ページを 移動しました















































整理中
 
 

下記 すべて古いデータです。
  現地代理店で買う

 
パリ
 
呼び寄せ 参照
 
 

JTBパリ支店とメール(日本語)でやりとり、日本へ郵送。JTBパリの担当が丁寧で、迅速な返答メールをくれた。
チケットも、日本の代理店を通すよりだいぶ安く購入できた。すべて日本語でのやりとりで
「もし間違っていて電車に乗れなかったらどうしよう」というような不安も無かった。
現地で手配の手間も省けた。
( 2004年9月 切手と手紙 様)
 
 

ユーロスターの予約を代理店を通さずやろうとしたが、ユーロスターのHPは英語だし、
ホテルは探すのに途方もなく時間かかるしで、途中で心が折れてHISに頼んだ。(結果的に正解だった)
(2005年9月 もち売りの少女 様)
 
 


ロンドン
 

ユーロジャパン
93 Newman Street、London W1T 3EZ  U.K   日本語
http://www.euro-japan.co.uk/index.htm
レジャー14(土曜日を含む若しくは2泊以上の滞在かつ、乗車14日前までに購入が条件)で往復60ポンド(1万円程)で購入できました。
丁度時期的に安かったのですが、普段でも70〜90ポンドで購入できます。 TGVと一緒で安い席がなくなれば、時間帯は選べません。

私は現地にいる友人に手配してもらいましたが、日本からでも、しかも日本語で、FAX・e-mailで購入できます。
 

他にも航空券やホテルの手配もしてもらえるます。ロンドン&パリ、ベルギーへ行かれる方にはおすすめですよ!  (proom様 2001年8月)

ロンドン GENDAI TRAVEL 
http://www.gendai.co.uk/
仕事の関係でロンドンのHISで取るのですが、 プライベートなのでインターネットでいろいろ調べました。確かに微妙な格差があります。でも格差にこだわらず、とにかく安心で安いところがいいと思って 発見しました。格安ユーロチケット屋さん!というところで、日本にも支店のある 日本人の旅行代理店です。

1等で往復120ポンド、片道90ポンド、週末日帰り110ポンド
2等で往復70ポンド、週末日帰り70ポンド
2001年4月現在の料金。(1ポンド=約185円)
 
パリ→ロンドンのチケットも扱っています。 料金はクレジットカード決済で、
すぐに領収書が ロンドンより送られてきました。思ったより円安だったのですが、ほかよりは全然安かったです。

またチケットの受け渡しは、乗車日に、北駅(ノール)のユーロスターカウンターで、予約番号と控えを渡すだけ。どこかに取りに行く必要もありません。今回初めての利用ですが、 メールの返事が早く、とても親切だったので安心できると思いました。
 (たらこ様 )
 
 

ゲンダイトラベルでユーロスター1等を2人分頼みました。(ロンドンからパリ行き) 一人片道107ポンド。日本へのチケット発送に20ポンド。JCBカード決済は別途3%手数料。
(ハハMA5様 2003年)
 
 
 

2等片道70ポンドでした。 チケットは、日本に郵送・ゲンダイトラベルに出向いて引き取り・ ウォータールー駅での引き取りの3種類があります。 私は郵送(20ポンド)してもらいました。 結局行かなくなったわけですが、発券しているので キャンセルしても代金は戻りません。

(旅助様 2001年)

 

▲もくじに戻る
代理店に依頼
 
Yahooの旅行サイトで格安航空券情報を調べ、ついでにユーロスター、香港のホテルも併せて1週間前に申し込み完了。フレックスインターナショナルで手配。最短の日程にも関らず迅速な対応だった。クレジット・カード決済できればなお良いのだが。
(2004年2月下旬 ADDねこさま)
JTBパリ支店とメール(日本語)でやりとり、日本へ郵送
(2004年9月 切手と手紙 様)

ホテルに依頼
 
 

土曜に日帰りでロンドンを往復するユーロスターの格安チケットをホテルに手配した。が、SNCFの係の人は英語版での" LEISURE DAY "では何のチケットかわからなかったらしい。
" Loisir "ではじめて話が通じた。

( 2003年9月 まきまきまきぞう 様)
 


 
 
 

代理店の日帰りパックを買う
 
 

会社 料金 変更・キャンセル

ミキツーリスト みゅう 
 (パリにも支店あり:日本語OK)  
2003/1/1〜12/31
手配パーツ。日帰り。
ロンドン→パリ または パリ→ロンドン 
希望の便をえらべる。

1等: 21,800円(軽食つき)
2等: 13,400円

年数回 為替レートにより 変動あり

×
ふくまれるもの: 
ユーロスター往復のみ

アシスタント、ガイドは一切つきません。切符だけもらって、あとは自分で行動します。
オプション エヴァン・エヴァンス社巡回バス(乗り降り自由 ロンドン市内) 3,200円 日本語テープ

http://www.myu-info.co.jp/

歩き方.co.jp (.comのほうではない)

〜2003/12/31


デイ・トリップチケット

1等 24,100円(軽食つき)
2等 15,500円

 

×
予約通信手数料こみ
120日前から受け付け 

http://www.arukikata.co.jp/travel/eurail/estar.html

▲もくじに戻る

 

ユーロスターがセットになった オプショナルツアーにする

 
代理店のホテル+ユーロスターのパックを買う
 
 
 
