー。シャンデリアがあり、古い英国のマンションという感じ。

(リフト) = あり。最大6名。

(レセプション) = スタッフは、カウンターにいる。非常に親切に対応してくれる。
夕方、観光から帰ってくると必ず、コーヒーか紅茶でも?と声をかけてくれる。
ルームサービスでお金はかかるが、部屋に帰って、何か温かいものが飲みたいと思って
わざわざ電話をかけなくても済むので、気が利いていると思った。

(レセプション以外の館内施設) = なし。スポーツクラブと契約していて、そこを使えるらしい。

(スタッフ) = 日本語は不可。

(宿泊料) = 258ポンド(税込み)

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = メールで連絡。すぐに返信がくる。

(ホテルへのアクセス) = 地下鉄ピカデリーサーカスから、徒歩約3分。Jermyn st.に面している。

(ホテル周辺の雰囲気) = 人通りが多く、安全な雰囲気。少し暗くなっても歩いて帰れた。

(ホテルの選択基準) = ピカデリーサーカス周辺で、チェーンの大型ホテルでなく、
小さい英国らしいホテルに泊まりたかった。

(よかったこと) = 便利な場所だが、ホテルの中はとても静か。
歩道の工事をしていたが、夜は静かだった。

(朝食) = 食堂はないので、ルームサービス。指定した時間に朝食を届けてくれる。

(宿泊客の客層) = ビジネス客らしい人をみかけた。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = 古いホテルなので、通路は狭い。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 高いが、ロンドンの中心部ならこれくらいかも。
ステュディオで予約して、運良くスイートにアップグレードしてもらえたので、コストパフォーマンスが
とても良いホテルに思えた。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ポルトヴェーネレ)Royal Sporting Hotel : うちゃぎ@Lapin 様
5215
: 2008/08/25(Mon) 23:33:26
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ポルトヴェーネレ)Royal Sporting Hotel : うちゃぎ@Lapin 様

(場所) = (イタリア)ポルトヴェーネレ

(ホテルの名前) = Royal Sporting Hotel
 http://www.royalsporting.com/home.asp

(宿泊時期) = 2008年5月初旬

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブルルーム

(部屋の階&立地) = フランス式3階。

(部屋について(雰囲気など)) = 南西に、テラス付の大きな窓。明るさは十分。広さはまあまあ。
テラコッタの床。ポルトヴェーネレの内湾(というか小さな港)が一望できる。
湾内に浮かぶ小島が、真向かい。部屋の雰囲気は、ちょっとリゾートな感じで、割りとあっさりしている。
家具はアンティークではないが、年代物。

(部屋の家具・備品) = 机と椅子。入り口の横に、大きな作り付けのクローゼット。

(バスルーム) = シャワーのみ。海辺のリゾートホテルなので、バスタブ付がないことが多い。
広さは、ほどほど。洗面ボウルの上の棚が狭く、小物を置くのにちょっと苦労する。
シャワーのお湯の出はよい。バスジェルやシャンプー、石鹸など。

(冷蔵庫) = あり。アルコール類やお水など。

(エアコン、クーラー) = あったと思う。

(パブリックエリア) = 落ち着いた感じだが、ちょっと古い感じ。

(リフト) = 約6人乗れる。

(レセプション) = 落ち着いた対応。フレンドリーな感じではない。

(レセプション以外の館内施設) = レストランと屋外プールなど。

(スタッフ) = 挨拶はきちんとしていて、気持ちがよい。朝食室でも複数スタッフが目配りしていて、
気持ちよくすごせた。

(宿泊料) = 240euro。ガレージは、20euro。

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = クレジットカード会社のゴールドカードデスクで。いつもてきぱきと手続きをしてくれる。

(ホテルへのアクセス) = レンタカー利用なので不明だが、バス停は近くにあった。
ポルトヴェーネレの中心から、海沿いを約7〜8分歩く。ベンチや木立がきれいな小さな公園があり、
歩いても退屈しない。

(ホテル周辺の雰囲気) = メーデー近くの週末で、観光客が多かった。
暗くなっても(この時期は、21時ごろまで明るい)人通りが多い。
ホテルの並びに、簡単なバールやトラットリアがあり、不穏な雰囲気はなかった。

(ホテルの選択基準) = チンクエテッレへの周遊船の基点で、以前来た時に
おいしい魚介料理に出会えたので、この町に泊まることを決めた。
メーデーの休みで、宿の手配が遅れたため、以前泊まったグランドホテルの予約を逃した。
海辺のホテルは、満室か1週間単位での予約のみで、町まで歩けるが一番遠いホテルになった。

今回の旅行の中で、一番高い部屋だったが、設備や雰囲気はいまいち。
海辺のリゾートホテルではよくあるので、こんなものかなと思った。

(よかったこと) = 暗くなって、テラスの椅子に座ってぼんやりと海を眺めていると
明かりをつけた水上タクシーが、小島へ渡っていくのが見えたり、ラ・スペッツアの港近くに停泊中の
大型旅客船の明かりがキラキラときれいで、2泊だけでなく、もっとのんびりとしたいと思った。

(朝食) = 部屋数も多く、朝からアクティブな客が多いので、8時過ぎに朝食をとりにいくと
いつもにぎやかだった。生ハムや卵料理もある。
海沿いの屋外プールに面しているので、明るくて開放的。

