帰国後アンケート掲示板(2代目)
[記事リスト] [返信する] [新着記事] [掲示板の使い方] [掲示板内の検索] [管理用]

タイトル 全体アンケート 2017年5月 hedgehogハリネズミ 様(1)
投稿日 : 2017/05/24(Wed) 23:36:46
投稿者 Chun3(管理人)
参照先
全体アンケート 2017年5月 hedgehogハリネズミ 様(1)

(旅行の時期) = 2017年5月

(全体の泊数) = 6泊

(訪問地) = パリ(6泊)、ナンシー

(旅のタイプ) = 航空券、ホテルなどを個人手配

(手配方法) =
航空券: JALのHPから
ホテル: webから
TGV: レイルヨーロッパのWebから

(同行者) = なし

(パリで気に入ったところは?) = セーヌ川沿い。天気にも恵まれ、対岸に見えるノートルダムがとても美しかった。

(フランスで気にいったところは?) = ナンシー。ナンシー派美術館とナンシー美術館を中心にアールヌーヴォーの見所があった。

プランタンをはじめ店も沢山あり、買い物もできる。こぢんまりとしているが、安全に楽しめた。

(旅の手配で困ったことは?) = 自分の語学力の低さ。アパルトマンの契約書やメールのやり取り(英仏語)を読むのに苦労し、疲れた。

鉄道は、日本語で対応できるレイルヨーロッパ社で手配した。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
何でもwebで予約できるのは便利。印刷して持参すれば証明にもなるので、
先方にも説明しやすい。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =
現地送迎の遅刻。
到着時、空港にいるはずのドライバーが30分近く遅刻して現れた。
遅刻は予想していたが、初めて送迎を手配したので、自分が待つところを間違えているのか不安になった。

アパルトマンの管理会社の担当者が、1時間遅刻した。
その間カフェでも行って待っていて、と言われた。初めての会社だったし
自分で鍵も持っていないので、本当に会えるのか不安になった。
こういう時に、語学力があるとないとでは全然気分が違う気がした。


クレジットカードでチャージしたはずのNAVIGOがいつになっても使えなかった。
週が変わっても使えず、履歴を見てもらったが正常にチャージされていない模様。
滞在日数が残り少なかったので、諦めてカルネを買い足した。
PINコードまで押したのに、未だによく分からない。

カルネが急に使えなくなった。何枚か通しても引っかかるので、窓口に申し出たら、
コイン・スマホ・クレジットカードと一緒に持っていたのではないか、と聞かれた。
まさにその通りだった。
使えないものは窓口で機械を通してチェックし、新しいものと交換してくれた。

ナンシーに向かうTGVで、乗るべき車両にたどり着けなかった。
係員に聞いたらここから乗って、と言われたのだが、
目的の車両までたどり着けない。ついには2等の16人程度の完全個室車両(連結部が壁になっている)に行きあたり、
隣の車両に移ることさえできなくなったところでドアが閉まった。

とりあえず席は空いているし、等級はあっているので、何か言われるまでは、と座っておいた。
途中、停車駅で一旦外にでて、正しい座席に座りなおした。

(現地にいってよかったことは?) =
アパルトマンで管理人に会うと聞いてから、こちらは言葉もできないし色々助けてもらうかも、と思って
日本から手土産の菓子(ヨックモック)を持参した。
1時間遅刻するほど、前の客に振り回されて相当疲れていたらしく、
マナーとして一旦遠慮されたものの、結果ものすごく喜ばれた。
すぐに開けていいか聞かれ、パッケージもきれいなので、開けるのがもったいない!というリアクション、抹茶大好きだよ!など、
こちらが思う以上に喜んでもらえて嬉しかった。

後日用事があってメールした際も、お礼とともにもう全部食べてしまったよ!と書いてあった。


日帰りできるところという程度の理由で選んだナンシーだったが、ガレを中心とした
美しいガラス芸術に触れて、あっという間に時間が過ぎた。
日帰りだったが1泊しても良かったかもしれない。

カフェで相席になったフランス人家族に話しかけられ、こちらの拙い仏語と英語、
さらにわからなければお互いノートに書いて筆談での会話に付き合ってくれた。
連絡先を交換し、帰ってきてからも連絡をくれた。
話したのは30分程度だが、こんな出会いがあるとは思っていなかったので、
今回一番のステキな思い出となった。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー

  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー

- WebForum -