欧州社
http://www.ohshu.com/
ここは 日本の代理店のなかで、欧州の鉄道手配をまかされている代表数社のひとつです。仕入モトなので回答もはやい。

ホテル+ユーロスター

ホテルは ティモテル・モンマルトル、など ただしランク変更可)
2,200円(シングル) 37,800円(ツイン2人料金)
 

ユーロスターのみの手配も可
通常 18,500円 → 15,600円

対象期間
予約・発券; 2002年10月15日〜11月25日
乗車日:2002年10月15日〜12月15日
変更不可
 


 

代理店の、ユーロスターがついた パリ・ロンドン商品を買う
 
 

 安いツアーを発見できた。
ほぼフリーのツアーだったので、ユーロスターの時間も選べて時間が有効に使えた。
(2006年7月 ガス水好物 様)
航空券・ユーロスター・ホテルの手配は全て旅行代理店から。入金するだけで、何もしなくて良いのでかなり楽だった。
(2006年2月 我らのモノプリ 様)

 
 
▲もくじに戻る
パリ〜ロンドンのユーロスターに乗る  〜チェックインの仕方と車内報告〜
 
 
ロンドン・ウォータールー駅から乗車セント・パンクラス駅に移転
Photo by emix115

【前日に下見】

当日、スーツケースを駅に預けてから市内観光したかったので、下見に。「2000年夏」の日本語版トーマスクック時刻表の駅案内図に記載されている場所には荷物預かり所がなく、駅内の案内掲示を見て探しました。駅の中央付近、ホーム寄りにありました。

当日はスーツケースをそこにあずけて(1つ£4、引き取る際に支払い。クレジット可)午前中は市内観光。  
(2001年6月 win302)

【チェックイン】
 
ロンドン・ウォータールー駅からパリ北駅へ。北駅に着いて何の審査もないことがとても不安だったが、隣に座ったフランス人男性が「大丈夫」と言ってくれたのでなんとか納得した。

ロンドンの出国検査をする人がパリの警察官で、それが入国審査も兼ねるとのこと。出国の際、押されたスタンプには汽車の絵が描かれていて、かわいい。
(2006年4月 mei-mei 様)
 

ユーロスターは直前までホームへのゲートが開かない。待合に人が溢れていた。荷物置き場確保のため、ゲートが開くと急いで自分の車両へ。私の車両は先頭から2番目で、ホームの端までスーツケースを引っ張って大変だった。

だがパリ北駅には先頭車両のほうが、早くタクシー乗り場に行ける。私が乗ったあとに振り返ると かなり長蛇の列が。ただ、タクシーは次々来ている様子だった。
(2006年5月 白あん黒あん 様)
 
 

出国の際、押されたスタンプには汽車の絵が描かれていて、かわいい。
(2006年4月 mei-mei 様)
 
 

カウンターの前に、パリ・ビジットやカルトミュゼなどがポンド建てで販売されている売店がある。私はここで、後者をクレジットカードで購入(一日券£8.20)した。係は、フランス語と英語、どちらでも大丈夫でした。
 
チェックインは、私は自動改札ができないタイプのチケットを持っていたので、係員のいるところへ行きました。
(2001年6月 win302)

【手荷物検査】
 

はんを押してもらって、ドアを抜けたら、隣のドア前には、手荷物検査(スーツケースも)。

「え?私達は?」と係員を見ると、「このまま通過してください」というようなジェスチャーをされました。自動改札した人たちだけの検査なんでしょうか。   (2001年6月 win302)
 

【ラウンジとホーム】
 

ユーロスターは直前までホームへのゲートが開かない。待合に人が溢れていた。荷物置き場確保のため、ゲートが開くと急いで自分の車両へ。私の車両は先頭から2番目で、ホームの端までスーツケースを引っ張って大変だった。
(2006年5月 白あん黒あん 様)
 
 
 

出入国手続きをして、売店で飲み物など買い物をしていたら、
発車4分前にゲートを閉められてしまい、予約した列車乗れなかった。アナウンスもなにもなく突然閉められ、フランス人もたくさん乗り遅れ、かなりもめていた。次の列車の乗せてもらえたが、日本のようにぎりぎりに列車の乗り込めばいいと考えていると乗り遅れます。
(2005年8月 gon kat 様)
 
 
 

ユーロスター乗客専用ラウンジのようなところで、売店やカフェなど。「SUSHI」のパック(5ポンドのと7ポンドのがあり、シャリがちょっとべちょっ、醤油付きでまずまずおいしかったです) を見つけた。

 
モニターで、ホームを確認。ホームへと続く通路前は、広いラウンジになっており、かなりの人たちが待っていました。まだ乗車できないようでしたので、売店で飲み物や食べ物を購入た。
 
しばらくすると、乗車案内のアナウンスがあり、人々が移動し始めた。通路入り口で、パスポートとチケットを確認された。
 
ホームに出たら、各車両の入り口に、ユーロスターカラー(黄色と青)の制服を着た係員がいた。乗るべき車両が分からなかったので、聞いてみると、近くまで案内してくれた。
(2001年6月 win302)

ユーロスターグッズ!
北駅よりウォータールーの方が売店が充実北駅で「ゴー」の置物くらいは買えるけど、安いわけではないし。お土産探せるかな、と期待してはいけない。
(ほりろん様 2002年7月)
 
 
 
 
トップ > 交通 > フランスの列車 > ユーロスター