(宿泊客の客層) = 年配の夫婦や若い団体まで。日本人の50代くらいの夫婦1組と朝食室で一緒になり、にっこりと挨拶。

(支払い方法) = クレジットカードで。

(車椅子等の対応は?) = 段差はなんとかカバーできると思うが、部屋のバスルームが狭いので
なんともいえない。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ポルトヴェーネレの中心へ歩いていけるホテルは、5〜6軒しかない。
シーズン中は、早めの手配がよい。古くからのリゾート地なので、新しいホテルはない。
庶民派のリゾートに近いので、豪華な設備のホテルは、なさそう。
ポルトヴェーネレは、チンクエテッレめぐりの基点となる町で、町の中心もこじゃれたブティックや
地元のオリーブオイル関連の店や、小物を売る店が多く、ちょっとした買い物も楽しめる。
ジェノベーゼソース(バジルと松の実とパルメジャーノチーズとオリーブオイルのソース)の
有名店があって、猫も杓子も、瓶詰めを買っていた。
港に面したレストランは、どこもまあまあおいしく、料金も良心的。
町の中心の広場から港沿いに並んでいる2軒は、人気があるので予約した方がいいと思う。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(女満別)Northern Lodge Kanto : たかともこ 様
5214
: 2008/08/25(Mon) 23:23:52
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(女満別)Northern Lodge Kanto : たかともこ 様

(場所) = (日本)女満別

(ホテルの名前) = Northern Lodge Kanto
http://www.geocities.jp/nlkanto/

(宿泊時期) = 2008年8月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン。かつら、という名前の部屋。
部屋はツイン3部屋、3〜4人用の和室1部屋のみ。

(部屋の階&立地) = 平屋建て。一番奥の部屋。

(部屋について(雰囲気など)) = 窓が大きくて明るく、ゆったりした感じ。
外は、庭の奥に森が続く。鹿が庭まで出てくることもあるらしい。
家具は白木で、新しく気持ちがいい。

(部屋の家具・備品) = セミダブルベッド2、ラブソファ、テーブル、扇風機、暖房、クローゼット。
バスタオル、ウォッシュタオル、風呂用タオル、タオルかけ、物が置ける細長いテーブル、洗面台、
歯ブラシセット、歯磨き用コップ、ドライヤー。

(バスルーム) = 風呂は部屋ごとに貸切で利用できる。夕方〜22時まで。
2人だと湯船もかなり広めで、ゆったりできる。大きなガラス張りできれい。
シャンプー、リンス、ボディシャンプー、洗顔用クレンジングがある。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = たぶん暖房用エアコンのみ。

(パブリックエリア) = 玄関を入った所に、大きなテーブルと暖炉がある。
一段高い場所に食事スペースがあり、吹き抜けになっているので、広々している。
営業開始から3か月で、とにかく全てが新しく、気持ち良い。

(リフト) = なし

(レセプション) = 若い夫婦が経営している。大阪出身の、とてもきさくな、美男美女。

(レセプション以外の館内施設) = なし

(宿泊料) = 一人10、500円(2食付き)。素泊まりも可。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホームページより予約。すぐにメールで返事があった。

(ホテルへのアクセス) = 所要時間は全て車での時間。
女満別空港から10分。女満別駅からも5分。空港・女満別駅へは送迎あり。
網走へ20分。サロマ湖へ1時間。阿寒湖・知床ウトロへ1時間30分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 畑の中にぽつんとある。とても雄大な景色が楽しめる。

(ホテルの選択基準) = こじんまりした所で、食事がおいしそうな所、落ち着けそうな雰囲気のところを
ネットで探した。

(よかったこと) = 食事のおいしさ。アスパラやチーズなど地元産の材料を使った料理。
帆立貝、つぶ貝、北海しま海老など旬の魚介類や、パスタ、肉、玄米入りご飯まで品数豊か。
温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、一品ごとにゆっくりお箸で食べられる。

(朝食) = おいしい牛乳、玄米ご飯、作りたてのオムレツ、サラダ、味噌汁、コーヒー。

(宿泊客の客層) = 家族やカップル。

(支払い方法) = 現金のみ。

(車椅子等の対応は?) = 前もって連絡すれば、対応してもらえると思う。
食事スペースに上がる所に、段差がある。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 1泊2食付で、ぜひ食事を楽しんで欲しい。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
全体アンケート 2008年7月 肩昆布 様
5212
: 2008/08/24(Sun) 19:22:21
Chun3(管理人)

全体アンケート 2008年7月 肩昆布 様

(旅行の時期) = 2008年7月下旬

(全体の泊数) = 6泊

(訪問地) = ブリュッセル(4泊)、ブリュージュ(2泊)、アント
ワープ日帰り

(旅のタイプ) = 航空券やホテルがセットになったパッケージツアー

(同行者) = なし

(気に入ったところは?) =
ブリュッセルのグラン・プラス。ただの広場でしょ、と思っていたが、
だてに世界遺産ではないなと感じた。ホテルが近くだったので、
朝の静かな時、昼間の賑やかな時、夜のライトアップの時と、様々な時間帯を堪能できた。

ブリュージュの街並みにも感激。中世の趣の残る街をただ歩いているだけで、楽しい。
マルクト広場周辺の観光客の多い場所より、なんてことない道の方がよかった。

また、ベギン会館や愛の湖の静かな佇まいが落ち着いた(人が少ない)。

ブリュージュからのエクスカーションで行ったダムは、小さな田舎町だが、
羊や牛が草をハムハムしていてほのぼの。聖母教会の鐘楼は今まで昇った中で、
一番怖い鐘楼だった。
隙間があり、下が見える木の階段を昇り、ラスト、階段というよりハシゴを3本昇る。

(旅の手配で困ったことは?) =
大手旅行代理店のツアーにはベルギーオンリーというものがほとんどなく、
比較検討ができなかった。ベルギーはオランダやフランスやドイツのついでに立ち寄る国という感じ。

