帰国後アンケート掲示板(2代目)
[記事リスト] [返信する] [新着記事] [掲示板の使い方] [掲示板内の検索] [管理用]

タイトル 全体アンケート 2019年9月 フロッグスプラッシュ 様
投稿日 : 2019/09/29(Sun) 12:41:04
投稿者 Chun3(管理人)
参照先
全体アンケート 2019年9月 フロッグスプラッシュ 様

(旅行の時期) = 2019年9月上旬

(全体の泊数) = 10泊

(訪問地) = パリ(4泊)、アテネ(3泊)、メテオラ(2泊)、エギナ島日帰り、ハノイ(1泊)

(旅のタイプ) = その他

(手配方法) =
航空券: 旅行代理店
ホテル: パリとメテオラのホテル 代理店から。アテネとハノイのホテルは個人手配
列車: アテネ〜カランバカ 個人手配

(同行者) = 家族

(パリで気に入ったところは?) = アリーグル 市場から、バスティーユ、マレから、サンルイ島、シテ島あたりを
ぶらぶらしたこと

セーヌ沿い橋のたもとのカフェで夕焼けを見ながら過ごしたこと

(旅の手配で困ったことは?) = いつも使わない予約サイト Agodaから予約した。
後日、それを忘れて、いつも使うサイトからもう一回同じホテルを予約してしまった(ダブルブッキング)

気がついて早めに取り消せたはずだった。
なのに、Agodaの私の情報欄には予約もキャンセル」の情報もついておらず、
ホテルには取り消し情報が入っていなかった。ホテルが親切な対応で良かったが、
いまだに何がどうなっているか不明

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) = 調べている途中で、自分好みの個人の旅サイトを発見した

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
アテネの遺跡の営業終了時間が、30分早まっていて入れないところがあった。
あとで見たら確かに公式サイトには出ていたが、文章の途中に書いてあったので、わかりにくかった。
まめにチェックするべきだった。

アテネの遺跡は、いわゆる「ザ・観光地」と思えた。


数年前には感じなかったが、ルーヴル美術館が広すぎると感じた。
特に真ん中の広いホールをなんども横切らなくてはいけないのが、辛かった。

(現地にいってよかったことは?) = カフェでいつも誰かが楽しんでいた。
日本だと昼のレストランは女性ばかり、男は会社で心身をすり減らして昼は立ち食いそば、夜は飲み屋で発散・・・
みたいな住み分けがあると思う。
が、現地では、朝も昼も夕方も夜も、年齢や仕事でくくれないような多様性のある客がゆったり飲んだり食べたりしていた。
懐の広い感じがして感動。

(服装) =
グッチの黒のストレッチのシンプルなジャケット。

GAPの無地のTシャツ、(かさばらないので)ストール類。

スニーカー(黒、白)

ゆったりしたロングパンツ、これは背が高いのでそこそこ見栄えがしたが、
クロップトの方をはくと途端になんか見劣りがした。

日本でおしゃれに見えるても、フランスでは完全に違うのがわかった。

パリでは「全体のシルエット」が大事だと感じた。質が良いとか流行とかブランドとかの「何を着ているか」よりも、
頭から靴までトータルなシルエットと色構成で、自分を演出することだと感じた。

スポーティとか、抜け感とか、着崩す、とかを日本人がやると、「ただの貧乏人」のようにしか見えないこともわかった。
シンプルで基本的な服、体型を良く見せる着方、顔色に合った色目が重要だった。

逆にギリシャでは、「派手なリゾート着」のような服が映えていた。無地の服の組み合わせはパッとしなかった。

旅行者の男は、ほとんど膝上の半ズボンだった。
パリでは半ズボンの男なんていなかったのに。


(次の旅行でやってみたいことは?) = あそこも!ここも!あっちも!こっちも!となら「ない」旅行。

(今回の反省や次回への願望&意気込み) = 正味4日間いたのだが短すぎた。もっと長くいて遠出もしたかった。

(お買物報告) = バスティーユやサン・ジェルマン、モノプリ、カルフールで
惣菜を買いまくった。キッチン付きのホテルでディナー代を節約すると同時に、食べ物の買い物欲を満たした。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー

  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー

- WebForum -