一人参加だったので、その辺の費用もかさんだ。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) = 手配をお願いしたベルギー専門旅行店とのやりとりが、
すべてネットで済んだので楽だった。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
ポイ捨てのゴミと煙草の吸殻の多さ。毎早朝、一斉に掃除の車がくるので、
それも有るかもしれないが、夏場なので、何となく街中に悪臭が漂っている。
ブリュッセルで特に感じた。

国鉄の切符を買ったとき、窓口でアントワープ行き、往復、一等車というメモをみせながら買ったのだが、
いちいち質問をしてきた。確認のためかもしれないが。
一生懸命喋ったが、メモなんかろくに見てくれないんだなとがっかり。
おまけに、おつりは1ユーロ足らず、発券されたのは二等車のものだった。
窓口を離れ、しばらくしてから気がついたが、これは自分の確認不足と反省。

(現地にいってよかったことは?) =
ブリュージュから、ブリュッセルの帰りの列車内で、隣に座った現地男性と話した。
日本に滞在したことがあるようで、京都や奈良での思い出を話してくれた。
私も、ベルギーのここが良かったよ、など話した。
別れ際、「お話できて楽しかったよ、楽しい旅行をね」と言ってくれたのが嬉しかった。

事前勉強のおかげで、一人旅だったが、レストランやカフェに臆せず入れて
美味しい料理を堪能できた。一番スムーズにこなせたのが食事だったことにびっくり。
こんなにいろいろなものを食べた旅は初めてだ。

(服装) =
半袖のブラウス、カットソー、ロングスカート、歩きやすいエコーの革靴。
レストランに行く時は、それに高価ではないロングネックレスやブレスレット。

街歩き用の鞄は、少しカジュアルだが、TUMIのトラベルラインのショルダーバッグ。

日差しが強く、顔や身体の日焼け止め対策は万全だったが、頭のてっぺんの分け目が
真っ赤になった。帽子や日傘が好きではないので、次回どうしたらよいのだろうか。

(次の旅行でやってみたいことは?) = 語学力強化し、レストランや店などで、現地の人と
いろいろな話ができたらな、と思う。今回も自分なりに結構頑張ったが、
もう少しスマートに。

(今回の反省や次回への願望&意気込み) = 泊まったホテルはイビス、ノボテルだったので、
もう少し予算をかけて雰囲気のあるホテルを探したい。
でもイビス、ノボテルは好きだ。

(お買物報告) = ダンドワのスペキュロス、コルネのワッフル。

ノイハウスのカリソン。新製品のようで、どの店舗でもショーウィンドウに綺麗に飾ってあった。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ロンドン)Megaro Hotel : まねまねバナナ 様
5211
: 2008/08/24(Sun) 17:42:17
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ロンドン)Megaro Hotel : まねまねバナナ 様

(場所) = (英国)ロンドン

(ホテルの名前) = Megaro Hotel
http://www.hotelmegaro.co.uk/index.php

(宿泊時期) = 2008年8月

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル、エグゼクティブルーム。

(部屋の階&立地) = イギリス式5階。

(部屋について(雰囲気など)) = 広い。木目調の家具で、リゾートホテルのようだった。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、チェスト、セイフティ・ボックス、エスプレッソマシーン、
アイロン。

(バスルーム) = 十分な広さがあり、清潔。バスタブに扉(カーテン)がない。

(冷蔵庫) = あり。コーヒー用ミルクだけあった。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。

(部屋について、その他) = 机と椅子が1組あったが、ソファーやテーブルがなかった。
机に照明がなく、夜になると机が使えない。

(リフト) = 約4人乗れる。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン

(宿泊料) = 126ポンド

(予約方法) = 個人で

(ホテルへのアクセス) = セントパンクラス駅の目の前。地下鉄、バスもたくさん路線あり。

(ホテル周辺の雰囲気) = 悪くない。スターバックス、ハンバーガーショップ、レストランなどもある。

(よかったこと) = 大きめのクローゼットにチェストもあったので、洋服を全部出して
しまえたのが良かった。エスプレッソマシーンとミルクがあったのが、うれしかった。
毎朝、新聞がドアの前においてあった。

(困ったこと) = 上の階の足音や廊下の声が気になることがあった。
インターネットは無料でつなげたが、部屋の向きでつながりにくかった。

(支払い方法) = クレジットカード可

(車椅子等の対応は?) = 部屋まで、ドアが多いので大変だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 料金は高めだが、駅の目の前で便利。部屋も快適。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ウィーン)Mercure Grand Hotel Biedermeier Wien : まねまねバナナ 様
5210
: 2008/08/24(Sun) 17:38:20
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ウィーン)Mercure Grand Hotel Biedermeier Wien : まねまねバナナ 様

(場所) = (オーストリア)ウィーン

(ホテルの名前) = Mercure Grand Hotel Biedermeier Wien
http://www.mercure.com/mercure/fichehotel/gb/mer/5357/fiche_hotel.shtml

(宿泊時期) = 2008年5月

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル、エキストラベッド付き。

(部屋について(雰囲気など)) = エクストラベッド付きの部屋だったので広め。
窓は、部屋の端にひとつだけ。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、セイフティ・ボックス、机、テーブル、椅子。

(バスルーム) = バスタブつき、標準的な広さ、特に問題なし。

(冷蔵庫) = ビール、ジュース、菓子。

(エアコン、クーラー) = あり

(リフト) = 3基。朝は降りる人が多く、なかなか乗れなかった。

(レセプション) = 英語可

(レセプション以外の館内施設) = レストラン

(宿泊料) = 169euro

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = 予約サイトから

(ホテルへのアクセス) = 路地の奥なので、見つけにくい。ウィーン中央駅から徒歩可。
バスでも、1区間。中央駅まで行けば、リングは歩いてすぐ。

(ホテル周辺の雰囲気) = 良い。スーパーやレストランもある。
スーパーは、土曜は早めに閉まり、日曜は休み。

(ホテルの選択基準) = 中央駅の近くで手頃なホテルを探したが、なかった。
ウィーンのホテルは、高めに感じた。

(宿泊客の客層) = 欧米人、中高年観光客。

(支払い方法) = クレジットカード可

(車椅子等の対応は?) = 入口まで石畳の道があり、段差もある。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(東京)帝国ホテル : どどんがばちょ 様
5209
: 2008/08/24(Sun) 15:31:45
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(東京)帝国ホテル : どどんがばちょ 様

(場所) = (日本)東京

(ホテルの名前) = 帝国ホテル
http://www.france-tourisme.net/hotel-japan/hotel-tokyo.htm#Teikoku

(宿泊時期) = 2008年7月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 26階

(部屋について(雰囲気など)) = タワー棟の高層階なので、東京が一望できる。
部屋の広さは普通だが、清潔で高級感あり。

(部屋の家具・備品) = テレビ、テーブル、椅子2、ポット、コーヒーカップ、
コーヒー・紅茶・緑茶のパック。

(バスルーム) = 寝そべって浸かれる広さのバスタブ。シャワーも良く出るし、高さも
2段階に調節できる。シャンプー、リンス、ボディジェル、シャワーキャップ、ボディータオル、
歯ブラシ。

(冷蔵庫) = アルコールやソフトドリンクが入っていたようだ。

(エアコン、クーラー) = あり。各部屋で調節できる。

(部屋について、その他) = チェックイン後、シャワーを使った。外出して、部屋に戻ったら、
タオルが新しくなっていた。びっくりしたが、とても嬉しかった。

(パブリックエリア) = 清潔で高級感がある。あまり堅苦しくないので、居心地がとてもよい。

(リフト) = あり。6、7人乗れる。

(レセプション) = 完璧の一言。

(レセプション以外の館内施設) = スポーツジム、プール、レストラン。

(スタッフ) = 丁寧でにこやか。接客の鑑のようだ。自分も接客業なので、見習わなければと、思った。

(宿泊料) = レディースプラン利用。2名で、37,000円。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホームページから予約。簡単に出来たが、キャンセルや変更は
電話でする。禁煙ルームを希望したら、翌日自宅に、とれましたと電話がかかってきた。

(ホテルへのアクセス) = 有楽町駅から徒歩約5分。銀座は、徒歩圏内。地下鉄やJRの駅もすぐそばで
アクセスは、抜群。

(ホテル周辺の雰囲気) = 安全。23時頃まで、頻繁に人の出入りがあり、ホテルのスタッフもいる。

(ホテルの選択基準) = 帝国ホテルに泊まるのが目的だった。

(よかったこと) = 高層階からの夜景はとても美しく、部屋は静かで快適だった。
ルームサービスの朝食で、優雅な時間を過ごした。

(困ったこと) = エレベーターで、浴衣姿の中年の外国人カップルと一緒になった。
びっくりしていたら、スポーツジムで下りていった。バスローブがわりか。

(朝食) = 朝食つきプランで、レストランかルームサービスを選べる。ルームサービス選び、
景色をながめながら、のんびり朝食をとる、優雅な時間をすごせた。
パンケーキかフレンチトースト・ワッフルが選べる。

(宿泊客の客層) = 若い人は少ない。外国人や金持ち風な人。結婚式などで上京した地方の人。
週末だったので、家族連れもいた。

(支払い方法) = クレジットカードは、使える。チェックイン時に登録すると、
スピードチェックアウトができる。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫でしょう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = どちらともいえない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 東京見物に両親を連れて行くなら、お勧め。あまり気取りすぎず、
ハレの日の気分が味わえる。

(ホテルでのお楽しみ) = いつも入浴剤を入れて楽しむが、今回はなし。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ハンブルグ)Alster-hof : kamille & manon 様
5208
: 2008/08/24(Sun) 15:25:36
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ハンブルグ)Alster-hof : kamille & manon 様

(場所) = (ドイツ)ハンブルグ

(ホテルの名前) = Alster-hof
http://www.alster-hof.de/

(宿泊時期) = 2008年7月

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = シングル

(部屋の階&立地) = ドイツ式4階、411号室。道路に面していないので、静か。

(部屋について(雰囲気など)) = 部屋は明るく、広い。ベッドはセミダブル。

(部屋の家具・備品) = テレビ、机、ハンガーが7、8本。
棚は、昔ながらの鍵を回して開ける。金庫はなし。

(バスルーム) = バスタブ付きを希望した。バスタブは、深い。バスルームは広く、
少し暗いが使いやすい。ドライヤーがなかったが、電話をしたらすぐに持って来てくれた。
シャワーキャップ、ボディシャンプーあり。靴磨きのスポンジもあった。
タオル類は、続けて使用の場合はラックにかけ、交換希望のときは床に置く。

(冷蔵庫) = あり。アルコール類やジュース類が入っているが、私物を入れるスペースあり。

(エアコン、クーラー) = クーラーはない。夜は涼しくなるので、窓を閉めて寝ていた。

(部屋について、その他) = 鍵を回すタイプで、特に難しくなかった。

(パブリックエリア) = 入口に、各国の言語で歓迎の言葉が書いてある(日本語は、ようこそ)が、
団体客は見かけないし、ドイツ人ばかりだったと思う。

(リフト) = 2基あり。約6人乗れる。

(レセプション) = スタッフの感じは良かった。チェックイン時にパスポート提示は求められなかった
と思う。13時ごろに到着したが、すぐに部屋に案内された。

(レセプション以外の館内施設) = ドイツ式0階(地上階)に、朝食を食べるスペースがある。

(スタッフ) = 掃除のスタッフ、朝食のスタッフも感じが良かった。英語対応。

(宿泊料) = 80ユーロ。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = 4月後半に、安いプランが出ていたのが、宿泊希望日に該当しなかった。
ダメもとで問い合わせたら、80ユーロ(朝食込)の提案をもらった。バスタブ付きもOKだったので、決めた。
クレジットカードの情報は不要。メールでの問い合わせも、翌日には返事があった。

(ホテルへのアクセス) = 徒歩数分に、地下鉄の駅やバス停がある。中央駅へも地下鉄で行ける。
空港からは、バスで中央駅まで出て、そこからタクシー利用。タクシーはチップ込みで、約5ユーロ。
帰りは、地下鉄と路線バスで空港まで行った。最寄駅は、約20段の階段が2つあり。

(ホテル周辺の雰囲気) = 周囲は、商店やレストランがあるが、静か。雰囲気も良く、落ち着いた感じ。
夜、ハンブルグ歌劇場からの帰りも怖くなかった。

(ホテルの選択基準) = ハンブルグ歌劇場近くを希望。
このホテルをほめている記事を読んだので、選んだ。

(よかったこと) = レストランやカフェが多数あり、うれしかった。
朝食もおいしく、種類も豊富で良かった。不愉快なことは何もなく、快適だった。

(困ったこと) = ドライヤーがなかったが、電話をしたらすぐに持ってきてくれたので、
特に困らなかった。周りにスーパーマーケットがないのが残念。

(朝食) = おいしい。ビュッフェで、種類が豊富だった。
肉だんごのようなものがあったので食べたら、ハンバーグだった。さすがハンブルグだと思った。

(宿泊客の客層) = ドイツ人の個人客ばかりだった。

(支払い方法) = クレジットカードで。

(車椅子等の対応は?) = 入口に数段段差がある。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(成田)ホテル日航成田 : Debu_kun 様
5207
: 2008/08/22(Fri) 23:54:40
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(成田)ホテル日航成田 : Debu_kun 様

(場所) = (日本)成田

(ホテルの名前) = ホテル日航成田
http://www.france-tourisme.net/hotel-japan/s-Narita-hotel.htm#Nikko

(宿泊時期) = 2008年7月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 日本式4階

(部屋について(雰囲気など)) = コンセプトツイン。最近改装された部屋なので、
綺麗で明るい。セミダブル2台で、やや手狭な感じ。

(部屋の家具・備品) = セミダブル2台

(バスルーム) = 広いくて清潔、お湯のではよい。アメニティは、フェラガモで、匂いがよい。

(エアコン、クーラー) = 空調あり

(パブリックエリア) = 1階に、24時間営業のローソンがあるので便利。

(リフト) = あり

(レセプション) = 手際はよい 。

(スタッフ) = 到着時にスーツケースを部屋に配送してくれるのは、非常にスムースだった。

(宿泊料) = 12,000円

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = インターネットの楽天トラベル経由。

(ホテルへのアクセス) = 羽田空港からのホテルの直行バス(有料)は、便利だった。
成田空港へは、無料の送迎バスあり。

(ホテル周辺の雰囲気) = 周囲は何もなし

(ホテルの選択基準) = 羽田空港からの直行ホテルバスを出している。

(宿泊客の客層) = 成田空港の前後泊と思える客層。

(支払い方法) = クレジットカード(JCB)で支払い

(車椅子等の対応は?) = 問題なし。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

次回も、羽田発のホテル直行バスサービスが続いていれば是非利用したい。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re^2: コペンハーゲンIN、ミラノOUT
5206
: 2008/08/18(Mon) 21:47:07
Chun3(管理人)

皆様、ありがとうございます。

そうなんです。あれこれイジリたおしても、あちらが立てばこちらが立たず・・・
タイ航空とルフトで・・・ナドナド 仕事しながらも
アタマのなかは超よこしまです。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: コペンハーゲンIN、ミラノOUT
5205
: 2008/08/18(Mon) 18:58:18
うちゃぎ@Lapin

(すみません!航空会社名を間違っていましたので修正します)

こんにちは〜。

>  金 関空夜発〜 土昼にはコペンハーゲン着
>
>  火か水曜 13時以降ミラノ発〜 翌日関空着

なかなかきついスケジュールですね。
1step(1回の乗り換え)という条件だと往路は無理が。。。

土昼着は ずらせないですよね。
土着が16:05でよければ
土 全日空 2176 大阪・伊丹発7:55→東京・成田着9:05
  SAS(スカンジナビア航空) 984  成田発11:40→コペンハーゲン着16:05

ってのはありましたが。。。

 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: コペンハーゲンIN、ミラノOUT
5204
: 2008/08/17(Sun) 20:07:17
羊のどんのOTTO

既に次回クルーズとは。さすがにスタートが早いですね。
#個人的には、西地中海方面クルーズに行きたい...
#それ以上に、子供抜きで旅行したい今日この頃です。

>  金 関空夜発〜 土昼にはコペンハーゲン着
>
>  火か水曜 13時以降ミラノ発〜 翌日関空着

これは難問ですね。

幾つか見てみましたが....条件に合うものは見つかりませんでした。

とりあえず、近そうなものを書いておきます。
#既に検討済みかも知れませんが。

往路は一応夜発です。(夕方とも言う)
タイ航空のスケジュールが分かりませんが、これだと早退をしないといけないので、タイ航空と変わらないかもしれません。
復路もいまひとつで、復路1は火曜日ですが、朝ですから無理でしょうね。
復路2は水曜日はミラノ発が見つからなかったので、ローマ発にしてみました。

往路
キャセイパシフィック航空507便
エコノミークラス 大阪(関西・関空) 香港(ホンコン)
(金)18:10 発
(金)21:00 着

キャセイパシフィック航空251便
エコノミークラス 香港(ホンコン) ロンドン/ヒースロー空港
(金)23:55 発
(土)05:45 着

ブリティッシュ・エアウェイズ814便
エコノミークラス ロンドン/ヒースロー空港 コペンハーゲン
(土)10:05 発
(土)12:55 着

復路1
ブリティッシュ・エアウェイズ561便
エコノミークラス ミラノ/リナーテ空港 ロンドン/ヒースロー空港
(火)08:15 発
(火)09:25 着

キャセイパシフィック航空252便
エコノミークラス ロンドン/ヒースロー空港 香港(ホンコン)
(火)12:35 発
(水)07:10 着 出発翌日

キャセイパシフィック航空506便
エコノミークラス 香港(ホンコン) 大阪(関西・関空)
(水)10:05 発
(水)14:45 着


復路2
キャセイパシフィック航空292便
エコノミークラス ローマ/フィミチーノ空港 香港(ホンコン)
(水) 12:50 発
(木) 06:15 着 出発翌日

キャセイパシフィック航空506便
エコノミークラス 香港(ホンコン) 大阪(関西・関空)
(木) 10:05 発
(木) 14:45 着

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
コペンハーゲンIN、ミラノOUT
5203
: 2008/08/15(Fri) 21:27:28
Chun3(管理人)

(だめもとで)来年2009年の旅行も考え中(というか手配寸前)です。
乗りたいなーと思う船のコースがあったのですが
前提条件として、


 金 関空夜発〜 土昼にはコペンハーゲン着

 火か水曜 13時以降ミラノ発〜 翌日関空着

が可能でないと乗れません・・・
フライト・サーチをあーだこーだ弄繰り回していますがなかなか帯に短し・・・

3フライト乗り継ぎは避けたいですし。途中で泊まるとか列車も考えましたが、
いかんせん時間がない!
頼みのエミレーツもコペンハーゲンには飛んでない!

往路はタイ航空ならなんとか・・(それでも会社早退?)

なお、曜日や時間は動かせません。

いろいろスケジュール検索をいじくって調べてはいるのですが、いい案があったら
ぜひアドバイスをいただけますと
うれしく思います。よろしくお願いします

だめなら・・あきらめます(この船は)

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(ジュネーブ)Cornavin : Debu_kun様
5201
: 2008/08/09(Sat) 17:53:11
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(ジュネーブ)Cornavin : Debu_kun様

(場所) = (スイス)ジュネーブ

(ホテルの名前) = Cornavin
http://www.fhotels.ch/e/3_cornavin.html

(宿泊時期) = 2008年7月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式4階

(部屋について(雰囲気など)) = 駅側、窓から列車が見える。

(部屋の家具・備品) = ハリウッドツインのベッド、机、セイフティ・ボックス。

(バスルーム) = 広いくて清潔、お湯の出はよい。シャワーカーテンあり。

(冷蔵庫) = あり。

(エアコン、クーラー) = 空調あり。

(リフト) = 3基あり。約6人乗り。

(レセプション) = 手際はよい。日本人のスタッフがいたので、受付はスムースで
いろいろ教えてもらえた。

(宿泊料) = 24,000円

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = インターネットのJCBトラベルのサイト経由で、
オクトパストラベルで予約。

(代理店の対応や手続き) = バウチャーをプリントアウトし、ホテルに持って行く。

(ホテルへのアクセス) = ジュネーブの中央駅である、コルナバン駅のすぐ隣にあるので便利。
ホテルの出口のすぐ横に、路面電車の停留所あり。16番の電車で、約10分で中心街に行けるので便利。

(ホテル周辺の雰囲気) = 大きな駅の前なので、治安はそれなりだが、飲食店なども多くて便利。

(ホテルの選択基準) = コルナバン駅のすぐそばにあり、交通便利。

(よかったこと) = ジュネーブ市内のバス・電車の一日券をくれたので、買い物や食事で
歩き回るのに便利だった。

(朝食) = 8階の展望食堂で。レマン湖の噴水も見える。暖かい料理はゆで卵だけだが、
ハムやチーズもある。クロワッサンやパンオショコラもあった。

(宿泊客の客層) = 観光客やビジネス客。

(スタッフ)=部屋へ案内するボーイはいないので、自分で荷物を運ぶ。

(支払い方法) = 事前に、ホームページでクレジットカード(JCB)で支払い。

(車椅子等の対応は?) = 問題なし。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ジュネーブに1、2泊するなら、便利なホテル。
サービスはビジネスホテルだが、設備もよく値段も手頃。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(モナコ)Hotel de Paris : らっと1832様
5200
: 2008/08/09(Sat) 16:48:36
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(モナコ)Hotel de Paris : らっと1832様

(場所) = モナコ

(ホテルの名前) = Hotel de Paris
http://www.france-tourisme.net/hotel-list-monaco/paris.htm

(宿泊時期) = 2008年7月中旬

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = スイート、海側。

(部屋の階&立地) = フランス式3階。

(部屋について(雰囲気など)) = 明るさは普通。リビング、寝室、テラス、クローゼット。
雰囲気は良かった。

(部屋の家具・備品) = 備品はヴィトンのような模様。アメニティはエルメス。

(バスルーム) = バスタブ、シャワー、トイレ。広さは約7畳。清潔で、お湯はすぐに出る。

(冷蔵庫) = あり。中は普通。

(エアコン、クーラー) = あり。

(リフト) = あり。ふつう。

(レセプション) = よかった。

(レセプション以外の館内施設) = レストトラン、プールなど

(スタッフ) = よかった。基本的にフランス語と英語。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = スカイゲートで。

(ホテルへのアクセス) = バス停からすぐ

(ホテル周辺の雰囲気) = よい。

(ホテルの選択基準) = 一番いいところにした。

(朝食) = 庭で。鳥がたくさんいた。

(宿泊客の客層) = 上品な人が多かった。

(支払い方法) = クレジットカードは使える。

(車椅子等の対応は?) = たぶん大丈夫。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 2泊以上がよいと思う。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(Gavi)Albergo L'Ostelliere : うちゃぎ@Lapin様
5199
: 2008/08/09(Sat) 15:55:40
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(Gavi)Albergo L'Ostelliere : うちゃぎ@Lapin様

(場所) = (イタリア)Gavi

(ホテルの名前) = Albergo L'Ostelliere
http://www.ostelliere.it/it/index.php

(宿泊時期) = 2008年5月上旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ジュニアスイート

(部屋の階&立地) = フランス式1階、日本式2階。
角部屋で、テラスは入り口に面している。

(部屋について(雰囲気など)) = 広く、テラスもあり、窓も多く明るい。
窓の外はホテルの入り口が見え、その向こうにワイン用のブドウ畑が広がる。
古い領主館風だが、モダンに改装してある。

(部屋の家具・備品) = テーブルと椅子2脚、ソファー、机など。

(バスルーム) = 目の高さより少し高めの位置に窓がある。灰色の石張りの壁と白いバスタブが
清潔感あり。洗面スペースとバスタブ、ビデ、トイレの順で、かぎ型に曲がって奥へ続く。
洗面スペースに立つと、バスタブは見えるがトイレは見えない。
バスタブに入ると、トイレは見えない。オリジナルのアメニティあり。水の出もよい。

(冷蔵庫) = あり。ソフトドリンクとアルコールなど。

(エアコン、クーラー) = 不明。

(部屋について、その他) = ちょっと長細い部屋の造り。

(パブリックエリア) = 田舎の領主館風の調度品と、それにマッチした斬新なインテリアが
飾ってあった。

(リフト) = 業務用のリフトのみ。

(レセプション) = 新しいホテルなので、スタッフも若々しくフレンドリーで、
明るく、てきぱきしている。

(レセプション以外の館内施設) = レストランとバー、ワイナリー。

(スタッフ) = 英語はOK。スタッフはてきぱきしていて、気持ちよくすごせた。
チェックアウト時に、折り鶴をあげると、とても喜んでくれた。

(宿泊料) = 225euro。朝食つき。

(予約方法) = 代理店から手配。

(代理店の対応や手続き) = ゴールドカードデスクへ依頼。いつも迅速に対応してくれる。

(ホテルへのアクセス) = ガヴィからホテルまで、車で約5分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 田舎の集落にあるので、夜は真っ暗。近くに小さな礼拝堂と公園がある。
治安は心配する必要のない、のどかさ。

(ホテルの選択基準) = 2007年の伊勢丹のイタリア展で購入した、おいしいワインのワイナリーがあり、
ホテルとレストランがあることを知って決めた。

(よかったこと) = ホテル宿泊者は、ワイナリーのヴィラ・スパリーナの見学が無料でできる。
日帰りの観光客もいて、イタリア語と英語を交えての案内だった。
地下の貯蔵庫は、古いながらもきれいに改装してあった。ワインの試飲は、見晴らしのよいテラスで。
日本には輸入されていない種類もあって、よかった。購入は、ダース単位でしかできない。
レストランは、大きな窓が西に面していて、夕陽とブドウ畑がうっとりするくらいきれいだった。
メニューは、洗練されていない感じだったが、おいしかった。

(朝食) = 飲み物と卵料理は注文で。他は、パン・ハム・果物など。

(宿泊客の客層) = ミラノやトリノ、フランスや英国などの客が多いと思う。
日差しが強く、初夏の陽気だったので、テラスのソファ(タタミベッド風)に寝そべったりして、
日光浴を楽しんでいる人がいた。

(支払い方法) = クレジットカードで支払い。

(車椅子等の対応は?) = 各所に小さな段差があり、客用リフトがなかったのでなんともいえない。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 建物が迷路のようになっていて、建物や敷地を探検してみるのも楽しい。
ワイナリーで作っている、いろいろなワインが飲めるので、ワイン好きにはよいと思う。
歩いていける距離に町はないので、町歩きや買い物が目的であれば、車が必要。
車で30分以内のところに、アウトレットやショッピングモールもあるようで、
高速道路からアクセスしやすい。レンタルマウンテンバイクがあり、川沿いにピクニックコースが
あるようなので、のんびりと田舎を満喫するにはいいかも。ミラノからの1泊旅行もよいと思う。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
ホテルアンケート(箱根)ザ・プリンス箱根 : りっききのきっき様
5198
: 2008/08/09(Sat) 13:56:36
はみだしホテアン担当

ホテルアンケート(箱根)ザ・プリンス箱根 : りっききのきっき様

(場所) = (日本)箱根

(ホテルの名前) = ザ・プリンス箱根
http://www.princehotels.co.jp/the_prince_hakone/

(宿泊時期) = 2008年6月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = 別館、ツイン。

(部屋の階&立地) = 1階。芦ノ湖やテニスコート、木立が見える。

(部屋について(雰囲気など)) = 広くて、天井も高く開放感がある。セミダブルベッド2台と
ソファがあっても、充分の広さ。

(部屋の家具・備品) = ベッド2台、両側にサイドテーブル。ソファー2、椅子2、テーブル。
薄型テレビ(デジタル対応ではない)、金庫、机やチェストなど。
クローゼットは、ハンガーが何種類かある。スリッパは、タオル地の室内用(使い捨てではない)と
館内用の合皮の2種類。湯沸しポット、ティーパック2種類。

(バスルーム) = トイレとは別室。シャワーブースが別にあり、バスタブも広め。
温泉を利用したので、使用せず。リネン類も大・中・小と3種あり。
入浴剤、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーなど。

(冷蔵庫) = あり。私物を入れて使用可能。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。

(部屋について、その他) = 夕刊と朝刊が、部屋にサービスされる。

(パブリックエリア) = 温泉は、別館にある。手ぶらで行って、バスタオルとタオル、
ロッカーの鍵を入り口で借りる。時間帯によるようだが、混んでいた。24時間可でないのが残念。
朝は、7時から。

(リフト) = あり。別館は2基。

(レセプション) = 挨拶など、行き届いている。

(レセプション以外の館内施設) = レストランや店など。KAEDE SUPAは、色々とコースがあるが、
雅というアンチエイジング向けのコースを選択。ボディとフェイス70分で26,250円。

(宿泊料) = 開業月特別プランで、2食付き33,600円。入湯税は、1人300円。
朝食ビュッフェは、幼児800円追加。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルのHPより。
添い寝は可能かという問いに、非常に丁寧な返答がきた。

(ホテルへのアクセス) = シャトルバスもあるので、色々なアクセスが可能。

(ホテル周辺の雰囲気) = 駒ケ岳ロープウェーや箱根園の水族館もあり、家族連れでも楽しめると思う。
プリンスホテルのコテージも周囲にある。

(ホテルの選択基準) = お得なプランを見つけたので。

(よかったこと) = 久々の贅沢で、マッサージをしたこと。気持ち良く、後半は熟睡。

(朝食) = ビュッフェ形式。卵・パンケーキ・ワッフルは、注文後作ってくれる。
和洋色々あり、そこそこ美味しいが、果物が少ないのが残念。

(宿泊客の客層) = 老夫婦、家族連れなど。韓国、中国、欧米の旅行客など。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = 車椅子でも大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = お得なプランを利用することを薦める。夏の方が、良さを満喫できそう。

(ホテルでのお楽しみ) = ホテル周辺を散策。

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
エアラインアンケート(OZ)フランクフルト-ソウル-関空 :ウシ・エルメ 様
5197
: 2008/08/06(Wed) 18:25:29
Chun3(管理人)

エアラインアンケート(OZ)フランクフルト-ソウル-関空 :ウシ・エルメ 様

(搭乗時期) = 2008年6月

(航空会社) = アシアナ航空(OZ)

(搭乗クラス) = エコノミークラス

(出発の空港) = フランクフルト

(乗り継ぎ地) = ソウル

(到着地&ターミナル) = 関空

(機体) =
フランクフルト-ソウル: 3-3-3列
ソウル-関空: 2-3-2列

(機内食・飲み物) =
フランクフルト-ソウル: 2回
ソウル-関空: 1回

(座席) =
フランクフルト-ソウル:
パーソナルモニター・オンデマンド。空いていたので、3席ひとり占め。

ソウル-関空:パーソナルモニターなし

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
たくさんありがとうございます
5195
: 2008/08/05(Tue) 23:08:05
Chun3(管理人)

うーむ いろいろなアイテムがっ 心強いです!

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: (クルーズ)シャワーのみの対策は?
5194
: 2008/08/04(Mon) 13:55:41
うちゃぎ@Lapin

こんにちは〜。

> そこで、なにか、捨てられるような洗面器?やフットバスまがいができるような容器を持っていこうか、と考え始めました。

ってことですが、捨てるっていうのはもったいないので
携帯バケツをお勧めします。

グーグルなどで「キャンプ 携帯バケツ」などで
検索するといろいろと引っかかってきますし、
今の時期ならばアウトドアなお店にいくと売っていると
思います。
直径がおおよそ25〜30センチなので足もなんとか
入ると思います。


 

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: (クルーズ)シャワーのみの対策は?
5192
: 2008/08/04(Mon) 00:44:13
arco de medio punto


> ホテルでもかまいませんので、バスなし連チャンのとき、
> 足の疲れをとるために、こういうコトしたよ!という人がおられましたら
> アドバイスよろしくお願いします
> こういうものが役立った、などでもかまいません。
>

足指ストレッチャーというのでしょうか、
足の指を1本1本広げてはめるものがお勧めです。

血行がよくなるし、
長時間靴をはいていると、足の指が痛くなるような場合、
それが楽になります。
私の場合、外反母趾気味なのですが、外反母趾の予防にもなります。
海外旅行へは必ず携行しています。


あと、ミズノ等のふくらはぎ用のスポーツサポーター(ゴルフの時等に着用するもの)もお勧めです。
ミズノのは1組3,000円位で、私はハンズで買いました。

飛行機や車で長時間座っていても脚がむくみにくいし、
観光で長時間ガンガン歩いても、脚が疲れにくいです。
これを使うようになって、劇的に脚が軽く楽になり、
私の場合、湿布は使わなくなりました。

ただ、パンツスタイルの時でないと、サポーターが見えてしまうし、
9月だと、少し暑いかもしれません^^;。

また、サポーターでは足の裏や指が痛くなるのは防げません。
既にご存知でしょうが、足の裏の痛みや疲れには、中敷きやパッドが有効です。


余談ですが、、、

> 毎日10分ぐらい、3日に一度ぬるい阪神欲を30分ぐらいです。

ローカルな?変換がツボでした。。。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 |

- WebForum -